生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ◆無知の悟 「俺は、病気じゃない、異常でもない」

3-未理解なまま、新たな勘違いをして、困窮した。





 四月十六日。
 都会を後に、夜通し走った。
 濃霧により、東北道から下りた。
 遠くの方に小さな明かりが散在していた。
 子供の頃から見慣れた光景に近づいていると思え、心は安らいだ。
 明るくなり始めたのは盛岡の辺りだった。
 北上するほどに、残雪が目についた。

 やがて、尾根の北側を通る長い坂を登り、道路脇に残雪を見ながら西方向に走り、尾根を越えた。
 正面に見えた山は、子供の頃から見慣れた山だった。
 辺りでは最も高いが、標高七百メートルほどで、友達と幾度か登ったことがあった。
 山頂近くの北側の沢には残雪があった。
 山なのだが、寛大さを感じた。
 春に、この山を見るのは、六年半振りだった。
 単に背き続けた結果になったことを悔い、山に詫びた。
 自分が育った村は見えないが、正面に見える山の東側の麓にある。
 その村に向かって、しばらくは延々と下ってゆく。

 家には、誰も居なかった。
 四月半ばだけに、雪はほとんど消えて無いので、父と母は畑へ行って農作業をしているのだろう。
 家の中は暖房が欲しいくらい寒かった。
 都会とは違い、あまりにも静かだった。
 空き家にでも入ったような感じがした。
 都会で暮らした六年半の内に、長男だという漠然とした義務感で、事情を話して会社から休みをもらい、三度は農繁期に帰省したのに……。
 家の中で好き勝手に動き回ることさえ躊躇われた。
 自分が育った家に帰ったのに……。
 孤独だった。

 母が産まれ育った家で、自分も産まれた。
 その後、この家を建てて、自分たち家族が分家した。それは、自分が8歳の年だったと幾度か聞かされた。
 半完成の時点で、二階の三畳の物置部屋に、父と長男の自分と二人で一泊したのだと。

 いろんなところにある子供の頃の落書きが目についた。
 たしかに、この家で、知らないことを憶えて育ったのだ。
 自分が育った家に、帰ったのだ。

 都会で、己の未熟さを知っただけに、年甲斐も無く親を頼ったような気もしていた。
 けれども、心の底では、家に帰ると自分の心が形成された頃に戻れそうな気がした。
 むしろ、自分の心が歪んだ頃に戻れそうな気がした。
 でも、その具体的な理由は無かった。帰省するとなると、あからさまにできないことでもあった。そんな気持ちの底の方に抑え込まざるをえなかった。

 帰宅した父も母も驚いた。
 予告無しの帰省だったわけだから。
 父も母も、嬉しそうでもなかった。視線を逸らしがちだった。
 それが、気になった。
 手土産も無い。
 土産話もも無い。
 馬鹿息子扱いして育てたんだから、文句はあるまい。
 まして、自分で解決できない個人的なことは話すだけ無駄だ。
 話したところで、解決できるはずがない。
 話そうものなら、更に馬鹿息子扱いされるに決まっている。

 農作業の手伝いを始めた。
 こんなことでは駄目だ、と思えることが次々に目についた。が、偉そうなことは、切り出せない。
 しばらくは、必要なことだけしか話さなかった。


 田植えが済んで間もない頃。
「除草剤を使ったのに、人でも除草するなんて、どうかしてる」
「なに」
「お金を出して手に入れた除草剤を、労力を使って田んぼに捨てているようなものだ」
「おまえなんかに、何が分かる」
「知らなかったことを憶えることができ、上達もできる。根拠も理由もあることを行うようにすれば、無駄を減らせるし、成果を増やせるようになる」
「……」

「自営業なんだから、お金を使い、労力まで使って、尤もらしいことをやっているだけじゃ、ますます貧乏する」
「……」
「こんなことばかりじゃ、朝の暗いうちから夕方に暗くなるまで、一生懸命働いている振りをしているに過ぎない。自営業なのに、こんなことをしているなんて、馬鹿げている」
「おまえは、都会で駄目だったから帰ってきたんだろ」
 母は反撃した。
「……」
 返す言葉が無かった。
「そんなおまえが、親に向かって言う言葉か」
 父までも怒らせてしまった。
「……」

「小学校の入学式で、校長先生に名前を呼ばれると皆は返事をした。なのに、おまえだけは返事をしなかった」
 その話は、母から幾度も聞かされた。
「……」
「大勢の前で、どんな思いをしたか……」
 母は泣き出しそうだった。が、上辺だけの演技だ。
「俺の所為にするな。まえたちが、そんな育て方しかできなかったからだろ。読み書きも満足にできないのに、憶えようとしない。自転車にも乗れないのに、憶えようとしない。免許も取ろうとしないんだから」
「それが、親に向かって言う言葉か」
「じゃあ言うが、俺たちが子供の頃、和裁の内職をしただろ。数十万円もする反物を持ってきて、裁断して、紋付だとか、訪問着、花嫁衣装、寝具などを縫い上げた。あれは、和裁を一通り憶えたからこそ、根拠も理由もあることをできるようになれたからだろ。だからこそ、着実に収入も得られたんだろ」
「……」
「親父だって、冬場には雪山で木を伐採して、認められるような仕事をしたから、着実に収入も得たんだろ」
「……」
「それとは逆に、内職仲間が、裁断を間違えたりした場合は、弁償したり買い取りになったりして大損をした話も当時していただろ。知識や技術を習得していてでさえ、間違いも失敗もある。まして、見た目だけ尤もらしいことをしているだけでは、成果はあるはずが無い。無免許運転は事故の元だから、取り締まるんだよ。上辺だけ尤もらしいことをしていることは、その類でしかない」
「ああ、聞きたくない」
 ヒステリックにわめいた母は、理解はできたからだろう、泣きながら訳が分からないことをわめいて、どこかへ行ってしまった。
「自営業なのに、そんなことをしているなんて馬鹿げている。農業とはいえ、肥料や農薬や資材なの経費は必要なのだ」
「……」
「こんなことじゃ、会社だと、成り立たない、倒産する。社員なら、仕事をしたとは認めてもらえないし、『明日からは来なくてもいい』って言われる」
「……」
 父は、何も言わなかった。
 が、理解はできたからだと考えられた。

 長男である自分が、背き続けただけに、容易には両親の理解は得られそうになかった。
 自分の説得材料も、郷里には無かった。
 都会の方が増しだと思い、二度、三度、上京しようとした。
 そもそも、こんな家を嫌ったから、中卒後に家出し、帰省するのが嫌だったから都会で就職し、背き続けたのだ。
 ん。ということは、自分の心が歪んだ理由が、自分が育ったこの家にあることは、ほぼ間違いない。
 自分にとっては、その解明の方が大事だ。
 自営業に希望を託して帰省することにしたが、あれだって建前だったのだ。
 こんなことで家を出れば、もう戻ることは自分が許せない。
 これからは、父も母も親戚に迷惑をかけることは目に見えていた。
 良品を生産できれば専業農家としてやっていける規模であり、生産物の、米が一袋の重さ三十キロ前後、リンゴが一箱の重さ二十キロ前後ある。
 なのに、両親は、自転車にも乗れず、免許も取らない。
 すでに、運転関係も、力仕事も、長男である自分がやるしかない状態になりつつあった。


 嫁いでいる姉が、盆暮れには来客があって実家には来れないからと言って、子供たちを連れて遊びに来る。
 その都度、手土産を目の前に広げ、母の肩を持つ。
 それとは逆に、親の言いなりにはならず、厳しいことを言う自分には、目もくれず厳しい口調で非難しがちだった。

 年の暮には、都会に就職している弟が、帰省した。
 都会の役所勤めで、仕事をしながら大学を卒業したことも、母にとっては自慢だ。
 しかも、土産は忘れず、昇進したからと言って今までよりも多い小遣いを母にあげて、母の肩を持つ。
 長男の自分は、中学校でもほとんど勉強しなかったし、家出もし、長年背き、帰省したが、親の言いなりにはならず、むしろ厳しいことを言うわけだから、一蹴され、聞く耳も持たず、見下されていた。

 もともと、上辺を繕っているだけで、見た目だけで判断しがちな母は、次男が上京した後も、すっかりいい気になっていた。
 思えば、姉が嫁ぎ先に戻った後も、そうだった。
 母は、長男の自分に対しては不機嫌だった。

 自分は、自分のことを勘違いし思い込んでいたことには気づけたものの、その具体的な事実関係は未理解だっただけに、当時は、母のことも姉のことも弟のことも理解に苦しんだ。

 自分は、背き続けはしたが、悪いことはしていない。
 少なくとも、都会で暮らした六年間中、会社から休みをもらって、秋の農繁期に三度は帰省した。
 高額ではなかったが幾度も送金した。
 家の前の小屋を建てたときも、お金が足りないと手紙に書いてあったので、送金した。
 帰省して家の実体を知っただけに、いい加減なことは減らして、根拠や理由があることを増やして成果を上げようとしていた。
 上辺だけの良い人を演じ合って親子で騙し合うようなことは、当時の自分には到底できないことだった。
 長男である自分のことが、全く評価されていない。その理由が分からなかった。

 そもそも、姉にも弟にも、責任感は感じられなかった。
 姉が嫁ぎ、弟が就職しているわけだから。
 しかも、暇なときに遊びに来ているに過ぎないんだから。

 この家で暮らしていない姉も弟も、この家の実態は知らないし、母の正体も知らない。
 自営業にもかかわらず、いい加減なことばかりして、強引なことをしてまでも上辺を繕っているに過ぎない。
 それは、この家の改善すべき課題だったわけだから。
 改善できないとしても、根拠や理由があることを増やすようにして成果をだす必要があった。
 なのに、母も姉も弟も、上辺だけ良い人を演じ合って、親子で騙し合いをして、いい気になっているだけだった。
 それは改善すべきことなのに、全く逆の助長をしていたわけだから。

 つまり、この家を、長男である自分に押し付けようとしていた。
 だからこそ、従順ではない長男である自分に対して、母も姉も弟も父までも不機嫌だった。
 むしろ、長男である自分に服従を強いようとしていた。
 長男である自分が言うことには、聞く耳を持たなかったわけだから。

 ということは、自分が帰省しなかった六年間も、姉は子供たちを連れてきて、同じようなことをしていたと考えられる。
 弟も、毎年、年の暮には帰省していたというわけだから、そうだったと考えられる。
 長男である自分が帰ってきたのに、歓迎はされていないんだから。
 無理や矛盾だらけだった。

 母も姉も弟も、すっかりいい気になっている。
 が、それだけの、根拠や理由が無い。
 なのに、偉そうに振る舞い、長男である自分を馬鹿息子扱いして見下している。

 当時は、ここまで具体的には把握できなかったが、いろんな問題があることは明らかだった。
 けれども、子供の頃から馬鹿息子扱いされ、現に見下されている自分が、改善することは不可能に近いことばかりだとも思えた。

 後に分かることだが……。
 根拠も理由も無い、上辺だけの騙し合いには、成果など無い。
 知らないとか間違いとか勘違いとか思い込みとかは、意図的なことではなく悪意も無いので、多くの場合は日常的に修正も行われる。
 でも、認め難いとか知られたくないといった要素が加わると、そういう考えが伴うことであり、当然に修正が難しくなる。
 まして、隠し偽ると、それは意図的なことであり、しかも相手を信用しないことでもあり、騙し欺く類のことでもあり、それだけ修正が困難になる。
 母は、上辺だけを繕っているに過ぎず、騙し欺いているようなものでもあり、それでもいい気になるのは無知で愚かなことでしかない。
 その場合も、認め難くなるようなことをしていることになる。
 しかも、肩を持ってくれて、母をいい気にさせてくれる娘や次男を批判視することも至難になる。
 すでに六年間もそうしていたとすれば、反省することすら不可能に近い。
 長男である自分を、馬鹿息子扱いするほど、母自身が考えを覆し難くなる。
 つまり、悪循環に陥り、もがき、泥沼化するだけだ。
 いわば、自縄自縛地獄だ。
 もし、そういうことを知っていながら、姉も弟もああしていたのだとしたら、正気ではない。
 でも、見下されている長男である自分が言うことは、ことごとく逆鱗に触れるわけだから、全く知らないでは通らない。
 とはいうものの、強情を張らせ逆上を煽るだけなら、これも逆効果にしかならない。
 それは避けたい。
 その先にあるのは、暴力による決着であり、無理矛盾どころか単なる横暴だ。
 自ら災いを招くようなものだ。

 当時も、結果的にそうなるであろうことは連想でき、そうなることだけは避けようとした。
 そこまで具体的なことは知らなくても、根拠も理由もあることを行って成果を上げるべきだという自分の主張が、受け入れられる可能性はほとんど無いことも分かった。
 となると、根拠や理由や成果を主張している自分も、相応のことはできていない。
 もちろん、この家では、相応のことができる可能性も無いに等しい。
 ということは、根拠や理由や成果を主張している自分も、上辺を繕っているに過ぎない状態にある。
 当然に、口先だけだと思われている可能性もあり、上辺を繕っているに過ぎないと思われている可能性だってある。
 しかも、個人的なことも、不都合なこととして隠している。
 自営業に希望を託したが、建前だったことも。
 根拠や理由や成果を主張したところで、何でもできるようになれるわけでもない。
 どれだけのことが実際にできるようになれるかとなると、自信など無い。

 反面教師とまではいかなかったが、家族関係に阻まれ、はね返されるように、自分も上辺を繕っているに過ぎなかったことに気づいた。
 しかも、このことに気づいたことによって、個人的なことの方が進展したことを自覚した。
 残念ながら、理解することによる効果は未理解だっただけに、具体的なことを理解しようとまでは思わなかった。
 でも、あくまでも、自分にとって問題なのは、自分のことを勘違いしていたことであり、自分のことを知らなかったことであり、それゆえの孤独であり困窮であり、それらこそが解決すべき課題でああることを再認識した。


 見えない壁のようなものを捉えようと、独りになりがちになった。
 訳が分からない親には、かまっていられなくなった。

 考え込みがちになった。
 見えない壁に直面しているような状態が顕著になった。

 が、冬場になり、地元で日雇いの仕事をした。
 単純な肉体労働であり、郷里の知人ばかりでもあり、支障が無いことを話し、冗談を言い、笑って過ごすと、気は紛れた。
 でも、仕事が終わって、帰宅すると、個人的なことは何も変わっていない。

 自分のことを勘違いしていたことに気づき、独自には一向に把握できず解決できなかっただけに、自分のことをほとんど知らないことを思い知らされる日々だったわけであり、自分のことを知る努力をするべきだったのだが……。
 他を頼り、書籍を買い漁りはじめた。
 新聞の広告を見て、頼りになりそうな本があると、メモをし、定期的に通院する母に買ってきてきてくれるように頼み、書店に無い場合は注文してもらった。
 入手した本には、対人恐怖症、被害妄想、躁鬱病、精神分裂病(当時の名称)、甘え、など書かれていて、それぞれに自分は該当した。
 つまり、ことごとく病気や異常者扱いだった。

 でも、自分は、自分のことを勘違いしていたことに気づき、自分のことをほとんど知らないことを知り、孤独に陥った。
 具体的なことは知らなくても、自分で経験した経緯上では、勘違いや知らない類だ。
 自分でさえ異常ではないかと勘違いしつつあったが、具体的に納得できたわけではなかったので、そうだと思い込むわけにもいかずにいた。
 病気や異常だとは、受け入れ難かった。

 でも、知識人が本にまでしたとなると、自分には覆せない。
 不安になり、自信が無くなり、人間関係が煩わしくなり、相応のことは次々と断った。

 自分の考えを救ってくれる本には、出会えなかった。
 あくまでも個人的なことだったのだが、そうであることを忘れて、他人が書いた本を頼っただけに、そうだったことを忘れていた。
 入手しても、しだいに本には目も通さなくなった。
 注文してあった本が届いても、積み上げられるだけになった。
 結局、本を買うのは止めた。

 でも、知識人が書いて売られている本の内容がそうである以上、それに該当すれば、少なくとも病気扱いされることは間違いない。
 むしろ、本では精神異常者扱いだ。
 それを頑なに拒もうものなら、間違いなく異常者扱いされるだろう。
 度が過ぎると、犯罪者と同様に鉄格子のある部屋に閉じ込められかねない。
 だったら、せめて病気扱いされた方が楽だ。とも思った。
 が、病気や異常だという捉え方は、受け入れが難かった。

 精神面だけではなく、実生活上でも独りになりがちになった。
 畑の尾根を越えた直ぐの所に杉を伐採した西向きの斜面が有り、そこへ行っては抜根に座り、帰省した際に寛大さを感じた山を見ていた。

 二年目の冬場は、人と関わるのが嫌で、日雇いの仕事もしなかった。

 春になっても、自室から出ること自体が嫌になった。
 このことを、四面楚歌、疑心暗鬼、などというのだろうと思った。
 自分の主張が認められないから反抗しているのだと、両親は思うだろうと考え、それなら好都合だとさえ思った。

 人とかかわるのを嫌うあまり、夜型の生活に変わった。

 見えない壁に直面しているような日々からは、抜け出せそうにすらなかった。

 日中、家にいるのは辛かった。
 結局、死ぬんだ。
 こうして異常者扱いされかねない生き続けたあげくに死ぬよりは、さっさと死んだほうが増しだ。
 そう思ったら、それは理に適っているような気がし、覆せなくなり、そうすべきであるかのように思い詰めた。
 最も簡単に直ちにできる方法で、決行しようとした。
 が、とても辛い。できない。
 こんなことで死んでしまうのか。と思ったら、溢れ出た涙が止まらなくなった。

 断念を考えはじめ、冷静になり、喉が渇いてきた。
 やがて、空腹感までが……。
 身体は……、自分の考えとは関係なく、むしろひたすら生きようとしていたのだ。
 思えば、飲み食いしないだけでも死ねるはずだが、飲食しないことでさえ限度がある。
 呼吸を止め続けても死ねるはずだが、死ぬまで呼吸を止めることだってできないはずだ。
 つまり、自分の考えとは関係なく、身体は生き続けるように自律して機能しているのだ。
 知能だって、もともと備わっている。
 生きるために使ってこそ、発揮し続けることもできる。

 そんな知能で、死んだほうがましだと考えること自体が、無理で矛盾している。愚かだ。
 もちろん、考えていることを、実行することもできなかった。実行できない無理なことも、考えてしまうのだ。
 つまり、考えにこそ、無理も矛盾もあるのだ。

 そんなことも、知らなかったのだ。
 やはり、自分のことを知らな過ぎるのだ。
 自分のことを勘違いしていたくらいなんだから。

 上辺を繕っているに過ぎないことに気づいたのに次いで……。
 生理面は自律して機能していることと、考えには無理や矛盾があることに気づいたことでも、個人的なことが進展したことを自覚した。

 まだ死ねない
 こんなことでは死ねない。
 無理や矛盾だらけの、愚かな死に方なんてできない。
 考えに無理や矛盾があるくらいだから、死ぬ準備もできていなかったことになる。だからこそ、死ぬのが辛いのだ。
 二度と産まれてくることは無い。一度限りの人生なのだ。
 産まれたことや、生きていられることが、どういうことなのかをすら知らないまま死ぬくらい惜しいことは他には無いのかもしれない。

 一転して、恐怖を感じ始めた。
 無理や矛盾があることをまで考える。それどころか、決行しようとまでする。そんな自分の考えに対する恐怖だった。
 自分の考えや行動を、把握できていないことが明らかになったからでもあった。

 生きていたい。
 産まれたことや、生きていられることが、どういうことなのかを、生きているうちに可能な限り知りたい。

 その夜。
 床に就き、眠りそうになると、そのまま死んでしまいそうな恐怖感に襲われて目が冴えてしまうようになっていた。

 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
304位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
47位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR