FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ◆本来は、自分はどういう存在なのだろう。

説得は至難だ……

 
 雪が解け、野山に出向くようになった。
 パソコンからは離れるほど、眼精疲労が緩和されるからでもあったのだが……。
 山菜を採りながら野山で過ごすことが、みょうに自然な感がすじるようになっていた。
 なので、この理由も気にしはじめた。


 テレビでしか見知ることが無い高価な食材や高級料理は、食べたことが無い。
 さぞかし、美味しいのだろう。
 が、食べ尽くせるはずもない。
 そこまで、自分で作れるようになろうとすら思わない。
 食べ物のために行列に並ぶ気には到底なれない。
 五感では捉えることができないことこその重要性を知り、それを理解することの重要性を知ってしまっただけに、衣食住をすら二の次にするようになったわけだから。
 まして、目を奪い心まで奪うことは、むしろ敬遠したい。

 かつて、産地市場に、山で採ったマツタケを出荷している人たちが言っていた。
「マツタケは、俺は食べない。こんなものは、食いたいとも思わない。マツタケは、売る物だ。マツタケを売れば、これ以上に美味しいものをたくさん飲み食いできるんだから」

 消費者の要望に沿うような努力をするようになったことで、農産物は農薬や化学肥料だけではなく遺伝子操作までするようになった。
 でも、自家用野菜は、虫に食われても、ほとんど無農薬だ。

 まして、山菜は、無農薬どころか、本来は無料だ。
 が、野菜として栽培されるほどではないのは、個性が強い・あくが強い・癖が強い、などとも言われる特徴があるからだろう。
 でも、野趣に富んでいると言って好む人もいる。
 私利私欲のために人工的に洗練されたものではなく、名声や名誉や地位などとも無関係に、大自然の中で生きているものの方に、自分も興味がある。

 そんな山菜も、タケノコはほぼ終わった。
 毎日食べていたワラビもほぼ終わり、ミズの塩昆布和えを毎日食べる季節にった。
 山菜は、貧乏暮しにマッチしているのか、飽きることが無い。
 シオデを採れた際には、スパゲッティの具にする。
 家で食べる食事は、礼儀作法だ、マナーだ、エチケットだ、などと気にする必要すら無いことが御馳走のようなものだ。

 ブログで予定したことが、間違いだったかのような日々だ……。


 自分の、無知、想像、勘違い、思い込み、固定概念、それゆえの思いや思考などの無理や矛盾。それら、五感では捉えることができないことの解明や解決が、かつて必須になった。
 そんな人生だっただけに、五感では捉えることができない心の整理を人生のテーマであるかのようにし続けてきた。
 その整理が進み、記憶や思いや思考などの無理や矛盾の解明や解決が相応に進み、勘違いや思い込みによる苦悩からは解脱できた。
 猫と関わったことで、五感では捉えることができない人生というものを考えさせられた。猫は、言葉を使わないが、感情や気持ちなどを察し合っていることも知った。
 五感では捉えることができないが直に経験し続けていることの重要性や、人工的には創れないどころか理解すら容易ではない絶対的な存在など、それらによる裏付けも進んだ。
 その再整理を、今夏、予定していた……。

 が、すでに解脱し、その裏付けまで進んでいる。そうだったからこそ、自然をみょうに自然に感じるのだとも考えられる。
 ということは、むしろ予定外のことが必要だったのか……。


 そもそも、進化は、現代の生物が生まれる以前に実現しているわけであり、現代人が関与できないわけだから、進化は自律していると考えられる。
 その結果生まれる個体の形成や生命生理や成長や成熟なども、自律している。
 知能も備わっている。経験でき、学習でき、上達もし、人は日常会話もできるようになる。つまり、五感では捉えることができない関係や理由や法則などの一連のことを理解することもできるようになり、理解したことに基づいた識別は思考や判断も可能になる。だからこそ、相応の行動も可能になり、相応の結果にもなる。

 約半年間の雪景色が、新緑に変わるこの季節は、植物の生命生理も自律して機能していることを実感しやすい。
 この点でも、野山で過ごすことが、みょうに自然に感じるようになったのかもしれない……。


 かつての自分は、直に経験していて歴然としていることをさえ知らない無知だったわけだから。

 が、野生動物も植物も、太古から計り知れないほどの世代交代を重ねて、数え切れないほどの祖先や先祖の遺伝情報を継承して、現代の生物が誕生していることは、もともと歴然としていることだった。
 人には、五感では捉えることができない関係や理由や法則などを理解することもできる知能も備わっているわけだが、理解が容易ではないほど生命生理は高度で絶妙にできていることや、自律して機能していることも、直に経験し続けていることであり歴然としている。そういうことだけに、そうであることを理解することも可能だ。
 生殖機構も備わっていて、進化上形成されたと考えられる生命生理が、未来へと継続されるようにまでできている。つまり、種族としては、世代交代を重ねながら生き続けるようにできていることになる。また、進化の可能性も継続される。
 それらは、少なくとも自分が生まれる以前からそうできている。生命生理は、少なくとも自分は理解も容易ではないほど高度な秩序に基づいて自律して機能していることも事実だ。つまり、人工的には維持管理もままならないほど高度で、生存上は絶対的な存在であることも、歴然としている。

 けれども、誰もが直に経験し続けていることであっても、生存上は重要なことであっても、生後に知り得ること以前に存在する絶対的なことであっても、そうであることを具体的に理解するとは限らない。
 学習や理解の性質ゆえだ。
 未整理なことは未理解で、未理解なことは自覚できないし尊ぶこともできない。
 事実を、事実関係や因果関係などに基づいて整理したことは一連のこととして理解でき、その一連のことを参考にした識別や自覚などが可能になるわけだから。


 それどころか、人は、生存上は本来は関係が無いことを、尤もらしく見せかけ本当らしく工作し優れたことであるかのように祭り上げて、目を奪い心まで奪い、人の錯覚や勘違いや思い込みを悪用して私利私欲を貪りもする。
 つまり、私利私欲のために都合がよいイメージを優れたことだと思い込ませる。
 それを、真に受けた人は、その思い込みに基づいた行動をする。
 つまり、生存上は本来は関係が無いことや学習力や思考力や理解力を発揮することでもないことを、尤もらしく見せかけ本当らしく工作し優れたことであるかのように祭り上げて、目を奪い心まで奪い、錯覚や勘違いや思い込みを悪用する。
 まさに、洗脳して翻弄することに該当する。

 種族の絶滅、絶滅危惧種、資源の枯渇、膨大なゴミ、大気汚染、制御不能の原子力発電、原爆、これらは無責任を象徴するようなものだ。
 しかも、子供たちや子孫に対する気持ちや考えであることをも物語っている。
 やっていることは、生存上無関係どころの話ではない。
 そういうことをやっているのは、人という動物だけだ。

 そんな人間環境を、自分は敬遠するようになった。
 これも、自然をみょうに自然に感じるようになった一因だったのだろう。
 否、自分も、やっと本来の自然な状態に戻りつつあるのだ……。


 が、説得は、至難だ……。
 自分でさえ、解明や解決は容易ではなかったんだから。
 でも、思考力や理解力を発揮できたからこそ、自分の心は整理が進み相応の無理や矛盾が解消されていった。
 が、母に対しては、いまだに怒鳴るしかない……。

 とっくに九十歳を過ぎた母も、生存上、重要なことや絶対的なことは直に経験し続け十分過ぎるほど経験していることになる。
 しかも、子供を三人産んで育てた。
 なのに、生存上重要なことを理解できていない。
 和裁を憶えて内職にしたた学習力もあり、日常会話では五感では捉えることができない関係や理由などを理解することもできる。
 なのに、年々、発揮しなくなった。
 やったとしても、いい加減なことばかりで、口先だけの言い訳どころか嘘まで吐き、まさに上辺だけを繕う。
 自分ではやるまいとし、俺にやらせる。
 そんな母をさえ、いまだに説得できないんだから。

 結局、怒鳴ったわけだが……。
 その後の態度から、怒鳴られるようなことをしたんだということは、今回は母も分かったようだった。
 が、改善されなかったどころか、悪化する一方だったから、怒鳴ったわけであり、母は具体的なことは分かっていない……。
 修正、改善、反省、改心、自浄、そんなこととは無縁だ。
 もちろん、簡単に説得できることでもない。

 そもそも、母親を相手に、説教じみたことを言うのは抵抗がある。
 本来は、母の方が詳しくて、母親が子供に教えてこそ自然なことばかりなんだから。
 しかも、誰もが直に経験していることを、わざわざ指摘することになる。
 思えば、何時も、手短に言うだけだった……。

 母は、一向に聞く耳持たないからでもあったが……。
 自分でやらずに、俺にやらせてでも、優位に立とうとする。
 自分では、ただ怠けてでも、優位に立とうとする。
 火事にならなかったことが不思議だったくらい、いい加減なことばかりで、口先だけの言い訳どころか嘘まで吐き、まさに上辺だけを繕ってでも、優位に立とうとする。
 言い換えると、俺を馬鹿息子扱いすることで、母は優位を維持してきたのだろう……。
 となると、むしろ覆すことが容易ではなくなり困難になるようなことを母は重ねてきたことになるわけだから……。
 それを変えることができるのは、本人だけだ……。
 暴力的に変えることは、もちろんできない。

 が、自分が、そう思っていた。
 否、今も、そう思うことで、片付けようとしている。
 つまり、そう思い込もうとし、いつのまにか、そうだと勝手に思い込んでさえいたのだ。
 これは、独断や偏見の類でもある。
 いずれにしても、自分が説得できなかったからだ。

 残っている課題は、最期のための心の準備だけだとばかり思っていたのに……。
 自分の心の整理だけではなく、他者を説得できるようになることも、人生の課題なのだろうか……。
 他者をも説得できるようになることは、今以上に精神的に成長することであることは確かだ。
 つまり、精神的には未熟なのだ。

 幾度も、母は、自分で「ボケてしまった」と言って、そう思い込み落ち込んだ。
 その都度、説得した。
 想像の段階や勘違いでも、心配になり、内容しだいでは苦にもなる。もちろん、思い込みもするし、落ち込みもする。
 でも、それらは、むしろ思考力や判断力や感情など自体は正常に機能しているからこそだ。
 しかも、勘違いしたり思い込んだりしているに過ぎないから、いつも一時的で終わり、平常に戻る。
 つまり、おまえはボケているわけではない。
 そんなことを繰り返しただけに、そうだったんだということを、母も少なからず分かるようになったからだろう、やらなくなって久しい。
 むしろ、老化が進んでいるのにである。

 幾度も鍋を焦がし、俺が言うことには聞く耳を持たなかった。
 が、火災報知機を付けたら、二度目に鳴って以来、火を放置することも無くなった。


 そもそも、誰にでも備わっている知能は、進化上形成されたであろう、そうであること自体が尊い。
 日常会話で発揮するようになる学習力や思考力や理解力も、誰もが発揮するようになることだけに尊重しなければならない。

 その尊さを未理解だったり、勘違いや思い込みなどもあり、思考には無理や矛盾もありえるだけに、知能を誤用しはじめたり悪用するようになったりさえする。
 が、その解明や解決をするために欠かせないのも学習力や思考力や理解力であり、これらは自浄能力でもあるわけだから。


 とは思うが、善人ではありえないわけだし、善人である必要も無いわけだからなあ……。





畑の一角に母が放置した壊れたジョーロの下は沢蟹の棲家

 春からなのだが、このジョーロを幾度も除けて見たが、この沢蟹が留守だったことは一度も無い。



壊れたジョーロの下で暮らしている沢蟹


 自立して生きているお前たちをこそ見習いたいものだ。
 媚びるわけでもなく、資格を欲するわけでもなく、自由を切り売りして服従するわけでもないんだから。
 もちろん、名誉や地位などを欲するわけでもない。

 ということは、大事なことは、誰かに認めてもらうことでもなく、誰かから資格や名誉もらうことでもない。
 生まれる機会に恵まれたことや生命生理が自律して機能していることによって生きていられること自体が、どんなに優れたことで尊いことかを、理解することの方こそが大事なのだ。

 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
老化と眼精疲労により、
相互応援アクセスは断念します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
595位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
90位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR