生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

ついに初体験

 
 今朝、外に出て温度計を見たらマイナス5度だった。
 寒い内なら大丈夫だろう……。
 そう思い、梯子を運んだ。
 以前に屋根から滑り落ちた雪の固めの所を更に踏み固めて、そこを足場にして梯子を屋根にかけ、雪下ろしをした。

 というのも、この冬、家の屋根からは2度は雪が滑り落ちた。
 ところが、その軒先の下の小屋根の雪は落ちず、むしろ増えた。古い家で、トタン屋根のペンキがかなり剥げているせいだろう。
 その後も更に雪が降り、大きい屋根の雪と小屋根の雪は一体化してしまった。
 小屋根の滑りが悪くなっているからなのだろう、大きい屋根の雪も落ちそうにもなくなった。
 最近、すっかり暖かくなり始めたが、それでも落ちる気配が無い。
 突然、滑り落ちたら危険だ。軒下の小屋根の雪だけでも落としておこう、寒い早朝なら大丈夫だろう、そう思いはじめた。

 その小屋根の雪下ろしを、早朝に始めたのだった。
 小屋根の雪下ろしだけに、すぐに終った。
 明らかに、上の屋根の雪はいつでも落ちてこれる状態になった。そう思ったら、危険を感じた。寒いからまだ大丈夫だろうと気休めをしつつも、早く降りようと急いだ。そして、後ろ向きに梯子に足をかけたら、ザザーという音と共に上の屋根の雪が私に襲いかかってきた。
 逃げ場は無いと思い、動転しただけに、落ちた最中のことは記憶に無い。高所恐怖症なのだが、それどころではなかったせいか、そのての恐怖感も記憶には無い。
 記憶にあるのは、下半身が雪に埋まってしまい、更に雪が次々に落ちてきたことだ。
 急いで、頭を出し、上半身の雪を払い除けた。さいわい、落雪は終わっていた。少し冷静になり、身体を動かして雪を押しつぶすようにして空間を広げて、ほどなく這い出た。
 なんと、早朝に、自ら禍を招いたのだった。
 その後、右手首が痛いのだが、理由らしきことは全く記憶に無い。

 でも、不幸中の幸いとやらも少なくなかった。
 記憶には無いのだが、後ろ向きに梯子に足をかけたときに目の前の雪が襲ってきただけに、梯子のてっぺんから後ろ向きに突き飛ばされたのだろう。真下に落ちたのではなく、緩い角度で立て掛けた梯子の足元よりも更に遠くに落ちた。
 落ちた所も、いきなり腰まで埋まったくらいで、以前に屋根から滑り落ちた雪が比較的軟らかく積もっていた所だった。
 更に襲いかかってきた屋根雪も、軒先の凍った部分を落とした残りの雪だった。
 埋まると身動きできなくなり脱出できないと聞いたことがあり、そのことも思い出した。が、少し冷静になれれば解決策を思いつくことも稀ではない。代表的な経験は、事後に3日間も胃痛が続いたくらいの緊迫した状態だったが、意外にも冷静になれて解決策まで見つけて命拾いをしたことがあった。他人から言葉を介して聞いたに過ぎないことより、自分が実際に経験した多くの失敗の中で幾度か思い知らされたことを優先したのは当然だった。
 そんなことを考えていたら、今回も、梯子から自分で飛び降りたような気がしてきた。その記憶は微かなのだが、自ら飛び降りたから、立て掛けた梯子の足元よりも離れた雪が軟らかいところに落ちたとも考えられる。
 やっぱり、冷静さは重要なのだ。

 が……、そもそも、暖かくなったので、最近は屋根の雪下ろしは危険だと思っていた。なのに、実行した。つまり、最も冷静に考えることができた段階で、冷静な思考や判断をしなかった。だから、自ら禍を招いたのだった。
 ということは、最も冷静に考えることができる段階での、冷静な思考や判断こそが大事なのか……。
 じゃぁ、普段は、冷静だと思っているだけで、決して冷静ではないっていうことなのか……。
 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
304位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
47位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR