生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ★草稿「おまえはボケてはいない」

Ⅲ. おまえはボケてはいない

 

 知能も備わって産まれる。
 知らなかったことを憶え、できなかったことも随意にできるようになる。
 片言で模倣し始めた言葉も、繰り返すほど上達する。
 目には見えない気持ち考えなどを伝え合うことができ、協力してもらえ、自分の能力を超えた生活が可能になるだけに、知らなかった言葉を次々に憶える。
 より的確に伝えるために、目には見えない文法もいつのまにか憶え、目には見えないことをより具体的に説明できるようになる。
 繰り返したことや実用していることほど確かに憶え、観察し確かめ試したことほど詳しくなり上達し、動作や会話などの基本的なことは条件反射的に行えるほど熟練する。
 記憶にある過去のことや気持ちや考え、個々の言葉の意味、物の性質、関係や理由、法則なども、目には見えない。そんなことも文章化して説明し合えるようになり、記憶にあることだけを参考にして理解し合えるようになる。

 だからこそ、約束やルールに基づいたことも可能になった。

 だからこそ、会話で、知らない部分があったり辻褄が合っていないと、理解できないし納得もできない。
 だからこそ、必要なことは知ろうとするし尋ね確かめもする。
 根拠や理由があって辻褄が合っているほど、具体的に理解でき、納得することもできる。
 具体的なことを知るほど、そのことに関しては可否や是非の判断も適切にでき、具体的な理由を基に肯定することもできるし否定することもできるし、具体的に説明することなどもできる。

 むしろ、身勝手だったり、必要なことを教えてくれなかったり辻褄が合わないと、懐疑や不信感を抱いたりする。
 納得できなくても、妥協や打算は可能だが、リスクが高い。その結果、損をしたり事故になったり争いになったりさえする。
 そういう経験上でも、必要なことは事前に知ろうとするし確かめもする。

 そうであることを、日常が物語っている。

 しかも、母は八十年以上も生きてきた。

 なのに、「ボケた」と嘆き、落ち込んでしまうなんて……。


 でも、母は、本当にボケているわけではない……。

 知能の構成機関は、老化はあるが、すべて機能している。
 日常会話もでき、相応の識別力や思考力や理解力も発揮できている。
 だからこそ、約束事も可能だし、目的地に行って帰ってくることもできる。
 むしろ、不利なことは誤魔化そうとさえする。事実とは違うことを、事実だと見せかけて、そうだと思わせようとする。

「何をしていたのかわからなくなった」と言って落ち込んでしまった状態でも、自分が困った状態に陥っていることを客観的に捉えることもできる。
 だからこそ、心配し、苦にもなり、パニック気味にさえなり、落ち込むのだ。
 それも、知能の構成機関自体は、むしろ正常に機能している証だ。


 考えることができるからこそ、ボケたのかもしれないと想像することもできる。

 ただし、具体的なことを知らないことだからこそ想像する。
 具体的なことを知らず、根拠も理由も無いのに、事実確認もしないで、頭の中だけで想像するわけだから、し放題だ。
 そんな性質上、圧倒的に外れが多い。
 そんなことを基に行動するには、リスクが高い。だからこそ、通常は、躊躇したり、確かめたりする。
 隠し偽ることや嘘を吐くことや騙すことなども、想像上は容易だ。
 が、相手を見抜けないだろうと侮ることであり、自ら信用を損ねることを行うことでもあるから、実際にはし難い。

 そんな経験も、事実関係を整理することで理解できるのだが、母は事実関係を整理したことがないのだろう。
 自分が想像しているに過ぎないんだということも、母は未理解だからこそ、識別できない。
 その像像を基に心配し思い込み落ち込んでいるに過ぎないことも、母は未理解だから識別できないのだ。
 だからこそ、根拠も理由も無い想像を基に、心配して、根拠も理由も無い想像の深みとも言える妄想に陥ってしまうのだろう。
 その状態を基に、ボケてしまったと思い込み、パニック気味になり、何も考えられなくなり、落ち込んでしまうのだ……。

 でも、このあいだ、「何をしていたのかわからなくなった」と言っていた。
 日常でも、何かを強く意識するほど、それ以外のことは意識されなくなる。

 そこで、いわば母とは逆に、知能の構成要素などは平常どおりに機能していることや知能の高度な面まで発揮できていることを、俺は指摘する。
 知能の構成している各感覚器官や意識や記憶力や思考などは、日常生活に活用しているだけに、異常があればすぐに気付く。つまり、正常に機能しているか否かを日常的にチェックしているような状態にある。
 そういう性質上、識別や自覚も容易で、事実だけに、母も識別し自覚するのだろう。
 その際に、根拠も理由も無い想像や妄想ばかり意識していた状態から、意識する対象が感覚的にも捉えることができる現実的な事実に切り替わる。
 つまり、根拠や理由も無い想像は止めることになり、その想像を基にした心配や思い込みは成立すらしなくなる。
 結局、平常に戻る。
 毎回、一時的なことで終わる。
 母は、ボケているわけではない。


 結果的にだが、機能面は正常に機能していることが実証されている。
 ただ、知識が足りない。しかも、肝心な自分の行動上の中枢である精神面や思考に関する知識が足りないのだ。
 日常的に、意識し識別し思考し理解して活用し発揮している知能に関することなのに……。


 知能は備わっている。
 が、知能上に、経験し学習し理解し習得する性質上、どんな重要なことを知らなくても不思議ではなく、どんな大事なことをできなくても不思議なことではない。
 生存上、的外れなことばかり習得し、そんなことに満足している、としても不思議ではない。
 生後に習得したことを以ては、生活もままならなかったり、健康管理もままならなかったり、老化は止められないし、死は受け入れるしかない。
 知能上に習得した内容しだいで、尊びもするし、自殺もするし、殺人もし、戦争までする。

 でも、知らないから、できなくて、困る。
 そもそも、知ることによって、不具合の解決や改善もできる。
 知ることによって、到達することや、達成することや、成就などもできる。


 たしかにそうだが、母が、想像や思い込みに関することを理解することは、難しいことを母自身が物語っているようなものだ。

 想像や思い込みは、頭の中で行うことであり、五感では捉えることができないことだからでもある。
 会話上でも、記憶にあることを参考に、思考上で整理して、理解する。それ自体に関することを理解することだけに、難しい。
 それを、説明して理解させることは、それ以上に難しい。

 でも、不可能なことではない。
 会話自体が、相手が話したことを、自分の記憶にあることを参考に識別や解析や整理をして理解し、相応の記憶や気持ちや考えなどを文章化して応答している。
 俺が言葉で指摘したことを、母は、記憶を参考に識別でき日常必要なことは理解できる。
 だからこそ、意識する対象を俺が指摘した事実に切り替え、平常どおりに機能していることを自覚する。
 会話でき、理解する能力は、母にもあるわけだから。

 想像や思い込みに関することを理解しないと、解決したとにはならない。


 知能の構成要素などが平常どおりに機能していることを母が自分で識別し自覚できるようになるだけでも……。

 ただ、俺の説得力不足や理解不足を棚に上げて、安易に片づけてしまうのでは、それは俺自身の問題になる。
 理解を深め説得力を増すと、まず俺自身が納得できる。そうなると、俺は陥らずに済むようにもなれる。


 母が「ボケ」たと言っているわけではない時でも、その把握だけでもしようと、私は模索するようになっていた。






 日常でも、想像の内容しだいで、楽しみにしたり喜んだりもするし、危機感を感じたり、単なる想像だけなのに恐怖感をさえ感じる。

 些細なことでも、褒められると嬉しい。ダメだしされると落胆気味にもなる。が、それを修正して認められると気分は良い。

 自分のブログも、アクセスが少ないと、内容的なことまで気になり、落胆気味にもなり、記事の内容にも影響する。
 アクセス数が増えただけで、少なくとも気分は良くなる。
 その性質を活用して、ブログ開設当時は意図的にアクセスアップ作戦を展開したりした。
 ところが、それでいいような気がして、肝心な精進が疎かになり、自分でも勘違い気味になることも分かっている。

 日常のささやかなことでも、好結果に結果に期待すると、相応の行動を始める。
 その段階で、やる気にまでなる。

 山菜やキノコの季節になると、出かけずにはいられなくなる。
 想像や類推や推理などで始まるわけだが、そのとおりか否かを確かめようとしたり、確かめずにはいられなくなったりもする。


 想像を基に心配し苦になり落ち込むのと、逆バージョンは、想像を基に期待し喜んでしまうことになるが……
 宝くじは、当たる可能性はあるが自分の努力で実現できることでもない、全部買い占めて全部当選したとしても赤字になる、当たる確率は極めて低い、などと考えると期待できないので買わない。
 当選すれば大金が手に入る、当選は奇跡的な幸運だからこそ、などと好結果を想像し期待すると、宝くじを買う。
 でも、結果を未確認できない段階では、あくまでも想像を基に、買わないか買うかまで決めている。いずれにしても、想像を基に、行動までしていることになる。
 当選番号が確定した結果、自分が購入した券が外れだという事実が明らかになると、もともと想像を基にした期待はだけに、それは成立しなくなり崩壊する。期待が大きかったほど、大きく落胆する。
 期待し過ぎて平常心を見失っていると、平常心に戻ること自体が容易ではないことだってありえる。


 母も、想像し、心配し、思い込み、落ち込む。
 だから、その落ち込みからは、独自には抜け出せない。
 それどころか、平常に戻っても、また繰り返す。

 やはり、想像や思い込みに過ぎないことをすら識別できず自覚もできないからにほかならない。
 未理解なことは、具体的な識別はできない。
 内面や関係や理由や法則などは、五感で捉えることはできない。
 でも、言葉を介して理解し合うこともできる。つまり、記憶にあることを思考上で整理することによって、五感で捉えることができない内面や関係や理由や法則などを理解することもできる。
 理解できたことも記憶に残るので、それを参考にした識別や思考なども可能になるし、更に理解を深めることも可能になる。
 が、そういうことも、母は未理解なのだ。
 想像や勘違いや思い込みなどの特徴や性質に関する具体的なことを、母は未理解だからこそ、識別できず自覚できず思い込み落ち込んでしまう……。

 もちろん、自分が想像したことを基に自分で困っている馬鹿げたことなんだということを理解できれば、当然に繰り返さなくなる。
 それで、この件は落着なのだが……。


 感じ意識し識別し思考し理解し想像し予想までして活用している知能に関することを、母は未理解だからこそ、せっかく備わっている知能を貴んでもいない。
 未理解だったとしても、不思議なことではない。
 むしろ、的外れなことばかり学習したとしても、不思議でもない。
 でも、子供の心が育つ際に、最も影響がある母親だった……。

 いまだに、俺が言ったことも、母はいい加減に聞いている……。


 そもそも、母は、人の目を気にし、上辺だけを繕う。それを、俺にまで強いる。
 根拠や理由を無視し、上辺だけでは、リスクが高いどころか、騙し欺く類でしかない。つまり、母は、備わっている知能を、誤解し、誤用している。俺は、拒否し、批判する。
 それでも、母は、根拠や理由を無視し、上辺を繕えないと、いじけ、拗ね、泣き、自棄的になって困らせ、ヒステリックになって脅してでも、我儘を通そうとする。まさに、上辺だけに拘る。
 老化の所為だろう、かつてよりは改善された感じはするが、俺が言うことは、もともと聞く気は無いのだ。

 母は、自分で言い出したのに、返事も待たずに何かをやり始めたりさえする。勝手に違う話をしたりもする。聞く耳を持たないことを見せつけている、と思うしなないような振る舞いをすることも珍しくない。
 だからこそ、俺に頼み事をするときも率直には言えず、いつも回りくどい言い方をする。

 母は、自分で改善しようという気も無い……。反省する気すら無いのだ……。
 自分が困ることでさえ、止めず、繰り返す……。
 せっかく備わっている学習能力を誤用し悪用さえしている。
 大げさな嘆きが、自棄的にも感じ、開き直っているのかとさえ感じるのも、当然だったのだ。

 日常的にも、想像の内容しだいで心配になり苦になる。そんなことも、母は分かっていない……。
 だから、逆に、想像しだいでは楽しくなり期待するものだ、などとは思いもしない……。
 ボケてはいないんだとか、平常どおりなんだとか、むしろ備わっている知能の能力はどれだけのものなのだろうなどと思いを巡らせれば、日常的に発揮できている能力や、誰もが直に経験し続けていることなので、相応の事実に辿り着くはずだし、無知でもなくなり、自信まで得られるのだが……。
 そういう世界からは、逸脱した世界に母はいる。

 改善されないまま、本当にボケてしまうと、母は悩みも苦も無くなり、どうでもよくなるのだろう……。
 むしろ、「ざまあみろ」と言わんばかりに振る舞いそうで、そう思うだけで腹が立つ。
 そうなると、俺の人生は、完全に台無しになる。
 くそ婆に、踏まれ続けたようなものだったのに、この歳になって蹴られるようなものだ……。

 そうなることことだけは、阻止しなければならない……。


 が、俺も、危機的な想像をしているに過ぎないのか。
 それは違う。問題が、解決できていない。
 しかも、行動上の中枢に関することことであり、老化しているだけに、早目に解決策を見出す必要がある。
 母は、何とかする気が無い。
 なら、俺が何とかするしかない。困るのは俺なんだから。俺が困ることは、俺がなんとかしないと……。


 俺も想像しているに過ぎないのかと思うと、そんな気がしないでもないが……。

 ボケた(痴呆症や認知症など)とは、どういことなのか。その具体的なことは、俺は知らない。これは事実だ。
 自分で「ボケた」と言って落ち込んでしまう母は、知っているはずがない。

 実際にボケたとしても、知識に基づいて具体的にボケていると判断をすることは、俺にはできないし、母もできない。
 実際にボケていなくても、知識に基づいて具体的にボケていないと判断することも、俺にはできないし、母もできない。

 そういう事実上、「ボケた」と言う母は、ボケたのかもしれないと想像しているに過ぎない。
 想像に過ぎないのだが、心配になり、本当にボケたのかどうかは判断できないので思考は空転し、他のことは考えられなくなるので、ボケたと思い込んで落ち込んでしまうのだろう。

 でも、困った状態に陥っていることを、自分で客観的に捉えることができているからこそ、嘆きもする。
 そんな高度なことまでできるくらいだから、ボケているはずがない。

 そこで、俺が、精神面の平常どおりに機能している点を指摘する。
 その言葉で指した物事を、母は識別しているからこそ、相応の物事を自覚するのだろうし、その際に、事実が伴わない想像や思い込みは止めことになるからだろう、平常に戻る。
 平常に戻らなかったことは一度も無かったし、いつも一時的なことでしかない。


 いくら考えても、母の場合は、想像や思い込みに因るものであることは、ほぼ間違いない。

 母は、ボケてはいない。

 母は、自分でが考えていることである想像や思い込みに関することをすら理解できていないから、自己管理ができないだけだ。


 おまえの上辺の見せかけや振る舞いには、俺は惑わされない。
 俺にとって余計なことは、あくまでも俺の考えで阻止する。


 日常会話でも、条件が満たされていて、辻褄も合っていると、納得できるし、理解することもできるし、相応の展開もする。

 知らない部分があるだけで、会話も滞る。辻褄が合っていない場合は、そのままでは納得できないし、理解もできない。
 だからこそ、必要なら、尋ねもするし確認もし、事実関係を把握した上で、判断しようとする。

 把握不十分で納得できなくても、妥協や打算などもするが、その性質上、好結果になる確率は低く、むしろ争いになったりする。

 そんな場合でも、問題点を確かめもするし、繰り返さなくもなる。


 むしろ、具体的なことを知っていることに関しては、具体的に肯定や否定もできるし、適切な可否や是非などの判断もできるから、相応の結果にもなる。

 具体的なことを知らない物事に関しては、具体的な否定もできないし具体的な肯定もできない。
 その際に、事実確認をせずに、とりあえず頭の中だけで思いを巡らせて想像し、仮りのイメージを想定する。
 つまり、具体的なことを知らないからこそ、想像する。しかも、事実確認もしない、根拠も理由も伴わない、そんな想像だけに、し放題だ。
 そんな想像上の仮りのイメージだけに、事実と一致している確立はゼロに近い。

 そんな想像の性質や特徴などに関しても、具体的なことを未理解だと、具体的な識別や自覚もできないし、具体的な否定や肯定もできない。
 自分が想像しているに過ぎないことを自覚できず、想像上の仮りのイメージに過ぎないことも自覚できないと、想像上の仮りのイメージが事実と一致しているか否かも確かめない。
 想像上の仮りのイメージに過ぎないことでも、内容しだいでは心配になる。
 心配するくらいだと、想像上の仮りのイメージを半ば事実だと思い込みかけていることになる。
 心配して思い込むほど、他のことは考えられなくなるし、想像上の仮りのイメージに過ぎないんだということを自覚し難くなる。
 結局、自分の想像や思い込みによって、自分で困ってしまう。
 実際に何かが起きているわけではないからこそ、現実離れした想像上の世界に迷い込んでしまう。

 通常は、確かめようとするし、反省だってするし、繰り返すまいと思えば理由を知ろうともする。
 事実関係を把握できれば、繰り返さなくもなる。


 知能が備わっていて、経験でき、学習でき、日常会話ができるようになり、納得できなかったり納得したりするようになり、理に適っていると理解できる。
 識別や思考や理解や予想や約束などもでき、備わっている知能を活用できている。
 客観視もできている。
 そんなことを、客観的に理解できていないだけだ。

 ただ、人工物ではない知能も普遍的なものであり、その能力の基本的なことまでは、誰でも共通だ。

 その知能上の、考え方や考える内容などは、個人毎に異なる。
 まして、経験内容、学習内容、理解した内容など、いわゆる習得した内容は、個人毎に千差万別になる。
 つまり、そんな自分のことに関することを知らなかったり未理解だったりしても、不思議なことではない。

 しかも、不都合なことは知られまいとするし、プライバシーは保護されている。企業秘密も容認され、黙秘権もある。
 当然に、都合よく有利になるように偽りもするし、生存上はどうでもいいようなことなのに尤もらしく見せかけもするし、優れたことであるかのように見せかけようと競い争いさえする。
 私利私欲のためであるほど、偏見が強く、独断的で、差別的になる。
 独裁的なほど、隠ぺいや口封じもするし、自殺もあり、殺人もあり、戦争までする。
 いわば、悪魔の罠に嵌ったようなことや、邪道を極めるようなこともするようになる。
 つまり、経験や学習の内容しだいでは、普遍的なことや共通なことでも拒否さえするし、わざわざ理解を困難にもするし、改善を不可能にしてしまうことさえする。
 せっかく備わっている知能を、誤用もし悪用さえするようにもなる。
 そんなものは、必要ですらない。
 立ち入る必要も無いだろう。
 習得したことを以ては、肝心な日常生活もままならなかったり、健康管理もままならなかったり、老化は止められないし、死は受け入れるしかないんだから。

 重要なことは、頭の中にある。


 こうでもない、ああだこうだ、などと私が模索するのをよそに、母からは「ボケた」と言って落ち込む気配すら感じなくなっていった。


 雪解けが進むと、植物の芽出しや花や新緑に期待する。

 やがて、野良仕事を始めた。
 野山に育つ草木に誘われるように、種を蒔き、苗を植え、その結実や収穫に期待する。
 すっかり、現実的なことが優先の日々になった。


 が、解決はしていない。
 もちろん、おまえはボケてはいない。
 目には見えないことだが、むしろ目が見えなくても、理解がすることが可能なことでもある。
 それだけの能力が、おまえに備わっていることも、すでに実証されている。
 そうであることを、おまえが具体的に理解し納得することで、この問題は解決したことになる。


テーマ : メンタルヘルス・心理学
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
36位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR