生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

つい嵌りがちだが……

 
 今日は、待望の雨……の予報。
 ということで、骨休め。

 もともと書くだけでは口先だけと思われかねないだけに、実践的な野良仕事を優先しはじめると、書く気は萎えがちになる。
 でも、私の人生の残業とも言うべきことは、今のところ、文章化しか思い当たらない。
 その書く気が、萎えてしまわないよう、ブログの更新をしようかと……
 雨も、もう少しは降ればいいのに……

 更新しない間、実践的なことが優先だったからだが、書いては、諦め、また書くのだが、また諦めしていた。
 降ってきたかと思うと止み、それを繰り返す今日の雨のようなものだった。
 それをまとめただけに、継ぎ接ぎだらけの記事になった。
 が、私の人生も、そんなものなのだ……
 
 
 かつて新品で購入したチェーンソーも、私と同様にかなり古くなった。でも、私同様、まだ現役だ。
 が、いつ故障しても不思議ではない。その点も、私と同じだ。
 古くなるほど、部品の調達は難しくなる。ただし、私自身の部品交換は、原則的には望まない。誰もが、最後は諦めるしかないのだから。

 諦めるというより、実は、私は期待できるようなものを見出せるような気がしている。
 知能が備わって産まれ、経験でき、学習でき、理解でき、相応の随意なことができるようになった。
 その究極とも象徴ともいうべきことを見出すことに期待している。

 つまり、見聞きしたいことだけを見聞きするようになり、見聞きしたくないことはしないようになった。
 それゆえに、かつては重要なことを見失っていた。
 そんなことに気づき、葛藤を余儀なくされ、軌道修正を余儀なくされた。その経験上、間接的にだが意識を制御していることを知り、本来はどうなのかを理解し、経験でき学習でき理解できることを理解し、その究極とも象徴ともいうべきことを見出すことに期待するようになった。

 チェーンソーも、新品は高価だからだけではなく、今後の使用頻度を考えると新品を買おうとは思わない。
 そもそも、私の人生も一度限りで、買い換えは不可能なのだ。
 しかも、自分が経験し学習し理解した内容が間違っていたがゆえに、葛藤を余儀なくされ、その不本意な不具合それゆえに根拠や理由に相当する自分自身という普遍的な面を理解することができたのだ。
 
 
 そして、昨年。
 使い方を誤ったことによって片減りさせてしまったバーを、交換した。
G365AV
 バーやソーチェーンは互換性があるパーツだけに、容易に交換できる。
 が、本体の部品は、とっくにメーカーで供給を打ち切り、市場に出回っている在庫も無いのだろう。同型機が、ヤフオクで「部品取り用」とか「ジャンク」と言われて出品されている。
 ならばというわけで、使用中のチェーンソーが故障した時に備え、部品取り用の同型機を入手しておこうと思い、落札した。
G405
 届いたチェーンソーは、同型どころか、自分が使用中のものよりも良いものだった。
 出品者が勘違いしていたからでもあったのだが、排気量も大きく、ソーチェーンの歯も大きい。
 バーは16インチ(40Cm)だが、それよりも太い画像に写っているような木を切るとなると、パワーも切れ味も明らかに違う。

 価値観の違いもあるのだろう。
 世の中には、製造するほどの知識や技術や設備がある人もいる。
 製造することは無理だが、修理ならできる人もいる。
 製品を買って活用することに長けている人もいる。
 が、調子が良くないだけで、使わなくなる場合もある。
 使途には合わなかったりもする。
 他人が製造したものだけに、買ったのに、活用するに至らない場合だってある。
 そして、手放す人もいる。
 個人的にも、ものによっては、そのいずれかになる。

 かつては、自分の知能のことさえ、ほとんど未理解だったばっかりに、勘違いさえし、葛藤まで余儀なくされた。
 つまり、発揮できていなかったどころか、誤用していたがゆえに、そうであることにさえ気づくことができなかった。
 その不本意な不具合ゆえに、そんな実態だったことを知ることになったくらいだ。

 現代は、部品代よりも、修理などの技術料や人件費のほうが高いことも事実だ。
 使い捨て時代だと言われるようになって久しい。
 人生も、個人的には一度限りなのだから、使い捨てのようなものなのとも見做せる。
 それどころか、うっかりしていると、誰かによって自分が使い捨てにされかねない。
 個人毎に好みや価値観が千差万別なだけに、悲観的な傾向の人もいれば、かつての私がそうだったように楽観的な人もいるし、有頂天気味になっている人もいる。
 他人の言葉を真に受け過ぎると、翻弄さえされ、そして絶望しかねないのだ。
 そんなことに気づいたから、かつて、都会から去った。
 
 
 今年も、雪は無くなり、野良仕事をはじめた。
 貧乏暮らしだが、他人に指図されたことをやっているのではなく、他人の考えに基づいた仕事をしているわけでもない。可能な限り自分の考えに基づいて生きている。
 他人の評価を気にする必要も無いだけに、のんびりし過ぎる傾向はあるのだが、それでも自分の考えに左右されていることは自覚しやすい。
 こんな生き方も、帰郷後に、一見、雑然としている自然の中でこそ野生の営みがあることを目の当たりにしたことで取り戻せたたわけだが……
 産まれる機会に恵まれたことや、生きていることはどういうことかを直に体験できていることを知ったことにより、価値観が変わり考え方も変わったから生活も変わったのだとも言える。

 母親側だけを考えても、数百の排卵があり、それぞれが兄弟姉妹に相当する。
 人以外は産めるだけ産むようだが、人の場合は意図的に制限する。つまり、受精の機会に恵まれることも無く、その可能性も途絶えてしまうほうが圧倒的に多いことになる。
 たまたま受精の機会に恵まれ、無事に産まれたのが自分だった。それは数百分の一の確立だったことになる。
 先祖や祖先や進化上では、自分が産まれる確立は、まさに天文学的数字になる。
 もちろん、産まれる機会に恵まれたものだけが、生きていることはどういうことかを直に体験できる。
 仮に障害があったとしても、この身体は、どんな天才でも作れないし、どんな名医でも治しきれない。

 でも、かつては、いま知っていることは知らなかったばっかりに、他人を気にし、見映えを気にし、上辺を繕うことに囚われ、勝手に勘違いし自己満足さえしていた。
 その意識改革を余儀なくされた経験上、今は、重視し優先すべきことは限られている。そこそこで間に合うことも多く、どうでもいいことこそ圧倒的に多い。
 つまり、精神的には、かつては見失っていた世界で、今は生活していると言っても過言ではない。
 
 
 今年も、冬場の燃料である薪の準備も始めた。
 ところが、チェーンソーを重く感じた。古いタイプなので元々重かったのだが、長年、重いと思ったことは無かったのに……
 そこで、ヤフオクで、小型のチェーンソーで「部品取り用」とか「ジャンク」と言われる品を探した。
 エンジンは始動するが、不調ゆえに安価だった小型のチェーンソーを、落札して入手した。
 簡単な修理くらいは憶えたい。曖昧に憶えていた調整も根拠や理由がある知識を得たい。そのための教材でもあった。
 届いた商品は、説明の通り、エンジンは始動するが、すぐに止まってしまう。このままでは、実用にはならない。
 だから、所有者が不要になり手放したものだ……
 が、壊れているわけではない。一部に問題があるだけなのだ。
 推理し、問題点を見つけ、そこを直せば、まだ使える……
 人生は一度限りだ。不調なくらいでは、不用にはできない。
 実用上でも、滞りなく使うためには、調整はもちろん、多少の修理も、自分でできることが望ましい。
 そのくらいでないと、活用しているとは言えないような気もする。
 中学3年のとき、授業中に勝手に内燃機関の原理を理解しようとしていたが、2サイクルエンジンは原理も構造もシンプルだ。

 エンジンを始動するが、排気ガスが、目に見えるほどで、異臭もする。
 2サイクルエンジンは、混合燃料が残っている状態で、数年も使わないと、そうなる傾向がある。
 なので、残っていた古い燃料は捨てて、新しい燃料を入れた。

 幾度か始動するうちに、排気ガスは透明になり、異臭もしなくなった。
 が、止まってしまう。

 いつの間にか憶えたことで、最も簡単な、高速調整や低速調整やアイドリング調整を試みた。が、解決できなかった。

 点火プラグを、買い置きしてあった新品に換えてみた。
 明らかに始動は容易になった。古い点火プラグも、不調の一要因だったのだ。
 33ccの2サイクルエンジンが、健在なのだと雄叫びを上げた。
 最高回転をオーバーしていると思えるくらいまで回転が上がることが分かった。
 これなら、不具合を見出して、直せば、十分に使える。

 始動後、プライマリーポンプを押すと、止まらずに回転し続けることが分かった。
 つまり、燃料が続かないのだ。

 とりあえず、使わなくなった機械から燃料フィルターを外して、それを交換してみた。
 が、変化なし。燃料フィルターは異常ではなかった。

 結局、交換した経験の無いダイヤフラムなるもの(いわば燃料ポンプ)を、ヤフオクで入手し、初めて交換してみることになった。
 その結果、始動したエンジンが、止まらなくなった。

 アイドリング、高速回転、低速回転、そられのいずれの調整も、Web検索を繰り返した結果、今回は原理など具体的に分かった。
 その要になることを憶えたので、メーカーによる違いにも対応できる可能性がある。
 原理や理由を憶え、修理も憶えると、安心感や自信や充実感が違う。

 そもそも、私自身が、自分の心がすっかり歪んでいたことに気づき、それを解体して組み立て直したようなものだった。
 でも、心は壊れていたわけではなく、むしろ未完成だった。なのに、望まないことを強いられ競争までさせられたから、以降の学習内容が歪んだだけだった。
 だからこそ、理解し納得しただけで、解決もした。

 チェーンソーも、2サイクルエンジンでシンプルだが、相応の法則に基づいて成り立っている。
 私が心の歪みを修正した際も、当初は、経験や学習上の歪みや、考えの無理や矛盾を解消することだった。
 が、その基本的なことである学習の法則を理解することに移行した。それ自体は、決して歪んでいるわけではなかった。
 更に、学習の基本的な法則の根拠や理由になる精神機構(知能)自体を理解することになった。それは、自分でさえ未理解だったわけだから、自分が作ったものではない。すでに自分に備わっているものであり、どこかの天才が作ったものでもない。むしろ、自分自身は自律して機能しているわけであり、どんな天才でも作れないのだ。どんな名医でも、生後に経験し学習し理解したことを以っては治しきれないから、死を余儀なくされる。

 そんなことを考えながら、チェーンソーを復活させることに、この数日間、嵌まっていた。
PMS330A

 
 
 薪材の小切りも済んだ。

 太い木は、栗の木。
 昨年、初めて栗ご飯を焚いて食べ、栗がこんなに美味しいものだったのかと初めて思い、結局、4回も炊いて食べた。
 その栗の木が混み過ぎたので、昨秋のうちに間伐しておいたものを、今春に小切りしたもの。

 画像を撮ってから日が経っているので、実際には、すでに薪割りを始めている。
 梅雨明け前には薪割りを終え、夏の間に乾燥させ、冬場の燃料にする。





 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
304位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
47位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR