FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ◆思考のウォーミングアップ

未知なことは識別も自覚も対処もできない


 たくさんの応援アクセス、ありがとうございます。
 とても励まされております。
 相互応援アクセス、歓迎します。

 当地は、前回のブログ更新直後、積雪50センチ以上になり、除雪や屋根の雪下ろしで大忙しでした。

 管理人「kisuke(喜助)」の人生上では、雪で行動が制限される冬場こそが有意義な時間になります。



 個人的な、思考を冬モードに切り替えるためのウォーミングアップ。
 自分の考えを検証したり整理したり、考える際に参考にしている記憶に残っているイメージを整理したり検証したりすることだが……

 先日の大雪を除雪中、以前に耳にしたことを思い出した。
 暖冬なのに雪は多く降るのが不思議だった頃、テレビで気象予報士が「暖冬なほど日本海の水蒸気量が多くなり、それが東に移動して地上に雪になって降るので大雪になる」と言っていたことを。
 よって、今冬も大雪になることを心配し、早めだったが屋根の雪下ろしまで行った。12月中に屋根の雪下ろしをしたのは今回が初めてだった。

 こんな環境上のことに気を取られても、内面的なことである思考のウォーミングアップは殆ど忘れている。
 でも、内面的なことである思考のウォーミングアップは、そういう性質のことであることは、経験済みだし、すでに解ってもいる。
 だから、当該状態にあったことも捉えやすい。
 なのに、冬モードへの切り替えや、ウォーミングアップに、集中できず、空転状態だ……

 しかも、屋根の雪下ろしをした日から、気温が高めで、小雨になり、二日後には積雪も30センチほどになり、一安心した。
 にもかかわらず、冬モードへの切り替えやウォーミングアップに集中できない。
 なぜだ……

 老化の所為……、であっても、そうだと思うと堕落するだけなので、老化の所為だとだけは思いたくない。
 貴重な冬場を無駄にするだけではなく、人生の残り少なくなった貴重な時間までも無駄にしてしまうわけだから。
 早く解明して解決しないと……


 名前を言われても、その人を知らない場合は、どの人なのかは識別できない。
 その人に関するいろんなことを知るほど、その人に関するいろんなことを識別できるようになる。

 道順も、最初は経験的な知識は無いだけに、迷ったりもする。
 だから、探したり尋ねたりしながら行く。
 繰り返し行くほど詳しく憶え、相応の識別や判断が可能になるから、そのことに関しては精神的な迷いも減少する。
 相応の情報が記憶に溜まるほど、それを、言葉だけで他人に教えることも可能になる。そのことに関しては、精神的に安定する。
 遠回りしているのではないかと気づいたり、近道を探したりすることも可能になる。精神面の基本的なことは共通だから、自信になる。

 自分自身のことに関しても、同様だ。
 自分自身のことなのに、内臓は見たことすら無いし、生命生理に関する知識は無いし、健康管理に関する知識もほとんど無い。
 知らないことは、識別や自覚もできないので、対処もできない。異変を感じただけで、不安になる。
 しかも、生後に知り得たことを以ては、老化を止められるはずもなく、誰もが死を余儀なくされる。

 経験し学習し理解して、相応の自己管理が可能になってゆくが、経験や学習や理解の性質上でも、経験し学習し理解する内容は限られる。
 もちろん、順調に自己管理ができるようになるとは限らない。
 つまり、精神面には、弱点もあり欠点もある。
 そんなことをすら知らなかったから、三十歳になっても自己理解ができなかったどころか、苦悩し困窮した。

 苦悩し困窮したわけだから、精神面の弱点や欠点に関することも、経験していた。それどころか、思い知らされていた。
 なのに、そうであることをすら把握できなかった。三十歳になるまでは、精神面には弱点や欠点や欠陥さえ生じることを知らなかったからだった。
 知らないことは、識別や自覚はできない。だから、自己管理もできない。ということも、知らなかった。

 自分の識別や思考や判断などの類である、想像や勘違いや思い込みや固定概念などの特徴や弱点や欠点なども、経験済みで、それゆえに苦悩し困窮したのに、具体的なことは知らなかった。
 想像や勘違いや思い込みや固定概念などの特徴や弱点や欠点ゆえに、考えには無理や矛盾が生じることも、知らなかった。
 経験し学習し理解する内容は、偏りさえする。が、そんなことを知ったのも、三十歳を過ぎてからだった。
 知らないことは、識別や自覚は容易ではないので、自己管理も困難だった。

 思考内容の無理や矛盾を解明すべきなんだということを知らない時点では、むしろ、不都合なことを隠し偽ることや、上辺を繕うこと気を取られていた。
 もちろん、知らないことや、意図的ではないことは、悪意であろうはずが無く、咎めるようなことでもなく、隠し偽りようが無いことでもある。
 が、隠し偽ろうとすることは、思考上のことだ。
 だから、それは、解明を困難にすることであり、解決を困難にすることに他ならなかったことに気づいた。それゆえの苦悩だったことにも、やっと気づいた。
 気づけたからこそ、思考内容の無理や矛盾を解明でき、思考内容の無理や矛盾が要因だっただけに解明できただけで苦悩は解決した。
 精神面の弱点や欠点とはいえ、特徴などを具体的に知るほど、識別や自覚も可能になり、よって対処も可能になる。
 こんな自分だけに、思考のウォーミングアップは欠かせないことなのに、集中できない……

 自分が困ることになることなのに、そういうことなんだということを判断できなかった頃は、強行しようとさえした。
 こんな経験上、思考(情報処理)の健全性を重視するようになり、衣食住は二の次にし、雪で行動が制限される冬場をそのために使うようになったのに……


 歴史上に、わざわざ汚名を刻むようなことであっても、そういうことであることを知らないと、そういうこともしてしまうことになる。
 つまり、経験や学習や理解の内容しだいでは、知能を誤用するようにもなる。

 誰でも日常会話で理解力を発揮するようになるのに、自己管理は目指さず、相手の所為にし、暴力的に制裁し制圧さえするわけだから、知能を悪用さえするようにもなる。
 むしろ、経験や学習や理解の内容しだいでは、知能に欠陥があるかのような状態にさえなる。

 こんなことも、今で分かっているのに、なぜ集中できない……


 そもそも、自分の考えを検証したり、自分の記憶に残っていることを整理することは、何時でも可能な状態にあることであり、何処に居ても可能な状態にあることでもある。
 つまり、とっくに準備は整っている。
 単に考えて整理するだけなのだ。
 内面的なことであり、極めて個人的なことではあるが、学歴や資格は要らないし、資金も要らない。冷静さが必要なことだけに寝転んだほうが良かったりもし、礼儀や作法も必要無いし、苦行や荒行とは逆のことでさえある。
 そんなことも、今は解っている……
 だから、対処は容易なはずなのに……

 要は、環境上のことを忘れるくらい、内向できるかだ。
 が、記憶には、思い出したくないこと・考えたくないこと・認め難いこと・見知られたくないこと・隠し偽っていること、なども溜まってゆく。
 これらが多く溜まるほど、内向は困難になる。
 見ただけで分かるのに、見もしない。
 聞こえているのに、聞き返す。聞く耳持たず、聞こえない振りをするのが癖になってしまっている。
 考えるだけで分かることなのに、考えもしない。
 挙句の果てに、「なんと言われたってかまわない」と言うが、逆上気味になる。
 しかも、隠し偽ろうとすることは、思考上のことだ。
 内向できれば、記憶や思考の無理や矛盾などを整理したり改善することも可能だ。
 そんなことも、自分は経験済みだから、今の自分が在る。

 が、現に、噛み合わず、空転状態で、冬モードに切り替えるのに難儀している。

 しかも、大雪以来、雪は減少するばかりだ。
 だから、この程度のことはできているのだが……


 あっ、雪は降らなくても、十二月は貧乏暮らしには特に忙しい月だった。
 お金、お金。どうやって用意すればいい……
 お金は、最期には要らなくなるが、現代の文明文化の中では生きている間は必要だ。
 最期に臨む心の準備や充実を目指してきたが、資金は必要ないことだっただけに、お金にもならなかったからなぁ……
 精神面を重視するようになり、衣食住は二の次にするようになって久しい。
 でも、最期に臨む心の準備、遺族の心配を解消する説明も可能な根拠も理由もある確信、それこそ優先すべき歳でもある……
 最期に臨む心の準備が整えば、生きていることに執着する必要すら無くなるわけだから……
 すでに、進化上では自分は諦めるしかない。勘違いや思い込みに因る恐怖心は解決済みで対処可能だ。が、整理不十分で、根拠や理由や確信は欠けている……
 しかも、これまでの全てがそうだったように、経験済みで記憶にあることを因果関係や理由に基づいて整理するだけで解明できる、その準備は整っているはずだ。
 むしろ、例外なく誰もが余儀なくされる死は、人為的に変えようが無いことであり、相応の心の準備も存在する可能性もあり、自分が知らないだけかもしれないのだ……
 ああ~、こっちこそ必須な歳なのに……

 片付けるべきことは、どうにか片づけよう。

 目を奪われ、心まで奪われ、見映えのために私利私欲を貪る。
 最期に臨む心の準備を疎かにする。
 その最期の心理も経験済みな自分は、そっち迷い込むことだけは避けなければならない。

 

趣味の写真、今年の撮影は終了したので……
当ブログの冬季間の背景画を……





 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
夏場は、相互応援アクセスは中断します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
331位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
54位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR