FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ◆他界に臨む心の準備

「他界に臨む心の準備」再開

 

 たくさんの応援アクセス、ありがとうございます。

 相互応援アクセスは、夏場は休止します。

 
 
 
 山菜が採れ始めるこの季節、つい山野に出向く。
 野良仕事などの現実的なことに、年毎に気を取られるようになってきているような気もする。
 写真撮影も、今日は駄目かもしれないと思いながらも、出向く。
 が、いずれも、浮世から、離れることができる。目を奪い心を奪おうとする行為から、離れることができる。つまり、自分の精神面が左右されがちなことから、離れることができる。
 よって、自分の考えや模索などを優先できる。
 だからだよな。
 
 
 山菜は、非人工的なものだが、間違いなく季節的に育ち、採れる。
 そんなことが、記憶にも残っている。
 なので、相応の季節が想起してくれて自分の心に期待が生じて、行動が促される。

 野良仕事は、植物の性質を基に、自分が予想した結果になることに期待して、相応の人為的なことを行う。

 朝焼けや夕焼けの写真撮影の場合は、ちょっと違う。
 気象現象は、自分の思い通りにはならない。それどころか、自分の浅知恵では予想すら容易ではない。
 なので、知識を得るためにも撮り逃がさないためにも、自分好みの撮影場所に出向く。
 そして、地上からの実際の気象現象を撮って、パソコンで見る天気図や気象衛星の画像などの上空から捉えた情報と見比べる。
 つまり、パソコン上の情報を基にして、地上から見れる気象現象を予想して撮影場所に出向くだけに、より的確に予想できるような情報を収集する。
 
 
 今年は、まだ夕日と夕焼けの撮影にしか出向いていないが、五月は好天が多かったので、二十二日の時点で十五回出向いている。
 でも、まだ夕焼け自体が、少ない。そこそこの夕焼けも、無いに等しい。期待している雲の下を夕日が照らすタイプの夕焼けは、もちろん無い。
 つまり、的を得たような情報を得られる気象状態にも、まだなっていない。
 が、この辺りに雲があると夕焼けにはならないとか、よってこの辺りが晴れていないと夕焼けにはならないなどの、逆説的でもあり失敗は成功の基的でもあり反面教師的ともいえるような情報は得られる。よって、着実に的は絞られている。なので、決して無駄でもない。

 しかも、繰り返し出向くうちに分かったことだが、ガソリン代を気にしながらも懲りずに出向くのは、相応の理由もあるからだった。
 そもそも、人間関係を断って自室にこもったことによって、自分の勘違いや思い込みや固定概念をも覆すことができた。つまり、尤もらしく見せかけ本当らしく工作したことを見抜けるようになり、本来の自分を取り戻すことができた。
 よって、それぞれの自由だったことも分かり、尤もらしく見せかけ本当らしく工作したテレビドラマなどは見なくなった。
 むしろ、自分が未知だったことである「生きているということはどういうことなのか」とか「本来の自分はどんな生き物なのか」に関心が向いただけに、それ以外のことに浮かれている浮世は敬遠するようになった。
 だから、自分のこんなことを客観的に捉えられるようにもなった。

 撮影現場は、大自然の広大な空間の中だ。
 そこで、独りで、思い通りにならないどころか浅知恵では予想すら容易ではない気象現象に臨む。
 よって、自分の記憶内の役に立たない勘違いや思い込みや余計なだけの雑念からも、離れることになる。
 しかも、自分にとって望ましい気象現象になることに期待して臨む。これが、自分にとって未知なことを捉えようとする模索に似ている。
 自分にとって未知で未理解なことを捉えようとしているうちに、写真撮影は二の次になっていたりする。

 新緑に変わってゆく大自然の中は、「生きているということはどういうことなのか」に思いを巡らすのには格好の環境でもある。
 そんなことでもあるから、写真の成果は一向に無くても出向く。
 出向くのは、夕焼けではなくても稀に見事な自然現象になったりするからでもあるが、未熟で勘違いも思い込みも無くならない自分の精神面にとっては、妙薬に優る環境だと分かってきたからこそだ。
 浮世に、それだけ自分が惑わされがちだからだが、夕焼けの撮影に出向く山中では、本来の自分を捉えることも可能になるからでもある。
 それは、自分が生後に知り得たことよりも以前から存在し、自分が生後に知り得たことよりも優れていることに臨むことでもある。

 夕日が彼方の尾根に沈み、夕焼けになり、夕焼けの名残で彼方の稜線だけが浮き彫りになる時間帯は、自分の末路に思いを馳せるに相応しい環境でもある。
 
 
 そもそも、誕生の背景である進化に関することは、自分は知らない。
 自分の祖先や先祖に関しても、知っていることは限られている。
 自身が誕生した経緯も、実際には知らない。
 知らなかったことを憶え練習相応に上達したのに、この学習に関することも未理解だった。
 かつては、自身の生命生理が自律して機能していることをすら知らなかった。
 それどころか、想像や勘違いや思い込みなどの自分の思考に関することをすら三十歳になるまで未理解だった。
 もちろん、生後に知り得ることは、その性質上、限られもするし偏りもする。しかも、勘違いや思い込みもある。そうであることを理解できたのも、三十歳以降だった。
 いまだに、自身の内臓なのに見たことすら無く、自身の生命生理なのに具体的なことは未理解だ。
 いつのまにか、「他界に臨む心の準備」を重視するようになり、その時が明らかに近づいているのに、死とはどういうことなのかも、いまだに具体的なことは知らない。
 
 
 ならば、浮世に流され、流されるまま浮かれて、浮かれたまま死んで逝けるのなら、「他界に臨む心の準備」も必要無い。
 が、それは成立しない。
 自分と言ったり自身と言ったりするが、この身体は、私物とは言い難い存在でもある。
 学習力も思考力も理解力も備わっているし、思考力も理解力は日常的に発揮していることになり、日常的に磨かれていると言っても過言ではないわけだから。
 最期の審判は自ら下すことになる。
 
 
 こんなことを書いて、「他界に臨む心の準備」の模索を再開するつもりでいたのだが……
 
 
 二十三日。
 前夜、ご飯を食べたモッ(モコ)ちゃん(今春満二歳になった雌猫)が、二十三日朝は立ち上げることもできなくなり、居間のモッちゃんの指定席に寝かせたら、寝たきりのまま、昼前に死んだ。

 まさに、死は、予測できない。
 生後に知り得たことは、死自体に対しては為す術が無い。
 死んだか否かのの判断さえ簡単ではない。
 そうであることを、モッちゃんが身を以て実証してくれたような結果になった。
 それらは、自分にも共通する。
 明日は我が身……、そう思うしかない。
 そんな自分に「他界に臨む心の準備」の模索は急務だと、モッちゃんが気づかせてくれたとも思えた。
 ところが、自分は予測できないことや為す術が無いことに関して、つい思いを巡らすだけに、思考は空転し、他のことに関してはボケ気味にさえなる……

 けれども、モッちゃんが、俺に考えさせている。それを尊んで、考え続けた。
 一週間も要したが、ある勘違いに気づいた。
 よって、「他界に臨む心の準備」の一つとして有効かつ重要なことに気づいた。
 それは、他界に臨む際、その環境が確かな信頼関係が築かれていることだった。
 信頼関係が確かなほど、安心できるわけだから。

 そんな誰でもやっているようなことに、いまごろ気づいた俺は、この確かな信頼関係も築けていない。
 このことにも、モッちゃんがて気づかせてくれた……
 勘違いや思い込みもある生後に知り得たことよりも、絶妙な秩序に基づいて自律して機能している生きていること自体の方が優れていて尊いことは歴然としている。なのに、そうであることを、まだ誰とも理解し合えていない。
 人は誰でも会話できるようになる。つまり、会話を介して、目には見えない意味や理由なども理解し合えるようになる。よって、理解したことに基づいた行動もできるようになる。だからこそ、協力し合うこともでき信頼し合うこともでき尊重し合うこともできる。なのに、そうであることも、まだ誰とも理解し合えていない。

 が、モッちゃんが、俺に考えさせているんだから……、もっと簡単なことなのかも……
 否……、明日は我が身……、それゆえに考えてしまうのだ……
 それとも、思考が空転するのは、まだ勘違いしているからか……
 思考が空転すると、他のことに関してはボケ気味になる。よって、頭が壊れそうにで不安になり、そんなことに気を取られ、考えることを止めてしまうことは確かだ。

 モッちゃんは、俺が勘違いしているあいだ考えさせた。だから、俺は自分の勘違いに気づけた。
 生きていたときも、モッちゃんは言葉は話せないので、俺が察し考え、相応のことを行って確かめ、俺の考えが的を得るまで、それを繰り返したりしたからでもある。

 モッちゃんの身体は、確かに死んだ。が、まだ俺に考えさせているのは、もともと言葉を話せないモッちゃんの感情や気持ちや考えだということになる。
 モッちゃんは、言葉こそ話せなかったが、感情や気持ちや考え相応の行動をしていた。これは明らかだったんだから。
 人のように、尤もらしく見せかけることも無いし、本当らしく工作することも無いし、そういうことを競い争ってまで優れたことであるかのように祭り上げることも無いわけだから。

 モッちゃんは、まだ何かに気づいてほしいのだ。そう信じるか否かて、俺が模索し続けるか否かが決まるのだ……
 モッちゃんの感情や気持ちや考えは、まだ生きている。
 否、モッちゃんの感情や気持ちや考えを、生かし続けるか否かも、俺の気持ちや考えしだいなのだ。
 それぞれの自由なんだから。
 誰かと理解し合うことも大事だが、理解し合うに値することをまず自分が理解することも大事なのだ。

 

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
夏場は、相互応援アクセスは中断します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
329位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
55位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR