FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ◆自分の心を理解する:猫が気付かせ考えさせてくれた

猫だって学習する 5.猫にも愛情がある


 沢山の応援アクセスに、感謝を申し上げます。

 頑張って秋の農繁期も乗り切ります。
 日増しに忙しさが増し、秋の農繁期は11月中旬まで続きます。

 趣味の写真「普遍に臨む」:朝焼け(日の出)・夕焼け(日の入り)の画像は、掲載を休みます。朝露・夜露でカメラがびしょ濡れになる季節になったので、来年に期待します。
 ただし、色づき始めた紅葉は、仕事をさぼってでも撮る予定。



 突然、聞いたことが無い激しい声と荒々しい物音が、一坪半の勝手口から聞こえた。
 振り向くと、戸のガラス部分の勝手口側を何かが駆け登り、天井を蹴ったのか、向こう側の脱衣所の横の下駄箱に降りたのが見え、音は消えた。
 猫用に設けてあげた出入り口から床下に出たのだ……。
 戸を開けて見ると、一坪半の勝手口の天井にまで尿らしきものが撒き散らされていて、爪痕もあり、明らかに天井の一角を駆けたことを物語っていた。
 脱衣所を見た。
 子猫が一匹足りない。
 猫用に設けてあげた、床下に通じる出入り口から、イタチかなにかが侵入して子猫を襲ったのだ……。
 子供を守るために、チビは天井まで追い駆けたのだ……。

 子連れの野生動物は、危険だと聞く。
 山菜採り中に、音もなく攻撃してきたのはフクロウだった。
 鴨や雉の仲間のヤマドリなどの雌は、知らずに近づくと、自分に目を引くかのように怪我をして飛べないとも思える派手な振る舞いをしながら遠退き、その隙に雛たちは一斉に隠れる。
 もちろん、自身を守るためだけなら、さっさと逃げるだけでいい。
 つまり、雌は、自分の命を犠牲にするようなことをしてまで、子供を守ろうとしていることになる。
 命を守る。子供を守る。これこそが、愛情の証だったのだ。

 チビの子猫は、毛もフワフワになり日増しに可愛さが増すばかりだったが、まだヨチヨチ歩きしかできなかった。
 外に出て、床下を覗いてみた。
 チビの前に、白い子猫らしきものが横たわっている。
「チビ。銜えて、ここまで連れて来い」
 が、言葉は通じない。
 むしろ、俺なんかを頼りにしていないのか……。
 長い竹を持ってきて、その先に子猫を載せるようにして、床下から出した。
 棒の先に乗せた子猫を見守るようにしてチビもついて来た。
 子猫は、生きている。が、威嚇の唸り声をだす。
 チビが顔を近づけても、威嚇の唸り声をだす。
 子猫の首に噛まれた跡があり、顔以外は全く力が入らないのだ。
 居間に連れてきた。
 が、チビが近づいても、子猫は威嚇の唸り声をだす。
 苦痛と恐怖感だけが続いているのだろう。
 三十分余りで、子猫は息絶えた。
「チビ。この子の分も、他の子たちを大事にするしかない」


 そもそも、小鳥も、子育てをするために巣まで作る。それどころか、雛に餌を運んで養育する。
 自分が山菜採り中に、音もなく攻撃してきた、否、威嚇してきたのはフクロウだった。自分が知らずに巣に近づいてしまったからだったが、あれには驚いた。
 蜂も、自分の目の前で空中停止して「それ以上は巣に近づくな」と言わんばかりに威嚇したことがあった。あれ以上、自分が巣に近づけば、攻撃されていたはずだ。
 山中を歩く音だけが聞こえ、カモシカだろうと思い、その姿が現れるのを待っていた。すると、楢の木の根元に黒い子犬のようなものが現れて上を見上げた。その楢の木の上の方にも、黒い子犬のようなのがいたので、子熊だと分かった。
 母熊の気配さえしなかったのは、とっくに俺に気づいていて俺を警戒しているからだ。
 子連れの野生動物も、子供を守るために、他に対しては極めて攻撃的になるので、危険だと言われる。
 背を向けるのも危険だと言われる。
 が、その場を早々に去った。

 思えば、保身上、そんな威嚇や攻撃に気を取られがちだった。
 が、むしろ注目すべきことは、彼らは、事前に威嚇することであり、争いになることは避けようとすることだ。
 しかも、彼らの主目的は、むしろ子供を守ることであり命を守ることだったわけだから、こっちを重視すべきだったのだ。
 未熟な子供を守るためだからこそ、自身が犠牲になるようなことをしてまで、威嚇し、それでもだめなら攻撃する。
 そのために、命を懸ける。
 彼らは、地位や名誉や報酬などは望んですらいないんだから。
 命を守り、未熟な子供を守る。これこそが愛だったのだ。


 それは、太古から世代交代を重ねて存続されてきた種族と進化を、より確実に未来に継続させることでもある。
 太古から未来まで生き続ける、その一世代を、命懸けで全うしていることにもなる。

 ということは、愛が高度であるほど、世代交代を着実に行えることになる。
 つまり、愛が高度であるほど、太古から世代交代を重ねて継続されてきた命が、着実に未来へと継続される。
 よって、太古から世代交代を重ねて継続されてきたであろう進化も、着実に未来へと継続される。
 ということは、愛が進化を継続させていることになり、愛によって進化もし続けたのだ。

 進化して、生命生理が高度に複雑に組織化した生物ほど、成熟するまでに時間を要する。
 よって、産まれてからも養育や保護が必須になり、まさに愛が必須になる。
 養育や保護が必須になったことを考えると、愛の進化も必須だったことになる。
 進化は、愛の進化でもあったのだ。
 いずれにしても、愛と進化は切り離せないものだったのだ。


 もちろん、最も進化しているのは人のはずだが……。

 野生動物や猫などは、実践している。なのに、自分は知りもしなかった。
 自分がやっていたことは、色恋沙汰どころか、まさに大人振っただけの騙し合いでしかなかったことが、これで決定的になった。
 相手を替えるたびに、だらしなくなっていったのに、自分の考えや振る舞いには疑問すら抱かなかった。
 むしろ、自分がやっていたことは、幼児が大人用の道具や材料を使って飯事遊びをしているようなものだったのだ。

 人だけが、わざわざお金を支払ったまで他人に預ける。託児所、保育所、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学、などなど。
 でも、人は、進化上では関係ないことや、生存上でも重要ではないことを、尤もらしく見せかけもするし、本当らしく裏付け工作もするし、優れたことであるかのように祭り上げさえする。
 そもそも、収入、名誉、地位、権利、権力、財産なども、私利私欲を象徴するようなものでしかなく、非平和的なものだ。
 それらは、人為的に差別基準を工作することでさえある。
 平和に貢献できる立場にある政治家なのに、裏ではろくでもなことをしていたことが、暴かれたりする。
 犯罪や戦争などを問題視させられがちだが、尤もらしく上辺を繕っているに過ぎない文化こそが、実際には詐欺の類で差別的な人工的物だとさえ考えられ、その温床だったのではないかとさえ考えられる。
 その先にあるのは支配や独裁だ。
 進化を考慮しない。生きていることがどういうことなのかも考慮しない。それどころか、国民に見知らぬ同士での殺し合いをやらせる。
 歴史上に、わざわざ汚名を刻むようなことでしかないんだということを理解できない人が指導者になったりする。
 それらは、幸福や愛とは、非なものだったのだ。

 進化上や生存上の普遍的なことや理解力を超越していることなどは、直に経験し続けることだ。
 が、それ以外のことに気を取られると、直に経験し続けていることでも実感もし難くなる。
 直に経験し続けていることである進化上や生存上の普遍的なことや理解力を超越していることなどを実感できなくなると、相応の幸福感も乏しくなり、よって愛情も乏しくなる。

 しかも、進化上のことや生存上のことは普遍的で生物に共通だが、それ以外の非共通なことや人工的なことになるほど、理解し合うことも難しくなる。
 友達は限られ、更に親友は限られ、理解や信頼が重要な恋人は更に限られ、進化上や生存上のことが重要になる子供を産み育てるパートナーは更に限られる。
 人の場合は、最も進化しているはずなのに、家族や親子でさえ理解し合えなかったりする。
 それどころか、人の家庭内では、悲惨な事態にさえなったりする。

 つまり、進化や生存に基づく幸福感や愛情に関しては、猫や野生動物の方が優っている……、少なくとも彼らの方が徹底している……。
 もともと、通貨を用いず、言葉も用いない、そんな野生動物が実践しているんだから。
 命を守り未熟な子供を守ることが愛なら、愛は、お金で売り買いするものではないし、お金で売り買いできるものでもないんだから。

 むしろ、一見、個人なのだが……。
 実際には、生殖機構も備わっていて、太古から世代交代を重ねて継続されてきた種族と進化を未来に継続させることができる。
 その壮大なことの一世代を、誰でも担えるようにできていることになる。

 自分が無知だったから、尤もらしく見せかけ本当らしく工作し優れたことであるかのように祭り上げていること見抜けなかった。
 だからこそ、その上辺だけに目を奪われ心まで奪われたわけだから、自分が愚かだったわけだが……。
 命を守り未熟な子供を守ることが愛だとも知らず、上辺だけ大人振ったわけだから、精神的には大人になっていなかったことになるわけだが、そうであることをすら知らなかった……。

 もちろん、進化に関することや生存に関することを考慮しないほど、産まれる機会に恵まれて生きていられることの幸福感が乏しく、よって命を尊び護る愛情も乏しくなる。
 躾や教育、名誉、地位、財産、権力などは、進化上では障害にしかならないのかもしれない。

 そんなものに、目を奪われ心まで奪われていたのかと思うとゾッとする。

 あっ、そうだった自分の考えを過信するのは厳禁だ。
 自分こそ、勘違いし思い込んでいるだけかもしれないんだから。
 しかも、今の自分にとっては、そっちは邪道でもある。
 数年前に、自分の思いや考えの無理や矛盾に気づくことができ、それを解明できた自分は、まさに恵まれていた。それを、台無しにしかねないことは慎んだ方がいい。
 チビは猫なのに、いろんなことに気づせてくれ、考えさせられ、学ばされることが多い、そんな程度の自分なんだから。

 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
老化と眼精疲労により、
相互応援アクセスは断念します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
78位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR