FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ◆思考のウォーミングアップ

気にしていなかったようだが気になっていたこと

 

 たくさんの応援アクセス、ありがとうございます。
 相互応援アクセス、歓迎します。

 当地は、年末に二度目の大雪が降り真冬に突入しましたが、その後は予想に反して、降雪は10㎝ほどのみです。
 除雪作業も無いだけに、運動不足気味です。

 管理人「kisuke(喜助)」の人生上では、雪で行動が制限される冬場こそが有意義な時間になのですが……
 年々、思うようにはいかなくなりつつあります。

 
 
 思考のウォーミングアップや冬モードへの意識の切り替えを早く終えたい……
 とは思うものの、思い通りにはいかない。
 
 
 実は、九十歳代半ばの母に、十二月三十日緊急事態発生。
 数年前の年末にも、母は激痛で耐え難いと言うので病院に駆けつけ、尿路結石と診断され、ただちに入院し、相応の正月を過ごした。そのこと思い出し、母も自分も「またか」と半ば勘違いしていた。
 母の行きつけの病院であり、母が尿路結石で入院もした病院に、診てもらいに行った。が、救急病院は当番制で、本日の救急当番病院は弘前市のある病院だと言われ、そっちに回された。
 検査の結果、母は、尿路結石ではなかったが、寝たきりになった。
 そして、一月十二日になって、やっと立って歩くようになった。
 
 
 もちろん、自分も相応の歳だ。

 かつて、三十歳を過ぎてから大事なことに気づき、相応のことではすでに失格していた。
 また、身体は自律して成熟するが、精神面は学習内容や理解内容に左右される。こんなことも知らなかっただけに、いかに未熟だったかを思い知らされた。
 よって、精神的成長を優先し、大人振ることにしかならない子孫を残すことは諦めた。
 当時は気づかなかったが、太古から世代交代を重ねて種族を存続させ進化を継続させた祖先や先祖を、裏切ることになった。
 もちろん、祖先や先祖の仲間入りする資格も失った。自分を、先祖や祖先と呼ぶ子孫もいない。

 こんな自分のところには、お迎えが来る価値も無い。

 近年、孤独死と強調されがちだが、誰でも、他界へは独りで逝くわけだから、本質的に孤独の極みだ。
 よって、それまでには、少なくとも独自の考えや判断で独り歩きができるようになっていることが望ましい。
 その独り歩きができた理想的な結果には、独り歩きができた証とも言える最期に臨む心の準備も整えることができていることも含まれる。
 自分は、経験上、そう考えるようになり、全く個人的なことでもあるだけに、相応のことにも取り組んできた。
 知るほどに、大外れではないとも思うようになった。
 誰でも死にたくないから生きているようなものであり、他の生き物を殺して食べてでも生きていたいわけであり、自殺は明らかに強引なことであり、犯罪を強行してでも生きることに執着している。などのことからも、死を受け入れる準備ができていないことや、その生き方などを、垣間見ることができる。
 というわけで、自分の場合は、できるものなら冥途の土産と言えるものくらいは用意したいと思うようになった。
 そんなことをことを思い出し、母が寝たきりであることを好機とばかりに、当ブログの今年の初投稿を済ませ、以後は相応の結果を期待できることに臨みはじめた。

 が、十二日、寝たきりだった母が起きてくるようになった。
 自分がやっていたことを省みたら、毎日、行ってはいた。が、ほんの短時間しか集中できていなかった。
 つまり、ほとんどの時間は余計なことを気にしていた……
 
 
 十三日。テレビで大相撲初場所の放送がはじまった。
 大相撲は、母は好んで見る。
 自分は、理解し合い協力し合うことを重視し、それとは逆の競い争うことは好まない。
 また、人は、生物の生存上重要ではないことを、尤もらしく見せかけ本当らしく工作し優れたことであるかのように祭り上げ、つまり勘違いさせ思い込ませることで私利私欲を貪る。そんなことは、尊べないことし、公的電波の私物化も尊べないだけに、テレビ自体をとんど見なくなって久しい。
 が、今場所は中入り後はほとんど見ている。
 自分の関心は、力士の集中力とはどんなものなのかだ。
 そんな見方をしていたのも、自分が、一向に集中できなかったからにほかならなかった……

 大相撲の解説などで、よく言われることは。
 昇進したいと思うだけで昇進できるものではなく、優勝したいと思ったからといって優勝できるものではない。昇進や優勝は、勝ち続けた結果だから。つまり、重要なことは、一日一日の本番の取り組みで自分の相撲にいかに集中できるかだ。
 しかも、一般的には目にすることが無い稽古で、体力や感覚などを維持し更に磨く必要がある。
 その成果を出し切るべく、大勢の観客の前で、対戦する。
 もちろん、余計なことを気にせず、自分の思い通りに相撲を取れると勝つ。
 つまり、余計なことが気になると、集中できないので、思い通りにはできないし、負ける。
 多くの取り組みを見ても、要は精神的な内容に左右されている面が大きい。その精神面のための稽古なのだ。とさえ思える。

 その集中力に関しては、自分も大いに関心があった。
 競い争うこと以外に関しては、相撲は共感できることが多いからでもあった。

 いわば、相撲とは逆に、ローンで、つまり先に土地や家を入手して住み、後で建設費などを数十年間支払い続ける。これもも、自分の好みには反する。が、これに反する方が、相撲の精神にも似ている。
 転職を繰り返したが、結局、管理職から指図されたことをしてしか生きられなかった自分は、精神面の未熟さを思い知らされた。よって、精神的な成長や、理解を深め納得できることによる精神的充実を優先するようになったからでもある。
 が、精神的充実を優先する生き方は、資金が要らないことだが、収入も無いことだったからでもある。
 しかも、精神的な充実を重視するほど、外見は気にならなくなり、貧乏暮らしさえ気にならなくなり、いつのまにか衣食住も二の次になっていたからでもある。
 思えば、競い争うこと以外では、相撲の精神に共感できることが多かったことになる。

 しかも、自分の場合は、勝負でもない、観客はいない、むしろ孤独を尊重することだと言っても過言ではないほど個人的なことだ。
 なのに、日に、ほんの短時間しか集中できていなかった。
 なぜだ……
 
 
 昨日(十九日)、ふと、「一番気になることは何か」と思った。
 今更のような気もしながら、自問自答しはじめた。

「一番気になることは何か」

 象徴的なことで言うと「老化には勝てない」ことだ。
 老化は、勝負すること自体が不能なことだからだ。
 むしろ、理解や助けを必要とすることだからだ。
 そもそも、自身の内臓は見たことも無く、自身の生命生理に関する知識も無く、健康管理すらままならないわけだから。
 しかも、老化は、未経験なことであるだけではなく、学習上で可能になったことことまでも徐々に思い通りにはならなくなってゆくことでもある。

 最期(死期)も、例外なく誰もが余儀なくされることである。その予測も、不能なことだ。
 生後に知り得たことを以ては思い通りにはならないことを、象徴することが死だ。
 そもそも、自身の内臓は見たことすら無く、自身の生命生理に関する知識も無いわけだから、通常は知り得ることは限られている。
 個々に直に経験し続けている歴然としていることをすら知らなかったりもする上に、錯覚や勘違いや思い込みもある。よって、個々に直に経験し続けている歴然としていることではなく、的外れなことに夢中になったり有頂天になったりさえし、常軌を逸したりする。
 知能を誤用していた場合は最期には絶望することになり、知能を悪用した最期は生死のギャップが極端なだけに発狂的だと考えられる。

 知能も備わっているだけに、知らなければ困ることや、対処できなければ困ることが存在することは、日常的に誰でも経験する。
 知能も備わっていることによって、経験でき学習でき上達もし、五感では捉えることができない理由などを理解することもできるようになり、理解したことに基づいた対処や行動も可能になり、相応の到達や実現も可能になる。
 よって、最期に臨む心の準備に関しても、知らなければ困ることに該当する。
 むしろ、死自体は例外なく余儀なくされることは早くから知り得ることであり、最期に臨む心の準備は可能だとなると、これこそが、知らなければ困ることを象徴することだとさえ考えられる。
 
 
 自分は、三十歳になるまでは、最期に臨む心の準備に関しては全く知らなかった。
 が、死ねなかった。
 その思い通りにはできなかった体験上、出来ないことでも考えることは可能な自分の考えの無理や矛盾を実感した。
 無謀なことも考え行おうとしてしまう、そんな自分の考えを把握できていなかったことが判明したときは、自己管理できていない自分の考えに恐怖感を感じた。
 死ねなかったのも、心の準備すらできていないまま強引に死に臨むことの苦悩だったことも分かった。
 考えの無理や矛盾も、次々に解明できた。
 最期に臨む心の準備も、相応のことが存在することになり、それを自分はまだ知らないだけなのだと考えるようになった。

 しかも、肝心なことを知らないがゆえに想像し、その事実確認もしないがゆえに勝手に事実だと勘違いし、具体的な根拠も理由も欠落しているがゆえに事実だと思い込み、思い込みゆえに相応の行動をしてしまう。つまり、パニックにもなり、群集行動にもなる。
 この想像や勘違いや思い込みこそが、無謀であり、恐怖の一因だ。
 このことに関して具体的に解っているほど、相応の苦悩や恐怖はせずに済む。
 このことは、理解し納得済みだ。
 
 
 よって、最期に臨む心の準備は、七割前後までは済んでいると考えられる。
 が、準備完了であることを納得できるだけの決定的なことが欠けているので、勘違いもある可能性もまだまだある。
 残されている部分は、実際に最後に臨む際に確定するのかもしれないとも考えられるが、そうであるのなら、相応の理由や根拠は把握しておきたい。
 最期に臨む心の準備は、経験上、自分の人生の残された課題でもあるわけだから。

 うっかりしていると、最期に臨む心の準備も完了できないまま、その時がくることもありえる。
 経験上、分かっていることが、できていなかったとなると、少なくとも悔やまれることは間違いない。
 先送りしがちで、気にしていなかったような気がしていたりしただけで、年々、無視できないこととして気になるようになったのだろう。
 
 
 母は、人生が残り少ないことは明らかなのに、聞く耳持たず、障害者の認定を受けて特注の補聴器を手にしたのに使いもせず、テレビの音量も消し、「聞こえないから」と言う。が、そもそも聞こうという意思や相応の努力が見られない。
 見ただけで分かることも見もせずに、根拠も理由も無く上辺を繕うばかりで、騙し欺くようなことに固執し、ついには逆上気味になり、強情さを捨てられないことは明らかだ。
「くそ婆」「鬼婆」と言ったところで、反省する気配すら見せない。
 自分が考えて行っていることを認め難い、そんな悪循環に陥っているのだろう。
 愛想よくすると、すぐにいい気になる。
 それは、俺にはできない。
 残念だが、今の自分が協力できることは限られている。

 むしろ、自分にとっては、そんな母でも、反面教師としては存在価値があることは間違いない。

 

趣味の写真、冬季間は撮影しないので……
当ブログの冬季間の背景画を……





 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
夏場は、相互応援アクセスは中断します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
311位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
51位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR