FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ◆他界に臨む心の準備

「他界に臨む心の準備」今回は小休止

 

 たくさんの応援アクセス、ありがとうございます。
 相互応援アクセスは、夏場は中断します。

 パソコンも老化したのか、不調なだけではなく、最近は不穏な動作までします。
 老化に伴う眼精疲労の悪化も避けたいです。
 実生活は精神面の充実優先につき、貧乏暮らしなので、夏場は生存維持の野良仕事が必須になります。

 
 
 この時期は、夏場モード(生存維持のための野良仕事優先)への切り替え期につき、「他界に臨む心の準備」は今回は小休止です。
 
 
 
 かつて、叔父(父の兄)の葬儀の手伝い中に気づいた。十分に食べたのに、満腹感を感じなくなった。それどころか、まだ食欲がある。
 当時、体重も5㎏ほど増えた。

 その後、従兄弟(数年前に他界した父の兄の長男)が他界した頃も、また満腹感を感じなくなり、更に体重が増えた。

 増え続けた体重は、ピーク時には90㎏に達しそうだった。

「太っていることは、健康の証だ」などとも言っていた。
 そのイメージは、子供の頃から抱いていたものだった。
 
 
 満腹感を感じない体験以前に……
 自分の苦悩や葛藤体験ゆえに、想像や勘違いや思い込みや固定概念などの特徴や性質を知った。よって、想像や勘違いや思い込みや固定概念などを参考にしたり基準にさえしていたことによって生じていた思考の無理や矛盾をも解明でき、相応の葛藤や苦悩は解消した。

 つまり、詳しく知らないことであり、具体的な識別や判断ができないことであるがゆえに、想像し、事実確認もしなかった。
 その性質上、想像し放題だ。そうであることをも知らなかったから、そうであることを自覚もできず、よって自制もできず自己管理できなかった。
 もちろん、想像が暴走していたようなものであり、妄想に陥っていたのだった。

 具体的な判断ができないがゆえの想像の内容上、心配どころ苦悩しはじめたことも一因だったわけだが……
 具体的な判断ができないのに、想像上のことを基に心配したり苦悩してしまったこと自体が、葛藤の一因だったとも言える。

 想像に過ぎないことを自覚できず、事実確認を行わず、根拠も理由も無かったからこそ、自分が想像しているに過ぎないことなのに事実であるかのように勘違いした。
 まさに、思考内容が無理だった。

 勘違いしたどころか、事実だと思い込んだ。
 思い込んだからこそ、相応の行動までしようとした。
 でも、相応の行動までするとなると、無理や矛盾がある。これによっても、葛藤が生じた。

 その想像の基になった、イメージの存在も明らかになった。
 それも、想像に過ぎないことだったのに、確認し難いことだっただけに事実だと勘違いし、いつのまにか事実だと思い込み、相応の行動をするようになり、疑問も抱かなくなったがゆえに、記憶に定着してしまい固定概念になったものだと考えられた。
 それを基に想像していただけに苦悩や葛藤を余儀なくされたわけであり、もちろん自分の意に反することでもあり、誰もがそう考えているとも限らない。そういうことだったことも分かっただけに、その固定概念は覆された。

 そんな経験上、安易な想像は止め、事実確認をするようになった。
 つまり、自分の経験を基に理解したことである想像や勘違いや思い込みや固定概念の性質や特徴を基に確認し、根拠も理由も無い思い込みや固定概念も積極的に覆すようになった。
 そんな経験上、自分の精神面の把握や理解や充実を重視するようになり、衣食住は二の次になっていった。


 その後に、満腹感を感じなくなり、体重が増えただけに、その理由も精神的なことが要因ではないかと気になった。
 が、太った体重に慣れたからだったのか、気にしなくなった。
 このことに関しては精神的な要因も、解明できないままになった。
 
 
 そして、集団検診を受けるようになった。
 自分でも体重が気になりはじめた。
「太っていることは、健康の証だ」的なイメージも気になりだした。

 かつて、自分の勘違いや思い込みなどの特徴や性質を解明して、勘違いや思い込みをも参考にしていた考えの無理や矛盾を解消できた。
 その経験を参考にして考えた……

「太っていることは、健康の証だ」と思っているが、実験したわけではなく、事実確認すらしたわけではない。つまり、根拠も理由も無い想像上のイメージに過ぎない。

 そうだったのに、想像上の「太っていることは、健康の証だ」というイメージの事実確認もしなかったがゆえに、いつのまにか事実だと勘違いしたのだ。

 しかも、根拠も理由も無視したからこそ、「太っていることは、健康の証だ」というイメージをいつのまにか事実だと思い込み、つまり疑問も抱かなくなった。

 疑問も抱かなくなりった「太っていることは、健康の証だ」というイメージは、いつのまにか記憶に定着して固定概念化した。


 そう考えられた。
 が、「太っていることは、健康の証だ」という思い込みや固定概念を、覆すまでには至らなかった。

 体重を減らすことにも、本気はなれなかった。
 でも、本気になれないのは、「太っていることは、健康の証だ」的な思い込みや固定概念があって、それに反することを行うことになるからこそ難しいのだ、と思うようになった。
 体重を減らしたいという思いも持続した。
 だからだったのか、結構な年月を要したが、85㎏まで減った。

 慣れなのか、また体重を気にしなくなった。
 
 
 やがて、集団検診のたびに「これがメタボだ」と言われるようになった。
 体重を減らしたいという思いは復活し、持続した。
 だからだったのか、努力をしたわけでもなく、数年は要したが、5㎏減って80㎏になった。
 それでも、集団検診では「これがメタボだ」と言わた。
 いろんな努力をしたのに、それは評価されない。

 たしか、缶コーヒー類を自分で買って飲むことを、まず止めた。
 思えば、最初に体重が減ったのは、あの頃だった。

 でも、タバコは止められなかった。
 禁煙を試みるたびに喫煙本数が増え、1日の喫煙本数が40本になった。
 よって、喉の不快感を自覚するようになり、それだけ禁煙を真剣に考えるようになった。
 思えば、止めたいのに、止められる知識も無く、自信も無かっただけに、それらの事実を隠し偽るように「好きで吸っている」などと言って愛煙家を気取っていた。あの偽装の愛煙家に見せかけるために、喫煙本数が増えたのだ。が、偽装は、大人げない。だから、更に偽装する。よって、喫煙本数が増えた。
 喫煙しはじめた理由を考えたところ、中卒後に上辺だけ大人振るためにタバコを吸い始めたことを思い出した。その上辺だけの偽装を更に偽装し続けていたようなものだったのだ。もちろん、偽装は、大人とは言えない。いわば、非大人だ。
 むしろ、大人げない見せかけだけの嘘の類を止めることができてこそ精神的にも大人へと成長できる。
 相応の思い込みや固定概念を覆したりするなどの自分の精神面の把握や改善ができてこそ、相応の行動的なことを改善することもできるわけだから。
 そんなことに気づき、即座に、開封済みの煙草も買い置きの煙草も父にあげて、突然の如く絶煙した。2002年12月下旬のことだった。
 絶煙こそが、自信になった。誰かに評価されることよりも、自信の方が重要であることは間違いない。
 以後、吸わない方が自然だとも感じるようになった。
 
 
 体重の減量も、できないことではない。
 ただし、体重減量の場合、絶煙のように一気にできることではない。時間も要することなので、簡単なことではない。こういうことを把握できていることも、やり遂げる際の精神管理上は重要な情報になる。
 喫煙本数が増えたのと同様に、肥満に至った理由にも偽装があるのかもしれない。「太っていることは、健康の証だ」と言って正当化していたことは事実であり、相応のイメージを抱いていることも事実なんだから。
 肥満に至った理由にも、思い込みや固定概念もある。その、解明や解決も必要だ。
 そもそも食べることは、生きることに直結していることでもあるんだから。

 減量するにしても、自分は精神面の自己管理の一環だ。
 自分の思い込みや固定概念を覆してきた自分は、栄養ドリンクやサプリメントなどは頼らなかった。
 両親は、かつて、アロエのジュースを愛飲した。そのアロエのジュースを入手できなくなったが、変化は見られなかった。なのに、その後は、栄養ドリンクやサプリメントを頼りがちだった。それは、思い込みどころか、思い込みに過ぎなかった愚かさを偽装することに執着しているのではないかとさえ思えたものだった。
 その後、所属していた団体の先輩が、「うちの婆さんが『○○の店のリポ○タンが一番効く』と言って、その店までわざわざ行って買う」と言い、それは周知のこととなった。
 小麦粉でも、医者が「胃薬だ」と言って渡すと効果があるという話を聞いたことがある。
 栄養ドリンクやサプリメントも、愛用者の思い込みによる効果に過ぎなかったりする。
 もちろん、それぞれの自由だ。
 それぞれの自由だからこそ、自分の場合は、あくまでも自分の精神面の自己管理の上達や自信になることを選択する。
 自分の精神管理ができないことこそが不自由の極みなんだから。
 テレビコマーシャルの出演者は、相応の出演料などを貰えるからこそ努力してでもダイエットする。それを、商品の効果だと真に受け思い込もうものなら、詐欺にあいかねない。
 与えられたイメージを、真に受け、思い込み、相応の行動をするようになる。その愚かさを偽装し、逆上してまで正当化する。そうなると、洗脳されて翻弄されている類になる。
 その類は、避けたい。

 酒は、各団体に所属しなくなったことで、親睦会で酒を楽しむことは無くなって久しい。
 自分は体質的に酒に強い方ではないことも分かっていた。
 そもそも、貧乏暮らしには、無駄遣いでしかない。
 自分にとって重要なのは精神面の成長であり充実であり、それに反することでもある。
 そんなことを思うようになり、自分で買ってきて飲むことは無くなった。
 母に対しても、「買ってくるな」と言って禁じた。
 そうしているうちに、酒は止めた。

 2017年、姉が農作業中に足首を捻挫し、忙しいので我慢して仕事をしたこともあって悪化させた。
 膝や関節の話が、自分も気になるようになった。
 老後も膝や腰を無事に維持したいとも思うようになった。
「太っていることは、健康の証だ」的な思い込みや固定概念も、覆したい。

 そんなこんなで、2018年春、ついに意図的に体重の減量に臨んだ。
 2月頃、体重5㎏減量。
 減量した体重を維持したまま春の集団検診。
 集団検診の問診の担当医が変わったこともあってか、「メタボだ」とは言われなかった。

 5㎏減量した体重に、すっかり慣れた昨年の夏。
 身体が重苦しいと思うようになった。
 気になって体重計に乗った。体重が1.5㎏ほど増えていた。
 そのことから察し、昨春に徐々に減量しただけに、軽くなりかつ楽になった実感は薄かった。が、1.5㎏ほどとはいえ急に太ったことによって重苦しさや窮屈さを実感したのだと考えられた。
 ということは、太っていた頃は重苦しさや窮屈さを感じなかったが、徐々に太ったからであり、しかも太っている状態に慣れてしまったからだったと考えられた。
 太っていることは、決して健康の証ではない。
 ついに、「太っていることは、健康の証だ」的な思い込みや固定概念が、実体験によって覆りはじめた。
 すみやかに、1.5㎏減量。
 
 
 そんな経験上、今春も、5㎏減量。
 今回は難儀し、集団検診にも間に合わず、目標まであと0.5㎏だったが、数日後に今春の目標達成。

 ピーク時から数㎏減量、その後5㎏減量、意図的に昨春5㎏、意図的に今春5㎏。
 ピーク時からだと、18㎏前後減量した。
 当地で18㎏前後の物といえば、リンゴ生産農家が使用しているリンゴ箱の中身が18㎏前後。
 18㎏前後の物を、持ち上げるとなると、かなりの重さだ。持ち続けるとなると、早々に限界がくる重さだ。
 でも、体重のピーク時にも、そんなに重いものを持ち上げているほど足腰に負荷がかかっている実感さえ無かった。慣れてしまっていたからだったのだろう。
 また、いずれの減量時も最大で5㎏で、少なく。しかも、徐々に減量した。だからだったと考えられるが、軽くなりかつ楽になった実感も薄かった。これにしても、徐々に慣れていったからだったと考えられる。

 ということは、慣れは、思い込みや固定概念の形成にも影響していたのだ……

 いずれにしても、自身の関節の負担だけは相応に楽になったことは間違いない。
 
 
 意外だったことは、減食程度では、痩せないことだった。
 今春は特に、目標だった集団検診に間にあいそうもなくなったので、夕食を断ちはじめたが、なかなか痩せなかった。

 むしろ、いかに無駄な飲食をしていたかを思い知らされ、いかに他の命を無駄に食っていたかを痛感させられた。
 私物とは言い難いこの身体が不健康になるほど、飲食していたのだった。

 いつのまにか思い込んだイメージや固定概念が、太る結果に通じる行動をさせていた。だからこそ、それに反することになる減量が難しかった。
 そんな思考や判断や行動をさせてしまう、思い込みや固定概念は、もちろん要らない。
 
 
 今後、更に5㎏減量して、体重65㎏前後にする。

 根拠も理由も無い思い込みや固定概念が、確認された事実によって覆されたこともあってか、夕食を断つこと自体は無理ではなくなった。
 習慣や癖的なことに関することが、今後の精神管理の要になる。

 生まれる機会に恵まれ、生き物の一生を体験できることに感謝して、私物とは言い難いこの身体の健康管理をする。
 そうしつつ、他界に臨む心の準備を行う。

 体重の減量も、精神管理も必須で、精神管理は他界に臨む心の準備にも通じる。
 むしろ、とても私物とは言い難いこの身体の、私物化は避けたい。
 また、以前からやってみたいと思ってはいた断食も、浮世を離れた大自然の中で試してみたい。
 
 
 もちろん、誰でも直に経験し続けていることである「生きていることはどういうことなのか」とか「自分は本来はどんな生き物なのか」などの誰にでも共通することに関しては、とても私物とは言い難いことであるだけに、他界に臨む心の準備をするにしても根拠や理由に相応しい。よって、更に理解を深める。
 浮世を離れた、大自然の中で。

 

趣味の写真、撮影しはじめてはいるのだが……
まだ当ブログの背景画を……





 

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
夏場は、相互応援アクセスは中断します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
331位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
54位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR