FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

迷い

 
 老化……だよな……

 計画したものの、心の大整理に、まったく集中できない。
 個人的には、経験を基に事実関係を理解し、すでに解決済みだからでもある。それを、整理しながら再確認するだけなのだから。

 しかも、勘違いや思い込みだったとはいえ、死んだほうがましだと思い詰めたことでもある。
 公開すると、誰かも傷つきかねない。
 このブログを向こうから覗く人は、見知らぬ相手だからこそ、傷つくような記事では困る。
 それは、記事を深読みしてくれた人だからでもある。
 そういう人にこそ、できることなら、感動をお持ち帰りいただけるような記事を書くことが望ましい。

 でも、肝心なことを未理解だからこそ、的外れな勘違いもし、根拠も理由も無いことでも思い込む。
 日常的にも、勘違いや思い込みに気づくと、肝心なことを知らなかったことにも気づく。だからこそ、動揺し、当惑さえする。
 その内容しだいでは、傷つきもする。矛盾するほど間違っていることもあるからだ。それゆえの動揺や当惑である。
 解決するためには、根拠も理由もある新たな知識や考えが必要になる。
 口先だけの慰めは、再び、勘違いや思い込みの世界に押し戻すだけだ。
 つまり、勘違いし思い込んでいた頃には必要だとさえ思わなかったことが、必要になる。
 誰も傷つかずに、すんなり理解できるような、そんな妙案は存在しないような気さえする。

 勘違いや思い込みに気づいたとしても、習慣を成り立たせている古い記憶は、消せない。
 それに替わるほどの根拠も理由もある新たな知識も、早々には得られない。
 新たなことが習慣的になるまでには、相応の時間は必須だ。

 個人的な心の大整理は、すでに書き出した記事を整理するだけでもできる。
 が、公開できるレベルには達していなかったことになる。
 不可能なような気がし、意気消沈しているような気もしていたが、心の一角では妙案が思いつくのではないかという期待が消えない。
 ということは、未知の領域にに対しても知能が機能している。
 意気消沈というよりは、安易なことはできなかっただけなのだ。

 焦る必要は無い。
 必要なのは可能性への期待だ。
 もうしばらく、この期待を大事にしてみよう。
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
夏場は、相互応援アクセスは中断します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
329位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
55位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR