FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

沢山の応援アクセス、ありがとうございます。

 

 沢山の応援アクセス、ありがとうございます。

 今年も、秋の農繁期になりました。
 年毎に、老化というものを実感させられる、そんな歳になったようです。

 農繁期のピークに向かうにつれて、こちらからの応援アクセスが滞りがちにもなりました。
 皆様からの応援アクセスも、ご無理無きよう、お願いします。

 月日が過ぎ去るのも、とても速く感じるようになりました。
 やがて、死を余儀なくされる……。
 それは、避けることはできない。変えることもできない。通常は、その時をすら選べない。
 その時も、あっというまに来るのでしょう。




 幸い、今夏は、最期に備えた心の準備がすでに進んでいたんだということが、意外な方面から明らかになった。
 そんな気はしてはいたのだが、たまたま多角的かつ総体的な整理を進めたことによって、想像や勘違いや思い込みに関することを更に詳しく知ったからでもあった。
 よって、勘違いや思い込みなどによる思いや考えの無理や矛盾が更に解消され、すでに準備が進んでいたことに気づけた。

 また、たまたま多角的かつ総体的な整理を進めたことによって、生後に知る以前に存在する面こそが絶妙にできていることが一層明らかになったことによって、それで裏付けられたからでもあった。
 生きていること自体(生命生理)は自律して機能している。
 人工的には創れない高度な知能もすでに備わっている。
 それらに関することは、つまり自分自身に関することは、唯一、直に経験し続けていて、相応の記憶も溜まってゆく。
 学習力や思考力や理解力は、日常的に磨かれている。と言っても過言ではない。
 よって、その記憶に溜まってゆく自分自身に関することを整理して考えるだけで、自分自身に関することは理解できるようになる。
 つまり、自分自身に関することは精通していても不思議ではない条件が整ってゆく。
 思春期頃には理解が可能な準備が整う。

 しかも、知る以前から既に存在している普遍的なことは、生後に知ることに対しては絶対的な存在であり、かつ優れていることを、単に理解するだけだ。その性質上、地位や名誉などとは無関係でもある。
 物体としては存在せず、対環境的な五感では捉えることができない、理由や法則などを思考上で整理して理解することでもある。そういう性質上、資金は要らない。むしろ、売り買いできるものでもない。
 理解する以前から存在するが、五感では捉えることができないことを、思考上で整理して理解することを以て救うようなことでもあり、それは冷静さが必須なことでもある。よって、競い争うこととはいわば逆で、苦行や荒行とも逆のことでもあり、学歴も資格も不要だ。
 既に存在していて人工的には変えようが無い絶対的なことや普遍的なことをただただ詳しく理解することだけに、寝転んででもできる。よって、誰かが作った礼儀や作法などを気にするだけでも出来なくなることでもある。
 むしろ、個人毎に唯一直に経験し続けることであり、成人にもなれば経験も記憶も十分にあり、その個人的な経験や記憶を整理して考えることによって理解できることだけに、何時でも何処でも可能なことであり、誰でも理解が可能なことでもある。


 ただし、そういうことに気づいたり、確かめたり、知ったり、具体的に理解したりする以前に、それゆえに、他のことに目を奪われ、勘違いし、真に受け、思い込み、心まで奪われてしまうこともある。
 となると、肝心な自分のことを未理解なんだということをすら見失い、気づき難くもなり、認め難くさえなったりする。

 等々。


 ちなみに、死は、誰も変えようが無い、つまり絶対的なことだけに、生前の勘違いや思い込みなどを絶対的に一掃してくれることでもありえる。

 ただし、本人の精神姿勢次第だ。
 つまり、肝心なことを未理解だったり、それゆえに的外れな勘違いし思い込んでいる場合は、相応の精神姿勢になれるまでに、最低限の勘違いや思い込みの払拭が必須になる。
 その後に可能になる、相応の事実確認や理解も必須だからだ。

 ところが、肝心なことを未理解な場合は、勘違いや思い込みとはどういうことかも未理解だったりする。未理解なことは、識別や自覚が容易ではないので、勘違いしやすく思い込みやすいだけに、そういう状態に陥っていることに気づき難くもある。
 でも、日常会話で思考力や理解力は発揮できている。
 よって、知らなかったことや勘違いや思い込みだったことに、気づいたり分かったりする。
 が、思考力や理解力は発揮できているだけに、気づけなかったことが、気まずかったりする。
 その知らないことや勘違いや思い込みの内容しだいでは、知られたくなかったりもし、隠し偽ったりもする。
 知らなかcったことや勘違いや思い込みなどに、せっかく気づいた。よって、知ることもでき、勘違いや思い込みの修正も可能尾になる。なのに、そういうことも知らなかったり、勘違いでもなく思い込みでもない本当はどうなのかという肝心なことは知らなかったり、特に自分の識別や思考や判断に関することを知らない場合は、異常ではないかと新たな勘違いをしたり、それゆえに苦悩したり、自殺したりさえする。
 言及されることを嫌い、指摘されると逆上する人だっている。
 つまり、事実も根拠も理由も伴わない口先だけや上辺だけを繕うことなら、即可能だ。植物や一般動物と違って、人は、尤もらしく見せかけもするし、本当らしく工作もするし、優れたことであるかのように祭り上げもする。が、それは生存上は重要なことではなく尊ぶべきことでもなく、むしろ騙し欺く類だけに悪循環に陥りもする。
 いずれも、肝心なことを把握し難くすることでもある。重要なことを未理解なうえに、その重要なことを解明し難くしているわけだから、重要なこととは逆行することでもある。

 しかも、最期に備えた心の準備が整っているか否かに関わらず、死は余儀なくされる。
 生理的には老化し衰弱して死に至るのだろうが、その際の精神面はまさに想像を絶する状態になることもありえる。
 そういうことに直面したがゆえに、自分はできなかったことだが、自殺する場合は、自分自身を無理矢理殺してしまうことにほかならない。つまり、準備ができていない。なのに、無理矢理だ。しかも、勘違いや思い込みゆえだったり、自分の精神管理や行動管理ができていないがゆえの恐怖だったり、それを強引に克服しようとする強行だったりする。そんなことを強行してしまう精神状態はいかがなものだろう……。
 殺人の被害者側は、無理矢理殺されてしまう。被害者側に問題が全く無かったとしても、その精神状態はいかがなものだろう……。
 そういうことをしなくても、通常でも、誰でも死を余儀なくされる。つまり、誰も避けることはできない。生後に習得したことを以ては、変えることもできない。その時をすら選べない。
 いずれにしても、その時に、どういう精神状態になれるか。それは、相応の精神状態になれるだけの根拠も理由もあり納得できた具体的な準備がどれだけできているか否かしだいだということになる。

 その準備が、その時になって実際に確かめるしかないのではないかと思うくらいまで、すでに進んでいた。
 いわば、意外なことにも気づける程度まで、今夏は進展した。

 でも、勘違いや思い込みの性質上、勘違いや思い込みにはなかなか気づけない。現に、いまだに勘違いや思い込みなどに気づくわkだから、無くなってもいない。ということでもある。
 しかも、邪心もある。野心だってある。でも、それによって見失うものの方こそが重要だ。つまり、それらは、重要なこととは逆のことであることが、すでに分かっている。だから、自制するしかない。

 今年の冬には、順次に文章化して、更に整理を進めないと……。


 秋の農繁期のピークに向かうにつれて、日も短くなったにもかかわらず、朝夕の写真も続けているわけだが……。
 今夏は、今一なのばかりだったからでもある。
 なので、写真も、まだ期待を捨てるわけにはいかない……。





 秋になって、兆候は好くなった。
 ただ、格好の空模様が、朝夕ではないことがほとんどだ。惜しい天候ばかりだ。
 今夕も期待できそうだが、明朝も、もしかしたら……。

 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
老化と眼精疲労により、
相互応援アクセスは断念します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
78位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR