FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ◆自分の心を理解する:猫が気付かせ考えさせてくれた

猫だって学習する 3.猫もルールを学習している


 たくさんの応援アクセスに、感謝を申し上げます。

 8月7日撮影後、天候に恵まれず、撮影は無いまま現在に……。
 よって、趣味の写真「普遍に臨む」:朝焼け(日の出)・夕焼け(日の入り)の画像は、今回は掲載を休みます。



 居間のストーブの周りで、チビたちは過ごす。
 自分は台所で、チビたちのご飯を用意する。
 当時は、現在のようにペットフードは普及していなかった。
 地元の魚菜店から安価な鰯などを買ってきて、水煮し、それをくずして、同量くらいの人用のご飯を混ぜて、いわゆる猫マンマを用意する。
 大型スーパーの出店に押され気味になり、生き残っている地元の魚菜店も、調理済みの総菜を扱う量が増えたとか、生魚を買っても店で三枚におろしてもらう人が多くなったなどと言い、そのアラを貰えるようになった。
 増えはじめた養老施設などもお得意さんだという魚菜店だけに、鯛やハマチなどのアラだったりもした。


 猫と、気持ちや考えを伝え合えないものだろうか……。
 そう思い、ご飯をあげる時には、必ず「ごはんだよ」と言ってから、「『ごはん』と言うのはこれのことだよ」と言いながら、ご飯をあげてみることにした。

 それを繰り返すうちに、「ごはんだよ」と言うと、ストーブの傍に寝そべっていたチビは起き上がって座り、辺りをキョロキョロ見回すようになった。
「はい、ごはん。『ごはん』って言うのは、これのことだよ」
 食べることが先のチビたちは、人が言う言葉には関心は無い。
 目には見えないことでも伝え合える言葉の機能も、言葉を使わないチビたちは知らないのだ。
 でも、警戒心丸出しだったのが、こんなに馴れた。自分も、このことの方が大事だ。

 やがて、「ごはんだよ」と言うと、チビは明らかに寄って来るようになった。
 こういうことも学習するんだ。
 だったら、チビたちが一度に食べきる食事の量を把握し、決して残さない程度あげた方が効果があるはずだ。
 むしろ、お腹が空くくらいの方が分かりやすいはずだ。
 常に食べ物を与えておいたのでは、チビたちは、こういうことは学習する必要すら無くなるわけだから。

「ごはんだよ」
 と言うと、チビたちは小急ぎに来るようになった。
 言葉の意味は分からなくても、「ごはんだよ」という人の発声の後に、ご飯を貰える。こんな事実関係を、チビは憶えたのだ。

 だったら、「ごはんだよ」と言いながら、その食器を箸で叩いて音も出しても、その事実関係をチビは憶えるのか、試してみた。
 それは、数回もしないうちに、反応するようになった。
 人の発声が、食器を叩く音に替わっただけだから、当然なのかもしれない。
 でも、「ごはんだよ」と言うのを、食器を叩く音に替えても、チビたちは反応する。
 やはり、食器を叩く音がした後で、ご飯をもらえる。この事実関係を、チビたちが憶えたからにほかならない。

 そういえば、畑の近くなどで鼠か何かを狙っている猫を見かけるが、鼠は見えていないのに、音だけで鼠の動きを察知して狙っているとしか思えなかったりする。


 いつのまにか、チビたちのご飯の準備をしている段階で、チビたちは気づいて明らかに待っている。
「ごはんだよ」と言ったり食器を叩いたりすると、そうするのを待っていたかのように一斉に寄ってくる。
 ということは、自分がチビたちのご飯の準備をはじめた際の振る舞いや音や匂いなどを基に、そろそろご飯をもらえることをチビたちは察知していることになる。
 すごい……。

 その後、ご飯の準備をしている段階で気づいたチビたちは傍に寄って来て待機するうようになった。
 しかも、落ち着かない。
 もうすぐご飯を貰えることを、完全に察知し予想している。

 あることが発生すると、その次にはどういうことが起きるのか。そんなことも、猫たちの記憶にも残っているのだろう。
 その記憶を参考にするから、あることが発生した段階で、その次にどういうことが起きるのかまでも、察知や予想できる。
 その察知や予想を基に、待機しているわけだから、察知や予想を基に相応の行動までしていることになる。
 そんなことまで、猫も学習するんだ。
 まさか、俺の勘違いじゃないよな……。

 傍に来て「早く食べたい」と言わんばかりに「ニャー」と言って催促するようになった。
 ご飯の準備を始めた段階で、そのもの音や匂いなどを基に、チビは自分が食べるご飯の準備を始めたことを察知し、そろそろごはんをもらえることを予想するからだ。
 チビの振る舞いに、クロは追従する。
 おっかあは、反応が遅く、まさに借りてきた猫のようでもあり、遠慮しているようにも見える。が、子供たちを見守っているのだろうか。


 ということは、チビが戸を開けるのを憶えたのも、人が戸を開けるのを繰り返し見ているうちに、戸が左の方に動くことや、戸が動くと出入りできるだけ開くことを憶えたからだ。
 その記憶を基に、チビも戸を動かして開けようとし、ガリガリ引っ掻くようになったのだ。
 そうしているうちに、爪が掛かって、戸が動いて少し開いた。
 その開いた隙間に、チビは右手を入れた。もちろん、力を発揮しやすくなり、更に開いた。
 そこに、強引に頭を入れて、もがきながら身体も押し込んで更にもがき、自分が出て行けるだけ戸が開いて、ついに出て行った。
 もちろん、自分で開けることができるんだということも体験した。それも記憶に残ったはずだ。
 だから、積極的に大胆な開け方をするようになった。後ろ足だけで立って、両手の爪を戸に引っ掛け、戸が接している柱に額を押し付けて開けることを憶えた。これなら、力も発揮できる。
 やる度に、上達した。やる度に、力加減やコツを憶えたからだ。
 チビは自分で簡単に戸を開けて出かけるようになった。

 チビが開けるのを待っていたかのように出かけるクロとおっかあは、戸を開けることを憶えようとすらしない。
 だから、憶えない。

 また、猫は、鼠取りは人よりも巧いのだろうが、人が用意してあげるようなご飯は作れない。
 だから、ご飯は、作ってくれるのを待つしかない。
 そういうことなのだ。


 その後、チビたちのご飯の準備を始めたら、チビが待ちきれないとばかりにウロウロしはじめ、ついに飛び上がってシンクに上がった。
「ダメ。ダメだよ、チビ。こういうことは、しちゃダメ」
 触ることは許されるようになったものの、まだ抱っこをしたことは無かった。が、初めてチビを抱えて、床におろした。
 そして、恐る恐る、厳しい口調で「ダメ」と言い、その頭に軽く猫パンチをした。
「行儀良く待つ。そういうことも憶えなきゃ」

 翌日も、チビは飛び上ろうとした。
 が、飛び上がる前に厳しい口調で叱った。
「ダメ。飛び上っちゃダメ。やったら、お仕置きだよ」
「……」
 チビは、返事はしないし、言葉は通じないわけだし、早々には憶えないのかな……。
「これは全部、チビたちに上げるんだから。急かされて、手を抜くと、おいしくないんだよ」
「……」
「はい、お待たせ。ごはんだよ」

 チビが飛び上がろうとする都度、厳しい口調で戒めているうちに、シンクに飛び上がろうとはしなくなり、また座って待つようになった。
「今やってるから。行儀良くして、待ってろ」

 叱られたことも、やってはいけないこととして、ちゃんと学習するんだ。
 間違いない。

 思えば、チビたちの、お腹をさすったり、脇の下をさすったり、喉をさすったりすると、自分の手を噛んだりするが、まさに加減して軽く噛んでいる。
 猫パンチも、相手を殴るというよりは、相手の振る舞いを戒めているのではないかとさえ思える。
 チビとクロがジャレ合っているうちに、悲鳴を上げ、身構え、爪先立って毛を立てて背を丸めて敵対することもあるが、怪我をするほどのことはしていない。むしろ、直ぐに仲直りする。
 母猫は、子猫を首の後ろを噛んで運ぶことは知られている。が、子猫なのに怪我をすることは無いのだろう。むしろ、子猫を安全な場所に運ぶわけだから。
 仲良くしたいとか、嫌われるようなことはするまいとか、相応の加減もしていることになる。

 そもそも、親子でも子猫同士でも、モミモミもしているし、舐め合うし、ジャレ合う。
 でも、子猫同士でジャレ合っても、悲鳴を上げたり、反撃したりもする。親猫も、子猫に猫パンチをしたりする。
 でも、いじけることは無いし、敵対関係にもならない。
 結局、喉をゴロゴロさせてモミモミもするし、舐め合うし、仲良くジャレ合う。
 つまり、やってはいけないことも憶えて、慎むようになるから、仲良くできるのだろう。
 猫同士でも、仲良くするために必要なことや、仲良くするためにはやってはいけないことも、学習して、相応の振る舞いをしていることになる。
 もともと、親子間や子猫同士で、そんなことも学習しているのだ。


 もちろん、攻撃もするし、威嚇もするし、悲鳴も上げるし、警戒もするし、安眠もするし、尻尾をピーンと立てもするし、喉をゴロゴロさせるし、モミモミもやるし、親子でも子供同士でも楽しそうにジャレ合いもする。
 あれは、猫にも、嫌だとか、痛いとか、嬉しいとか、楽しいとか、そんな感情や気持ちや考えもあることの証なのだ。
 気持ちや考えもあるからこそ、相応の判断もし、相応の振る舞いをしていることになる。

 戸を開けることにしても、自分で必要なことは独自に学習して、自分でできるようになるわけだから。
 仲良くするために必要なことも学習して、相応の振る舞いをしているのだ。
 たぶん、間違いない。

 俺だって、チビたちのことを少しずつ知って、それなりのことをしているわけだから。
 つまり、俺の方が理解できていなかった……、ということになる。

 そもそも、要の考えや判断などは、内面で行うことだけに、目には見えないし、教えようも無いのに……。
 猫は、すごい……。


 ということは、警戒心を丸出しだった頃に、叱れば、当然にますます警戒して遠退いたはずだ。
 でも、いろんなことを知ったことによって安心できることが分かり、いわば信頼関係も確かになっていった。
 俺も、それは壊したくない。
 猫も、鼠は簡単には獲れないものなのだろう。
 野良だと、暖房も無いわけだし。
 しかも、自分で戸を開けて出て行けるようにもなった。
 もちろん、叱られたことは、自制したほうが得だ。だから、そうするようになったのだろう。

 ということは、信頼関係がしっかりするほど、それを壊すまいとするし、嫌われまいともすることになり、叱られたことは自制するようにもなるのだろうか。
 ん……、むしろ信頼関係がしっかりしていれば、良くないことをした時に、叱って教えてくれる人をこそ、一層、信頼するようになるということなのか……。


 チビは、自分で戸を開けることも憶えた。
 人が話す言葉は理解できなくても、音や匂いなどを基に、次にどういうことが起こるのかを察知したり予想したりして、相応の行動もするようになった。
 どういうことをすれば、嫌われるとか叱られるとかも憶え、相応の自制もできるようになった。
 つまり、一連のことが記憶に残り、それを基に、次に起きることを察知したり予想し、相応の行動もできるようになる。
 これを応用できることで、猫が必要で憶えそうなことって……、何かないかなあ……。


 でも、猫も学習していることは、すでに実証されている。
 そうであることを、むしろ自分が未理解だったりする。
 猫はせっかく学習しているのに、そうであることを自分が理解できていないと、むしろ自分が勘違いしたり誤解したりさえする。
 こっちのほうが問題なのか……。


 とりあえず話しかけていれば、やがては、猫とも気持ちも通じるのかもしれない。
 むしろ、叱ると、相応の学習をするわけだから、気持ちは通じているようなものだ。
 自分こそ、人同士では言葉で伝え合うだけに、それに慣れ過ぎてしまっているのかもしれない。それは、ある。

 でも、いつかは、人が話す言葉も、チビたちは分かってくれるような気がして、話しかけるのは当たり前になっていった。


「なあ……、おっかさん。チビとクロは家で面倒みるから、おっかあは野良に戻ってよ。……な。皆を面倒みることはできないんだ。おっかあは、野良で子育てまでしていたんだから、大丈夫だろ。自立って、すごいことなんだよ」
 ということで、おっかあを集落の外れまで連れて行って、そこに放した。
 雪が最も多い時期だったが、猫は帰ってこれない距離ではないと思えた。
 でも、おっかあは、帰ってくることは無かった。
 猫も、いろんなことが分かっているんだ……。
 しかも、自立して子育てまでするわけだから……。


 猫も、いろんなことを少なからず分かっていて、それなりの行動をして生活していることは、間違いない。
 猫は、人のような言葉を話せないだけなのだ。
 猫の唇は、言葉を話すようにはできていない。言葉を話せるような調整が可能な声帯も、猫には無いのだ。
 だから、記憶や気持ちや考えはあっても、それを言葉にして伝え合い分かり合う文化も無い。

 むしろ、人は、言葉を憶えるからこそ、間違いや勘違いに基づいたことも口にするし、事実が伴わない口先だけの言い訳も言えるわけだし、事実とは違うことを事実だと思わせるための嘘も言うようになる。
 事実を知られまいともするし、わざわざ困難にさえするし、否認し強情も張るし、相手の口封じさえする。

 そんなことはできない猫たちの方が、よっぽど分かりやすい。
 分かってくるからこそ、仲良くもなれる。
 初めは警戒心丸出しだったチビたちも、仲良くするに足ることを少なからず知ったからこそ、こんなに馴れたことになる。

 猫は、言葉を使って伝え合うことも分かり合うことも無いが、誰も教えなくても、必要なことは独自に学習する。
 もちろん、必要無いことは学習しない。
 言葉で伝え合うことも分かり合うことも無いだけに、唆されることも無いし命令されることも無い。
 だから、言い訳や嘘は憶える必要すら無い。
 いじけることも無いし、すねることも無いし、泣いて自分に都合良くすることも無いし、否認して強情まで張ることも無いし、ヒステリックになることも無いし、自棄的になることも無いし、相手の所為にすることも無いし、逆上することも無いし、自分勝手の象徴として暴力的に口封じすることも無い。

 人は、騙しもするし嘘も吐くからこそ、それゆえの争いにもなる。
 嘘を吐けない猫は、そんな理由で争うことは無い。
 むしろ、直ぐに事実を認めて、自制するようになり、仲良くする。

 雄猫同士は、暴力的に決着をつけるわけだが……。
 人は、徴兵して国民を最前線に行かせて見知らぬ同士で殺し合いをさせる。
 もちろん、そんな首謀者同士に殺し合いをさせるとか、そんな首謀者を処刑してしまえば、国民が最前線で見知らぬ同士と殺し合いをする必要も無くなる。
 けれども、人は、嫌だとすら言えない。
 むしろ、尤もらしく見せかけ、本当らしく工作し、優れたことであるかのように祭り上げ捏造さえする。
 歴史上でも、見知らぬ同士で殺し合いをすることを選択し、戦争に加担し助長さえしてきたわけだから。


 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
老化と眼精疲労により、
相互応援アクセスは断念します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
78位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR