FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

久しぶりの見事な夕焼け

 
 今夏は、予定は解除して、マイペースでやってきた。
 最後に備えた心の準備に関して、納得はできなくても、具体的な手掛かりを求めていたわけだが、それも一時解除した。

 最期に備えた心の準備も、総体的な整理が進むと、自ずから成立することであるかのような気がしていたからでもあった。

 死は、誰でも余儀なくされることである。つまり、誰も変えることができない、絶対的なことだ。
 よって、その時に相応の心の在り方も、法則的と言っても過言ではないほど明確なものが実は在るのに、自分が知らないだけなのではないかとさえ思っていた。

 各感覚器官や意識や記憶力などで構成されている知能も、誰にも備わっていて、誰でも経験でき学習でき上達もし、日常的に常用する動作や会話などの基本的なことは主に記憶を参考に条件反射的な速さでできるようになるほど誰でも熟練する。
 その内容が、直に経験し続けている自分自身に関することであることが重要で、それ以外のことでは役に立たないことも分かっていた。

 そんなこともあって、今夏は、限られたことに囚われることから、離れることにした。

 よって、多方面から考察することが容易になった。
 お盆には、相応の手がかりも得た。
 実は、勘違いや思い込みや固定概念などが問題で、それを排除し、それが生じないようにするだけで、相応に心の整理ができる。
 更に、学習の法則に関することを理解するほど、本来の心が完成してゆく。
 理解したことは、随時自覚可能になり、よって自制も可能になる。
 いずれも経験済みだった。なのに、限られたことに囚われていて、多面的に考察しなかったばっかりに、総体的な捉え方も進展しなかった。なので、気づけなかっただけだった。

 成人なら、経験済みで、相応のことが記憶にも残っている。だが、人生観などのように、もともと多面的に考察して総体的に把握することによって明らかになるスケールの物事も存在する。
 もちろん、多面的に考察して総体的に整理してゆくことによって浮上するかのように明らかになることもある。

 要は、唯一、直に経験し続けている自分自身のことであり、相応の情報も自分自身の記憶に溜まっていることでもあり、思考力や理解力も備わっている、そんな自分自身のことに関して理解を深めてゆくことによって、いわば健康的な思考が可能になり、その基準も明確になり、相応のことも明らかになる。
 自分自身のこととはいえ、生存上の基礎的なことや基本的なことを理解することは、生後に習得したことを以ては変えようが無い絶対的なことや普遍的なことを理解することでもある。それは、野生動物や植物にも共通であり、そういう絶対的なことや普遍的なことを理解することにもなる。

 いうまでもないが、いわば自分自身を見詰めることである。
 それは、対他的なことですらなく、競うこととは反することであり、ましてや争うこととは逆のことでもある。


20180908 里の上空は雲に覆われていた。
が、衛星画像では日本海中ほどら北朝鮮上空まで晴れていた。

日の入り後5分ほど経って、やっと夕焼けが……。





更に3分ほどで、久しぶりに見事な夕焼けになった。





 自分が日常的に話しかけていると、猫は見詰めるようになる。
 つまり、猫は真剣に考えているのだ。

 猫は、言葉で意思疎通をすることは無い。

 なので、猫のほうが独自に、相手がなにをしようとしているのか・どうしたいのかなどを察知しようとし・それに対してどうすればいいのかなどを考えて、相応の反応もしているのだと考えられる。
 つまり、猫は、伝えることには疎い。
 が、独自に察することは行動上欠かせないことだけに、察することには長けているのだと考えられる。
 というより、独自に察することは、生存上でも重要なことだけに、野生動物ほど察することには長けている必要があるのだろう。

 いつも外でブラッシングをしてあげる。
 家の中にいても、戸を開けただけで、猫は駆け足で外に出るようになった。
 そして、いつもブラッシングをする場所の傍の柱で爪とぎをしなたら、早くやって欲しいと言わんばかりに待っている。


 人の場合は、言葉以外のものを駆使してでも伝える。
 仕向けもし、唆しもするし、強要もするし、命令もするし、強制もするし、脅迫もする。むしろ、自殺もするし、殺しもする。
 重要ではないことを、尤もらしく見せかけもするし、本当らしく工作もするし、優れたことであるかのように祭り上げもし、もちろん私利私欲を貪る。
 つまり、錯覚や勘違いや思い込みなどの精神面の弱点を悪用する。
 その性質ゆえに、エスカレートもする。
 マスメディアやコミュニケーション・ツールの開発や進歩は目覚ましい。
 視聴率も気にしないわけにはいかないのだろう。

 そういうものに、目を奪われ、真に受け、そうだと勘違いし、思い込み、固定概念まで記憶し、心まで奪われてしまい、それを基準に、行動し、自己満足し、優越感さえ抱き、有頂天にさえなる。
 つまり、錯覚や勘違いや思い込みなどの精神面の弱点を悪用されて翻弄される。
 そんな性質上でも、エスカレートする。

 直に経験し続けているはずの肝心な自分自身のことを、未理解なまま、理解しそびれ、見失ってしまっていることに気づけなくなる。
 他人から与えられたイメージを基に行動するようになっていることにも気づけず、実は翻弄されることを判断できなくなったりもする。

 しかも、有頂天になるほど、実態はそうなんだということは認め難くなる。

 そんなことも考えるだけで分かることなのだが、不都合なことは考えまいとする。
 むしろ、偽装さえする。
 いわば、悪魔の掟に従う。
 良くないと思いつつ強行したり、悪いことだと思いながら強行してしまったり、結果を想定できるのにやってしまったりし、いわゆる「魔が差す」と言われる。その魔こそが「悪魔」だとすればだが、悪魔の掟ともいえる否認や隠し偽らざるをえない悪循環に陥る。

 記憶や考えに関する内面的なことなので、改善することは、本人にしかできない。

 知能が備わっていることによって、経験でき学習でき上達もし熟練して、五感では捉えることができない意味や理由なども言葉を介して理解できるようになる。
 そんな基本的な能力は誰にでもあることは、日常的基本動作や日常会話ができるようになることによって実証される。

 だが、学習する性質上、その内容は、限られるし、個人的な好みや価値観に左右されるだけに偏りさえする。
 詳しく憶えたことしか的確な識別や判断はできない。練習に相応しただけしか上達できない。
 そんな、弱点とも欠陥とも言える面がある。つまり、そうであることをすら知らなかったりさえする。
 また、錯覚や勘違いや思い込みや固定概念が形成され、それに基づいた行動までしてしまう。
 そんな、弱点とも欠陥とも言える面もある。もちろん、そういう経験済みのことを未理解なほど自覚できないし改善できない。

 本質的とも言える、弱点とも欠陥とも言える面を、未理解だからこそ有頂天になる。
 有頂天になるほど、弱点とも欠陥とも言える面を認め難くなる。認め難いことは、理解できない。理解できないことは、改善できない。

 いわば悪魔の掟も、勘違いや思い込みや固定概念などの類に過ぎないわけだから、実は気持ちしだいで簡単に反故にできる。
 単に反故にするだけで、改善しはじめる。
 だが、勘違いや思い込みや固定概念に固執し、それを基準に判断すると、不都合なことは認め難く、反故にすることも容易ではない。

 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
老化と眼精疲労により、
相互応援アクセスは断念します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
78位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR