FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ◆無知の悟 「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」

0-序 今は……

初投稿:2017/01/15
その後の微調整&再編集 更新:2018/05/24
※ 再編集につき投稿日を更新日に変更



 そろそろ必要なことなのに、まだ最期のための心の準備ができていない。

 かつて、死ねなかった。辛くて決行はできなかった。
 その後に、考えに無理や矛盾があったからだったことも分かったが、まさに心の準備ができていなかったからだったことも分かった。

 そもそも、ペットが死んでも哀しみ、家族が死んでも悲しむ。つまり、自分の死に直面しているわけでもないのに、死を哀しむ。
 むしろ、死にたくないからこそ、生き物を殺して食べる。

 けれども、死は、誰も避けることができない。
 なのに、死を、ただただ忌み嫌ったりする。
 自分も、死に関しては、考えたことすら無かった。だから、相応の知識も無かった。

 しかも、日常的に、知っていることや理解でき納得できていることは相応の識別や判断もできるが、知らず未理解で納得できないことはリスクも高いだけに受け入れることは容易ではなかったりする。
 死は、リスクが高いどころの話ではない。知らず未理解で納得できていないほど、受け入れ難い。受け入れ難いほど、辛い思いをすることになる。その辛さを解決したければ、相応の確かで納得できることを知るなり理解するなりすることは最低限必要だと考えられる。

 人は、生きるために無謀なこともし、自分が間違ったことをしているのに相手の口封じをするし、自分が死にたくないからこそ相手を殺しもするし、戦場では見知らぬ同士なのに殺し合いをするのだろう。
 死を忌み嫌うあまり、最期のための心の準備も疎かにするどころか、自分が行っていることは最期には発狂状態になることだとは知らないからこそ、相応のことをしてしまう場合もあるのだと考えられる。

 最期のための心の準備だけは、精神面が健康なうちにやっておきたいものだ……。


 遅れ馳せだっただけに、先にやるべきこともあり、最期のための心の準備は先送りにしがちだった……。
 いつのまにか、諦めがちになったのか……、むしろ避けがちだったのか……、的外れな方に向かっていたのではないか……、などと思ったりもした……。
 いずれも定かではなかっただけに、どこかに迷い込んでしまっているような気さえしたこともあった……。

 最後のための心の準備は、五感では捉えることができないことも一因だった。
 だからこそ、目を奪おうとするものを忌み、心まで奪おうとするものは嫌った。
 五感では捉えることができないことだが、考えるだけで分かることでもあっただけに、むしろ衣食住も二の次にしがちになった。
 なのに、最近、衣食住もセットで考えた方が良いのかな……、などと思ったりするようようにもなった。

 人は、生存上は重要ではないことを、尤もらしく見せかけもするし、本当らしく工作もするし、競い争い褒賞して優れたことであるかのように祭り上げもする。
 つまり、勘違いや思い込みを悪用して、目奪い心まで奪って翻弄し、私利私欲を貪り合う。
 そんな環境にでさえ、生存上は適応すべきなのかとも思ったりした。
 ということは、いわば精神環境作りにばかり気を取られていたということなのか……。

 雪が無くなり、野良仕事をしたり、山菜採りに出かけたり、気象条件しだいでは撮影にも出かけるようになった。
 冬場の運動不足を一気に解消したい気にもなっていた。
 日に日に新緑に変わってゆく。
 大自然。野生。それらへの関心も増した。
 だから、そもそも五感では捉えることができない最後のための心の準備は、疎かになった……。
 ただそれだけのことだったのか……。

 違う……。
 最期のための心の準備には、心の整理も必須だが、それらは考えるだけでできることであり、何時でも可能なことだ。
 思いつく都度、最後のための心の準備を模索した。
 だが、確かで新たな手掛かりを、一向に得られなかった。
 だから、雪解けとともに、つい大自然へと足を運びがちになった。

 他のことを行うことによって、意外にも肝心なことに気づいたり進展したりするからでもあった。
 経験上、肝心なことが進展しないのは、勘違いや思い込みがあるからだったりする。
 そんな場合、他のことを行うことによって、その勘違いや思い込みからは離れることになる。
 でも、肝心なことは常に念頭にあるからだろう、意外な点に気づいたりする。
 なので、そうなることに期待するのもごくあたりまえになり、相応の行動もするようになったからだ。

 いずれにしても、最後のための心の準備はまだできていない。
 まだ、迷っている。
 もしかして、ボケてきているのか……。
 たしかに、老化は進んでいることは、間違いない。
 だから、そろそろ本気で始めなきゃ。


 生きていることは、本来はどういうことなのか。
 それは、三十歳を過ぎてから、猫の子育てを目の当たりにしたことで気づかされ考えさせられて知った。
 太古から計り知れないほどの世代交代を重ねて種族と進化が継続されているわけだから、その末裔として生まれる現代の生物は、太古から継続されてきた種族と進化を未来に継続させる天命を課されていることになる。
 どんな植物も、どんな野生動物も、その天命を果たす。
 人も、昔は、顔を見たことも無い相手と結婚したり、親が決めた相手と結婚したりしたとも聞き、見合いで相手を決めたりもした。でも、祖先や先祖を敬い、太古から計り知れないほどの世代交代を重ねて祖先や先祖が継続させてきた種族と進化を未来に継続させる天命を果たしてきたことになる。
 個人的には個体なのだが、太古から世代交代を重ねて生き続け進化し続けていて、それが未来に継続されるとなると、種族や進化上では生き続けることになる。
 太古から世代交代を重ねて生き続け進化し続けていて、それが未来に継続されるわけだから、とてつもないスケールの一行程を担い全うすることになり、まさに天命を全うすると言うに値する。

 その末裔なのに、かつての自分は、そんなことすら知らなかった。
 でも、豪華な結婚式や披露宴を行っても、離婚する人はいるわけだから、あれは幸福や愛とも関係が無いことだとは思っていた。むしろ、幸せになれるという根拠も理由も無いあれで幸せになれると勘違いしていたら、それこそ不幸だ。
 ところが、植物でも野生動物でも行っていることとは、違うことを恋だの愛だのと尤もらしく見せかけ本当らしく工作しているに過ぎないことは、見抜けなかった。
 むしろ、幸せになれる根拠も理由も無いので理解できず納得もできないのに、疑いもせず、真に受けた。
 ところが、自分も尤もらしく見せかけるしかなかった。
 しかも、尤もらしく見せかけるだけでは、騙し合うこといにしかならなかった。
 そんなことに気づいた時点で、そのことに関しては、すでに失格していた。


 自分は、本来はどういう存在なのか。
 それは、直に経験し続けていることであることを知ったのは、三十歳を過ぎてからだった。

 そもそも、知能も備わって生まれるだけに、自分はどういう存在なのかだけは、直に経験し続ける。
 直に経験し続けるものは、唯一、自分自身に関することだ。
 三十歳になるまで、そんなことも知らなかった。

 通常でも、自分自身が誕生するに至った経緯は知らない。
 自身を解剖するわけにはいかないだけに、自身の内臓は見たことすら無い。
 自身で実験することにも無理があり、自身の生命生理に関する具体的なことも未理解なままだ。
 生後に知り得る内容は、もちろん限られる。

 個人的な好みや価値観にも左右されるようになるだけに、見聞きしたくないものや、考えたくないことや思い出したくないこともあり、偏食などもあり、知り得る内容は偏りさえする。

 しかも、錯覚や勘違いや思い込みもあり、固定概念まで形成されていた。

 人は、生存上は無関係に近いことを、尤もらしく見せかけ、本当らしく工作し、競い争ってまで優れたことであるかのように祭り上げる。つまり、勘違いや思い込みを悪用して目を奪い心まで奪って翻弄して、私利私欲を貪る。そんなことも見抜けなかった。

 生存上は、的外れなことでも、満足していたりする。
 もちろん、生後に習得したことを以ては、日常生活もままならなかったり、健康管理もままならず、老化は止められるはずもなく、否応なく死を余儀なくされるのにである。

 劣等感・優越感、僻み・見栄、競う、争う、差蔑。地位、名誉、権力、支配、独占、独裁。
 疑われ、非難され、嫌われることをしていたり、そうであることを隠し偽り強情を張ってまで、慢心を維持しようとしたりする。
 生存上はとんでもない破壊的なことなのに、有頂天になったりさえする。
 そうであることをすら知らなかったり、それゆえに勘違いしたり思い込んでいたりすることになる。
 経験や学習や理解した内容を以て形成される性質上、精神面には弱点も欠点もあり限界もあることは歴然としている。


 が、本来は、そうではない。
 日常的に、会ったことも無く、顔を知らない人を、顔で識別することはできない。
 会うと、顔の印象などが記憶に残る。
 だから、別れた後で目の前には本人がいなくても、会っていた時のことを思い浮かべたり考えたりすることも可能になる。
 再会した時に、「あの時に会った人だ」などと識別できるのは、以前に会った時に記憶に残ったことを参考にすることができるからだ。

 名前を知らない人を、名前で識別することもできない。
 尋ねるなどして、名前を知ることによって、名前で、その人を識別できるようになる。
 もちろん、本人が目の前に居なくても、会った時のことを思い浮かべたり、相応のことを話題にすることもできる。
 よって、更に詳しく知ることもできる。

 会話を介して、五感では捉えることができない過去のことや因果関係や文法や法則などを理解することもできる。
 詳しく知ったことほど、その知ったことである具体的な因果関係や理由や法則を基にした的確な識別や可否や是非などの判断が可能になり、間違いや勘違いなどは減少する。
 相応の行動も可能になるだけに、着実に好結果にすることも可能になる。
 だからこそ、「なぜ」とか「どうして」などと盛んに知ろうとし尋ね確認するようになる。

 むしろ、知らないことは、的確な識別や判断はできないし、強行すれば損をしたり痛い目にあったりするからでもある。
 道を知らないと、迷いもするし、目的地には到達できない。
 だからこそ、尋ねたり確かめたり調べたりもする。
 知っている内容が正しければこそ、迷いから脱したり、目的地に到達したり、できなかったことが随意にできるようになったり、上達したり、目標を達成したりすることもできる。

 そういう、経験や学習に関する因果関係や法則なども、今は少なからず分かっている。
 そんな方法論的なことに関しては、今は迷いは無い。

 そういう方法論的なことが分かっているがゆえに明らかになる肝心なことが、欠けている。
 つまり、最期のための心の準備が、まだできていない。
 いわば、現世からの出口のようなものとか、他界への入り口とか、他界への扉とか、そういう肝心なものをまだ見いだせていない。
 それを模索している点で、迷っている。
 生きていることがどういうことかは十分に経験し続けているのに、理解力は十分に発揮できていない、ということでもあるのだろう。
 このままだと、やがて否応なく死を余儀なくされることになる。それは、強行するよりも無理なことであることは間違いない。


 昨日、母を怒鳴った。

 母は、ボケたとは言わなくなったが、俺を馬鹿息子扱いして聞く耳持たないことは変わらない。
 いくら言っても、照明も点けずに炊事をする。
 母が炊事した後の、シンクはゴミだらけだ。「コップに三杯前後の水があれば流せるだろ」と言っても、一向にそうしない。
 母が入院した際には、父が炊飯を担当し、その後は自分が担当するようになったことによって分かったことだが、炊飯器にはメモリがあり、計量カップも付いてくるので、それを活用すれば、毎回、同じようなご飯ができる。ところが、母がやっていた頃は、ご飯が柔らかかったり硬かったりしたのは、かなりいい加減だからだったことが分かった。
 ほとんど塩辛い料理を作る母は、自分で作った料理の味を確かめることすらしない。ましてや、少な目の調味料で味付けして、味を確認した上で、味を調える、ということは無い。
 鍋をかけたガスコンロに火を点けても、火の調整はしない。
 野菜のてんぷらなのに、から揚げのようなきつね色だったりする。
 それどころか、その場を離れるので、幾度も鍋を焦がした。
 火災報知機を念のために三か所に付けたら、やがて鳴った。煙感知式なので、鳴るときには煙だらけけだ。
 しかも、薪ストーブの不始末でも、鳴った。
 その後、火を点けたガスコンロからは、離れることは無くなった。
 俺の言うことには聞く耳持たず馬鹿息子扱いし続けてきたが、火災報知機の言うことは聞いた。
 火災報知機を付けて良かった。

 花嫁衣装を縫う内職をして俺たちを育てた母だけに、内職仲間が間違った裁断をして数十万円もする反物を弁償したり買取になったりしたことを話題にしたこともあったわけだから、日常的にも最低限のことはやってほしい。
 俺が言っていることを聞き入れても、知らなかったことを憶えられ、できなかったことも随意にできるようになれるし、上達もするし、自信はつくし、評価は得られるし、決して損はしない。
 ところが、母は炊事も掃除も年々しなくなった。しかも、馬鹿息子扱いしてきた俺に炊事をやさせて、優位に立とうとする。
 俺は将来的に必要なことであり、学習に関しても主要なテーマだけに、ネットで検索しては、実際にやってみて、改善してゆく。
 母は一度もやったことが無かった炊き込みご飯も、俺はかなり以前からやりはじめ、昨年からは、使っていた鶏肉は止めて、何時でも簡単に使えるツナ缶と刻み昆布を主体にした炊き込みご飯に替え、キノコやタケノコなどの旬の食材などをプラスアルファするスタイルにした。
 最近は、早ゆで三分のパスタ+市販のパスタソースを基本に、冬はキャベツやジャガイモなどをプラスするスパゲッティに凝っているが、春からは、アサツキ、ふきのとう、タラの芽、山椒の芽、山ウド、アザミ、などの旬の味をプラスして楽しめるようになった。

 ところが、母はますますやらなくなった。
 いつも、窓を背に座っている母は、振り向くだけで、外の天気は分かる。なのに、外の天気を、俺に尋ねる。しかも、俺の返事を待たずに、ぼそぼそと何かを言う。
 日常的にも、見ただけで分かることでも、見もしないでああだこうだと言う。
 大分前、難聴だということで、障碍者の認定を受けてまで作った補聴器も、ほとんど使わなくなった。
 母は聞こえなかったかのように聞き返すが、聞こえただろと言う代わりに黙っていると、聞こえないどころか記憶に残っているのだろう、必要なことは相応の反応をする。つまり、聞こえていても、必ず聞き返すのも、すっかり癖になった。
 そもそも、母は、テレビを見るとき過ぎるほどボリュームを上げるが、勝手なことを言うわけだから、勝手なことを考えていて、聞いてはいない。
 かと思えば、大相撲放送を観戦中に、俺が思わず漏らした言葉にさえ、相応の言葉を母は添える。
 母が聞き返した際には、あえて小声で答えたりするが、それでも聞き取れる。
 つまり、聞こえていないわけではなく、人が話す内容を、なんと言っているのかを聞き取ろうとしていない。
 人が大勢いる待合室などのざわめきの中でも、特定の人が何と言っているのかを聞き取ろうと内容を解析した場合は聞き取ることもでき記憶にも残る。その際、その他の多くの人の声は、聞き取ろうとしなかっただけに、ただの雑音でしかないし記憶にも残らない。
 文章も、読んだ部分は、書かれている内容も分かり理解もでき記憶にも残る。もちろん、読まない部分は、内容不明の活字の羅列でしかなく内容が記憶に残ることも無い。
 そんなことを言っても、母は聞く耳持たない。

 野良仕事は、生き物としての最低減の運動を兼ねることができ、自分が行ったことの結果への期待も兼ねることができることだけに、可能な限り行うようにし、畑への送迎をしてきた。
 ところが、冬の間、俺が言うことには耳も貸さず、足腰が衰弱してしまうくらいゴロゴロしていた母は、春になっても野良仕事に出ようとしない。
 なので、自分だけで野良仕事を進めた。
 今までやらなかったタラの芽の根挿しも行った。
 ところが、最近になって母も畑に行くと言うので、昨日も連れて行った。そして、野菜の苗を買いに行き、帰ったら、タラの芽の根挿しをしてある場所が掘り返されていた。
「このくそ婆。おまえは鬼か」
「もう死んでもいいだけど、なかなか死ねないから」
「そう言うが、何時も口先だけで、九十四歳にもなった。そんなおまえは死んでくれたほうが、俺もせいせいする。俺も歳を取るほど、おまえみたいなやつの葬式をやるのは面倒臭くなるだけなんだから」

 思いを率直に吐き出すと、せいせいする。
 が、八つ当たりでもあった。
 しかも、母は、聞く耳を持たないからこそ、いい加減になる一方だった。
 腹の虫が治まらない。
 でも、俺を馬鹿息子扱いし続けて聞く耳持たなかったことを、母が反省することはもうありえない……。
 そう思うと、暴力的に片づけたい気さえする。
 でも、そんな母なんだから、怒鳴ることさえ無駄なのだ。

 母を怒鳴るなら、それ以上に自分に対しては厳しくしないと……。
 自分に対しては厳しくすることは、常に許されているわけだし、相応の成果もあった。
 無理も矛盾もある心の整理もせず、最期に備えた心の準備もしないまま、死ななければならない辛さも、自分は経験済みだ。
 が、自分の心の整理も、自分の最期に備えた心の準備も、まだできていないんだから、そういうことに関しては、母といえどもかまっていられない。
 母の最期が、後悔だらけだろうが、絶望的だろうが、発狂的だろうが、そんな最期になるような人生だったことを知らなかったり認めようとすらせずに生き続ければこそそうなるわけであり、こればっかりは本人次第なんだから。
 ただ、ボケたと言って落ち込むことは、あれ以来、無くなった……。


 もう一度、自分の心の整理に臨もう。
 学習の基本や法則を理解できているだけに、精神上には道に相当するものはできている。
 知能も備わっていて、経験でき、学習でき、目には見えない理由や法則などを理解できるようにもなったわけだが、もっと具体的に自分は本来はどういう存在なのかを理解すると、おのずから明らかになることなのかもしれない……。
 生命生理が自律して機能していることによって生きていられるわけだが、もっと具体的に生きていることはどういうことなのかを理解すると、おのずから明らかになることなのだろうか……。
 そもそも、重要なことは、自分が知る以前から存在しているだけではなく、絶妙な秩序に基づいて自律して機能していることになる。そんな、自分の理解力を超越しているほど絶妙にできていることを、より深く理解すると、おのずから明らかになることなのだろうか……。
 自分は、経験上理解できることを対象にしているだけに、理解可能なことは限られているが……。それでも、理解が深まるほど、理解する以前から絶妙にできていることが明らかになり、自分の理解力では理解し尽せないことも歴然としている。
 いずれにしても、自分に思考力や理解力が備わっていることによって、根拠や理由が十分で理に適っていると理解できるし納得もできるが、根拠や理由が不十分だったり無理や矛盾があると理解できず納得できないからだ。
 しかも、生きていること自体が、絶対的に優れたことであり尊いことでもあり、計り知れないほどの世代交代を重ねて進化したであろうことでもあり、可能な限り深く理解するに値することであることも間違いない。

 要は、何を未知の目的にして目指すかだ。
 目標は、もちろん生存上の的外れではないことが望ましい。
 目指すものはまだ仮のイメージだが、現世からの出口とか、他界への入り口とか、他界への扉とか、それに該当するものだ……。
 否、そんなものは無い、という根拠や理由でもいい……。
 太古から世代交代を重ねて生き続け進化し続けていて、それを未来に継続させた場合は、種族や進化上では未来でも生き続けることになる。それこそが重要だったのなら、それでもかまわない。
 いずれにしても、心の再整理をはじめよう。


「おまえに何が分かる」
 そう言って一蹴した人もいたが……。
 自分の役に立たないことには、耳を傾ける必要も無い。

 子孫を残すからこそ、その子孫に先祖や祖先と言われる。
 が、そうしなかった自分は、先祖や祖先の仲間入りすらできない。

 自分のところには、お迎えなど来ない。
 わざわざ迎えに来るだけの価値は自分には無いんだから。
 仮に、お迎えが来たとしても、それを認識することすら今の自分にはできない。

 理解者も、一人もいなかった。
 でも、最期に関しては、誰かを頼ること自体が不可能だ。
 本人が生存中に備わっている知能を駆使して詳しくなったことだけが、最期の頼みの綱になることは間違いない。

 最期のための心の準備は、自分が認識できるとか自覚できることであり、現在の想定イメージは、現世からの出口とか、他界への入り口とか、他界への扉とか、それらに該当するものを自分で見出せるか否かだ。
 それを裏付けるものは、生きていることはどういうことか、自分は本来はどういう存在なのか、その中に既に在るのだが、自分が未理解なだけなのかもしれない。
 理解が不十分なのは、まだ勘違いや思い込みや固定概念などがあるからなのかもしれない……。
 勘違いや思い込みや固定概念などを覆すほど、心も心眼も全開に近づき、そうなるほど違う世界が見えてくるのか……。
 もしかしたら、邪念を可能な限り覆すことだけでも、限界があるのかもしれない……。
 いずれにしても、根拠や理由に裏付けられた手がかりを得たい……。

 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
老化と眼精疲労により、
相互応援アクセスは断念します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
78位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR