FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 創作下書き 仮題「凉香と理於の本当の気持ち」

第4章(結) 知能の基本能力の蘇生


 たくさんの応援アクセス、ありがとうございます。

 新年は、誰にとっても健康的な成長や進歩の可能性に満ちた年でありますようご祈念申し上げます。
 新年も、応援アクセスよろしくお願いします。


 当地、27日朝、除雪。除雪後も吹雪&大雪で約30センチも積もったので一日に二度も除雪をしました。
 28日朝、また除雪。
 間違いなく真冬に突入したようです。約二か月間厳寒覚悟です。

 当創作の方は、前回、方法を変更したのが良かった。
 怠けて手抜きをしたような気もしたが、スムーズに先に進めるし、無理や矛盾の確認や修正も楽になり、精神的に楽になった。
 初挑戦であり、そもそも創作だけに、無理や矛盾の確認や修正の繰り返しが必須だ。
 創作内容も、前提になることがあって相応のことが展開し、それが新たな前提になって展開し、それを積み重ねることによって、当初は予想も及ばなかった精神的境地に凉香と理於は到達する。
 つまり、凉香と理於は確認と整理を繰り返しはじめたからこそ、まず不本意な方に進む一方だった事実が明らかになる。
 よって、精神的な障害になっていた勘違いや思い込みなどによる無理を解明し、不都合だと思うことを隠し偽る悪循環に陥っていたことを解明し、それらは把握や理解や改解決とは矛盾することだったことを解明する。
 自分で解明できたことは、自覚や識別が可能になり、よって再検証や自制なども可能になる。
 それらが可能になったのは理解力を発揮できたからに他ならなかったことに気づき、いよいよ、未理解なまま見失っていたことでもある本来の健全な精神(誰でも直に経験し続けていて発揮するようになっていて相応の情報が記憶にたまっていて実は歴然としていたこと)を具体的に理解してゆく。
 そういう展開をする創作内容上、あらすじを設定し、その章立てを行い、その無理や矛盾を処理しながら更に具体的にしてゆき、無理や矛盾が無くなってから細部を書き込む。こうした方が、細部の書き込みも楽だったはずだ。
 こんなことを自分が知らなかったばっかりに、つい細部を書き込んでしまい、その後に無理や矛盾に気づいて修正に困惑していた……
 こんなことを知らなかったことが、長年できなかった一因でもあったようです。

 
 
 
 前章では

 前前章で勘違いや思い込みや隠し偽る悪循環に関することを解明できたのは、思考力や理解力を発揮できたからに他ならなかったことに前章で気づく。
 確認も整理もしないことは未理解な状態にあり、確認したり整理したことは相応の具体的に理解でき、理解できたことは記憶にも残るから、自覚や再考や理解を深めることも可能になる。
 逆に、よく知らないことなのに確認も行わなわずに、上辺のイメージを基に判断するからこそ、的外れなことでも事実だと勘違いしたり、勘違いにも気づけないからこそ事実だと思い込んでしまったり、思い込むからこそ思い込みに基づいた行動までしたりする。
 実際には、そんな経験上の事実をに関することでも、むしろ記憶に残っていることを確認し整理しても解明できる。
 その思考力や理解力の性質や条件や法則的なことも、確認し整理を繰り返せば具体的に理解できる。
 そんなことを経験を基に理解して、その理解したことを基に考えることが可能になったことによって、思考力や理解力は日常会話などですでに発揮していたことに気づき、発揮しているけど未理解だったんだという事実関係を基に、未理解だったことを理解する行程である確認や整理の重要性を再確認する。
 よって、未確認で未整理で未理解な場合と、確認し整理して理解した場合との、歴然とした違いも経験を基に理解し、これも経験済みだったのに以前は未確認で未整理だったから未理解だったことを知る。
 もちろん、記憶を参考に整理して理解したことは記憶にも残るので、その理解した構造的なことを参考にして、随意に自覚したり考えたり判断したりすることなどが可能になることも理解する。
 そして、これまでは解明や理解が主だったが、その解明し理解したことを基にして関連することを検証するようになる。

 
 当章では

 考えても躊躇してできないこともあることなどもあることを捉えて、知識や考え以前に知能の能力的なことや法則的なことが機能していることを捉える。
 更には、もともと知能が備わっていることや、相応の能力や機能ももともと備わっているからだということに、凉香と理於は気づく。
 そこで、各感覚器官や意識や感情や記憶力などは、目覚めている状態では常に直に経験し続けていることであることに気づき、単に自覚するだけで確認できることだったことにも気づき、こんな歴然としていたことも知らなかったのかと思いながら、自覚することで確認して各感覚器官や意識や感情や記憶力など性質や特徴を理解する。
 これらも、知識や考え以前から存在していて、覚醒時には常に直に経験し続けていて、まさに歴然としていることだった。なのに、そうであることにさえ気づけず、確認も整理も行わなかったので覚醒時には常に直に経験し続けていて歴然としていたことだったことをすら知らなかった。
 よって、生後に知りえることは、限られ偏りもし、勘違いや思い込みもあり、悪循環に陥りもするが、それ以前に備わっている知能や能力の方が生後に知りえることをもともと超越しているんだということを理解する。

 更に、各感覚器官や意識や感情や記憶力などの絶妙な関係で構成されている知能を理解する。
 その理解した知能の各構成要素の性質を基に、既に経験済みのことを整理して、経験できる理由や知らなかったことを憶えることができる学習や上達できる理由や理解の法則や条件反射的な速さで反応できるようになる熟練の法則などを具体的に理解する。
 つまり、大人でも教えようが無いことを、乳幼児期から独自に経験し相応の学習もし始めるようにできている。
 誰でも基本動作や日常会話は熟練し、日常的に思考力や理解力は発揮するようになる。
 そうであることを具体的に理解する準備がおのずから整い、理解することが可能になる。だからこそ理解できたんだということを、凉香と理於は具体的に理解する。

 ここでも、以前は、あまりにも知らなかったことが明らかになる。その理由は、すでに解明済みだった。
 つまり、確認や整理を行わなってことは理解できる性質上、具体的に理解できる準備が整っていることであっても、確認や整理を行わないことは未理解な状態にある。
 もちろん、考えや判断に関すること以外のことを強いられ続けた場合も、考えや判断に関することを確認や整理しそびれ理解しそびれることもあり、それゆえに勘違いや悪循環に陥る可能性もあり、むしろ考えや判断に関することを理解することは困難になる。
 よって、内向を妨げ、目を奪い心まで奪おうとする躾や教育やテレビの悪影響も理解する。
 そもそも、考えや判断に関することは、直に経験し続けていることであり相応の情報が記憶に溜まっていることでもあるが、具体的に理解するためには内向する必要がある。つまり、環境上のことに目を奪われたり心を奪われたりするだけで、できなくなることでもある。
 そんなことも解明経験上ですでに分かっている凉香と理於は、誰かの所為にしてしまうと解決できないことも既に分かっているし、二人で内向したからこそ誰にでも共通なことを理解できたことも分かっているし、自分の考えや判断こそが重要であり、自分の考えや判断の健全性がいかに重要であることを捉える。

 生後に知りえることや考えよりも、知能や能力の方がもともと超越していることもすでに分かっている。
 よって、誰もが直に経験していることを更に深く理解することを選択する。
 そして、親を選ぶことはできないが、本来は親よりは理想的な親になれるようにできていることに気づく。

 
 次章では、誕生する背景である進化に思いを巡らす。


 
カテゴリ : 創作下書き 仮題「凉香と理於の本当の気持ち」

第3章(転) 理解力の蘇生・理性の復活


 たくさんの応援アクセス、ありがとうございます。

 12月05日朝、当地の積雪約30センチ。除雪機も今冬初出動。
 その雪も、徐々に消えてしまい、除雪も不要に……
 20日朝、積雪10センチ余。今冬二度目の除雪機出動。
 創作には本格的に臨めるようになったはずなのに……

 創作上、登場人物の凉香と理於は、
 不本意な方に進んでいたことに気づき、
 それは自分の考えや判断に因ることだったことに気づき、
 自分の考えや判断に関することを知らなかったことに気づいて、
 知らなかった要因である錯覚や勘違いや思い込みを解明し、
 更に不利なことを隠し偽ると悪循環に陥ることを解明して、
 その解明で発揮した理解力や客観視に関することを理解し、
 誰でも日常会話で理解力を発揮するようになることを基に誰にも共通する学習の基本を理解し、
 自分の知識や考え以前に発想も及ばないほど高度な知能が備わっていることに思いを展開させ、
 自分たちが誕生する背景である進化へと思いを展開させる。

 ところが自分は、創作は、そもそも、長年、出来なかったことだった。
 初挑戦だけに、創作上は必要なことなのに知らなかったことに次々に直面する。
 あいかわらず、初めて向かう目的地の途中で迷っていることを連想したり工事現場を連想したりする状態に陥っていたりする。
 つい「老化だ」と思ったり、老化は自覚しやすいこともあって「事実は素直に認めよう」と思ったりもする。が、そんなことを思わなくても、年齢上、諦観モードに陥っていたりする。
 そうなることは、避けたい。
 むしろ、成長や進歩が生涯可能な一面が存在することを確かめたい。
 が、格好の、山中での朝焼けや夕焼けの撮影は、冬は無理だ。
 というわけで、知能の活性化や若返りを期待し、否否、新鮮な刺激程度で十分だ、と考えて英会話をはじめることにした。

 創作上、登場人物の凉香と理於は、不明だったことを解明するために繰り返し回想し確認や整理を重ねることによって解明し理解を深めてゆく。
 その書き手である自分も、実は、創作上の無理や矛盾があると、書き進められなくなる。すると、尤もらしく繕う状態に陥っていたりする。そうだったことに気づくと、それは邪道だと自分を戒めるしかない。
 億劫でも、創作上の無理や矛盾を解消するために確認や整理を繰り返すしかない。
 個人的な経験談を書く場合とは違い、創作は仮想だからこそ、因果関係の無理や矛盾が生じることも分かってきた。
 無理や矛盾の修正や変更は、早々に行っておかないと、迷路に迷い込んだ状態になりかねない。
 よって、第一章は、分割して第二章までに変更しました。
 また、今回の予定だった第二章は、第三章に変更しました。
 なお、投稿済みの記事に関しては、下書きを書き終えた後で、再整理を行う際に変更します。

 また、下書きなのに、細部の書き込みをしてきた。
 これは、無理や矛盾の修正や変更が生じた際に、それを難しくすることだった。

 そんなことに時間がとられ、次章を書く時間が脅かされると、先送りも考えたりし、挫折しかねない。
 挫折は避けたい。そもそも、ネタを公開しているのも、下書きなのも、挫折することだけは避けたいからだ。
 挫折を避けるためには、みっともなくても書き進めるしかない。
 そもそも、下書きの段階なんだから、要点だけでいい。などと方法の検討が必要になったりもし、今回からは、要点だけにすることにしました。
 とにかく前進する。

 行ったことが無い場所を目指し、初回は迷いながら到達しても、二度目は少しは楽に行けるようになり、繰り返し行くほど容易になり、やがては実際に行かなくても記憶に残っていることだけを参考に道順を教えることも可能になる。
 下書きも、一旦書き上げることを経験すると、相応の学習もするだけに、次回からは楽になり、繰り返すほど再検証や再編集は容易になるはずだ。

 ちなみに、Win10 にアップグレードしたら……
 辞書学習も新規になった。が、入力は格段に便利になった。
 漢数字の「二」が、これまでのようには使えない。なぜ?
 残念なのは、訪問先ブログの画像のダウンロードが重くなった。
 が、そんなことの調整に、年内はかまっていられない。

 なお、ブログでは横書きなので算用数字に変更して第1章とか第2章にしました。最終的な縦書きでは漢数字で統一します。
 また、各節以下の各項と各目の小見出しは、自分(書き手)が下書き用として設けた仮項目につき、仕上げ段階では削除します。


 結局、今回からは、展開の要点の整理だけで書き進むことにし、書き込みはしたものの整理不十分な細部は非公開にしました。
 挫折は避けるべく、下書きを書き終えることを優先し、一層簡便な方法を選択しました。
 この方が、因果関係の無理や矛盾が発覚した場合でも、調整や変更を楽に行えることが分かってきました。
 また、因果関係の調整をした後で、細部を書き込んでゆく方が楽なのだとも考えられます。
 ということは、もともと先に計画的なことや段取り的なことをこそ十分に行った方が良かったのだ。
 でも、そんなことは知らなかったばっかりに、つい細部の書き込みをし、修正や変更を困難にしがちだった。ということだったようです。

 こうして考えてみると、道に迷っているのとは、違う。御託を並べがちなのも、冬場になり本格的な見直しをしはじめたからだ。
 いずれにしても、前進することに集中する。

 
 
 
 当章の前提になる前章までの概要
 予想外のことを基に凉香と理於は話するようになった。よって、不本意な方に進む一方だったことが明らかになった。
 不本意な方に進む一方だったことを左右していたのは、自分の考えや判断にほかならない。よって、自分の考えや判断に関することを未理解だったことも判明した。
 話すことによって相応のことが具体的に明らかになるだけに、盛んに話すようになり、事実確認や因果関係などの整理を重視しはじめた。
 更に、五感で捉えることができる環境上のことは敬遠して、五感では捉えることができない自分の内面を重視するようになり、記憶に残っていることを確認し整理じめる。

 確認や整理を重視するようになったことによって次々に具体的なことが分かったことから、以前は、肝心なことを知らないことなのに、確認もしないで、上辺のイメージを基に判断するようになったことや、自分の気持ちや考えに反することでも肯定するようになったことに気づき、よって的外れな錯覚や根拠お理由も無い勘違いをするようになり、そうだったことを未把握だったので、その錯覚や勘違いを基に考えたり判断したりするようになったことを解明する。
 しかも、錯覚や勘違いであることに気づけないと、そうだと思い込んでしまったり大事だと思い込んでしまい、疑問も抱かなくなって自分の考えや判断を過信した状態になり、思い込みに基づいた判断をするようになり、相応の行動までするようになり、ますます確認しなくなる。ということも解明する。
 つまり、具体的なことを未理解だった精神面の、まず弱点を具体的に理解した。よって、以前は精神面の弱点を未理解だったがゆえに知能を誤用するようになっていた状態だったので、気づくこともできなかったことを解明する。
 結局、肝心な自分の考えや判断に関することで、しかも把握や解明や理解が可能なことなのに、あまりにも未把握で未理解だったことが決定的になった。
 でも、解明が可能で、解明できただけで気が晴れる。というわけで、環境上の特に人為的なことは半ば無視することに決めて、あくまでも自分の考えや判断に関することの確認や整理や把握や理解を優先する。

 そして、保護者が必要な自分が保護者を批判することに矛盾を感じるようになり、少数派になることに不安を感じるようになり、孤立を恐れるようになり、多数派に不本意な雷同をするようになり、不利なことを知られまいとしはじめたことによって、そのことに気を取られがちになり、被害妄想的に不都合なことを隠し偽る悪循環に陥りかけていたことを解明する。
 それは、理解力に背くことであり、むしろ把握や解明や理解や解決を困難にすることだったことも解明した。
 いずれも、肝心な自分の考えや判断に関することなのに、あまりにも未把握で未理解だったことばかりが具体的に明らかになった。


 そんな前章までの経験を基に、当章では、
 知能を誤用していたともいえる勘違いに関することを解明できたことや知能を悪用していたともいえる悪循環に関することを解明できたのは、自分の考えや判断を客観的に捉えることができたからであり、思考力や理解力を健康的に発揮しはじめたからにほかならなかった。といったことに気づく。
 そして、その理解力そのものに関する事実確認や整理をしはじめる。
 五感では捉えることができないことでもあり未理解だったことでも、会話では理解し合えるし、記憶を参考にして思考上で確認や整理を繰り返したことは、関係することで構成されている一連のことを理解でき、理解したことは記憶に残るので更に理解を深めることができる。などのことを具体的に理解する。
 よって、確認や整理を行わないことは未理解で、未理解なことは自覚できない。が、確認や整理を行ったことは理解でき、理解したことは記憶にも残り、記憶を参考に自覚や思考や判断なども可能になる。といった、未理解な場合と、理解した場合の違いなども理解する。
 そして、凉香と理於の間で「理解」と言った場合は、そういうことを指すんだと仮定する。

 あまりにも未理解だった自分の考えや判断に関することの、本来の健康的な能力の理解し始める。
 よって、日常会話で理解力を発揮できるようになったことは事実であり、そうであることを理解することも可能だったのに、実際には未理解だった理由なども具体的に理解する。

 更に、理解する以前に知能が備わっているだけに、知能に基づいた機能や能力も備わっていることも理解し、学習や理解には知能や能力に基づいた法則があることも理解し、思考力や理解力や客観視などの特徴や性質や条件や法則などを理解する。

 よって、大人の嘘を見抜けるようになった子供の頃の本心は、理解力や理性に基づいたことだったことまで理解する。


 当章で理解したことを基にして、次章では、
 誰にでも備わっている知能自体の構成要素(各感覚器官や意識や感情や記憶力などの個々の特徴)や関係や構成を理解する。
 そして、誰でも日常会話ができるようになることや、誰でも日常会話で理解力を発揮するようになることに気づき、誰にでも共通する学習や理解の法則を理解し、誰にでも共通する知能の基本的な能力を理解する。
 よって、おのずから幼い頃ほど生存上重要なことを誰でも経験するようにできていて理解する準備も整うことを理解し、そうであることを具体的に理解するとは限らない理由は躾や教育の影響が絶大だからだということも理解する。


応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
夏場は、相互応援アクセスは中断します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
154位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
31位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR