生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

除排雪が無いこの数日

 
 12月。早々の大雪に慌てたが……
 
 記事編集用ソフトのフォントは、見やすくしようと、大きくした。
 
 BGMも復活させた。
 ジャズなら、聞き入ることもあって刺激にもなる。しかも、歌詞が思い浮かぶことは無いし、メロディーを辿ることも無いので、思考の邪魔にならない。
 
 が、行き詰まっているから、そんなことをしたような気もした。
 以前は、除排雪をしながらでも、優先すべきことは考えたりしたものだったからだ。
 
 久しぶりに除排雪が無いこの数日。考えてみると、行き詰まっているというわけではない。
 
 批判的なことは避けたい。
 日常でも、強情を張ることに対して、言及することは逆効果だ。
 相手が間違っていると言い暴力的に撲滅し合うと、戦争になる。
 それは、間違っている。正しいことは知らないことを意味する。
 もちろん、自分を省みることや自らを正すことこそ重要なのだ。
 
 だから、表現方法を考える。それが思いつかないから、偶然に思い浮かぶことに期待してしまう。
 
 あの時、そうだったからか……
 
 
 社会人に慣れた頃。すっかり大人になった気がしていた。
 が、自分のことを勘違いし思い込んでいたに過ぎなかったことが明らかになった。つまり、肝心な自分のことはほとんど知らなかったことが明らかになった。
 一転して心は空虚になった。
 捉えどころが無い葛藤がはじまり、見えない壁に直面しているような日々が過ぎていった。

 が、自分の考えに無理や矛盾があるのに、自分で具体的に把握できないから、改善もできないのだ、と思った。
 そして、自分の考えをいわば検証しはじめ、自分が対他的なことばかり考えていたことに気づいた。
 つまり、そのときまでは、省みることもなく、自分の考えの是非も考えずに、対他的なことばかり考えることに囚われていたことが判った。
 それは、自分の考えの無理や矛盾を把握することでもなく解決することでもなく、そういうことに背くことだったことも判った。
 闇だった心に明りが射し込んだのが見えた気がした。
 もちろん、自分の考えの是非を検証できることが判ったからでもあり、自分の考えの無理や矛盾を把握することも可能で解決も可能であることが実証された瞬間でもあった。

 見えない壁に直面しているような日々の突破口が、にわかに開けただけに、より具体的に把握しようと事実関係を整理した。
 あの頃は、すっかり大人になった気がしていた。が、自分のことを勘違いし思い込んでいたに過ぎず、肝心な自分のことはほとんど知らなかったことが明らかになった。
 せっかく気づけたのだから、さっそく具体的なことを知ろうとすればよかったのだが、そうすることの必要性をすら捉えられなかった。気づいた程度で具体的なことはほとんど未理解だったからこそ空虚だった。
 それどころか、余計な対他的なことを気にし、肝心な自分に関する具体的なことを知ることに関しては背くようなことばかりを考えていた。
 的外れなことにばかり気が囚われ、そうであることに気づくことさえできなかったばっかりに、見えない壁に直面しているような日々が3年以上も過ぎ去った。
 が、やっと対他的なことを考えるのを止めて、自分が考えていた内容を確認した。よって、余計な対他的なことばかり考えていたことや、肝心な自分の考えの是非については考えもしなかったから無理や矛盾も改善できなかったことが判った。それだけでも、葛藤から解放されて気が晴れ、やっと具体的なことを知る方向に向いた。
 いかに無知で愚かだったかを如実に物語っていたようなものだった。
 それまでの自分に関する的外れな勘違いや思い込みを捨てる気で、いかに無知で愚かだったかを認めた。無知で愚かなことは事実なのだと思うと、更に気が晴れた。
 もちろん、無知で愚かなことが良いはずがない。

 その時までは、自分の考えを省みることすらなく、自分の考えの是非を検証しなかったわけであり、考えていた内容が事実か否かを確かめたわけでもない。つまり、根拠も理由も無い想像をしていたに過ぎなかった。
 自分が考えていたことが想像に過ぎないことに気づけなかったからこそ、むしろ本当であるかのように勘違いし思い込んでいたに過ぎないのに、そうだったことにも気づけなかった。
 ということも、自分が考えていたことを確認したからこそ判ったのだ、ということも判った。

 更に、想像上で抱いてしまったいわば先入観があり、それを基準に考えてしまうから、考えに無理や矛盾が生じ、とても行動できない考えだったことも判った。
 それも、自分の考えに関することなのに、以前は自分の考えに関しては確認もせず考えもしなかったから未理解だった。つまり、条件反射的に行動していた。
 ところが、自分のことを勘違いし思い込んでいたことに気づき、肝心な自分のことはほとんど未理解だったことに気づいたことによって、軽率な行動はできなくなった。
 よって、内面で行動を促していたものを捉えやすくなった。そんな事実関係も判った。
 だからこそ、先入観の存在にも気づけた。
 つまり、学校でおこなわれることやテレビで放送されることを基に、想像して、勝るものは持て囃され、劣るものは脅かされる、という印象を思い込んでしまっていた。
 でも、子供の頃は保護養育が必須で、友達とは仲良くしたかったし、競い争うことや差別的なことを自分は嫌っていた。
 子供の頃には考えも及ばなかったが、自分が嫌っていたくらいであり、競い争うことや差別的なことだけに、むしろ誰もが好んでいるとは考えられない。
 この経験上で、初めて先入観に関しても具体的に判り、最悪ともいえる先入観を覆すこともできた。

 自分に関することこそ、知らなければ困る最たることであり、それを自分は知らなかったことが次々に明らかになっていった。
 五感では捉えることはできない内面に関することだが、自分に関する未知だったことが次々と解明されていった。
 むしろ、知らなかったことを憶えたことに関することでもあり、相応のことが記憶に残っているからこそ実現することでもあり、行動を左右し結果を左右していることでもあるだけに、本人は何よりも詳しくなれる条件が整ってゆくことであることも判った。
 そして、あの日から自分の本当の人生が始まったのだと思うようになった。気づくことができた自分は恵まれていたとも思うようになった。
 
 
 あのような激変に期待していないわけではない。
 
 でも、根拠も理由も無い想像をし、自分のことをさえ勘違いし思い込むほど、肝心な自分のことに関して無知で愚かだったからこそ、気づいただけで激変した。
 あれ以降も、具体的なことを理解するたびに、いかに無知で愚かだったかを思い知らされた。
 が、自分に関する未知だったことが理解でき、相応の具体的な検証は可能になった。
 だから、そんな自分を甘やかしていたのか。
 どうにか本来の状態に近づけたに過ぎないのに。
 
 これから本格的な独り歩きをしなければならないのだ。
 もちろん、最期は独りで他界に逝かなければならない。
 あのときは心に明りが射し込んだのが見えた気がしたが、あれよりも明確な他界への入り口を見出さないと……
 確かな事実を基に、その可能性を信じて見詰め続け、より確かな事実と可能性を探求し続けないと……
 その可能性を、否定し難いほど明らかにするためにも、やはり過去の事実を整理することは有効だし手取り早い。
 書き始めると、その調子だって取り戻せる。
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
304位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
47位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR