FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

人生観 2017


 沢山の応援アクセスに、感謝を申し上げます。
 沢山の応援アクセスをいただいたことにより、かつてなかったほど早く過ぎ去った2017年でした。

 皆様には絶対的に尊い2018年になりますよう、ご祈念申し上げます。

 生存上の基本的なことや基礎ほど、多くの生物に共通です。
 2018年も、よろしくお願い申し上げます。


 
 
 
 かつては、人生観などは考えたことも無かった。
 ところが、自分のことを勘違いし思い込んでいたことに気づいた。よって、肝心な自分のことをほとんど知らなかったことにも気づいた。
 自分のことを知らないということが、どういうことなのかを、三年も思い知らされ困窮していった。


 困窮したがゆえに、実行できないことでも考えるし言い訳も嘘も考える自分の考えには無理も矛盾もあることに気づき、生理面は自律して機能していて異常が無いことに気づいた。
 次に、各感覚器官や意識にも異常は無いことに気づき、識別力や思考力や判断力も平常どおりであることに気づいたことで、困窮の理由は自分の考えの無理や矛盾であることが顕著になった。
 現に、精神面の困窮だった。

 ついに、自分の想像や勘違いや思い込みや固定概念などの特徴や欠点を解明でき、考えの無理や矛盾が解決されていった。

 つまり、自分の想像や勘違いや思い込みに関することをすら知らなかったからこそ、想像や勘違いや思い込みゆえに生じる無理や矛盾を解明できず解決できず、むしろ困窮したことが分かった。
 解明でき、解決できたとはいえ、自分の勘違いや思い込みに関することを知らなかったからだっただけに、二度と陥るまいと再確認や整理を繰り返すほどに具体的に理解でき、同じことには二度と陥ることは無い、仮に陥ったとしても解決は容易だ、と確信した。

 ほとんど未理解だった自分のことを、やっと理解し始め、人生上の自分という捉え方も始まった。
 自分が望んだわけでもなく、むしろ否応なく、自分の意識改革や人生の軌道修正が行われた。


 その後(三十歳以降)に、猫と関わり、猫に気づかされ、猫に考えさせられ、自分の人生観というものも生成されていったわけだが……。

 いつのまにか、老化も死も考慮する人生観になった。
 
 
 進化
 生命生理
 運動機構と精神機構(学習能力) 学習内容 行為行動 人為的結果
 生殖機構(世代交代)
 老化・死亡

 この色で表示したことに関しては、太古からの進化上で形成されたと考えられ、現代人には変えようが無ことで、その点は生物に共通だ。
 個人毎に育つ環境が異なり、よって経験内容が異なり、学習する性質上では学習内容は個人的にも変化する。
 その性質上、誰もが直に経験し続ける絶対的なことであっても理解するとは限らず、自分が記憶を参考に識別したり思考したり予想したりしていることに関しても理解するとは限らない。
 よって、誰にとっても絶対的で共通することをさえ、理解し合えなかったりし、学習内容は個人毎に異なる。

 学習内容相応する行為行動になるわけだが、誰にとっても絶対的で共通することを理解し合えないと、私利私欲を追求しがちになる。
 誰にとっても絶対的で共通することを理解し合えないから、家庭内でも悲惨なことが起き、破壊エネルギーを頼り、戦争も無くならない。

 人為的な結果である文明文化は、迷走もするし暴走もする。
 でも、進化に関することは、変えようがないし変わらない。



進化



 進化して形成されたであろう生物や生命生理は、現代人が産まれる以前に形成されたことになる。
 本質的には、親の形態を継承して生まれる。植物や野生動物や犬や猫などにも共通である。
 生命生理が複雑に組織化されている生物は、単細胞が、受精し、分化し、誕生し、成長し、成熟して成体になる。つまり、突然、成体で発生することは無い。
 有性生殖では、両親の遺伝情報を継承して誕生する。よって、継承する遺伝情報は、世代交代を重ねるたびに二倍になる。天文学的な数の祖先や先祖があったから、個人が生存していることになる。
 学習能力も運動能力も、発揮することによって強化され、使わないと衰退する。
 世代交代をし、種族が存続された場合は進化も継続される。
 計り知れないほどの世代交代を重ね続けて進化して、現在の形態になったと考えられる。
 いずれも、尊い。

 これらの本質的なことは、人工的なものではなく、生物に共通する。
 むしろ、現代人が誕生する以前に存在したことであり、その結果として現在が存在するわけだから、生存の背景にあることや生存上の本質的なことは、現代人にとっては絶対的な存在である。


生命生理



 生命生理(生きるための機構)は、誕生後も自律して機能している。
 だからこそ、植物も生きていられるし、成長し、開花し、結実し、世代交代も行い、種族と進化が継続される。

 経験できることでも、不適切な飲食をした際の嘔吐や下痢や解毒や、怪我をした際の止血や治癒力など、簡単には死なない機構も備わっていて自律して機能する。

 自律して機能しているということは、絶妙な秩序に基づいて機能していることになる。
 もちろん、人知を超越しているわけであり、尊い。

 むしろ、現代人が産まれる以前に形成された点でも、現代人が生後に知ることは容易ではない。
 理解することさえ困難だからこそ、老化や死を余儀なくされるわけだが、生後に習得したことを以ては健康管理もままならなかったり生活自体もままならなかったり、犯罪で生きのびたりさえする。
 つまり、生命生理は、本人が知る以前から存在し、生後に学習し理解するなどの習得をして随意にできるようになったことに対しては、絶対的な存在である。


運動機構と精神機構(学習能力)



 骨や筋肉などで構成されている運動機構と各感覚器官や意識や感情や記憶力などで構成されている精神機構(学習能力)が備わっている。
 犬や猫などにも、運動機構も精神機構(知能)も備わっている。
 よって、自身のことは直に経験し続け、相応のことを憶え、識別し思考し予想もできるようになり、相応の振る舞いも可能になり、相応の結果にすることもできるようになる。
 それだけ、高度な生存の維持管理が可能になる。相応の精神機構や運動機構も備わってることになり、尊い。

 つまり、運動機構も精神機構(学習能力)も、本人が知る以前から備わっていることによって、学習し理解するなどして相応のことは随意にできるようになるわけだから、生後に習得することに対しては、精神機構(学習能力)も絶対的な存在である。


学習内容



 自身に精神機構も運動機構も学習能力も備わっているだけに、そうであることを自ずから経験し、独自に学習するようにできている。
 だからこそ、猫も学習し、人も赤ん坊の頃から学習しはじめる。
 むしろ、学習するためには、記憶を参考にした識別や思考や予想などの内面で行う情報処理が必須だが、それは独自に学習するしかないだけではなく、他は教えようがない。

 言葉を知らないうちは、会話はできない。
 物事と、それを指示する言葉を憶えることによって、その言葉で指示された相応の物事を意識できるようになる。
 自分で物事を指示する言葉を発声できるようになると、言葉で物事を指示できるようになり、その指示した物事を相手に意識してもらえるようになる。
 だから、既に存在している物事を特定して指示する言葉を、さかんに憶えようとする。

 目には見えない文法も憶えて、文章化して説明できるようになる。
 目には見えない過去のことでも、記憶に残っていることを参考にして話し合えるようになる。

 不明な部分があったり、無理や矛盾などがある場合は、理解できないので、尋ねたり確認したりし、根拠や理由が十分で理に適っていると理解でき納得もできるようになる。

 目には見えない約束やルールや理由や法則なども理解できるようになり、理解したことに基づいたことも随意に行えるようになる。

 観察し確かめ試すなどするほど、曖昧だったことや勘違いなどは修正され、確かに詳しいことを憶える。
 記憶を参考に識別や思考や判断を行うだけに、詳しく憶えたことほど具体的な理由を基に認否や可否や是非などの的確な判断も可能になる。つまり、痛い思いをしたり損をしたり自分が困ることになるようなことは避けることができるようになり、より的確に好結果にすることが可能になる。
 だからこそ、もっと知ろうともするし、曖昧な部分をさえも尋ね確かめもするし、教習所や学校に行ったりもする。

 嘘や言い訳、意図的にやったのか過失か、そんなことも重視するようになる。

 つまり、躾や教育の内容には無くても、基本的なことは独自に学習し上達もし、動作や会話などの基本的なことは誰でも熟練することは歴然としていて、試験をやるまでもない。

 自分のことは、直に経験し続け、経験相応のことは記憶にも残り、相応の識別や思考や予想などもできるようになるからこそ、疑問や不信感を抱いたりもするだけに、それらに関しては具体的に理解できる条件が整ってゆく。
 むしろ、識別力思考力や理解力などは、日常的に使われるだけに、日常的に磨かれると言っても過言ではないだけに、それらに関しては何よりも詳しくなれる条件が整ってゆくことになる。

 精神機構(知能)も備わって生まれることによって、経験でき学習できて理解できるようになるだけに、その学習し理解した内容に対しては、自分が望む以前に備わっている知能や生命生理や進化は全体的な存在であることも、自覚し考え整理するだけで理解でき、尊さも具体的に理解でき尊べるようにもなる。
 絶妙な秩序に基づいて自律して機能している尊さも、誰でも直に経験し続けることでもあり、具体的に理解するほど尊べるようになる。

 むしろ、直に経験し続け相応のことが記憶にも残っている自分のこと以外のことに関しては、経験できるとは限らず、学習できるとも限らず、理解できるとも限らない。
 具体的なことを知らないことほど、想像するしかなかったり、事実確認をできないがゆえに勘違いしたり、勘違いが覆されないがゆえに思い込んだり、思い込みが固定概念化するなど、精神面には欠点もある。
 それらの、経験や学習や理解の性質上の弱点や欠点などに関しても、具体的に理解するほど、識別や自覚が容易になり、よって確認を重視するなど、自己管理が可能になる。

 ただし、躾や教育の内容が、本人が独自に学習し理解できるようになった基本的なこと以外のことばかりだと、本人が何よりも詳しく理解できる準備が整ってゆく自分のことであっても理解しそびれる。


行為行動



 自分の経験を基に理解しても、生存上の基礎や基本は絶対的な存在であり犬や猫や植物にまで共通することもあるだけに、それらに関しては理解し合うことも可能になる。
 よって、自律していて絶妙にできている面を尊び合うことも可能になる。

 もちろん、より確かで、より信頼でき、より尊べる、そんなものを得ようとする。
 よって、遊ぶだけの友達でも限られ、いろんなことを話せる親友は更に限られる。


人為的結果



 基本的に、知らなかったことを憶え、できなかったことも随意にできるようになり、詳しくもなり、上達もし、動作や会話などの基本的なことは熟練する。
 親や学校で教えてくれなくても、基本的なことは独自に学習するし上達もするだけに、むしろ、躾や教育に、疑問を抱きもするし抗議さえするし拒否もする。

 それらのことが可能になる学習の基本的な法則や、その基礎である知能の構成要素やなどを、具体的に理解するほど、それらの生存上の基礎や基本的なことは共通であるだけに、その知識を基に、子供が自ずから経験し独自に学習することを保護することも可能になる。
 もちろん、余計なことはせずに済むし、余計なことを防ぐことも可能になる。


生殖機構(世代交代)



 言葉を話さない猫だが、お互いに相手の気持ちを察し合っているからこそ、仲良くできる相手か否かを見分けている。
 子供を命懸けで守るほど愛情が豊かでもある。
 野生動物や植物でさえ、太古から計り知れないほどの世代交代を重ねて継続されてきた進化と種族を、着実に未来に継続させている。
 壮大なスケールである進化の過程の、一世代に託されている天命を全うする。


老化・死亡



 個人的なことや、一生として捉えていたが……。
 壮大なスケールの進化を尊ぶ一世代でありたいものである。



けれども



 すでにそうできていることや、直に経験し続けていたことを、自分が具体的に理解し始めたのは三十歳を過ぎてからだった。
 しかも、人間関係を断ち、自室にこもったことで、内向できるようになり、いわば自分と向き合えるようになったことによって、もともと考えただけで分かることを理解し始めた。
 もちろん、学歴も要らず資格も要らず資金も要らず、苦行や荒行や礼儀や作法も要らず、ただ考えるだけで分かることばかりだった。それまでは、考えたことが無かったから、知らなかったのだった。
 しかも、それ以外のことに目を奪われ心まで奪われていたからこそ、考えもしなかった。
 つまり、何よりも詳しくなれる条件が整ってゆくことであっても、理解するとは限らない。

 経験し学習し理解する性質上でも、通常は、自身が形成された当時のことは知らないし、自身を解剖するわけにはいかないので知り得ること自体に限度がある。
 むしろ、生命生理が自律して機能しているからこそ、そんな自分のことを理解することは疎かになったりさえする。
 自分で識別し思考し予想などまでして判断をするだけに、過信もしがちで、精神面の弱点や欠点を理解しそびれ、その弱点や欠点に陥ったりさえする。
 よって、せっかく備わっている知能上に、習得したことを以ては、日常生活がままならなかったり、健康管理がままならなかったりする。

 つまり、進化上形成されたであろう生命生理や知能などは絶妙にできていることは、誰でも直に経験し続けていることになる。
 が、そうであることを理解するとは限らない。つまり、生後に習得したことは、限られもし、偏りもし、錯覚や勘違いや思い込みなどまである。
 生後に習得したことを以ては、治療にも限界があるからこそ、名医といえども死ぬ。
 経験や学習や理解の性質上、その内容は、個人的にも変化する。
 しかも、通常、自身が形成された経緯は憶えていないし、自身を解剖するわけにもいかないので知り得ることは限られ、直に経験し続けている自分のことをさえ理解するとは限らない。
 よって、経験し学習し理解する内容は、個人毎に千差万別になる。


 知らないことだからこそ想像し、事実確認をしないほど勘違いしやすく、勘違いが修正されず覆されないと思い込みもするだけに、思考や判断には無理や矛盾も生じる。
 そんな精神面の欠点とも言うべきことに関しても、学習や理解の性質上、具体的なことを理解するとは限らない。
 自分の思考や判断に関することだけに、まさに考えるだけで分かることなのだが、そうであることすらも知っているとは限らない。
 自分の思考や判断に関することを未理解だと、思考や判断の無理や矛盾の解明や解決は不可能に近い。
 むしろ、思考や判断の無理や矛盾だけに、想像や錯覚や勘違いや思い込みなどの特徴や欠点を解明できただけで解決したりする。
 そんなことも、自分が理解できたのは三十歳を過ぎてからだった。

 自分のことを勘違いし思い込んでいたことに気づき、肝心な自分のことをほとんど未理解だったことに気づき、新たな勘違いをしたものの、それゆえに、想像や勘違いや思い込みなどを解明でき、自分を理解し始めることができた。
 この時点で気づき解明できた自分は、恵まれていた。

 言葉は話さないが、明らかに気持ちを察し合っている猫に、気づかされ考えさせらえ教えられ救われた。


 人は、言葉を話すがゆえに、口先だけで言い訳を言ったり嘘を言ったりもする。
 それは、相手は見抜けないだろうと侮り、相手の錯覚や勘違いや思い込みなどの精神的な欠点を悪用しているようなものでもある。
 お互い様だと相殺し、仕返しに言い訳をし嘘を言うと、その世界に迷い込みもする。

 露骨にはやらず、尤もらしう見せかけもするし、本当らしく工作もし、優れたことであるかのように祭り上げもする。
 仕返しどころか、私利私欲を貪るためだとなると、言い訳や嘘とは比較にならないほど質が悪い。
 宗教といえども、尤もらしう見せかけ、本当らしく工作し、優れたことであるかのように祭り上げるのは、私利私欲のためだからだ。

 そんなことも、見抜けない場合は、むしろ目を奪われ、心まで奪われもし、お金を使ってまでも、尤もらしう見せかけもするし、本当らしく工作もするし、優れたことであるかのように祭り上げ、そんなことに加担し助長することになる。

 そんなことにでさえも満足したり優越感を感じたり慢心して見下したりさえする。つまり、自ら、勘違いし思い込んでしまいもする。
 しかも、無知だとか愚かだとか卑劣だとかは、認め難い。
 私利私欲のためだからこそ、反省はせず、むしろあの手この手を駆使する。
 それは軽蔑されることだったことを知ると、せっかく事実を知ったのに絶望したりする。

 だからこそ、自殺もし、殺人もし、戦争までし、相手の存在を否定し合う。

 経験や学習や理解の性質上、弱点も欠点もあるだけに、生後に習得した内容しだいでは、知能を誤用するようにもなり悪用さえするようにもなる。


 生きていること自体が絶妙な秩序に基づいて成り立っていることは、誰もが直に経験し続けていて歴然としていることなのにである……。
 植物や動物たちは、太古から継続されてきた進化と種族を、着実に未来に継続させているのにである……。

 やはり、尊いものを見失わず、いかに尊いかをより具体的に理解することに精進したいものである。

 

コメントの投稿

非公開コメント

Re: ありがとうございます。

> ご訪問頂きありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

こちらこそ、よろしくお願いします。

ありがとうございます。

ご訪問頂きありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
老化と眼精疲労により、
相互応援アクセスは断念します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
78位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR