FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ◆思考のウォーミングアップ

整理不十分でも話したいこともある

 

 たくさんの応援アクセス、ありがとうございます。
 雪が有る間は、相互応援アクセス歓迎します。

 当地、今冬の雪は少な目なまま、二月中旬に続いた極寒からも脱し、一転して、二月下旬は雪解けがはじまり春が待ち遠しい陽気が続いておます。

 管理人「kisuke(喜助)」の人生上では、雪で行動が制限される冬場こそが精神面の整理に好都合なのですが、今冬は有効活用がままなりませんでした。
 人生が残り少ないことや進行するばかりの老化を考慮すると、今年も夏場にも精神面の整理を頑張ります。

 
 
 思考のウォーミングアップや冬モードへの意識の切り替え。
 今冬は、他のことに気を取られていた……

 母の自立に対する説得云々でもなかった……
 むしろ逆で、自分が理解を求めていた……
 誰かの理解を得たくて、身近な母にだけでも理解してほしかったのだろう……

 もちろん、自分が自信が無かったからだ……
 理解してほしいことも、自分でも整理不十分で理解も不十分なことなんだから……
 説得などできるほどの完成度でもなかったわけだから……

 しかも、母のデーサービスの利用を決めたことで、自分は母の自立心を説得する類のことは諦めた状態になった……
 が、そんな気がしていただけで、実際には、母に理解を求めることを自分が諦めたような状態になった……
 だから、自分のヤル気も萎えたのだ……

 デーサービスの契約が成立し、母はデーサービスに行き始めた。
 それで、自分も一安心した。
 すっかり気を取られていたことで、一安心しただけに、自分のヤル気は不要になったのだ……

 自分は、自分の精神制御や精神管理ができなかった……
 五感で捉えることができる環境的な刺激が優先しがちで、自分の精神面とはいえ五感では捉えることができない内面的なことであるだけではなく、思考上で整理しないと捉えることができないことだけに、それらは疎かになった。
 自分こそ、精神的には、いまだに自立できていない……

 が、自分の自立が重要であることが明らかになった。
 最期は、誰でも独りで他界に臨むしかない。道に迷うか否かは、どれだけ繰り返し行ったかや、どれだけ詳しく知っているかに左右される。他界といえども、本人が生存中に得た知識や学習内容に左右される。
 この、他界へのルートや他界への扉なりを見出すことが自分の人生の最終課題だと考えられ、この完了が目指している理想だ。が、少なくとも精神的な自立や独り歩きは実現していることが望ましい。

 最終課題は、理想的には、根拠も理由もあって可能性を期待できる内容であるに越したことは無い。
 少なくとも、誰も悲しんだり落ち込んだりする必要が無いんだという内容や相応の生き方をしていて、誰も悲しんだり落ち込んだりする必要が無いことを裏付ける根拠も理由も明確で、理解し合え納得し合える具体的な内容であることが望ましい。
 言い換えると、難解で説得力が無く意味不明な御経や御布施などは無用だと言い切れるくらい、根拠や理由が明確で説得力がある具体的な内容であることが望ましい。

 もちろん、誰でも経験して記憶に溜まることを整理するだけで理解できることが望ましい。
 誰でも経験し記憶に溜まったことを整理するだけで理解できることなら、必要なことは内向する冷静さであり、他に目を奪われたり心を奪われたりしないことだ。
 つまり、学歴や資格は不要で、資金や費用も無用で、荒行や苦行や修行も要らず、流儀や作法すら問わない内容であることが望ましい。

 そんな類のことを、いつかは、母と話したかったことも事実だ。
 母は、安直に死を忌み嫌ってきたからでもある。
 とはいえ、母が思っているような馬鹿息子な俺の邪推に過ぎないのなら、その方が、今の俺にとってはむしろ救いでもあるのだが……

 通常、両親や祖父母や先祖や祖先が死んで逝った際に、どういう思いだったのかを考えただけでも、そうありたくないとか、自分の最期はこうありたいなどと思うだけに、自分の最期に備えた心の準備がはじまるようなものだ。
 が、安直に死を忌み嫌い続けた場合は、自分が最期に臨む際の心の準備はできない確率の方が格段に高い。
 となると、自分が忌み嫌い続けていた死を、やがては自分が余儀なくされることになる。

 最後の審判は、自ら下すことになっている……
 知能も備わっているだけに、生きていることはどういうことかは誰でも直に経験し続ける。恐怖感などの感情も備わっていて、思考力も理解力も判断力も発揮するようになる。迷うか否かは、自分が得た知識やその確かさに左右されるわけだから……
 なのに、その他のことに、目を奪われることもあれば、心まで奪われることもある。しかも、優越感を抱きもするし、慢心したりさえするわけだから……

 が、自分は、理解不十分なことである。
 しかも、自分は、勘違いや思い込みも絶えないわけだから……
 まだまだだ。自分こそまだまだなのだ……

 

趣味の写真、冬季間は撮影しないので……
当ブログの冬季間の背景画を……





 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
夏場は、相互応援アクセスは中断します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
71位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR