FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ◆思考のウォーミングアップ

いまだに未知を彷徨う未熟さ

 

 たくさんの応援アクセス、ありがとうございます。
 相互応援アクセス、歓迎中です。

 当地、今冬の雪は、現時点では少な目です。

 管理人「kisuke(喜助)」の人生上では、雪で行動が制限される冬場こそが、精神面の整理上好都合なのですが……

 
 
 思考のウォーミングアップや冬モードへの意識の切り替え。
 と言うより、これをメインにして生きてきたようなものだった。
 なのに、今冬は、すっかり難しくなっている……
 
 
 昨年十二月三十日から寝たきりになった母は、今年一月十二日に起きてくるようになり……
 二月月六日には、二月八日からデーサービスのお世話になることも決まった。
 ただし、病院への送迎は、九十歳代半ばとはいえ母の現状では該当しないという。
 母が毎月一回通院している二カ所の病院への送迎は、今迄どおりに自分がやるしかない。

 が、母のデーサービスが決まっただけで、明らかに自分の気が楽になった。
 思えば、自分の最期に備えた心の準備や老化や死に関することよりも、年末以来、直面していた、九十歳代半ばの母の老化や病気や葬儀などを、自分は無視できるはずもなかった。
 年末には、母の葬儀代として貯めてあった定期も、解約して使ってしまった。その直後のことだったから、尚更だった。
 つまり、環境上のことに気を取られて、精神面の成長や充実は疎かになったのだ。

 自分の精神面の成長や充実を優先して、その妨げにしかならない目を奪い心まで奪おうとする人為的なことは敬遠し、衣食住まで二の次にするようになったが……
 五感を刺激する環境上のことには、もともと安全上などでも意識を奪われがちだ。
 他方の精神世界は、内面であり、そもそも五感では捉えることができない。
 まして、五感でも捉えることができない気持ちや考えや記憶の無理や矛盾は、気持ちや考えや記憶などを思考上で整理しないと解明できないし解決できない。
 根拠になる事実は、五感で捉えることができる。が、関係や理由(性質や条件)や、因果関係や法則などは、記憶を整理して思考上で捉えるしかない。
 思考上で理由や法則などを理解できた場合は、その理解したことを基に行動することもでき、相応の結果にもなる。つまり、約束とはどういうことかを理解できた場合は、それに基づいたことも可能になり、約束を果たすことも可能になる。また、ルールを憶えたスポーツに関しては、憶えたルールに基づいた協議が可能になる。また、教えてもらった道順を理解できた場合は、その理解したことを基に目的地に到達することもできる。
 言うまでもなく、思考上で整理しないことは、理由や法則も理解できないので、未理解な理由や法則に基づいた行動はできないし、相応の結果にもならない。約束の内容を未理解だと約束を果たすことはできないし、ルールが無いスポーツは争いでしかなく、道順を知らないと道に迷いもする。事故になったりもするし、痛い思いをしたり、損をしたりもする。
 そういう性質上、精神世界でも、迷走していたり妄想に陥っていたりさえする。
 そんな場合も、内面的な精神内容こそが、行動や結果を左右していることを物語っている。
 もちろん、内面的な記憶や思考や判断などが、行動や結果を左右している中枢だということになる。
 この、自分の精神面の制御ができないどころか、精神的な内容の具体的な把握や解明や解決ができないのは、いまだに、自分の精神面の把握や理解が不十分だからにほかならない。
 
 
 二月八日。母のデーサービス初日。朝、今冬一番の大雪だった。
 目には見えない誰かが、「慎重にやれ」と言ってくれているような気がした。
 思えば、昨年から、そんな気がすることが多い。が、具体的なことは不明だ。

 というより、母のデーサービスが決まったことで、自分は気が楽になったのに、以前にも増して自分のヤル気も無くなっている……
 現に、こんな簡単な日記的なことしかしていない……
 なぜだ?
 何に気を取られているのだ?
 否。なにがなんでもやらなければ云々と言う思いは無くなり、焦りのようなものは消えている……
 いまだに、未熟だからなのか……
 母を説得することは、諦めたからか……

 母は、若い頃に花嫁修業で和裁を習得し、内職で花嫁衣装や寝具などを縫って、自分たち三人の子供の学費を稼いだが……
 ガスコンロに鍋をかけて点火すると、その場を離れて他のことをやるのが癖になった母は、幾度も鍋を焦がした。
 俺が幾度も言っても、聞く耳を持たなかったからだ。
 そんなこともあって、火災警報器を三個所に付けた。それが、さっそく鳴った。その後は、母は、点火したガスコンロから、離れることは減少し、離れる際には消火するようにもなった。
 ところが、しばらく経ったら、また火災警報器が鳴った。あの二度目以来、ガスコンロに関しては、母のいい加減さは改善され、火災警報器も鳴ることは無くなった。
 もちろん、母も、言葉を憶えただけではなくいろんなことを憶えて、相応のことをしている。母にも、学習力もあり思考力もあり理解力もあり、相応の行動もでき、相応の結果にもなる。
 にもかかわらず、基本的にいい加減だと、火事になりかねないし、似たようなことも起きる。
 それを解決できるのは、母の学習力や思考力や理解力だからこそ、それは尊重しなければならない。
 よって、最低限のことは知り考え理解してしっかりやってほしいし、実際にできるわけだから、俺は怒鳴りもする。
 が、あまりにも知らないからこそ、根拠も理由も無いまま炊事を一人前にできると勝手に思い込んでいる母は、夕暮れなのに、照明も点けずに調理する。計量をすることは無い。味見をすることも無い。もちろん、火加減をすることも無い。シンク内に散在しているゴミを、流すことも無い。
 でも、そんな程度のことに対しては、俺も注意しなくなった。
 ところが、母は、炊事をやらなくなり、野良仕事もしなくなり、やることなすことが一層いい加減になった気がする。
 しかも、二週間も寝たきり状態になった。
 もちろん、運動不足の弊害を再三指摘した。
 が、母は、改善しないどころか、反省すらせず、そもそも不利なことや知られれば不都合なことは認めない。むしろ、「なんと言われてもかまわない」と憤慨気味に吐き捨てる。自分は悪いことはしていないと言わんばかりに、強情を張る。口うるさく指摘するお前の方こそが悪いとまでは言わないが、少なくとも、俺が言うことに対して、母は聞く耳を持たない。
 反面、耳触りの好い言葉をかけられれば、母はすっかり好い気になりがちだ。が、上辺だけを偽装しているようなものであり、それに満足するわけだから、褒め殺されているようなものだ。
 パワハラだのモラハラだのと強調されれば、母の場合は過保護にされるだけだ。モンスター云々と言われている状態に育ちかねないとも考えたりする。

 そんな母は、最期にどんな思いをするのだろう。
 が、それに対する、為す術も、俺には無い。

 というより、自分も、自分の精神管理ができていない。
 もちろん、自分は、精神的成長や充実を諦めるわけにはいかない。
 俺は、すでに失格や失敗だらけだが、可能な限り理解を深めるし、俺の人生を生きる。
 なのに、それに、今冬は一向に集中できない……
 
 
 二月十二日。母は二度目のデーサービス。
 近年の母は、ほとんど時間潰しをして過ごしているようなものだ。
 つまり、貴重な人生の残りを、わざわざ無駄にしているようなものであり、最期には後悔するようなことばかりしている。

 が、そう思うのは、今冬の自分も、同じような状態にあるからだ。
 そうではない生き方を、俺はしてきたはずだ……
 すでに、各部は分かっている。
 が、総体的な整理はできていない。
 未熟だからだが、まだ無理や矛盾もあるからなのだろう……
 それは、総体的な整理を行うことによって明らかになり修正や改善も可能になるのかもしれない。

 でも、こんな日記的なことしかしていない……

 むしろ、母は、今回は、俺の言うことを聞いた。
 だから、デーサービスを利用することにしたわけだから。
 
 
 二月十三日。母は、月に一回の通院。
 いつも、病院で母を下して、自分は帰宅し、母からの電話で、迎えに行く。
 が、今回は、帰宅して、インスタントコーヒーの準備を始めたら、電話が来た。

 そろそろやらないと、貴重な冬場が無駄になってしまう。

 現に順調にいかない。だから、けっこう解った気がしているのは、勘違いでしかないのだ。
 勘違いや思い込みに二度と陥りたくないからこそ、再三、確認して整理し詳しくなり、理解したことを基に相応の識別や自覚が可能になったのに……
 理解は、不十分なのだ。
 的外れなのかも……
 趣向、目標、それらを変えてみるか?
 結局、模索をするしかない……
 そんなに未熟なのだ……
 
 
 二月十五日深夜。母の三度目のデーサービスの日の深夜。
 トイレに起きて、気づいた。タイマー予約での炊飯の準備をし忘れていた。
 毎朝、白ご飯を食べる。この炊飯も、自分の担当で、前夜、タイマー予約の準備をして、寝る。
 これを忘れていたのは、初めてだった。
 寒さが続いていて、深夜で、火の気がすっかり無くなった中で、にわかに準備をして、また寝た。
 
 
 二月十七日。
 朝、起きてから、ご飯が無いことに気づいた。
 タイマー予約による炊飯の準備も、完全に忘れていた。
 これは、まずい。
 自分こそ、しっかりしないと。
 
 
 二月十八日。
 昼、少しは意識の切り替えに通じるかもしれないと思い、昨秋収穫して保存してあった栗を出し、母にも皮むきをさせて、久しぶりに栗ご飯を炊くことにした。
 栗は、収穫後、低温で保存すると一層おいしくなると聞いた。試してみたら、確かにそうだった。以来、毎年、栗ご飯を数回やる分は栗も保存しておくようになったものを使う。
 栗の皮むきは大変だが、それ以外は、自分ができる炊き込みご飯の中では最も簡単で一番美味しい。
 炊飯器は、圧力タイプで炊いた方が、栗を噛んだ時に粉状にホクホクになるように炊ける。
 保存栗は、半ば正月用なのだが、今年の正月は母が寝たきり状態だったこともあって、食べそびれていたのだった。
 結果は、期待どおりだった。
 これで、気を好くして、頑張ろう。

 しかも、快晴だ。
 あっ、思えば、すでに雪解けを急がせるようなことだけは欠かさずやっている。
 そうだった。この時期になると、春に期待してしまうのだ。
 二月中旬を過ぎると、積雪もピークを過ぎる頃だ。
 しかも、今冬は雪が少なめだ。
 さまざまなブログでも、梅の開花や桜の開花情報を目にするようになる季節だからでもある。

 今月は、残り十日しかなかったのだった。
 
 
 二月十九日。今日、母は四回目のデーサービス。
 明らかに快方に向かっている母は、当分は大丈夫だろう。

 あっちゃー、自分のブログに、ついに広告が出ている。

 こんな日記的なことをしている場合じゃない。
 自分は自分なりに頑張らなきゃ。

 たくさんの応援アクセスを無駄にはできない。
 相互応援アクセスだけに、ブログの人気を捏造しているようなものでもあるが、それでも自分が気を好くしていたことは事実だし、それで継続できたことも事実だ。

 生理的に生きている限り、精神的には諦められない。
 自分が臨んでいることは、極めて個人的なことではあるが、生存上の基本的なことや基礎は誰にでも共通だ。
 むしろ、猫や犬にも共通することであり、野生動物にも共通で、植物にさえ共通することなんだから。
 
 
 気づき、それを確かめて知り、更に整理するほど具体的なことを理解でき、相応の識別や自覚や思考や判断などが可能になり、相応の振る舞いが可能になり、相応の結果になる。
 だから、知ったことを頼るしかない。

 三十歳以前は、あまりにも無知だった。
 つまり、どんなことを知らないのかをすら知らなかった。知らないがゆえに想像し、事実確認もしないがゆえに事実だと勘違いし、根拠も理由も無いからこそ思い込み、思い込んだからこそそれに基づいた行動をしようとしたのに、そうであることをすら知らなかった。
 そうだったことに、三十歳になって気づき知り具体的に理解し、以降は次々にいろんなことに気づき知り具体的に理解した。
 この次々に気づき知り具体的に理解したことを以て、三十歳以前は、考えるだけで理解できることも未理解だったほど無知だったことが実証されていった。

 もちろん、知ったことこそ、頼りになる。

 

趣味の写真、冬季間は撮影しないので……
当ブログの冬季間の背景画を……





 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
夏場は、相互応援アクセスは中断します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
329位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
55位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR