FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ◆思考のウォーミングアップ

ウォーミングアップの序?

 
 そろそろ意識を切り替える……
 が、すっかり空転するばかり……

 しっかりしろよ。
 意識の切り替えは、個人的なことにほかならず、冬モードに切り替えることだろ。

 そうだった。
 雪で行動が制限される冬季間を、有意義に使うことでもある。
 だから、それに向けて、意識を切り替えるのだった。
 となると、精神面のウォーミングアップが必要だ。
 精神面のウォーミングアップといえば、重視して行ってきたことこそ、精神面のウォーミングアップそのものだったとも言える……
 その中心的なことといえば、思考の健全性を回復することだ。
 よーし。思考が回復してきた。
 ま……、こんなことを数日も行えば、なんとかなるだろ。

 気になる冬支度の方を、今日は片付けるとしよう。


 21日朝。
 霙だった。
 まだ暗い時間帯には雪が降っていたのかもしれない。
 すっかり遅れているが、初雪だったことにしよう。

 雨が上がったら、すっかり落葉した山肌は白くなっていた。


 22日。
 今日も、雨。

 


 趣味の写真は、今秋は、この場所から主に撮っていた。
 中央辺りを横切っている林道を、以前は樹木が覆っていた。
 その樹木が数十ヘクタールも伐採され、今夏、搬出も終了した。
 よって、遠くの峰々が見えるようになった。




今秋の撮影場所(南端から北向きに撮影)
この中央辺りで、西に向いてスタンバイする。
そして、広大な空が夕焼けになることに期待して待つ。
やがて、雑然とした伐採跡地であることは忘れている。




20181111 今年の撮影はこれで終了



 勘違い・思い込み、その修正もあった。

 カメラも、中古は安く売られている。売っても、そこそこの値段だったりする。
 なので、次々に、買っては使ってみて、売った。
 が、ISO感度に関して、勘違いしていたからでもあった。

 実は、今年は、気象情報の収集や学習だけではなく、カメラに関する知識や技術的なこともできるだけ習得しようと思った。
 というわけで、撮影した画像から、自分のISO感度に関する考えに疑問を抱き、Web検索を繰り返した。
 その結果、ISO感度を上げるほどノイズは増えることや、ISO感度はノイズを減らすための機能?ではないことも分かった。

 つまり、ISO感度に関する具体的なことは未理解なまま、勝手に「ISO感度が高いカメラほど、ISO感度を上げてもノイズが少ないのだろう」と想像し、いつのまにかそうなのだと勘違いし思い込み疑問を抱かなくさえなりつつあったのだった。

 
カテゴリ : ◆思考のウォーミングアップ

そろそろ意識を切り替えよう

 
 収穫は終わり、後片付けは残っているが、秋の農繁期は一段落。
 今年の農繁期は……
 里には雪も降らず……
 雨は降ったが少なく……
 好天には恵まれたという印象だ。

 以前は、十月中に里に初雪が舞い、十一月に入ると積雪があるのが、あたりまえだった。近年は、それが無い。
 冬場の最低気温も、以前ほどは下がらなくなった。
 農作業には、好都合だ。

 が、自分が優先し重視していることからは、すっかり遠退いていた。

 何かに気を取られると、他のことは疎かになる。
 何かに気を取られると、他のことは忘れてしまう。
 使った道具も、どこかに置いたままにして、すっかり忘れ、見事に錆びてしまったものを目にしたりする。
 今春も、ある道具を使ったが、どこに置いたのか、最後に使った場所がどこだったのか、いまだに思い出せない。
 そんなことが、老化とともに、顕著になる。

 そもそも、生存上必要なことや、現実的なことや、目に見えるものなどに、気を取られがちだ。
 つまり、記憶などの内面は、五感では捉えることができないだけに疎かになりがちだからでもある。

 でも、老化とともに集中力も衰えるなどしたがゆえに、集中すべきことには今まで以上に集中せざるをえなくなったのだ。
 そうだとしたら、決して悪いことではない。

 が、的外れなことにでも集中してしまうからなのか、肝心なことは記憶にあることは分かっているのに、思い出せなかったりする。
 ま……、記憶には、思い出したくないこともある。
 相手しだいでは、知られたくないことも記憶にはある。
 意外な、勘違いや思い込みや固定概念もあったりするからだ。
 そんなことが、障害になっていたりもするのだ……。

 だから、何かをしている時に、ほとんど無関係なことを思い出したりする。
 必要な時に思い出せなかったことを、意外な状況で思い出したりもする。
 つまり、記憶には有る。
 が、記憶は、五感では捉えることができない性質上、順調には思い出せなかったりもする。

 五感では捉えることができない記憶にある過去の経験なども、思考上では捉えることができる。
 記憶にあることを、思考上で、事実関係や性質や条件、因果関係や理由などに基づいた整理をすると、相応の一連のことを理解できる。
 つまり、五感では捉えることができないことを、思考上で理解することは可能だ。
 そのために、超冷静になる。
 理解できたことは、それを基に相応の識別などが可能になるわけだから。
 会話上などで日常的に行っていることなのだが、未理解な場合と理解した場合の違いも分かる。
 これらに関しては、三十歳前後の頃よりも進歩している。

 そういえば、顔や物事やイメージは記憶に有って、相応の識別もできるが、その名前を思い出せなかったり、相応の言葉が思いつかなかったりする。
 そんな事実関係を整理して、理由を解明できれば、その改善も少なからず可能になる。

 そんな事実関係や因果関係の整理や理由の解明や理解を、今冬も、またやろう。

 総体的な整理は、まだ行っていないんだから。

 人生の残り時間は、少なくなる一方なのだ。

 誰でも、唯一直に経験し続ける自分の人生のためなんだから。

 早めに、意識を冬モードに切り替えなきゃ。

 

今年は、夏以降は、雲海はほとんど発生しなかった……。
朝焼けは、断念後にあっただけに、撮りそびれた……。
趣味の写真は、想定上では残念な結果になった……。
が、情報収集は進展しただけに、来年に期待する。




Nikon D200 + SIGMA 17-70





Nikon D7200 + SIGMA 10-20


 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
夏場は、相互応援アクセスは中断します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
326位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
55位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR