FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ◆自分の心を理解する:猫が気付かせ考えさせてくれた

猫だって学習する 7.そんなことまでできるの


 沢山の応援アクセスに、感謝を申し上げます。

 直に経験し続けている本来の自分に関することを、具体的に理解するほど、相応の識別や自覚や判断が可能になり、相応の自制も可能になり、精神面が充実してゆくだけに、それを優先しがちだ。
 つまり、上辺や外見は気にしなくなるだけに、貧乏暮らしも気にならなくなる一方だ。
 が、貧乏暮らしゆえに台風は脅威でもある。
 でも、前回も今回も無事に通過してくれた。
 しかも、長く続いた悪天候を、一掃してくれた感じがする。
 里山の紅葉の撮影、今年はいけるかもしれない。



 クロが近くの他所の小屋あたりで産んだであろう子猫たちを、チビが連れてきては面倒をみる。
 それを、クロが連れて帰る。
 それを繰り返していた。

 が、みんな、家にいるようになった。

 クロが産んだ子猫たちも、ご飯を食べるようになった。
 クロが産んだ子猫の、雄には「ボンタ」と名付け、雌には「オチャ」と名付けた。

 やがて、クロは姿を見せなくなった。
 チビに、子猫の子育てを託したのだろうか……。


 初夏。
 自分が学習中だった盆栽の棚が、子猫たちにとっては格好の遊び場になった。

 盆栽棚の上には、高価なものは無かった。
 自分は、まだ植物の生命生理に疎く、適切な維持管理できないだけに、相応のことを学習すべく実験的なことをしている鉢ばかりだった。
 が、植物の生命生理を知り維持管理を学習する必要がある自分にとっては、そういう理由で重要なものだった。

 子猫たちにも、もちろん悪意など無い。
 むしろ、産まれる機会に恵まれ、生命生理が自律して機能していることによって生きていられることを体験していたことになる。
 各感覚器官や意識や記憶力などで構成されている精神機構(知能)も備わっていて、誕生当初はできなかったことも、やがて随意にできるようになり、上達もできる。
 そんなことを、子猫たちは謳歌していた。
 だからこそ、走り回り、跳びはね、盆栽の棚をジャングルジム代わりにしたのだ。


 ところが、行動範囲が広がり、隣の家の野菜畑まで行って遊ぶようになった。
 これは、困る。
 というわけで、「ボンタ」と「オチャ」は、自分たちが毎日行くリンゴ園に連れて行き、そこの作業小屋で暮らしてもらうことにした。

 家から、山間いを沢沿いに進み、やがて尾根を迂回し、リンゴ園に到着するまでの道程は三キロ以上ある。
(当ブログの夏場の背景画内の尾根を、左側から迂回し、尾根の右側の向こう側に当リンゴ園が在る)
 自分たちは、夏場は雨の日でもほぼ毎日、弁当持参で通う。
 ボンタとオチャ用の猫マンマも用意して行き、朝と夕にあげる。

 日中、ボンタとオチャは、リンゴの樹の太い幹を乗り、その枝を渡って、リンゴの手入れをしている人の傍まで来る。そして、人がやっていることを真似るかのように、小さいリンゴを触って遊ぶ。
 いなくなったと思い、探すと、近くで鼠取りに集中している。
 土の中で動いているであろう鼠が、まるで見えているかのように視線が動く。
 目には見えない音を捉える耳で、音の位置をかなり正確に捉えることもできるようだ。
 やがて、チューチューチューと鼠の悲鳴が聞こえてくる。

 リンゴ園の作業小屋には、父と二人で増設した三畳間もある。古い畳を敷いたその小部屋で、弁当を食べる。
 そこにもやって来るボンタとオチャには、昼食は無い。が、子猫が食べるには十分な御裾分けを貰える。

 昼食後は、そこで昼寝をする。
 自分は、盆栽の水管理の学習上、昼休みには帰宅するが……。
 昼寝をはじめると、オチャとボンタが母のエプロンの紐を解き、日増しに上達し、昼食中でもやるようになったと言う。


 晩秋。
 リンゴの収穫が終わると、後片付け、来年の準備と、仕事は終わりが無いのだが……。
 やがて、雪が降る。そして、人は行かなくなる。冬には、積雪一・五メートルにもなる。
 というわけで、ボンタとオチャは、リンゴの収穫が終わる頃に家に連れて帰った。
 ところが、家で育った雄猫のタモと、リンゴ園で育った雄猫のボンタは、仲良くしない。
 春には、一緒にご飯を食べて遊んだ従兄弟同士なのに、忘れてしまったのだろうか。
 結局、ボンタとオチャは、車庫で暮らしてもらうことにした。


 翌春。
 雪は消え、枯草の中から草が芽を出し始める頃、リンゴ園で仕事をしていた。父が選定した枝を片付けていた。
 そこに、家にいるはずのボンタが現れた。
 え……、どういうことだ……。
「ボン。どうやって来たんだ。おいで、こっちにおいで」

 リンゴ園までの道程は、三・三キロほどある。
 その道路は、ボンタは二度通っただけだ。
 昨年、家から連れてきたときと、晩秋に連れて戻った時だけだ。
 しかも、リンゴ箱に入れられて、蓋までされた状態でだった。

 というより、人が通る道路を歩いて来て、沢を登って尾根を迂回した場合は、ボンタは、実際に来た方とはほぼ逆の方から来るはずだ。
 ボンタが現れた方向から察すると、尾根を越えて下りてきたと思われ、直線距離を辿って来たと考えられる。
(当ブログの夏場の背景画の更に右側には、かつて植林されて、すっかり育った杉林が広がっている)
 家からは直線距離でも、二キロ前後はある。

 どっちを通ったとしても、川を超える橋を渡る必要があり、できたばかりの高速道路の下を抜けるか上を越えなければならない。
 直線距離を辿ったとすると、見通しのきかない森林を百メートル以上も登って尾根を越える必要がある。
 こんなに小さい身体で、しかも満一歳になったばかりなのに……。
「すごいな、ボン。ボンは、すごい」


 やっぱり、どうやって来たんだろう……。

 人を見分け、見知らぬ人には警戒するわけだから、誰かが車に乗せて来ることは考えられない。
 誰かに道を尋ねながら来ることも、考えられない。
 つまり、ボンは、自分で歩いて探しながら、到達したのか……。
 人は野良と言うが、猫は大自然の中で自立でき、野性面もある。人には無い、特別な方向感覚でもあるのだろうか……。
 が、此処まで来るルートは、探す必要がある……。

 自分が、建設機械のオペレータをやっていた頃は、ほとんどの現場は二日か三日で終わる。その度、新たな現場の位置と道順を教えてもらい、それを頼りに、自分は行ったことが無い現場に向かった。
 今でも、知らない目的地を目指す必要がある場合は、その所在地や道順や交通手段などを尋ねもするし調べもするし、現地でも確認したり尋ねたりしながら行き、到達する。
 実際に行くと、その際に初めて見る目印になる物などは新鮮でもあり印象強くもあり、記憶にも残る。
 到達後でも、帰宅後でも、その記憶だけを参考にして再確認することも可能になる。
 次回は、前回行った際の記憶を頼りに行けるようになり、しかも更に詳しいことが記憶に残る。
 よって、繰り返し行くほど詳しくなり、距離的最短ルートを探すことや時間的最短ルートを探すことも可能になる。
 詳しく憶えるほど、実際に行かなくても、記憶にあることを基に説明できるようにもなる。

 ボンタは、少し先まで行ってみては戻り、更に先まで行って確かめては戻り、それを繰り返して、ついに到達したのだろうか……。
 いずれにしても、こんなに小さい身体で、しかも満一歳になったばかりなのに、ボンタの行動力は凄い。


 ボンタの、行動力が凄さよりも、これだけの行動をした理由はなんなんだ……。

 家から此処までは、直線距離でも二キロ前後あり、川を超え、できたばかりの高速道路を超え、森林を抜けないと尾根を超えられない。
 それらを、ボンタはクリアした。
 どんな理由があれば、これだけの行動をボンタはするんだ……。

 ボンタが此処を目指して来たことだけは、間違いない。
 里からは見えない此処を、目指して来たたわけだから、記憶無しにはできない。
 つまり、記憶に残っている此処を、実際に目指して行動して、到達したことになる。
 此処は、ボンタが育ち盛りだった昨年の夏に暮らした場所だ。相応のことが記憶にも沢山あるはずだ。
 育ち盛りに暮らした此処が、大好きだったということか。
 そんなことが記憶に残っているので、此処を目指して、ルートを探して、自力で到達した、ということなのか……。

 そういうば、タモとは小さい頃に一緒に暮らした従兄弟同士なのに、夏の間は離れ離れだったこともあってか、冬を前に再会したら、仲良くはできなかった。
 雄同士だからでもあるのか、ジャレ合うと言うよりは、喧嘩になってしまう。
 リンゴ園で育ったからなのか、ボンタは大らかだ。
 が、家で育ったタモは、すでに縄張り意識があるかのように威張りたがる。
 そんな環境を、ボンタは嫌ったのか……。
 大自然の中で育ったボンタは、狭い縄張りを守るために争うようなことを嫌ったのか……。


 そういうことを、言葉を介して話し合うことは、ボンタとはできないのが残念だ。


「ボン。おいで」
 呼んだが、ボンタの気配すら無い。
 探したが、リンゴ園からは、いつのまにかボンタの姿は消えていた。

 昨年、此処に来た頃は、大地がすっかり緑だった。
 が、今は、まだ枯草ばかりだ。
 この光景は、ボンタは見たことが無い。
 だから、違う場所に来たような気がして、帰ったのか……。


 昼。
 帰宅した。
 すると、ボンタはすでに帰宅していた。
「えーー。走って帰ってきたのか、ボン。ボンは、すごーい」


 数日後、また、ボンタがリンゴ園に現れたと母が言う。
 もちろん、自分で家に帰った。
 自分たちが確認できただけでも、ボンタは、家から直線距離で二キロ前後あるリンゴ園を二回は往復している。


 猫と接するようになったことによって、猫に関する、自分の勝手な想像上の勘違いや思い込みや固定概念や先入観などがあったことも次々に明らかになっていった。
 それらは、実際に接した猫たちによって覆されていった。


 かつて、自分は、自分のことを勘違いし思い込んでいた。
 そうだったことに気づいたが、新たな勘違いをしはじめて困窮した。
 その困窮ゆえに、その理由でもあった自分の思いや考えの無理や矛盾を解明できた。
 つまり、事実を確認せず、根拠や理由を重視しない想像を頼るほど、勘違いも多くなる。
 そんな勘違いなのに、一向に覆されないと、その勘違いに疑問すら抱かなくなる。よって、勘違いが、根拠も理由も無いまま思い込みや固定概念と化す。
 つまり、そうであることをも理解しそびれ、根拠も理由も無い思い込みや固定概念を基にしたり前提にしたりして、物事を考えたり判断したりするようになる。
 疑問を抱かなくなり、勘違いや思い込みに過ぎないことをさえ認め難くなり、むしろ強情を張ってまで否認し、尤もらしく見せかけ、本当らしく工作する傾向さえある。

 それとは逆に、つまり安易な想像は慎み、むしろ事実確認を心がけ、根拠や理由を重視しはじめたことで、想像の欠陥も解り、勘違いや思い込む理由なども解明できた。
 しかも、繰り返し確認するほど、詳しくもなれる。
 よって、根拠も理由も無いがゆえの勘違いや思い込みや固定概念は、根拠も理由も無いことに気づければ自分で覆せるようになった。
 それから、ほんの数年後のことだった。


 でも、猫よりは、人の方が増しなのだ。
 という概念は、まだ覆せなかった。
 自分の思いや考えの無理や矛盾を解明し、固定概念も覆すことができたことによって、生後に経験した内容や学習した内容が的外れだったり問題があるんだということは分かってはいた。
 が、自分も直に経験し続けていることである、本来はどうなのかは、まだ具体的には捉えることができていなかったからだった。
 自律している面などは普遍的で植物にも共通するが、生後に知ったことは限られ偏りもし勘違いや思い込みまであるんだということを、まだ具体的には理解できていなかったことになる。

 ほんの数年前に、困窮の理由を解明し、困窮からは脱し、そのことに関しては相応に詳しくもなっただけに、二度と陥ることは無いことまで理解できた。
 それゆえの、安堵感もあった。
 つまり、切実さは薄れていた。

 でも、「生きていることはどういうことなのか」「自分は本来はどういう存在なのか」を頻繁に意識するようになり、それが自分が理解すべきことの根幹として定着しはじめた頃だった。
 が、直に経験し続けていることとはいえ、まだ具体的なことはほとんど理解できていなかった。


 猫は、誰かに指図されなくても、つまり自分で考え判断して大自然の中で自立して生存できる。
 自分は、誰かに指図されたことをして、つまり服従し、相応の報酬を給料としてもらい、それを以て生きていた。
 勤務中とはいえ、相応の時間は雇う側に拘束される。つまり、自分の自由を売って生きていたようなものだった。
 相手の思惑に適うことを、自分が習得し思考し労働していた。つまり、服従どころではなかった。
 何よりも、直に経験し続けているはずの肝心な自分のことは、理解することをすら疎かにしていた。つまり、人生上の根拠や理由にふさわしいことを、ほとんど未理解だった。
 だから、たから与えられたイメージを基に考え、つまり翻弄されていたようなものだった。
 こんなことも、もともと歴然としていた。つまり、自分が理解できていないだけだった。
 そんなことを、ようやく把握しはじめた頃だった。

 猫は、太古から世代交代を重ね、祖先や先祖によって継続されてきた種族と進化を、着実に未来に継続している。
 自分は、その点でも、とっくに失格していた。
 直に経験し続けている自分のことは、相応のことが記憶にも溜まってゆくだけに、考えて整理するだけで理解できる。ということをすら、自分は未理解だった。
 つまり、生存上、植物にでも共通する普遍的なことであり、思考や判断の基準になることを、自分は理解しそびれていた。
 しかも、尤もらしく見せかけているに過ぎないと思いつつ、本当らしく工作しているに過ぎないことに疑問を感じながらも、優れたことであるかのように祭り上げているに過ぎないことは見抜けなくなり、そんなものに自ら雷同し加担し助長していたからにほかならなかった。


 ボンタの行動力に刺激され、当時、猫の後ろを着いて歩いてみたいと思うようになった。
 ところが、ボンタの後ろを着いて行くと、それをボンタが気にし、座り、歩かなくなる。
 幾度か試みた。が、いずれも同じ結果だった。
 結局、自分の方が諦めてしまった。


 その後に知るわけだが、猫たちは、言葉で騙したり強いたりすることが無いだけに、相応のことは学習しない。
 つまり、猫たちは、言葉による意思疎通ができないだけに、教育もない。よって、個々が独自の経験に基づいたことを独自に識別し思考し学習して生きていることになる。
 猫の世界には、通貨も無い。それゆえに、自分の自由を売り買いすることもないし、労働を売り買いすることもないし、相応の拘束もないし、相応の通勤をすることも無い。
 つまり、人以外の生き物こそ、本来の生き方をしている。
 むしろ、人以外は、本来の生き方しかできないことになる。

 言い換えると、本来はどうなのかは、誰もが直に経験し続けていることである。
 人の場合は、理解力もあり、共通することなら理解し合うことも容易だ。
 が、そんなことも、当時の自分はまだ理解できていなかった。

 進化や生命生理が自律して機能していることの絶妙さなどの、誰もが直に経験し続けることになる生きていること自体こそが優れていることや、それらは普遍的で共通で考えは判断の基準になりえることなどを、疎かにする。
 むしろ、それら以外のことを、尤もらしく見せかけ、本当であるかのように工作し、負けたくない、勝ちたいと、優れたことであるかのように祭り上げる。
 しかも、私利私欲のためだからこそ、種を絶滅させ、環境破壊までし、より殺傷力の高い核兵器の開発まで行う。

 そんなことをしなくても、誰もが死を余儀なくされるのに。
 進化や生命生理が自律して機能していることこそが、絶妙にできているどころか普遍的である。
 そうであることを、備わっている知能を以て理解し合い尊重し合うこととは、全く逆のことをしている。


 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
老化と眼精疲労により、
相互応援アクセスは断念します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
78位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR