FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

お盆・迎え火・送り火

 
 日の出や朝焼けの撮影は、億劫になった。
 が、里が朝霧に包まれると、山頂からは雲海が見れる。そんなときには、出向く。
 そのぶん、夕日や夕焼けは好さそうなだけでも出向いている。
 そんなこともあって、今一ばかりだが……。






 山で夕日&夕焼けの撮影をした後、当集落まで帰る頃にはかなり暗くなる。
 そして、集落を貫いている通りを半分以上は通るのだが……。
 お盆になり、迎え火が目を引いた。
 翌々夕も、その翌夕も通ったが、迎え火を焚いている家は限られていて、通りに面した家々の三分の一位だ。
 集落内には由緒ある古い寺がある。参道とも言える通りに面した家々は、古い家系ばかりだ。が、日中に見ても、迎え火を焚いた痕跡が無い家が多い。
 いつのまにか、こんなに少なくなっていたのだ。

 思えば、迎え火には子供たちの花火が付きものだった……。なのに、子供を見かけなかった。
 世帯数百五十以下の集落なのに、途中だけでも空き家が二軒ある。
 近年、家を解体して空き地になった屋敷だけでも三カ所になった。


 父が他界して、自分も迎え火を焚くようになったわけだが、自分も迎え火を焚くのは消極的だった。


 迎え火とは、お盆に戻ってくる先祖の霊が迷わないように、目印として七月または八月十三日の夕方に焚くのだと聞いていた。
 お盆中に一緒に過ごした先祖の霊を送り出すべく八月十六日の夕方に焚くのを送り火と言うようだが……。
 当地では、二十日まで毎夕焚き、二十日盆は集落ぐるみで賑わす。


 でも、父と、こんな話をしたことがあった。

 生きているうちでさえ自分でどうももできないからこそ、死ぬ。
 死ねば、腐敗が始まる。だから、二十四時間後には焼かれる。そして、葬られる。
 つまり、死ねば、なされるままで、なす術が無いことを如実に物語っている。
 仮に、死んでからも何かができるくらいなら、簡単には死なないはずだし、むしろ生きているうちに相応の証がでるはずだ。
 霊として帰ってこれるんだったら、生きている人が必要とする灯りや火などは要らないはずだし、お盆に限って帰る必要も無い。
 葬式なんだから、派手にやるほど馬鹿げている。むしろ、質素な方がいい。

 根拠や理由があるのに、自分が知らないだけなのなら別だ。
 が、根拠や理由が無いのなら、尤もらしく見せかけているに過ぎず、だからこそ派手にもなる。
 しかも、お金を出して業者にやらせる。
 となると、言い訳や偽装や欺瞞的なことでしかない。
 近年は、僧侶までが「お布施が足りない」と言ったという話を二件も耳にしている。
 宗教によって、やることが違う。他の宗教ではやることを、違う宗教ではやらないわけだが、だからといってどうにかなるわけでもない。むしろ、それをやったからといって、どうにかなるわけでもない。
 言い訳や偽装や欺瞞的なことなら、亡くなった人に失礼であり、無理や矛盾さえあり、むしろ慎みたい。

 夕日や夕焼けの写真を撮りに行っていた日は、こんなことも考え、自分も迎え火は十三日と翌日しか焚かなかった。


 そんなことより、先祖が例外なく他界したということは、生きている自分たちも、やがて逝かなければならないことは間違いないことを物語っている。
 しかも、家族やペットが死んでも落胆する。
 まして、自分が死ぬとなるとそれ以上の苦悩を余儀なくされることも間違いない。
 死ぬことよりも、そういう結果に通じると思うだけで、恐怖を感じ、パニックにもなり、免れようと必死にもなる。

 そもそも、人には、知能も備わっていて、経験でき学習でき上達もし、動作や会話などの日常的に常用される基本的なことは熟練する。
 よって、会話を介して、目には見えないことでも理解し合えるようにもなる。だからこそ、理解したことを基にした行動も可能になり、約束を守ったり、目的地に到達したり、目標を達成したりすることなどもできる。
 もちろん、詳しく知っていることや具体的に理解できていることほど、具体的な根拠や理由を基に認否や可否や是非などの判断もでき、相応の結果予想もできる。
 よって、悪しき結果になることは避けることができ、着実に好結果にすることもできる。

 そうであるがゆえに、知らなければ、困り、迷いもする。
 知らないことの内容しだいでは、当惑もし、パニックにもなる。
 傷病時も例外ではなく、死に関しても例外ではない。

 むしろ、死に関することこそが、理解の必要性や理解内容の重要性を象徴していると言っても過言ではない。


 死にたくないから、生きることに固執しているだけだったりする。自分が逝く際の心の準備を疎かにし、根拠も理由も無い想像や的外れな勘違いや思い込みに囚われて生きても、逝く際に少なくとも迷う。
 死ねば腐敗が始まったりすることもあって、死を忌み嫌ったりさえする。それも、自分の最期の心の準備からは遠退くことになる。忌み嫌っているのなら、お迎えも来ないだろう。
 それでも、例外は無く、いつかは逝くことを余儀なくされる。
 迷っているような生き方をしていたのなら、最期に苦悩を余儀なくされることは間違いない。
 勘違いや思い込みでさえ、そうであることに気づけないと、パニックにもなり、苦悩もする。その苦悩に耐え切れず、強引に自分を殺してしまうことさえある。
 つまり、理解や準備を疎かにして、言い訳や偽装や欺瞞で片づけるとなると、非道でしかない。
 私利私欲や競い争い優越感や地位や名誉などに囚われていても、やがて死を余儀なくされる。いよいよ逝く際に、後悔するようなことにばかり囚われて生きていたことに気づいても、心の準備は間に合わないので、相応の苦悩を余儀なくされる。
 考えの内容しだいや行動しだいでは、人権や人格を理解し合うことすら無いまま、獣同様に鉄格子のある部屋に拘束されることもあり、死刑もある。
 そんなことも、生存中に、垣間見ることもでき、少なからず経験もするので、理解も可能だ。

 しかも、知能も備わっていて、数十年も生きて、自分もやがて他界入りすることは間違いない。それは、自分では変えることができないことなんだから。
 その際の心の準備を、それまでに行ったか否か、それに最期の心理が左右されることは間違いない。
 むしろ、相応の生き方をしたか否かを問われるようなものだ。


 自分は、まだ相応のものを探し求めるしかない状態であることが明らかになった程度だが……。
 生きているうちに理解でき納得でき、死に対する苦悩や不安が不要になる。そんな内容であるべきなのだろうとも考えられる。
 そんな内容なら、遺族も理解でき納得でき哀しみも不要になり、相応の生き方も可能になるわけだから。
 人ほどの理解力は無いペットにも、人の側で相応の最期を確保してあげられることになる。

 そもそも、こういうことは、五感では捉えることができないことであり、思考上で理解することなので、お金では買えない。
 むしろ、五感では捉えることができないが、既に存在する法則的なことなので、思考上で理解するだけだ。なので、誰でも可能だ。

 そうではない、むしろ偽装や欺瞞だから、お金で片づけもし、それゆえに派手にもなるわけだから。
 そんな偽装や欺瞞に惑わされがちだからこそ、五感では捉えることができないことを理解することに集中できない。
 そんな偽装や欺瞞は、慎めるほど、こういうことが見えてくる。






 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
老化と眼精疲労により、
相互応援アクセスは断念します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
78位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR