生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

訪問先で刺激されて

 
>正しい人はいない

 この言葉に、訪ねた先のブログで接し、改めて考えさせられました。
 自分の考えは正しいと思い込みがちだったことが、気になっていたからでもありました。

 実は、野暮用とはいえ、必要なことは次々に処理し実現しなければならない。ところが、口先ばかりで言い訳が尽きない人もいる。
 そうなるまいと思い、批判的に捉えざるをえなくなり、自分は正しいと思いがちになり、気になってはいた。
 が、自分は説得できず、正しいと思っていることを指導することもできなかった。
 つまり、自分の考えが正しいとは実証されていない。
 もちろん、自分の考えが正しいとは言えない。
 こんなことを考えもしなかったからこそ、勝手に自分の考えは正しいと思いがちだったのだ……

 思えば、むしろ自分の考えを正しいとは思い込むまいと心がけていたはずだったのに……
 個人的に知っていることは限られ、事実確認をしなくても想像はできるだけに勘違いもするし思い込みもし、考えには無理も矛盾もあり、それゆえに葛藤まで余儀なくされた。が、当時は、そういう事実関係をさえ把握できなかったから解決や改善もできなかった。
 でも、自分が考えていることだけに、無理や矛盾があることに気づいた。気づいたから、考えていることの無理や矛盾も具体的に解明でき、考えていることに無理や矛盾があっただけだったので事実関係が分かっただけで葛藤は激減した。
 そんな経験上、自分の考えを正しいとは思い込むまいと心がけるようになった。
 むしろ、疑問視し批判視さえし検証するようになったから、より具体的に理解でき、同じ状態には二度と陥ることは無いとさえ思っていたのに……

 もちろん、完璧ではありえないし、純粋な善人は存在しない。
 そもそも、知能が備わっていて、経験でき学習でき理解でき、相応のことは随意にできるようになる。が、その学習し理解したことを以っては、自分の精神管理も思うままにならなかったり、健康管理も思うままにならず、天才といえども老化は止められず、名医といえども死を余儀なくされる。
 つまり、生きていること自体は絶妙にできていて、運動機構や精神機構まで備わっている。よって、経験でき学習でき理解でき相応のことは随意にできるようになれる。が、経験し学習し理解することだけに、的外れな学習もするし、生きていること自体のほうが絶妙にできていることをほとんど未理解だったとしても不思議ではない。
 勘違いもし思い込みもするだけに、汚いことは嫌だし、楽をしたいので、怠け心もある。得をしたいだけに、狡ことも考える。
 結局、知能を、誤用し悪用さえする。そうであることも、かつては未理解だった。
 好みや価値観は個人毎に千差万別になる。
 それが普通なのだ、とも考えがちになった。
 だから、半ば諦め、精進を怠ったのか……

 でも、「失敗は成功の基」と言われる。
 失敗や損をしてこそ、そういうことを慎み避けるようにもなれるし、正しいことを優先させることも可能になる。

 そもそも、誕生時には、善悪の判断もできない。
 肝心な知識が無くても、上辺だけを繕って完璧で善人であるかのように装うことは可能だ。
 が、上辺だけでも良く見られたいと思うと、不都合なことは見知られまいとする。言い訳もし、強情さえ張る。それでは、上辺だけで騙し欺く類でしかない。
 それどころか、上辺だけを基準にするだけに差別的だったりする。
 結局、後悔し、反省し、謝罪し、償いもし、そういうことをしてこそ、そういうことは慎むようになる。
 つまり、知能が備わっていて、経験でき学習でき理解でき、相応のことは随意にできるようになれる。
 でも、勘違いもし思い込みもするだけに、遅れるほど困難になる。
 せっかく理解できても、諦め、まして怠けると、悪化する。

 前向きに臨むためには、相応の可能性が明らかなことは重要ななので、その可能性を明らかにすることも重要なのだが……
 それでさえ、とりとめもない言い訳にもなりえるし、口先だけで終わってしまいかねない……

 やはり、悪化は避けたい。少しでも向上したい。なら、すでに備わっている可能性や理想を信じ、信じている証でもある精進は欠かせない。
 自分が信じたことに臨むことは、もともと開放されていることでもある。自分が信じたことに臨み確かめることは、もともと許されていることでもあるのだ。
 その先にこそ、より確かな充実がある。
 それは、精進の証でもある。

 考えを整理しただけでも、心が晴れる。
 これも、相応の精進をした証なのだ。
 

有意義な刺激、ありがとうございました。


りんごの花(品種:つがる)


 

コメントの投稿

非公開コメント

Re: TSUKIKO さんへ

こんばんは。

返信、遅れて、ごめんなさい。

> つい先日、私は「TSUKIKOは自分が正しいと思い過ぎる」と言われてしまったばかりです。
> 自分では、自分を正しいどころか自分を駄目な人間だと思っているので、とてもショックな言葉でした。

それがショックだったと言うことは、相応の思い込みがあったということでしょうか。

私は、つい決め付けたり思い込もうとしたりしがちですが……
つまり、正しいと思い過ぎるとか、駄目だと思い過ぎるとかではなく、自分の考えや判断に疑問を抱かず、自分の考えや判断はいつも正しいと思い込んでいるほど、そうではなかったときに困ってしまいます。
そんな経験上、良かれ悪しかれ、決め付けたり思い込んだりするのではなく、冷静に省み考え検証してみるくらいが望ましいのだと、私は心がけていますが……
 

喜助さんへ

こんばんは。

つい先日、私は「TSUKIKOは自分が正しいと思い過ぎる」と言われてしまったばかりです。
自分では、自分を正しいどころか自分を駄目な人間だと思っているので、とてもショックな言葉でした。
そんな中の喜助さんの今回のブログ・・・もう一度己を考えさせられます。


花の写真、とても癒されます♪
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
304位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
47位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR