FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 創作下書き 仮題「凉香と理於の本当の気持ち」

第一章 第1節 やっと話せた

 
 
 記憶を参考にした識別や思考や理解などの機能的なこと関すること、機能上で処理される情報の具体的な内容。
 それらは、本人だけが直に知り得ることでもある。
 それらは、行動や結果を左右する中枢であり、意思に基づくことでもあり、中学生になると、独自に客観的に理解できる条件も整う。

 記憶を参考にした識別や思考や理解などの、基本的なこと。
 これは、誰でも日常会話で理解力を発揮するようになることであり、共通なことなので、理解し合うことも可能になる。

 そういうことだからなのか、中学三年生の凉香と理於に対する躾や教育には、行動上の中枢に関することは盛り込まれていない。
 凉香と理於に対する躾や教育の内容は、行動上の中枢に関することは無く、それ以外のことばかりで、しかも半ば強いていた。
 凉香と理於も、自分が考えていることや自分が行っていることことに関することでもあり、わざわざ考えたことは無かった。

 本人は直に知り得る自分の記憶や思考に関することであっても、理解できる準備が整っていることでも、思考上で整理をしたことが無いことは、性質や特徴や関係などの具体的なことはほとんど未理解な状態にあり自覚もできない。
 そういう性質がある自分の精神面に関することを、未理解なだけに、そうであることに、凉香と理於は気づくこともできずにいた。
 精神面に関する具体的なことを未理解な状態にある凉香と理於は、精神的な悪循環に陥りはじめていて、矛盾ゆえの葛藤を余儀なくされていたが、そうであることに関しても気づけずにいた。
 
 

◆やっと話せた



 休み時間。
 左の方から近づいてくる凉香に、理於は気づいたが、凉香は一向に理於と視線を合わせない。
 数日前に同じように近づいてきた凉香は声をかけてくれただけに、意図的に視線を合わせまいとしているように理於には見えた。
 凉香は、そのまま目の前を通り過ぎようとする。
 俺が声を掛けることに凉香は期待しているのか……。むしろ、こんな状況になることを俺が待ち続けていた……。
理於「あ……凉香……さん」
凉香「なに? 理於君?」
理於「ああ……。理於でいい。俺、呼び捨てでいいよ」
凉香「……わたしも。『すず』でいい」
理於「え……。凉香は、香もあったほうがいいよ、凉香」
凉香「皆、『すず』って呼ぶよ」
理於「俺は、凉香、って呼んでもいい?」
凉香「いいよ、理於。理於に、凉香って呼ばれるのって、新鮮」
理於「凉香に理於って呼ばれるのも、いい感じだ」
凉香「呼び捨てで呼ぶからなの、ちょっと嬉しい」
理於「俺も。凉香が呼び捨てにしてくれたから」
凉香「呼び捨ては、親しい人同士がすることだからかな」
理於「一年生のときから一緒のクラスで、もう三年目なのに、やっと話せたから」
凉香「そうだよね。こうして話すの、初めて」
理於「三年目で、やっと話せた」
凉香「理於。これからは、ちゃんと話そ?」
理於「うん」
凉香「わたし、理於と話したかったの」
理於「俺も。凉香と話したかった」
凉香「理於と話したかったことが、いっぱいあったのに……。皆の目も気になるし……」
理於「俺も。皆の目が気になる。凉香と話したいこともいっぱいあって、やっと話せたのに……、話が途切れることばかり心配している」
凉香「わたしも。何を話したかったかを思い出せない……」
理於「俺も……。凉香、昼休み時間に、ちゃんと話そ?」
凉香「理於、これから、どんどん話そ?」
理於「うん。これから、どんどん話そ、凉香」
凉香「うん。約束よ」
理於「うん。約束する」

 昼休み時間。
凉香「さっきは、皆の目が気になって、あんまり話せなかった」
理於「俺も。皆の目を気にしてたから」
凉香「ね。あそこ。あの桜の木の下。あそこへ行って、座って話そ?」
理於「うん」

凉香「さっき、これからどんどん話す約束までしたから、理於とのことばかり考えてた。これまでちゃんと話せなかったことがなぜだったのかとか」
理於「俺も。もっと早く声を掛ければよかったとか、なぜそうしなかったんだろうとか、凉香とのことばかり考えていた」
凉香「一年生のときから、ずっと、理於と話したかった。なんでもいいから、理於と話したかったのに」
理於「俺も。ずっと、凉香と話すきっかけが欲しかった。さっきみたいに凉香に声を掛けやすい状況になることにずうっと期待してた……」
凉香「理於と話せなかったから、小学校で理於と同級生だった千恵ちゃんに、理於のことをいろいろ訊いた」
理於「俺も、凉香を知った一年生の時とは全然違っている。後ろから見ても凉香だって分かる。声だけでも凉香だって分かる」
凉香「わたしも。一年生のときから、なにかを話したくて、いつも理於のことを気にしていたから」
理於「一年生の時、凉香は鉛筆の持ち方を直した」
凉香「鉛筆の持ち方が変だと言われて、自分でも気にしていたんだけど、理於に見られてるのが気になったから直した」
理於「こうして話すのは、今日、初めてだけど、学校に来ると凉香と会える。そうなってから、三年目なんだよな」
凉香「うん。だから、今日、初めてちゃんと話すのに、初めてじゃないような気がする」
理於「俺も。もういろんなことを知っているから。こうして話すと、凉香が言葉にしたこと以上のことも伝わるし」
凉香「うん。理於の、息づかいとか、言葉の間隔とか、言葉の微妙な抑揚だとか、そういうことからも理於の気持ちを感じる」
理於「凉香の、ちょっとした手の動きとか、振り向いたときとか、そういうことから、言葉にはならないことも伝わるから」
凉香「『相手の目を見て話しなさい』って大人は言うけど、こうして同じ方を向いている方が、わたしは自分の本当の気持ちや考えは言いやすい」
理於「俺も。自分の本当の気持ちや考えは、目には見えない。だから、目に見えるものに気を取られると、自分の本当の気持ちや考えは、自分でも捉えらるのも難しくなるわけだろ。大人は、強制的だったり支配的だったりするだけだ」
凉香「理於、ちゃんと話すって、いいね」
理於「うん。大人は子供の話は聞いてくれなかったから」
凉香「ちゃんと説明することさえ許されなかったから。子供が本当の気持ちや考えを言っても、大人は聞く耳持たないどころか口封じする」
理於「凉香。俺と仲良くしてください」
凉香「はい。わたしと、仲良くして。理於」
理於「たくさん話そう、凉香」
凉香「理於、これからはたくさん話そう」
理於「凉香、ありがとう。今日は好い日だ」
凉香「ありがとう、理於。今日は最高の日だわ」
理於「こうなるんだったら、一年生のときに頑張って話し掛ければよかった」
凉香「わたしも。ね、ね、一年生の時、音楽の先生がコーラス部を作ると言って、わたしたちが呼ばれた時のこと、憶えてる?」
理於「黒板の前に並ばされて、後ろの一段高い列に左側から凉香が上がって、その次が俺だった。俺の足元を見ていた凉香は小刻みに足を動かして右に移動して、俺の場所を空けてくれた。そして、まっすぐ下したままの左手をチョコチョコチョコチョコと動かして手招をきして小声で『もっとこっちに……』と言ってくれた」
凉香「理於と隣になれることが嬉しくて、自然にああした。つい、手を貸そうとした」
理於「うん。凉香の指先が俺の方に向いて、腕も少し俺の方に動いて、俺が上がるとき凉香は思わず手を貸そうとした」
凉香「子供の頃に自然にしていたように、理於と手を繋ぎたかった。だから、残念だった」
理於「俺も、小さい頃にしていたみたいに、凉香の手を掴みそうになった。でも、子供みたいだと気になって、そうしなかった。凉香と初めて並んだけど、何もできなかったことを惜しんでいた」
凉香「あの時は立った状態だったけど、今と同じように並んだ」
理於「そうだ、同じだ」
凉香「理於。今度、自然にそうしたくなった時は、自然にそうしよう?」
理於「うん」
 二人は手を繋いだ。
凉香「ね、自然にくっつきたくなったときも?」
理於「うん」
 凉香が理於との間隔を詰めた。
凉香「あの頃は、もう理於と話したかった。理於は、成績が悪いことは気にしていなかったから」
理於「俺は、あの時から、一気に凉香のことが気になりだした。そして、凉香も、成績が良い方ではないのに気にしていないことが分かった。あれから、凉香と話す機会が来るのを待つようになった。いま気づいたけど、成績が良い方ではなく、勉強が嫌い、という理由で凉香に近づくのは、気が引けた」
凉香「わたしも、そうだった。理於に話し掛けられないでいるうちに、皆の目を気にするようになって、ますます理於に話し掛けられなくなった。更に、歌だとかテレビドラマのような恋だとか愛だとか、ああいうことだとは思われたくないと思うようになった。すると、理於との間に以前よりも距離が空いたと感じるようになった」
理於「俺も、そうだった。やらされたことをやって、競争までさせられて、成績が良くても、優れたことだとは、俺には思えない。言いなりにならない方が当然に成績は良くないが、自分の気持ちや考えを大事にしているからだ。だから、そんな成績が良いことを羨ましいとも思わないし、そんな成績なんか悪くても平気だ。そういう人とは、話も合うはずだし気持ちも通じるはずだし、そうなることに期待もする。だから、歌やテレビドラマのような恋だとか愛だとかは違う。ああいうことだと思われたくない。そう思うようになった頃から、凉香が遠く感じるようになった」
凉香「自分の気持ちや考えを大事にすると、そういう人同士間には信頼関係が成り立つ。だから、理於と話したかったし、こうして話し始めると話も合うし気持ちも通じる。むしろ、実際には、歌手や俳優も、歌やテレビドラマのようには、いかないし、できない」
理於「逆に、やらされたことをやる場合は、危険だ。やらされたことをやる場合は、嫌なのに嫌だと言い得なかったり、自分の気持ちや考えを大事にしないわけだから、俺だったら後ろめたい。しかも、そういうことをやらされ競争させられるわけだし、競争すること自体が助け合うことや仲良くすることとは逆のことだよな」
凉香「そういうことには、抵抗があるほうが自然よね。保護者が必要な子供は、助け合うことが必要だし、仲良くしたいわけだから。そういうこととは反対のことを、競争してまでやるようになり、夢中になるほど、そういう人同士は敵対関係になる。学校へ行きなさい、勉強しなさい、と言う親とも信頼関係が怪しくなるし敵対関係にもなる」
理於「うん」
 
 

◆気になっていたことを確かめた



理於「凉香?」
凉香「ん?」
理於「このあいだ、応援……してくれた?」
凉香「応援した……」
理於「やっぱり。そうだったんだ」
凉香「わたしも、あの時のこと、気になっていた。次の日になってからだったし、それでもやっと言えたし、理於みたいに大きい声では言えなかったし、あの後で理於の反応も無かった……」
理於「こめん。あの時は休み時間で、皆が騒いでいたし、俺が皆の前で先生に屈服させられた次の日だったから……」
凉香「皆が騒いでいたから、わたしは言えた。皆の目を気にしてたから……」
理於「俺も。皆の目を気にしていた。しかも、今日みたいに、凉香が俺の前を通り過ぎながらだったから……」
凉香「立ち止まれなかった。だから、理於は聞き取れなかったかもしれないとも思った」
理於「俺も、聞き返そうと思った。でも、皆、まだ俺を避けているようだった……」
凉香「もう一度ちゃんと言おうとも思ったけど……、わたしも皆の目が気になって、言えなかった。だって、先生が作った問題が間違っていたのよ。成績が良い人たちは気づいていたはずなのに、誰も先生に指摘しなかった。理於が指摘したのに、誰も応援もしなかった。先生が逆上して暴力的に理於の口を封じようとしても、誰も止めようともしなかった。わたしは、立つだけでもいいから気持ちを示そうと思った、けどできなかった。あの後も、皆は理於を遠巻きにしている感じだった。あの日は、わたしも本当の気持ちを、理於に言うことはできなかった……」
理於「俺も、そうだった。凉香は応援してくれたような気がした。でも、前の日、皆の前で先生に俺が屈服させられた。それに関係することであることは間違いなかった。しかも、凉香とは、会話らしい会話をしたことが無かったわけだから。だから、まさかとも思い、凉香に確かめることはできなかった。でも、気になって、記憶に残っているあの時のことを思い出して凉香が何と言ったのかを何度も知ろうとした。凉香が応援してくれたような気がした。なのに、俺の勘違いかもしれない、と思った」
凉香「あの次の日なのに、皆は理於を遠巻きにしているような感じがあった。わたしだって、本当の気持ちを言えなくなっている。でも、理於は、あんなことでも言えた。次の日になってこんなことに気づくなんて、と思った。それでも、理於にでも、やっと言えた……」
理於「俺も余計なことばかり気にしていた。思った通りだとしたら大事なことなのに、凉香に確かめることができなかった。でも、何と言ってくれたのかを知りたくて考えてしまう。不確かな記憶をさまざま自分なりに補っていたら、『余計なこと、気にする必要ない』って凉香が言ってくれた気がした。あの時の雰囲気とも一致していた。この部分だけは間違いないと思った。でも、俺がそう思いたかったから、そう思えたのかもしれない。そんなことばかり考えていた」
凉香「あの日、ギッて椅子が床を擦る音がした。理於だと思って見たら、理於が立って、先生に向かって『問3は、断層の左右の地層をどこまでずらしても一致しない。だから、問題として成立しないと思います』って言った」
理於「でも、俺は、皆の前で先生に屈服させられた」
凉香「あんな先生、大嫌い。先生が間違っていたのに、黒板拭きを手に持って睨み据えて理於に近づくなんて、大人げないと言うより、まるで異常者だった。わたしは、立つだけでもいいから気持ちを示そうと思っていたけど、できなかった」
理於「俺は、勉強しないのに、あんなことを言ったから」
凉香「全面的に先生が間違ってる。理於に言われたので、皆の前で先生も問題を確認したのよ。自分で作った問題が間違っていたことも分かった。なのに、逆上して暴力的に理於の口を封じた」
理於「勉強しない俺も、先生の逆上には呆れた。大人は、上辺だけで、威張ろうとさえする。強引に、暴力的に。大人は上辺だけだ」
凉香「上辺だけで御機嫌取りをしたり脅したりして騙して、子供を自分の思い通りに行動させようとする。だから、思い通りにしない子供は気に入らない。子供は、そんな信頼関係を回復したい。子供は保護者が必要なんだから。なのに、反抗だって決めつける。子供が逆らうことを許さない。そんな大人なって、大嫌い」
理於「信頼関係を回復したいのに、反抗だって決めつける。もちろん、俺は、言いなりにはなりたくないし、勉強なんかしない。でも、あの先生は、聞き入れてくれるような気がした。だからこそ言えた。ああなるとは、予想もしなかった。だから呆れるしかなかった。屈服させられたことは、俺は問題外だった」
凉香「そうよ。理於は悪いことをしたわけじゃない。先生が、間違っていた。しかも、生徒に期待されたのに、それを裏切ったのよ。あんな先生、最低、最悪。先生は、理於に『ありがとう』って言うべきだったのよ。あの後でもいいから、みんなにも、『ごめんなさい』って言うべきなのよ。そうしないから、理於が悪いことをしたような状態になっている」
理於「生徒には、一方的なことをやらせて、間違っていると罰点をつけて直させる。だったら、先生は、問題を作った段階で採点をするように自分で確認すべきだったわけだし、直すこともできたわけだろ」
凉香「ただ威張りたくて、中学生を相手に強引なことまでする大人なんて、先生の資格無い」
理於「信頼関係の回復を拒否するどころか、逆上して口封じする。上辺だけで騙す大人の、言いなりになって利用されるなんて糞食らえだ」
凉香「皆、言いなりになり、やらされたことをやっている。けど、理於は、勉強しないし成績が悪くても平気だし、あんなことでも言えた。わたしは、理於を応援しなきゃ、って思った。次の日になってからだったけど、皆は騒いでいたので、やっと『先生が間違っているんだから、理於君は余計なことは気にする必要ないよ』って言えた」
理於「あああ。やっぱり、そうだったのか」
凉香「そうだけど」
理於「記憶に残っていることを何度も思い出して、ついに『余計なこと、気にする必要ない』って言ってくれたんだ、この部分だけは間違いないって思った。やっぱりそうだったんだ。なのに、余計なことばかり気にしたばっかりに、凉香に確かめることができなかった」
凉香「『余計なことを気にする必要ないよ』って言いかけた時、本当の気持ちを言えなくなっている自分に言い聞かせるべきことだと思えて、言葉を飲み込みそうになったから」
理於「でも、応援してくれたのは凉香だけだ。ありがとう。凉香」
凉香「もう一度ちゃんと言えばよかった」
理於「ごめん、凉香。俺のほうこそ、すぐにでも確かめるべきだったんだ。大事なことなのに、いままで確かめられなかった。余計なことばかり気にしていた」
凉香「わたしも。余計なことばかり気にするようになって、本当の気持ちを言えなくなってきた。友達と仲良くしたいのは本当の気持ちなんだけど、つい上辺だけ愛想良くしたりする」
理於「凉香が言ったとおりだ。余計なことは気にする必要ない」
凉香「あ。それ、わたしが理於に言ってほしかったのかも」
理於「余計なことは気にする必要ないよ、って?」
凉香「もう一回、言って」
理於「余計なことは気にする必要ないよ」
凉香「はい。やっぱりそうだった。ちゃんと話すことって、とても大事なことなのよね」
理於「うん。学校で教えることよりも大事だ。大人は逆上して口封じして、子供の話を聞いてくれなかったから」
凉香「ちゃんと話す機会さえ無かった」
理於「凉香に確かめて好かった。もっと確かめるようにしないと」
凉香「放課後にも、話そう?」
理於「凉香。これからは、毎日、話そう」
凉香「うん。毎日、毎日、話そう」
理於「ただ……、俺と凉香とは違って、自分の気持ちや考えを大事にしていない人もいるわけだよな。言いなりになり、やらされたことをやる人もいるだろうし。仲良くすることや協力することとは逆の競争することを好いことだと思っている人もいるだろうし。成績が良いことを好いことだと思っている人だっているわけだよな?」
凉香「うん。先生に間違いを指摘しなかった人たちは、ほとんど言いなりなんじゃない。先生に間違いを指摘した理於に、後ろ指を指すような目で見ていた人たちは、競争することや成績が良いことを好いことだと思い込んでいるんじゃない。わたしと理於のように、自分の気持ちや考えを大事にする人は少数派なんだと思う」
理於「それぞれ勝手な見方をしていることになる。だからこそ、皆の目も気になる」
凉香「そうよね。少数派だから、多数派に圧倒されてしまいそうだったのかも」
理於「たぶん、そうだ。だから、校舎内では本当の気持ちや考えは話しづらかった」
凉香「うん。話しづらかった」
理於「だから、校舎内では話さないようにしない?」
凉香「うん。自分の本当の気持ちや考えを、大事にしたいし話して育てたい。だから、余計なことは気にしなくてもいい場所で、話し合いたい。此処とか、放課後とか?」
理於「うん。余計なことは気にしなくてもいいようなこともして、自分の気持ちや考えを大事にしよう、凉香」
凉香「うん。自分の気持ちや考えを大事にするために、話し合って、助け合おう、理於」
理於「そうしよう、凉香」


 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
夏場は、相互応援アクセスは中断します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
331位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
54位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR