FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ◆思考のウォーミングアップ

気づき知り理解するほど自覚も対処も容易になる


 2018年は、たくさんの応援アクセスをいただき、ありがとうございました。
 とても励まされております。相互応援アクセス、歓迎します。
 2019年も、よろしくお願いします。

 当地は、12月に入ってからの突然の大雪で50センチ以上積もったが、その後は減少するばかりでした。
 更なる大雪を心配するあまり、12月中にやるのは初めてでしたが屋根の雪下ろしをしたのですが、無駄になりました。

 でも、二度目の大雪が降り、真冬に突入です。

 管理人「kisuke(喜助)」の人生上では、雪で行動が制限される冬場こそが有意義な時間になります。



 思考のウォーミングアップや冬モードへの意識の切り替えを早く終えたい……
 総体的な整理に取り組みたい……
 が、スタイルも思いつかない。楽しさや期待が生じない。
 でも、総体的な整理は一度も行ったことは無いわけだから……
 むしろ、そういう段階までは熟していないのだ。
 だったら、模索を始めるしかない。
 そーかぁ~。


 まてよ……
 集中できなかったのは、余計なことに気を取られていたからだ。
 思えば、いろんなことに気を取られていた……

 でも、人の場合、経験や学習や理解などの性質上、その内容(知ったことや出来るようになったこと)は、個人的にも年々変化する。
 当然に、その内容は、十人十色になる。

 野生動物は、どの個体も同じことをするようになる。それを、本能と言う。
 人の場合は、経験し、相応の学習をし、上達もし、目には見えない因果関係や理由なども理解できるようになる。この学習し理解して相応のことができるようになる性質上、その内容(知ることや出来るようになること)は、決まっていない。

 個人毎に、知人は異なる。趣味も、個人毎に異なる。
 同じ名称の料理を作っても、作る人毎に、作り方が違っていたり、出来上がりも違っていたりする。
 皆が、同じようにしているわけでもないし、同じことをしているわけでもない。
 個人が、複数の人と同じようにできるはずもないわけだから。

 むしろ、何でもかんでも他人と同じようにする必要はないのだ。
 好みや価値観や重視していることも、個人毎に異なるわけだから。


 そもそも、自分が誕生するに至った進化的背景は当然に見たことが無い。母胎内で自身が形成された頃のことももちろん知らない。自身の内臓も見たことが無い。自身の生命生理に関しても、知らない。
 つまり、生命生理は自律して機能している。が、そうであることすら、かつての自分は知らなかった。
 人は、知能も備わっていて、生後にいろんなことを知る。が、知る以前から、生物としては存在している。猫や犬もそうだし、野生動物もそうだし、植物もそうだ。
 よって、進化して形成された点でも、生命生理が自律している点でも、生物自体が、人が生後に知ることを超越している存在だということになる。

 むしろ、生後に知り得たことを以ては、日常生活もままならなかったり、健康管理がままならなかったり、老化を止められるはずもなく、やがては死を余儀なくされる。名医といえども、例外は無い。
 生後に知る性質上、どんな重要なことを知らないままだったとしても不思議なことではないし、どんなに重要なことを出来なくても不思議なことではないことになる。


 けれども、個人毎に知能も備わっているので、生存上重要なことほど、個人毎に直に経験し続ける。そうであることは、野生動物でも共通で、人同士でも共通だ。
 野生動物もそうだからこそ、個体毎に独自に識別や判断をして行動し、大自然の中で自立している。本来は、猫や犬もそうだ。
 本来は、生存上重要なことほど、歴然としているからだと言っても過言ではない。

 でも、そうであることを、人は理解するとは限らない。
 本能とは違い、学習や理解することであるがゆえに、学習するとは限らず、理解するとも限らない、という弱点や欠点さえある。そうであることも、理解するとは限らない。
 人には、理解力があるのにである。日常会話で、目には見えないことでも理解し合える。理解したことを基に、相応の行動もでき、相応の結果になり、一喜一憂するわけだから。
 なのに、個人毎に直に経験し続ける生存上重要なことは誰でも共通なのに、理解し合えるとも限らない。


 個人毎に直に経験し続けている生存上重要なことで誰でも共通なことを、未理解なほど、それ以外のことを学習することになる。その内容は、当然に百人百様になる。

 人には、錯覚もあり、事実とは違うことを事実だと勘違いもするし、事実とは違うことを事実だと思い込みもするし、独断したり決めつけたりさえする。
 個人毎に直に経験し続けている生存上重要なことで誰でも共通なことを、未理解なほど、それ以外の本来は重要ではないことを重要だと勘違いしたり重要だと思い込んだりもする。
 そんな経験や学習や理解などの内容を参考にする考えや好みや価値観や随意にできるようになることは、個人毎に千差万別になる。

 本来は重要ではないことや共通でもないことを重要だと勘違いし、重要だと思い込むと、それを基準にして比較したり考えたりするようになる。なので、劣等感を感じたり優越感を感じたりもする。
 まさに、本来は重要ではないことや共通でもないことを、重要だと勘違いし思い込んでしまっているからだ。
 だからこそ、何かを知らないとか何かが間違っている場合でも、それを劣ることとして捉えがちになる。

 けれども、誕生当初は、生存上必要なことを、ほとんど知らないし、ほとんど出来ない。
 その後に、知り、学習し、上達したことは随意にできるようになるわけだから。
 よって、知らないことや間違いなどを、劣ることして捉えた場合は、子供は育たない。

 しかも、自分が誕生するに至った進化的背景は見たことが無いし、母胎内で自身が形成された頃のことは知らないし、自身の内臓も見たことが無いわけだから、通常は知り得ること自体が限られている。
 大人になっても、個人的には、知人は限られていて、知らない人の方こそ圧倒的に多く存在する。
 つまり、生存上、本来は重要ではないことや、学習や理解の性質上個人毎に相違が生じることや、その極めて限られたことなどを、重視したり基準にしたりすることこそが間違いであり、無謀だとも言える。
 むしろ、生存上重要なことをそっちのけで、生存上、本来は重要ではないことを重要だと勘違いしたり重要だと思い込んだりすることこそが間違いであり、それを基準にして劣等感を感じたり優越感を感じたりすることも勘違いや間違いだということになる。
 もちろん、知らないことや間違いなどは、意図的なことですら無い。よって、悪意によることではない。つまり、罰点を付けるようなことでもなく、咎めるようなことでもない。

 学習であるがゆえの弱点や欠点さえあることも知らないほど、本来は重要ではないことを重要だと勘違いしたり重要だと思い込んだりする。つまり、学習や理解の性質上個人毎に相違が生じることを重視したり、その極めて限られたことだけを重視したりし、それを判断の基準にしたりする。だから、知らないことや間違いなどを、劣ることだと捉えもし、罰点を付けたり、咎めたりさえする。
 そうされる側は、知らないことこそ計り知れないほど多いことであり、悪意は無く意図的ですらないことなのだが、知らないことや間違いなどを知られまいともするようになり隠し偽るようになったりもする。
 勘違いや思い込みが、他人にも勘違いさせ思い込ませ、他の人生をも狂わせたりする。

 もちろん、知らないことや間違いなどは、悪意によるものではなく意図的なことですら無い。よって、本来は、隠し偽るようなことでもないわけだから。
 むしろ、知らないことや間違いは、隠し偽りようが無いほど多いことであり、隠し偽りようが無いことでもある。

 知られまいとするし、隠し偽りもし、独断的に固執したり決めつけたりさえするようになる。
 自分の考えに関することを把握できないと、考えに無理や矛盾さえ生じ振る舞いにも無理や矛盾が生じ、自分が困る結果になる。

 しかも、隠し偽ったり固執したりすると、その無理や矛盾を把握することも難しくなり、解決や改善も難しくなる。
 隠し偽ったりする場合は、把握や解決や改善に臨むのではなく、他のことに気を向けて気を紛らしたり、他のことを楽しんで癒したりしがちだ。そんな場合も、把握や解決や改善とは、逆のことをしているようなものだ。
 それが、ストレスの真因だったりする。パニックの真因だったりもする。

 もちろん、個人毎に直に経験し続けていて生存上重要なことで誰でも共通なことでも、理解し合うことは困難になってゆく。
 よって、協力し合うことも難しく、信頼し合い尊重し合うにも至らない。
 まして、個人毎に千差万別になることを理解し合うことは、ほぼ不可能だ。

 友達は限られ、更に親友は限られ、理解し合える恋人は更に限られ、信頼し合い尊重し合える夫婦や親子は更に限られる。


 個人毎に直に経験し続けていて生存上重要なことで誰でも共通なことを理解し合えないと、生存上は重要ではないことを尤もらしく見せかけもし、口先だけの言い訳や上辺だけの強がりや見せかけの見栄などを重視しがちになる。
 尤もらしく見せかけたり口先だけや上辺だけや見せかけだけなどは、努力すら要らないことだけに簡単だが、安易だとか軽薄だなどと言われる。

 上辺だけで、相手に勘違いさせ思い込ませてみを悪用して、私利私欲を満たそうとした場合は、相手が勘違いし思い込むことを悪用して、相手を騙していることになる。
 意図的だったり悪意があるほど、そうであることを認め難く、むしろ更に尤もらしく見せかけようとし、騙し欺く悪循環に陥ってゆく。

 そもそも、日常会話ができるようになったことで、学習力や思考力や理解力や判断力を発揮していることは実証されている。
 その学習力や思考力や理解力や判断力を、理解し合うことも信頼し合うことも尊重し合うことも無いわけだから。

 少なくとも、事実を認めるとか、信頼し合い尊重し合うことには反していることを認めるなどした場合は、修正や改善も可能になる。
 そうすることで、学習力や思考力や理解力や判断力が発揮されることにもなる。そうしてこそ、そんなことを理解し合うことも可能になる。つまり、学習力や思考力や理解力や判断力を信頼し合い尊重し合える方に向かう。重要で誰でも共通なことを、深く理解するほど、信頼し合い尊重し合えるようになる。
 が、そういうことは欠けている。

 むしろ、上辺や見せかけで騙す場合は、理解し合ったり協力し合ったり信頼し合い尊重し合うこととは反する。
 上辺を繕っているに過ぎないのに、満足したりする。
 考えには矛盾さえ生じる。

 まして、個人毎に異なることを競うとなると、協力し合うことには背くことになり、誰にも共通する物事を理解し合うことは論外になる。
 最低限平和であってほしい家庭内でさえ、悲惨なことが起きる。

 更に、自分に都合がよいことや自分に有利なことだけを以て優位を争うとなると、身勝手なだけだ。

 身勝手なだけだとなると、暴力に優るものは無い。
 そんなことでも、優越感を感じたり有頂天にさえなったする。

 国レベルでも、新兵器の開発も行われ、戦争も無くならない。
 争いの理由はどうあれ、個人毎に直に経験し続けていて生存上重要なことで共通なことを、理解し合うことも無いし尊重し合うことも無いし協力し合うことも無い。
 学習力や思考力や理解力や判断力を発揮するようになったにもかかわらず、学習力や思考力や理解力や判断力を信頼し合うことも無いし尊重し合うことも無いし協力し合うことも無い。

 そうだからこそ、法律も必要で、処罰もあり、刑務所もあり、死刑もある。
 つまり、個人毎に直に経験し続けていて生存上重要なことで誰にも共通なことを理解し合えず、学習力や思考力や理解力や判断力を発揮するようになったにもかかわらず信頼し合うことも無いし尊重し合うことも無いから、獣扱いされる。
 尊重されなくなるどころか、ほとんど無視され、この世から抹殺されてしまう。という見方もできる。


 もちろん、そっちは、大事なことではない。
 そんなことをしなくても、例外なく死を余儀なくされることは歴然としている。なのに、わざわざ獣扱いされたり死刑になる世界に迷い込むわけにもいかない。

 大事なのは、個人毎に直に経験し続けている生存上重要なことで誰にも共通なことであり、誰もが発揮するようになる学習力や思考力や理解力や判断力だ。
 自分が、そう思うのなら、自分は、それを重視し理解して尊重すべきだ。
 必要なことは、勘違いや思い込みが無くならない自分の心の整理だ。

 しかも、総体的な整理を進めるほど、総体的な因果関係に無理や矛盾は無くなり、理解も深まり、納得も確かになる。
 つまり、悔いや惜しさは減少してゆき、生きていることに執着する必要も無くなる。
 つまり、最期に臨む心の準備も整ってゆくことになる。
 もちろん、ただ諦めるしかない最期ではなくなる。

 そもそも、老化が進行するだけで、死んだほうが楽だという状態になってゆく。
 そうなるまえに、最期に臨む心の準備を可能な限り整えたい。

 

趣味の写真、冬季間は撮影しないので……
当ブログの冬季間の背景画を……





 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
夏場は、相互応援アクセスは中断します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
311位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
51位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR