生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

嵌ったなぁ~

 
 まだ嵌っている……

 2月は過ぎ去るのが早く、3月は除排雪の必要が無くなり、4月は中旬以降でないと野良仕事は本格的にならない。
 この時期は、時間的に余裕がある。
 しかも、今年は、まだかなり雪がある。
 そんなこともあって、つい嵌ってしまうのだが……

 もちろん、悪いことじゃない。
 不具合の理由を見出して、直すと、そこから学ぶことはとても多い。
 しかも、冷静に、夢中になれて、没頭できることは、時間的な余裕も必要なことであり限られがちだからでもある。
 手間賃にもならないことに嵌っているわけだが……
 冷静に、夢中になれて、没頭できることは、そもそもお金を費やしてでもやるに値する。
 それは、他人に惑わされず、他人に目を奪われず、他人に心を奪われないことだからでもある。

 幼かった頃、オモチャは解体して中を見ないと気が済まなかった。
 外からは見えない、中の仕組みや理由を知りたかったからだった。
「もう、オモチャ買ってあげない」
 そう言う大人の、理解は得られなかった。
 製品化して売られていたものを買ったのだから云々という大人の価値観は当時は知る由もなかったが、外からは見えない中の仕組みや理由を知りたかった幼い心の方が重要だったことは間違いない。
 誰も見ていない所で解体して、中の仕組みを見て、また組み立て直しておいたものだった。
 当時と似たことに、今、嵌っている。
 当時のオモチャはブリキだったので、固定するブリキの爪を、伸ばして解体し、組み立て直して折り曲げる。それを繰り返すので、折れて取れてしまったりしたものだった。
 今、パソコンは、小ネジで固定されている。最近のものは、解体や組み立ても簡単にできるように作られている。
 幼かった頃も、今のようにできていたなら、きっと嵌ったに違いない。

 大人の理解は得られなかった、幼なかった頃の自分の気持ちを、大人になった自分が理解する。
 その都度、自分の本来の心の完成度が増す。
 心は幼い頃に形成されたことは間違いないし、心が歪んだのもその頃であり、心を理解しそびれたのもその頃だったわけだから。
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
36位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR