FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 創作下書き 仮題「凉香と理於の本当の気持ち」

 

 たくさんの応援アクセス、ありがとうございます。

 当地は、雨不足に、高温続きで、大変な夏です。

 
 
 
「戻れるものなら、あの頃に戻りたい」
 そう思ったことが、一度だけあった。
 あの頃に、自分を見失い、上辺だけ大人振るようになり、人生が狂い始めた。あの前は、大人が煽てたり脅したりして子供を騙して言いなりにさせようとしていることを見抜けるようになっていたわけだから。
 そうだったことが、解ったからだった。

 大人の嘘を見抜いていたあの頃なら、事実関係を把握できていたようなものだった。が、無理や矛盾がある方に向かいはじめた。あの頃なら、深入りしていないので、気づきやすくもあり、無理や矛盾の解明も容易で、改善もしやすかったはずだ。
 あの頃、確かめたかったのに、言い出せないままになったこともあった。

 彼女の家に電話し、彼女の現在の電話番号を尋ねた。
 電話に出た彼女の母親が、電話番号を教えてくれた。局番は、彼女が就職すると言っていた、都会だった。「結婚したので、今は松本です」とも教えてくれた。
 彼女に電話をかけることはできなくなった。
 そもそも、自分は、勘違いや思い込みが基だった生き方に挫折し、無理や矛盾だらけだった生き方は破綻し、信頼関係では失格している。

 あの頃、確かめたかったのに、言い出せないまま、独断的に処理して意に反する方に向かった。あれも問題だった。
 人生をやり直すためには、確認して事実関係を整理する必要がある。精神的に、あの頃に戻る必要がある。
 戻りたい。

 数日後。
 意を決して電話した。
「はい。松本です」
 電話から聞こえてきたのは女の子の声で幼稚園児くらいの子だと感じた。
 お母さん、元気? と口から出そうになったが、「ごめんね。間違いました」と言って電話を切った。
 戻れるはずがない。

 でも、狂い始めたあの頃まで戻るくらいの精神整理ができてこそ、人生をやり直せる。
 子供の頃には大人の嘘を見抜いていたわけだから。だからこそ、信頼関係を回復したくて問い詰めもした。それが受け入れられないから、言いなりにはなるまいとした。なのに、反抗だと決めつけたのも大人たちだった。
 そんな大人たちに反感を感じていたにもかかわらず、同じように上辺だけ大人振る大人に自分もなっていた。
 人生をやり直すためには、分岐点だったあの頃の精神状態まで戻ることは必須だ。

 大人の理解を得られなかった幼い頃の自分の本心を、十年以上経た今の自分なら理解してやれる。
 もともと、自分こそが自分の無二の理解者でありえる。
 理解して救うなり自分で育て直すなりすることこそが、人生をやり直すことだ。
 自分で育て直すことができてこそ、精神的にも本来の大人になれる。
 が、自分の愚かさや卑劣さを認めることは容易ではなく、あの頃に独自に戻ることは容易ではない。

 そうだ。仮想の少年と少女に戻ってもらおう。
 認め難いほどの愚かなことや卑劣なことはしていない、中学三年生の同級生なら、不本意なことをしはじめていることに気づきやすい。気づいて、その事実関係や因果関係を整理しはじめ、理由などを解明して改善してゆく。
 そして、話し合うことによっても、事実関係や因果関係が整理され理解できることに気づき、それを重視する。
 そして、自己理解こそを重視し、それ以前の大人の嘘を見抜けるようになった頃の精神状態まで戻る。よって、自己理解こそが子育てをする際に子供の精神面の理解を左右する重要だったことを理解し、大人はそれを妨げているようなものであることを知る。
 更に、誰にも共通することを理解し合い、お互いの考えに基づいた生き方をしてゆく。
 仮想上でだったら、遠慮のない具体的なことも可能なはずだ。

 凉香 創作上は母子家庭が都合がいい
 理於 創作上は三世代家族 動物好き
 二人の理性を刺激する天の声は、当然ながら俺の役目だ。が、俺の出幕ってあるのか……

 時代想定は、昭和。テレビや電話はあるが、パソコンやケータイはまだ無い。
 むしろ、もともと誰でもできることである会話を重視しよう。会って表情や仕草なども見ながら話し合うことを重視しよう。
 
 
 実は、この構想を思いついたのは、自分の考えの無理や矛盾を解明し解決しはじめた後で三十歳を過ぎていた。
 解明できたことが間違いではないことを確かめ整理して理解を深め、数年後に普及しはじめたワープロ専用機で文章を書く練習をしながらこの構想も育て続け、三年後にパソコンに移行した。
 実際には、自分の意識改革や人生の軌道修正の完成度を上げることだった。内面的なことであり、極めて個人的なことだったが、必須なことだった。目には見えないことだが、行動上の中枢を修正することであり、実践の極みだった。必須だったからからこそ進展した。
 それとは逆のことである、尤もらしく見せかけ本当らしく工作して、誰かの目を奪い心まで奪い、つまり誰かに勘違いさせたり思い込ませたりすることで、私利私欲を貪ることも、自ずと明らかになり敬遠せざるをえなくなった。
 この構想を創作作品にすることも常に意識内にはあった。が、創作作品は、まさに尤もらしく見せかけ本当らしく工作することそのものだったりもする。このことも、常に意識内にあった。
 結局、個人的には進展したが、いつのまにか七十歳代になった。
 この構想に関しては、あの頃に戻るどころか、あの頃からは遠退くばかりだった。

 年齢上、「他界に臨む心の準備」優先するようになった。
 警戒心を捨てて俺を信用し信頼するようにまでなってくれたモッちゃんは死に、死んだモッちゃんに考えさせられて気づき、死んで逝く際に確かな信頼関係が築かれている環境であることが重要であることを知った。が、その条件は満たせそうにない。
 結局、「他界に臨む心の準備」として知り得た、いずれの条件も自分は満たせそうにない。

 ならば、せめて冥途への土産でも用意しなければ。という思いと共に浮上したのがこの構想だった。
 この構想にトライしたい理由は他にもあるからだったが……

 トライするとなると、尤もらしく見せかけ本当らしく工作するというイメージと、対峙することは必須になる。
 四十年間、生き続け育ち続けたことは事実だが、育ち続けているわけだから、未熟だということも無視できない……
 いわば四十年間も温め続けた卵を孵化させるようなことをすることになり、飛び回るようなことに期待したいが、そんなことができるものか否かも不明だ……
 下書きを書上げられるか否かも怪しいわけだから……
 冥途への土産になり得るものか否かも定かではない……

 が、構想のテーマは、目には見えない内面に関することであり、行動上の中枢である学習力や思考力や理解力などの情報処理だ。
 この情報処理上、いまの自分が最も期待できるもので頼れるものが、これなのだ。
 やってみないと、結果は出ない。
 目的地に到達するまで進み続けた場合にだけ目的地に到達するわけだから。
 とりあえず下書きを書上げるという結果を出してみるか。
 その上で判断した方が、可否にしても是非にしても具体的に的確に判断できるわけだから。

 


人の文明文化……




2019 夏の早朝の文明


 


応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
夏場は、相互応援アクセスは中断します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
311位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
51位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR