生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

最近、思う。

 
 最近、思うことは、相撲力士の「やる気」だ。

 負けるのが目に見えているような取り組みもある。
 上位との取り組みで、相撲にならないことも少なくない。
 やる気が無かったのだと思える負け方をすることだってある。
 でも、上位と取り組まないと、上位に勝てるようにはならないし、昇進もできない。

 順調に昇進したのに、一変して負け続ける力士もある。
 優勝できるようになったのに、次の場所は一転したりする。
 間違いなく勝つだろうと思っていた横綱でさえ、慌てることもあり、金星を与えてしまうことだってある。

 いずれを見ても、精神面がかなり重要なのだと思う。

 自分の日常でも、考え事をしただけで、大事なことを見逃したり聞き逃したりする。
 止まるか、進むか、それもイメージや気持ちや考えしだいで決まる。
 だからこそ、説得もする。イメージや気持ちや考えは、変わるものだからだ。変われば、相応の行動もしはじめるからにほかならない。
 だからこそ、誘惑もし、思い込ませようともし、唆しもする。

 力士だって、負けたことを気にし過ぎたり落ち込むようでは、力士を続けること自体が、おそらく無理なのだ。
 だからこそ、怪我をしているのに、取り組む。
 格闘技だけに、厳しい指導に感謝するようだと昇進にも通じるだろうが、厳しい指導をイジメだと受け取ると力士を止めるしかない。
 かつて、怪我もあって一進一退を繰り返していた力士が、大関になって一気に勝ち進むようになり、その勢いで横綱になった。しかも長年続けた。あれは、イメージや気持ちや考えが、日々の取り組みに集中できるような内容に変わったからだったのだろう。

 解説やインタビューでも、日々の取り組みに集中することこそが大事で、その結果が勝敗や優勝や昇進なのだと言う。
 たしかに、日々の取り組みが、相応の結果になる。
 むしろ、常に、現在は、今までの取り組みに相応する結果なのだ。
 目的や目標は重要なことで、その計画も大事だ、と自分は思っていたが、日々の取り組みに相応する結果にしかならないのだ。
 相撲では、日々の取り組みの結果が、昇進や優勝や横綱なのだ。
 優勝や横綱は見映えもいいが、随意にできることではない。
 随意にはできないことを気にしても、空転するだけだ。その分、結果を出す取り組みには集中できなくなる。それは、結果的な優勝や横綱が遠退くことでもある。
 住宅は、ローンでも買えて住むこともできる。が、そのローンを払い続けることに拘束される。
 それと、相撲はまったく逆だと言える。
 八百長騒ぎもあったが、優勝や横綱は買うことはできない。ローンに拘束されるようなことがないからこそ、日々の取り組みに集中できる。本人の意思や努力の結果だから格別なのだ、昇進や優勝や横綱は。
 もちろん、あくまでも日々の取り組みの結果だ。
 
 
 自分は、横綱や優勝には縁が無いどころか、昇進や勝敗にすら縁がない。むしろ、いつのまにか諦めていることが稀ではなくなった。だから、こんなことを考えるのだが、日々の取り組みに「やる気」を失くしつつあるからにほかならない……
 実は、力士だって、全ての力士が横綱まで昇進するわけではない。力士も、全てにおいて相撲と同様にしているわけでもないだろう、とさえ思ったりもした。
 自分は、かつてはできたことが、今は四苦八苦するようになった。老化というものを痛感しがちだったどころか、老化を格好の言い訳にしていたりする。
 まさに、余計なことに気を取られ、日々の取り組みを疎かにしていた。
 人生でも、日々の取り組みこそが重要だったのだ。

 人生で大事なことは、そもそも勝ち負けではない。誰もが、老化し、死亡するんだから。
 産まれてくることも、随意にはできない。産まれる機会に恵まれ、生理面が自律して機能していることによって生きていられ、運動機構や精神機構まで備わっている。それこそ、失うと惜しいものの至上のものだ。
 死にたくないからこそ、辛い生き方をしてでも生きる。
 死に臨む、自分の死を受け入れる、その苦悩を経験済みの人は、相応の準備にも取り組めるようになるわけだから幸いである。
 一時的なことや、限られたことの結果や、そんなことの優劣や勝ち負けは、人生上では救いにならない。
 人は、勘違いもし思い込みもし、生存上は的外れなことを基準に考えたり、極めて限られたことを基準に判断したり、自分に都合良く有利なことを基準にしたりさえする。
 肝心な自分を未理解なほど、他に惑わされやすく、その世界に迷い込むほど、自分を見失い、他を惑わすようになる。
 つまり、洗脳されたり、翻弄されたりもする。もちろん、そうであることを理解できない。
 好みや価値観は、個人毎に千差万別になる。多数と、個人的なことを比較することは、頭脳を余計なことに使うことでしかなく、頭脳の使い方を間違っている。
 誰でも、最期は独りで他界に逝く。それこそ、誰にも共通なのだから。
 そのときの準備にも頭脳を使う必要がある。
 
 
 争わず、競いもせず、こうして考えるだけで、判ることもある……
 興味があることや必要だと思うことほど、観察もする。
 観察したことは、自ずから詳しくなり、細部の可否や是非などの適切な判断もできるようになり、着実に結果を出せるようになる。
 日常会話では、記憶を参考に思考上で検証もするし確かめもする。だからこそ、納得できなかったり、納得したりする。
 実験できなくても、思考上では繰り返し検証でき、記憶や知識や考えの修正や微修正や微調整も行っていたりする。
 だからこそ、歪んでいた心の整理もできた。
 良い方に一変したときは、その理由やコツまでも捉えておこうとした。
 ああいうことに、日々、取り組まなきゃ。

 余計なことを考えたから、日々の取り組みが疎かになり諦めがちにだってなった。
 それどころか、知っていた大事なことをさえ忘れそうだったのだ。
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
304位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
47位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR