FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

怒鳴ってもみるもんだね

 
 いい加減過ぎる母を、先日、怒鳴った。
 
 
 その後、母の態度が変わっていた。

 聞き返さなくなった。
 以前は、聞こえなかったかのように聞き返すのが癖になったのだと思っていたが、それを母は止めた。
 たまには、本気で怒鳴ってもみるもんだね。

 話す俺を見るようになり、俺の話に聞き入るようにもなった。
 以前は、母は自分から話しかけたにもかかわらず、俺の返事を待たずに、どうせ駄目だろうと言わんばかりに、こっちを見もせずにボソボソ独り言をつぶやくのも癖になったのだと思っていたが、それも止めるようになった。
 とはいえ、怒鳴らなくても、分かるようになってほしいものだ。

 本来、人は、目には見えない気持ちや考えなども言葉で説明することができ、それを理解することもできるわけだから。
 これを尊びたい。

 見た目を繕うだけだったり目には見えない気持ちや考えなどを隠し偽るようなことは、上達したり熟練するほど、理解し合えなくなるわけだから。


 母は、老化と共に難聴になったことも事実なんだろう。
 が、かなり小さい音にでも反応する。なので、聞こえないわけではないことは分かっていた。
 母が真剣に聞き返した(大事なことなど)場合は、あえて俺は小声で応えるが、それでも聞き取れる。
 つまり、聞き取ろうとした場合は、聞き取れる。

 ところが、日頃のいい加減さゆえの後ろめたいことや自分勝手なことや重要ではないことなどの場合は、俺の返事を待つことすら無く、どうせ駄目だろうと言わんばかりに、こっちを見もせずにボソボソ独り言をつぶやいたり何かをやりはじめたりする。
 よって、俺が話す内容を聞き取ろうとか理解しようとしていないのであって、聞こえないわけではない。
 だから、さまざまな問題にもつながる。


 音自体が聞こえないことと、相手が話す内容を聞き取れない(理解できない)こととは違う。
 声が聞こえてきただけで、その声の主が知人だと分かったりする。
 また、待合室などのざわめきの中でも、ある人が話している内容を聞き取ろう(理解しよう)とすることもできる。そうした場合は、話している内容を聞き取る(理解する)こともできる。
 反面、内容は聞き取ろう(理解しよう)としない他の多くの人が話しは意味不明だし雑音でしかない。
 むしろ、多くの人の話を同時に聞き取ることは困難だ。

 文章を読む場合も、同様だ。
 内容を読み取ろう(理解しよう)した範囲の内容は読み取れる(理解できる)。
 が、そうしない部分の内容は不明だ。
 ただし、速読術などを習得している場合は別だ。

 見ただけで分かることも、見ないだけで分からない。

 考えるだけで分かることも、考えないと分からないわけだから。


 ちなみに、人は、口の動きを見るだけでも、その人が話している内容を読み取れる読唇術とやらを習得している人もいると聞く。

 カラスも、さまざまな鳴き方をする。
 その鳴き方の違いから、個別に意味をがある言葉として捉えようとしている人もいると聞く。

 猫も、さまざまな鳴き方をする。
 人が使うような具体的な言葉ではないが、感情や気持ちを表していたり、感情や気持ちを分かってもらおうとしていたり、感情や気持ちを伝えようとしていると思えることさえある。
 寄りかかったり、尻尾を立てたり、喉をゴロゴロさせたりもする。つまり、具体的な言葉は話せないが、気持ちや考えに基づいた態度や振る舞いをする。
 そういうことを基に、猫たちは感情や気持ちを察し合っているからこそ、仲良くできる相手か、そうではない相手かを識別し、相応の振る舞いもしているのだと考えられる。

 そんな感情や気持ちをも、猫たちのように察したり、読み取れるようになったりたいものだ。

 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
老化と眼精疲労により、
相互応援アクセスは断念します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
90位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR