FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ◆自分の心を理解する:事例

自分の心を理解する:事例 左手で文字を


 沢山の応援アクセスに、感謝を申し上げます。


 せっかく気づいたことでも、思い出せなくなったり、忘れてしまったりもする。
 だから、メモをするようになり、文章化するようにもなった。
 文章化して繰り返し整理したことで、それだけ整理も進んだ。
 そんな経験上、文章化して整理することの有効性にも気づき、文章化することを活用するようにもなった。

 つまり、頭の中だけで思考したり整理したり理解したりするのには、限界があるからだったのだ。
 なのに、そうであることは理解しそびれていた。

 錯覚や勘違いや思い込みや先入観や固定概念などの精神面の弱点や欠点は、思い知らされ、解明できたのに……。
 思えば、頭の中で、識別や思考や理解や判断などを行う。
 つまり、記憶に有ることを参考に識別したり思考したり、記憶にあることを整理して理解したり解決したり、予想したりもする。
 そんな性質上、むしろ、頭の中だけで、十分なことができるような気さえしていた。
 これも、勘違いや思い込みでしかない。
 つまり、過信までしていたことになる。

 頭の中で行うことは、目には見えないからでもある。
 それゆえに、絵に描いたり、図にしたり、記号化したり、文章化したりするわけだが、これらは、目に見えるようにすることでもある。
 しかも、記憶よりも、記録の方が確かに残る。
 もちろん、精神面の欠点や弱点を補うことでもある。

 だからこそ、自分も、メモするようになり、文章化するようになり、再整理まで繰り返すようになったのに……。
 否、だからこそ、気づくことができたのか……。





 当時は……。
 自分の識別や思考に関することである想像や勘違いや思い込みや、その参考にしている記憶に関することである固定概念に関することなどを、未理解だったばっかりに、それゆえの無理や矛盾も把握できず、三年も苦悩したあげくに困窮した。
 ところが、精神的に困窮しただけに、思考には無理も矛盾もありえることに気づいた。
 よって、想像や勘違いや思い込みや固定概念の性質や特徴などを解明でき、苦悩は解消し解放された。
 結局、自分の識別や思考に関することを未理解であることがどういうことかを思い知らされ、直に経験し続けているはずの自分のことをいかに未理解だったかを思い知らされた。
 肝心な自分のことをほとんど知らなかったわけであり、いわば知っていたことは余計なことなかりだとさえ思えた。

 それらは、誕生後に、経験し、相応のことを学習した、その類であることも分かった。
 学習ゆえに、憶えたことは限られ、間違いもある。
 よって、識別や思考や判断の健全性を欲した。

 個人的なことで、根拠も理由も無い思い込みや固定概念などは、可能な限り確かめるようになり、覆すようにもなった。
 しかも、誕生当時は知らなかったことを、誕生後に経験し、相応のことを憶え、随意にできるようになったんだ、という概要は確信するようになった。
 すでに三十歳になっていたが、「学習」とはどういうことなのか、その法則的なことや具体的なことに、今更のように関心を抱いた。
 自分が、まだ言葉も話せなかった幼い頃に、知らなかったことを、どうして憶えたのか。できなかったことを、どうして随意にできるようになり、どうして上達したのか。そんなことを未理解だったことが明らかになっただけに、関心は深まった。
 また、学習したことに因って出来るようになったことなのか、否か。その判断の基準になるようなことも知りたかっただけに、学習とは本来はどうなのか、という関心でもあった。


 そして、猫が、戸を開けることができなかったのに、できるようになり、上達もした。
 猫も、知らなかったことを憶えるし、相応の識別もしていることが分かった。


 その後に、長年使い続けた照明用のスイッチを付け替えたことによって、それまでは気にもしなかったことが明らかになった。
 つまり、長年続いた状況が変わったことによって、長年行っていた動作が、実は具体的な事実関係や理由を未理解なまま行っていたことなどが明らかになった。
 普段は気にもしなかったことが、浮上した状態になった。もちろん、その事実関係や理由を理解する格好の機会だった。
 なのに、具体的なことは理解できなかった。

 格好の機会だとは思ったが、それを活かすだけの知識は自分にはまだ無かった。
 しかも、条件反射的に手が動いてしまう不思議さにばかり気を取られ、付け替えた新たなスイッチの位置に慣れてゆくことこそが学習であることに気づかず関心が向かなかった。

 当時は、直に経験し続けている自分自身のことだけに、(体的な根拠や理由が無いまま)十分に知っていると勘違いし思い込み、それが先入観や固定概念にもなり、自分の情報処理能力を過信していた。
 そうであることにも、まだ気づけなかった。
 つまり、自分のことを知らないことが、どういうことかを思い知らされたにもかかわらず、直に経験し続けている自分自身のことだけに(具体的な根拠や理由が無いまま)十分に知っていると勘違いし思い込んでいた。
 それが、むしろ自己理解の障害にさえなっていたことになる。

 相応のことに気づく都度、確かめ、それを繰り返すたびに確かになり詳しくなっていった。これ自体も、知らなかったことを憶えることだった。
 つまり、相応のことが、記憶にも残った。
 そうだったからこそ、再整理も容易になった。
 そういう経験済みのことも、当時は具体的には理解できていなかった。が、経験済みであり、相応のイメージは記憶にも残っていて、関連することを考えるたびに思い浮かんだ。

 状況が変わったことによって、事実関係を未理解だった動作が浮上した。
 これは、その動作をするようになった具体的な事実関係や理由を理解するには格好の機会だ。
 というイメージが記憶に残り、気になっていた。

 また、自分のことであり、経験上のことであり、自分の動作なのに、ほとんど未理解だった。
 それゆえに不思議だと思い、関心も深まっていった。


 状況が変わったことによって、気にもしなかったことや未理解だったことが浮上した。
 当然に、理解し易くなる。
 ならば、意図的に状況を替えて……。
 普段は気にもしなかった未理解なことを、浮上させ……。
 その事実関係や理由などを理解できないものだろうか……。

 とりあえず、いつもは右手で書く文字を、左手で書いてみようか。
 早速、やってみた。
 が、不器用な左手で書くのは嫌になり、ボールペンを右手に持ち替えて書きたくなる。
 つまり、右手で書いた方が少なくともすらすら書ける、ということを憶えているし、思い出しもする。

 このことから、子供の頃に、先に器用に使えるようになった手を優先的に使うようになったであろうと考えられた。
 つまり、片手でも出来ることは、先に少しでも器用に使えるようなった右手を優先的に使う。
 よって、不器用な左手は、ますます使わない。
 結局、右手はますます器用になって利き手となり、その右手の補助的な使い方をするようになった左手は器用にはならなかったのだ。

 弟は、左利きだ。
 でも、弟は、子供の頃に右手を使う練習をさせられたこともあって、右手もかなり器用に使う。

 もともと右利きの自分は、左手を使う練習はしなかった。
 つまり、左手は練習しないから、器用に使えないのだ……。


 その際に使用した紙は、捨てずに傍に置いてあった。

 その紙に書かれた字は、そもそも線が真っ直ぐでない。俗に「みみずが這った」と言われるような線だ。
 左手で字を書いたとき、真っ直ぐな線をなかなか書けなかったことも、記憶に残っていて思い出した。

 横画は、左側から右方向に向って引く。その性質上、右手で書く方が書きやすい。
 左手は慣れていないこともあるが、左手で左から右方向に線を引く場合は、筆記具の角度が突き刺さるような角度になる。
 右手は慣れているからだと思ったが、線を引く際の筆記具の角度の関係でもあった。
 むしろ、日本の文字は右手で書くことを前提に考案された文字だとさえ考えられる。
 となると、今回の目的には、不向きだ。


 結局、左手で文字を書く練習をするのは、諦めた。
 新たなことを、憶え、上達し、熟練する、その過程に学習の法則があるわけだが、そうであることには当時はまだ気づけなかった。
 よって、学習する具体的な理由も、理解しそびれた。


 が……。
 スイッチでも思ったが、先に学習していることが、新たな学習の障害になる場合もある……。
 右手ではスムーズに書けることが分かっているから、つい右手で書きそうになるわけであり、左手で練習する際には障害になる。
 つまり、右手で書けるような線を、左手では書けるようになるには、少なくとも右手で書けるようになった以上の努力と時間を要することになる。


 左手で書いた字を見て、小学校低学年の頃に同じ字を幾度も幾度も書いて練習したことを思い出し、当時と大差のない字だと思った。
 中学生になった頃には、大人の言いなりになることに危険を感じて、ほとんど勉強はしなくなり、字を上手に書こうとも思わなくなったわけだから。
 だから、字を書くときは、いつも思う。自分が書く字は中学生の頃のままなのだと……。
 子供の頃に、いろんなことを学習して随意にできるようになったことは間違いない。


 そもそも、両手とも器用には使えなかったのだ。
 そうだったことは、赤ん坊を見ると分かる。
 自分も、赤ん坊だった頃はああだったことになる。


 結局、望みだった細部の具体的なことは一向に理解できなかったが、意外にも概要の把握の方は着実に進んでいたのだった。

 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
老化と眼精疲労により、
相互応援アクセスは断念します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
78位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR