生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

看板内の◆1-から◆4 について

 
 最新記事の上の自称「看板」内の◆1-から◆4 について

 これを基に、これまで理解してきたことの大整理を行います。

 つまり、私見の概要であり、かつ計画表であり、すべての記事を書き終えた際の目次になります。

 今後は、◆1-から◆4 の各小見出しの記事の編集を行います。
(◆1-から◆4 の大見出しは記事は無し。各小見出しのみ記事あり)

 今冬の雪が解けて無くなり草木が芽を吹く頃までには、全小見出しの記事を書き終えたい。と考えています。
 投稿済みの記事も、使えるものは再編集して使います。
 編集が済んだものは逐次投稿し、各小見出しにリンクを貼ります。
 
 
 私事だけに、興味がある方は稀でしょうが……
 基礎や基本は、普遍的で、多くの生物にまで共通することもあります。
 そんな基本的なことを重視して、構成しました。

 蛇足ですが、おのずから明らかになる可否には言及しますが、おのずから明らかになる是非への言及は控え気味にする予定です。
 
 
 以下も、私の心の準備に過ぎないのですが……

 文体は、独自に理解してきたことの大整理だけに、「独り言を納得する」タイルにする予定です。
 文体は粗雑だったり乱暴に感じるかもしれませんが、書き終えることを優先し、文章表現の勉強は後回しにします。

 なお、個人的な都合で、計画表だけを公開し肝心な記事が無いのでは、ちょっと苦しい。
 それを癒すべく、オンマウスで各小見出しの簡単な説明(個人的な構想の一部です)が表示されるようにしました(タグのtitle=""を活用)。
 タグとして書き込んであるだけに、画面に表示されるまでに時間を要することが懸念されます。
 恐縮することばかりですすが、あしからず。
 
 
 以下も個人的な構想なのですが、全体的な概要でもあります。

 ◆1-生存の基礎や基本は普遍的で共通だ
 生存の基礎について推察します。
 太古から世代交代を重ねて進化したであろうことだけに、もちろん推察の域を出ません。
 なお、生後に経験し学習する以前のことであるだけではなく、現代人が産まれる以前のことだけに、親がどんなつもりで子供を産んだのかなどは論外とします。

 ◆2-本来は学習し熟練し理解力も発揮する
 経験し学習し熟練し理解力を発揮するようになった基本的なことを整理します。

 ここまでの◆1-と◆2-は、以降の★3-と◆4 の経験上で理解したことを基に構築した仮説です。

 ★3-:無知の彷徨は、私の体験談です。
 ◆2-の成長過程で、▽項目の影響により、★項目のように虚勢を学習した場合、★3-のように自分が考えて行ったことで自分が困りもする。
 よって、自分の考えに無理や矛盾があることに気づきます。

 ◆4 遅れ馳せでも本人は詳しくなれる 自己理解事例集
 的外れな勘違いや根拠も理由も無い思い込みや先入観などが、決してそうではないことによって覆されてゆくと、知的中枢の基本的なことを客観的かつ具体的に理解できるようになります。
 理解したことは、自覚できるようになり、よって自制できるようになり説明も可能になります。

 こうして、知的中枢の基本的なことを理解できただけに、その基本的なことは変わっていない成長段階のことを思い出せたりもし、幼かった頃のことも検証することが可能になりました。

 つまり、子供の頃に本当の自分の気持ちを、大人に理解してもらえなかった。むしろ、望まないことを、強いられた。
 具体的な説得はできず、反抗した。が、反抗し切れず、主張を断念した。だから、肝心な学習自体に関することや自分の考えに関することは理解しそびれた。
 それゆえに、体裁を気にし、人目を気にするようになり、不都合だとか不利だと思うことは隠し、上辺を繕い、強がる大人になっていた。
 当然に、本心は、幼いままで未完成だった。
 でも、絶望への階段を登るに等しい虚勢を捨てた今、自分こそが、自分の子供の頃の本当の気持ちを理解してあげられる。むしろ、自分の幼いままの純真さを、理解し救い育てることが可能なのは自分しかいない。
 それができてこそ……

 それらを基に構築したのが、◆1-と◆2-です。
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
304位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
47位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR