FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 創作下書き 仮題「凉香と理於の本当の気持ち」

 

 たくさんの応援アクセス、ありがとうございます。

 当地は、雨不足に、高温続きで、大変な夏です。

 
 
 
「戻れるものなら、あの頃に戻りたい」
 そう思ったことが、一度だけあった。
 あの頃に、自分を見失い、上辺だけ大人振るようになり、人生が狂い始めた。あの前は、大人が煽てたり脅したりして子供を騙して言いなりにさせようとしていることを見抜けるようになっていたわけだから。
 そうだったことが、解ったからだった。

 大人の嘘を見抜いていたあの頃なら、事実関係を把握できていたようなものだった。が、無理や矛盾がある方に向かいはじめた。あの頃なら、深入りしていないので、気づきやすくもあり、無理や矛盾の解明も容易で、改善もしやすかったはずだ。
 あの頃、確かめたかったのに、言い出せないままになったこともあった。

 彼女の家に電話し、彼女の現在の電話番号を尋ねた。
 電話に出た彼女の母親が、電話番号を教えてくれた。局番は、彼女が就職すると言っていた、都会だった。「結婚したので、今は松本です」とも教えてくれた。
 彼女に電話をかけることはできなくなった。
 そもそも、自分は、勘違いや思い込みが基だった生き方に挫折し、無理や矛盾だらけだった生き方は破綻し、信頼関係では失格している。

 あの頃、確かめたかったのに、言い出せないまま、独断的に処理して意に反する方に向かった。あれも問題だった。
 人生をやり直すためには、確認して事実関係を整理する必要がある。精神的に、あの頃に戻る必要がある。
 戻りたい。

 数日後。
 意を決して電話した。
「はい。松本です」
 電話から聞こえてきたのは女の子の声で幼稚園児くらいの子だと感じた。
 お母さん、元気? と口から出そうになったが、「ごめんね。間違いました」と言って電話を切った。
 戻れるはずがない。

 でも、狂い始めたあの頃まで戻るくらいの精神整理ができてこそ、人生をやり直せる。
 子供の頃には大人の嘘を見抜いていたわけだから。だからこそ、信頼関係を回復したくて問い詰めもした。それが受け入れられないから、言いなりにはなるまいとした。なのに、反抗だと決めつけたのも大人たちだった。
 そんな大人たちに反感を感じていたにもかかわらず、同じように上辺だけ大人振る大人に自分もなっていた。
 人生をやり直すためには、分岐点だったあの頃の精神状態まで戻ることは必須だ。

 大人の理解を得られなかった幼い頃の自分の本心を、十年以上経た今の自分なら理解してやれる。
 もともと、自分こそが自分の無二の理解者でありえる。
 理解して救うなり自分で育て直すなりすることこそが、人生をやり直すことだ。
 自分で育て直すことができてこそ、精神的にも本来の大人になれる。
 が、自分の愚かさや卑劣さを認めることは容易ではなく、あの頃に独自に戻ることは容易ではない。

 そうだ。仮想の少年と少女に戻ってもらおう。
 認め難いほどの愚かなことや卑劣なことはしていない、中学三年生の同級生なら、不本意なことをしはじめていることに気づきやすい。気づいて、その事実関係や因果関係を整理しはじめ、理由などを解明して改善してゆく。
 そして、話し合うことによっても、事実関係や因果関係が整理され理解できることに気づき、それを重視する。
 そして、自己理解こそを重視し、それ以前の大人の嘘を見抜けるようになった頃の精神状態まで戻る。よって、自己理解こそが子育てをする際に子供の精神面の理解を左右する重要だったことを理解し、大人はそれを妨げているようなものであることを知る。
 更に、誰にも共通することを理解し合い、お互いの考えに基づいた生き方をしてゆく。
 仮想上でだったら、遠慮のない具体的なことも可能なはずだ。

 凉香 創作上は母子家庭が都合がいい
 理於 創作上は三世代家族 動物好き
 二人の理性を刺激する天の声は、当然ながら俺の役目だ。が、俺の出幕ってあるのか……

 時代想定は、昭和。テレビや電話はあるが、パソコンやケータイはまだ無い。
 むしろ、もともと誰でもできることである会話を重視しよう。会って表情や仕草なども見ながら話し合うことを重視しよう。
 
 
 実は、この構想を思いついたのは、自分の考えの無理や矛盾を解明し解決しはじめた後で三十歳を過ぎていた。
 解明できたことが間違いではないことを確かめ整理して理解を深め、数年後に普及しはじめたワープロ専用機で文章を書く練習をしながらこの構想も育て続け、三年後にパソコンに移行した。
 実際には、自分の意識改革や人生の軌道修正の完成度を上げることだった。内面的なことであり、極めて個人的なことだったが、必須なことだった。目には見えないことだが、行動上の中枢を修正することであり、実践の極みだった。必須だったからからこそ進展した。
 それとは逆のことである、尤もらしく見せかけ本当らしく工作して、誰かの目を奪い心まで奪い、つまり誰かに勘違いさせたり思い込ませたりすることで、私利私欲を貪ることも、自ずと明らかになり敬遠せざるをえなくなった。
 この構想を創作作品にすることも常に意識内にはあった。が、創作作品は、まさに尤もらしく見せかけ本当らしく工作することそのものだったりもする。このことも、常に意識内にあった。
 結局、個人的には進展したが、いつのまにか七十歳代になった。
 この構想に関しては、あの頃に戻るどころか、あの頃からは遠退くばかりだった。

 年齢上、「他界に臨む心の準備」優先するようになった。
 警戒心を捨てて俺を信用し信頼するようにまでなってくれたモッちゃんは死に、死んだモッちゃんに考えさせられて気づき、死んで逝く際に確かな信頼関係が築かれている環境であることが重要であることを知った。が、その条件は満たせそうにない。
 結局、「他界に臨む心の準備」として知り得た、いずれの条件も自分は満たせそうにない。

 ならば、せめて冥途への土産でも用意しなければ。という思いと共に浮上したのがこの構想だった。
 この構想にトライしたい理由は他にもあるからだったが……

 トライするとなると、尤もらしく見せかけ本当らしく工作するというイメージと、対峙することは必須になる。
 四十年間、生き続け育ち続けたことは事実だが、育ち続けているわけだから、未熟だということも無視できない……
 いわば四十年間も温め続けた卵を孵化させるようなことをすることになり、飛び回るようなことに期待したいが、そんなことができるものか否かも不明だ……
 下書きを書上げられるか否かも怪しいわけだから……
 冥途への土産になり得るものか否かも定かではない……

 が、構想のテーマは、目には見えない内面に関することであり、行動上の中枢である学習力や思考力や理解力などの情報処理だ。
 この情報処理上、いまの自分が最も期待できるもので頼れるものが、これなのだ。
 やってみないと、結果は出ない。
 目的地に到達するまで進み続けた場合にだけ目的地に到達するわけだから。
 とりあえず下書きを書上げるという結果を出してみるか。
 その上で判断した方が、可否にしても是非にしても具体的に的確に判断できるわけだから。

 


人の文明文化……




2019 夏の早朝の文明


 


カテゴリ : ◆他界に臨む心の準備

さてさて奮起奮起

 

 たくさんの応援アクセスに、お礼を申し上げます。

 ブログの更新に集中できなかった六月は、皆様の応援アクセスに救われ、復活もできそうです。
 ありがとうございます。


 
 
「実践こそが大事だ」
 と言うことだよな、モッちゃん。

 自分は、知るべき時に肝心なことを知りそびれた。だから、的外れなことを真に受けもした。そうだったがゆえに、精神面に無理も矛盾も生じ苦悩し困窮し、その修正を余儀なくされた。
 その修正ができるようになった。よって、じゃあ「肝心なことであり知りそびれていたことでもある本来の自分」って何なのだと思うようになった。つまり、やっと、「本来の自分」というものを知ろうとし始めた。
 こんなことばかりしているうちに、肉体的には老化が進んだ。が、いまだに精神的には未熟なんだということでもある。

 でも、未熟なわけだから、可能性は残っている。
「他界に臨む心の準備」として知り得たいずれの条件も、満たせていないわけだから、満たせる可能性は残っている。可能性が皆無になったわけではない。
 しかも、残っている可能性は、これまでに理解したことに基づいて実践的なことをすることばかりだ。
 ただし、老化は無視できなくなり、ハードルがすっかり高くなってしまっている。

 物体として存在するものではないので、五感では捉えることができないものであり、思考上で解明するしかないであろうことであり、解明するだけで意義があるであろうことだけに、解明したいと思っていることもある。これは、可能性も十分に残されている。
 でも、生後に知り得ることは、限られ、偏りもするし、勘違いや思い込みもあり、健康管理もままならない。
 専門知識を得た名医といえども死ぬわけだから、生後に知り得たことを以て出来ることは限られる。
 そういう生後に知り得る性質上、このハードルは、若くても飛び越えられそうもないほど高い。
 が、それに関する理解を深めることで明らかになってゆくであろうことでもあり、人生の最終課題だ。

 むしろ、高望みはせず、「自分は本来はどんな生き物なのか」この理解だけでも深めておいた方がいいような気もする……
 人生の残り時間は少なくなる一方なんだから……
 
 
 いずれにしても、死んだほうが増しだと思う状況では、強引に死ぬからこそ、辛い。
 死ねば楽になれるという状況も、生きていることが辛いことが前提になるわけだから、大差はない。
 むしろ、死ぬわけではないのに、パニックに陥ることもあるわけだし、発狂することもあるわけだから、死ぬとなるとそれらを超えた精神状態もありえる。

 要は、意識があるうちの最期に、どういう精神状態になれるかだ。
 これは、生前、相応のことを行ったか否かに左右され、相応の生き方をしたか否かに左右される。

 専門知識を得た名医といえども、生後に知り得たことを以て治療できることには限度があるわけであり、誰もが死を余儀なくされる。
 こんな、生後に知り得たことの脆弱さを具体的に理解できていることも、「他界に臨む心の準備」として欠かせない。

 まだまだ生きていたいと思う環境では、感謝したり詫びたり反省したりすることが容易だ。
 もちろん、誰かの意思や行為に因って死ぬことは無いわけだから、少なくとも強引なことに因る辛さは無い。

 結局、意識は無くなり、心肺停止し、腐敗が始まるので二十四時間後には火葬されるわけだから、死に至る際の意識が無くなってからのこと特に肉体的なことは論外だ。
 精神的なことは、遺族側の記憶に残り続ける。なので、その内容は問われる。
 よって、「他界に臨む心の準備」的なことなどは、誰にも共通するような根拠や理由で誰でも理解でき尊重できるような内容であることが望ましい。
 
 
 知能が備わっていて、経験でき、知らなかったことを憶え、相応の識別や思考や予想などができ、上達もし、記憶を基にした情報処理は条件反射的な速さでできるようになり、因果関係や理由や法則など(五感では捉えることができないこと)も思考上では理解できるようになる。
 道順が記憶に残ると、それを基に、スムーズに目的地に到達できるようになる。
 ルールを憶えると、その記憶に残っているルールを基に、ゲームやスポーツなどが可能になる。
 そういうことが可能になる過程では、精神面の弱点も経験するわけであり、それを克服しているようなものだ。よって、精神面の弱点も具体的に理解することが可能で、具体的に理解するほど適切な対応も可能になる。
 そういう環境なら、まだまだ生きていたいと思う。

 そんな環境にするためにも、これまでに理解したことを活かすべく実践的なことをしたいよな……
 これまでに理解したことを活かせる実践的なことを目指せたら、好いよな……
 
 
 人は、日常会話で学習力も思考力も理解力も発揮するようになり、理解したことに基づいたこともできるようになる。もちろん、そのことをも具体的に理解することが可能で、理解相応のことも可能になる。
 が、それらは、五感では捉えることができないことであり、思考上で整理することによって理解できる。
 そういう性質上、考えてもみないことは、理解できない。未理解な場合は、理解することの重要さも分からない。

 その重要さを、親子でさえ理解し合えなかったり、家庭内で悲惨なことが起きたりさえする。
 日常会話で学習力も思考力も理解力も発揮するようになったことに関することを未理解なほど、勘違いや思い込みをしがちで、それを悪用して、尤もらしく見せかけもし本当らしく工作もし優れたことであるかのように祭り上げて、目を奪い心まで奪い、騙し欺きもする。
 不利なことや不都合なことは認めまいともするし、隠し偽りもするし、言い訳や嘘も言い、居直りもし開き直りもし、強情を張り、逆上もし、強引に相手の口封じさえする。
 政治では、絶対に書き換えるべきではない書類をでさえ書き換えたりする。
 それでも足りないと、自殺者が出たり、暴力的に口封じしたり、結局、自身が逃げ隠れしなければならなくなり、その先は言うまでもない。
 まさに、そういうことが、そういうことを改善することを困難にし理解し合うことを困難にしている。
 日常会話で学習力も思考力も理解力も発揮するようになるわけだから、本来はその事実関係や因果関係を理解することも可能だし、理解した場合は相応の自覚や思考なども可能になるので、慎むことや避けることも可能になるだけに、改善もできる。
 が、理解や改善を困難にすることをしているだけに、言及すれば逆効果になることが多く、気が引ける。

 進化上形成された知能が備わっていて、誰でも日常会話で学習力も思考力も理解力も発揮するようになる。
 このことを、尊重する人は、その重要さを理解し合おうともするだけに、暴力的に片づけることは嫌うし、争うことも嫌うし、競うとさえ避けるし、自慢するさえ避ける。
 暴力的ン片付けようとする人や、争い競いがちな人は、このことを尊重しないし理解し合おうともしない。

 そうであるがゆえに、人と仲良くなるのは、猫や犬と仲良くなるよりも難しい。
 
 
 むしろ、言葉を話せない猫や犬は、言葉で理解し合うことはできなくても、人とでも仲良くなれる。
 言葉を用いない猫や犬は、事実だけを基に識別し思考し判断しているから、口先だけでも何とでも言える言葉や見せかけは無意味だからなのだろうか。

 モッちゃんは、言葉では理解できないわけだが、経験や学習上、警戒心を捨て、俺を信用するようになり、痛いのを我慢してでも自分ではできないことを俺にやってもらうようになった。
 日常会話で学習力も思考力も理解力も発揮するようになる人が容易にできないことを、言葉を用いないモッちゃんは独自にできていた。
 そうだったことを、むしろ俺が理解できず、モッちゃんが死んだことによって、考えさせられ、やっと気づき、そして知った。

 

何も言わずに、ただ存在し続けている。
だから、信仰し、霊峰と言うのだろうか。




2019 夏の夜明けの霊峰





2019 夏の日暮れの霊峰


 

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
夏場は、相互応援アクセスは中断します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
329位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
55位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR