FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 創作下書き 仮題「凉香と理於の本当の気持ち」

第一章 第3節 自分で考えて行っていたことなのに知らなかった

 
 
 経験や学習や理解の性質上、自身の生命生理に関することは、もともと知らない。
 経験相応の情報が記憶に残り、記憶に残っている情報を参考にした識別や思考や予想などが可能になる。

 内面的なことである、記憶や、記憶を参考にした識別や思考や判断などは、対環境的な感覚器官である五感では捉えることはできない。
 でも、「知らない」、「知っている」、「憶えていない」、「憶えている」などと言うようになる。記憶にある情報を参考に識別や思考や判断をしているだけに、該当する情報が記憶にあるか否かも判断できる。
 識別や思考や判断などの情報処理は、行動を左右し結果を左右することだけに、行動上の中枢でもある。対環境的な感覚器官である五感では捉えることはできない内面的な存在である性質上、口先だけの言い訳を考えることもでき、相手を騙し欺く嘘を考えることもでき、強行してしまったりもする。五感では捉えることはできない内面的なことだけに、具体的な内容は他者は知り得ないが、本人は意識上のことであり意思に基づくことでもあるだけに直に知り得る。
 記憶を参考にした思考上では(刹那的時間制約が無いこともあって事前と事後の比較もでき理由も分かり)密接な関係がある一連のこととして理解することも可能になる。
 何かを理解し、それを基に、理解自体の法則や性質などに関することを客観的に理解することも可能になる。
 通常の経験や学習上、自ずから、内面的な個々の性質や条件や因果関係や理由などに関することを理解可能な準備が整う。

 五感では捉えることができない内面的な性質や条件や因果関係や理由なども、思考上で整理できた場合は理解でき納得などもできる。
 理解したことは記憶にも残る。
 記憶に残るので、それに基づいた行動も可能になり、相応の結果にもなる。

 そういう性質上、思考上で整理をしたことが無いことは、未理解な状態にある。準備が整った理解可能な内面的なことも、例外ではない。
 未理解なことは、記憶に無い。
 記憶に無いことは、記憶を参考にすることはできないので、記憶を参考にする識別や判断や自覚はできない。
 内面的なことは、意識上のことであり意思に基づいたことだが、対環境的な器官である五感では捉えることはできない。

 識別や思考や判断などの情報処理上で生じることでもある、「勘違い」とはどういうことか、「思い込み」とはどういうことか、などに関しても同様だ。内面的なことで、五感では捉えることができない。
 相応の自分の経験や記憶に残っていることを、思考上で整理した場合は、それらが生じる理由や性質や条件や特徴や事実関係や因果関係など(対環境的な感覚器官である五感では捉えることができないこと)を理解することは可能だ。
 理解できた一連のことは、記憶に残る。
 記憶に残っていることは、本人は何時でも何処でも随意に想起可能なので、それを参考にした識別や思考や判断が可能になる。相当の自覚も容易になり、理解したことを参考に、自分が勘違いしていないかとか思い込んでいないかを独自に確認することも可能になる。
 そういう経験も記憶に残り、更に理解を深めることも容易になる。理解を深めたことほど、確かで詳しいことが記憶に残る。
 そういう経験を基に、もともと備わっている本質や法則的なことや、能力的に基本的なことも、客観的に理解することが可能になる。


 識別や思考や判断などの情報処理上で生じることである、「勘違い」とはどういうことか、「思い込み」とはどういうことか、などに関することも、思考上で整理をしたことが無い場合は、それらが生じる理由や性質や特徴などは未理解な状態にある。
 未理解なことは、記憶に無い。
 記憶に無いことは、思考上で参考にすることもできないので、識別や自覚をし難いので、勘違いしていることや思い込んでいることを自覚し難い。
 そういう性質に関することを理解することも難しい。

 事実とは違う勘違いや思い込みに過ぎず、事実が伴わないからこそ事実確認もできない、そういうことであることをも自覚できない。
 自分の情報処理に関することであり、精通可能な条件が十分に整っているのに、思考上で整理したことが無いがゆえに未理解で、識別や自覚や判断ができないからこそパニックに陥たりもする。


 本人は直に知り得ることである自分の記憶や意思や思考に関することで、経験も十分にあり必要な情報も十分に記憶に溜まっていて、精通可能な条件が整っていることであっても、例外ではない。
 五感では捉えることができないことであり、内面的なことである性質や条件や因果関係や理由などに関しては、思考上で整理をしたことが無いことは未理解な状態にあり、未理解なことは自覚もできない。

 日常会話が可能になり、思考力や理解力は日常的に磨かれ、経験も十分にあって必要な情報も十分に記憶に溜まっていて、本人は直に知り得ることである記憶や識別や思考や判断に関することでも、思考上で整理をしたことが無いことは、客観的なことは未理解な状態にある。


 もともと備わっている知能の、本質的なことは自ずから経験し、能力の基本的なことは繰り返し経験する。
 そんなことに、凉香と理於は気づきはじめる。
 余計なことに捕らわれていたことにも気づき、余計なことに捕らわれていた事実確認をし、次に悪循環に陥っていたことを具体的に解明したことで悪循環から脱っする。この事実関係や因果関係を客観的に理解することで、すでに備わっている知能の性質や条件や機能や能力などを理解しはじめ、理解する準備がすでに整っていたことも理解する。
 

◆自分で分かっていなかったことが問題だった


理於「まだ曖昧なので、不思議なんだけど……。自分の気持ちに反する状態に、自分がなってゆく。なのに、具体的なことは分かっていなかった。つまり、自分で考えて行っていたことに関することなのに、具体的なことは知らなかった。ということなんだよな」
凉香「理於と、一年生のときから話したかった。なのに、声をかけづらくなってゆき、いつのまにか理於との間に距離を感じるようになった。なので、自分の気持ちや考えに反する方に向かっていることに気づいた。それは嫌だった。けど、なぜ、そうなってゆくのか具体的なことは知らなかった。むしろ、具体的なことは分かっていんだということをすら、具体的には知らなかった。そうなってゆく理由があるんだとも思わなかったし、改善が必要だとは思いもしなかった」
理於「俺も、そうだった。このあいだから凉香と話すようになったことで、自分の気持ちや考えに関することなのに分かっていなかったんだということや知らなかったんだということが具体的に分かってきた。以前は、本当の気持ちや考えを言えなくなっていたことも、分かっていなかった。そうだったことが、具体的に分かった。改善は、論外って言うの、そういう状態だったことも分かった。本当の気持ちや考えとは違うイメージを抱きはじめていたことも分かってきたし、そのイメージに基づいたことをしはじめていたんだということも分かってきた」
凉香「わたしも、理於と話すようになったので、いろんなことが具体的に分かってきた。距離を感じるようになったことなど、普段はイメージ上では見分けているけど、言葉にすることは無かったことも多くある。そんな、イメージ上で見分けていただけだったことも、理於と話すようになったので、言葉にして話すようになった。ちゃんと説明しようと思うので、考えて整理するようにもなった。だから、イメージ上のことだったのに、具体的に分かってきた」
理於「そうなんだよな。俺も、凉香と話すようになったから、事実確認もするようになったので、具体的なことも分かってきた。つまり、以前は、話す機会も無かったし事実確認をすることも無かった。だから、具体的なことをほとんど分かっていなかったし知らなかった。ということも、分かってきた」
凉香「一年生のときから、理於がわたしのことを気にしていることは、見て分かっていた」
理於「凉香が俺のことを気にしていることは、俺も見て分かっていた」
凉香「けど、一年生の頃からお互いに話したかったんだということは、理於と話すようになったから、具体的に分かったことよね」
理於「うん」
凉香「話すようになったから、信頼関係が成立するからだったことも分かってきたし、一年生の頃の気持ちの方が素直だったことも分かったし、正しかったことも分かった。けど、あの頃は、そういうことは知らなかった。しかも、声を掛けづらくなっていった」
理於「いつのまにか距離を感じるようになった」
凉香「自分の気持ちに反する方に向かう一方で、嫌だった。けど、そうなってゆく理由は知らなかったし、改善は思いもしなかった」
理於「俺も、もちろん理由は知らないし、改善は論外だった。むしろ、自分の気持ちに反する方に向かう一方だった」
凉香「けど、予想外のことを基に、理於と話すようになった。話すようになったから、一年生の頃の気持ちも、具体的に分かってきたわけだし」
理於「そうなんだよな。予想外のことを基に、凉香と話すようになった」
凉香「保護養育があってこそ生きられる子供は、信頼関係が大事なので、子供同士でも仲良くしたい。なので、子供同士で競争することや敵対関係を煽られることは、嫌う。そんなことをする大人の、言いなりにはなりたくないし、勉強も嫌うので、成績は良くない。けど、そういう子供同志間には信頼関係が成り立つ。反対に、大人の言いなりになり、競争すると敵対関係が増し、そんな子供同士は理解し合うのが難しくなるし仲良することも困難になるし、友達は限られ親友は更に限られる。だから、勉強はしないし成績は良くないけど平気だった理於と、わたしは話したかったんだということも、実際に理於と話すようになったから分かった」
理於「うん。凉香と話すようになったことで、いろんなことが分かってきた。だから、以前は、自分で考えて行っていることに関することなのに、具体的なことは知らなかったんだということも具体的に分かってきた」
凉香「うん。自分の気持ちに反する方に向かっていたことが、具体的に分かってきた。自分の考えや行っていることに関することなのに、知らなかったことも具体的に分かってきた。それは、具体的なことは分かっていなかったんだということを、裏付けるようなことが分かってきたからよ」
理於「初めて具体的なことを知るたびに、それまでは具体的なことは知らなかったんだということが明らかになる。当然のことでもあるよな」

凉香「実際に理於と話すようになったから、もともとお互いに話したかったことも具体的に分かったし、いろんなことが具体的に分かってくる。事実はすでにあるし、当然に理由もあるはずなのに、それは知らない。だから、それを知りたい。解決や改善ができるのなら、そういうこともしたい」
理於「うん。上辺だけで判断するようになっていたことは事実だし、そうなった理由などがあるはずなのに、なぜそうなったのか具体的なことは分かっていない。だから、それを知ろうとしてしまう」
凉香「うん。信頼関係を深め合えることも分かったので、どんどん話す。頭の中では未整理なことが錯綜しているって言うの、それを整理しながらどんどん考えるし、どんどん話す」
理於「うん。話すために考えもするし、話すことを考えて整理もする。だから、曖昧だったことが、具体的に分かってきた。だから、どんどん話す」
凉香「一年生の頃の方が素直だったけど、具体的には分かっていなかったので、上辺だけで判断するようになっていることにも気づけなかった。そうだったことも、理於と話すようになったことによって、明らかになってきた。本当の気持ちとは違う、多数派だとかの上辺だけのイメージを優先するようになったことも分かってきた。それで、距離感を感じるようになったのだとも思う。だから、素直だった頃に戻りたいのかも」
理於「そうかもしれない。直ぐに確かめることができないこともあり、具体的な判断ができないと、上辺だけで判断する。仲良くしたいので、競争は嫌いで、勉強も嫌いだ。なのに、成績が良い方が良いことであるかのように思えてきていた」
凉香「人柄よりは、身なりが良い方が良いような気がする。だから、おしゃれもしたくなり、流行まで気にしたりする。値段が、安いものよりは、高い方がいいような気がする」
理於「本当の気持ちとは違う、見た目だけで判断しているに過ぎない上辺だけのイメージを、優先するようになった。それが問題だったのなら、解消したい」
凉香「理於わたしは、五感では捉えることができない気持ちや考えに関することを、分かっていなかった知らない。だから、本当の気持ちや考えとは反する方に進み、距離を感じるようになったのよ」
理於「見た目だけで判断しているに過ぎない上辺だけのイメージを、優先するようになったことが、重要な問題だったことは間違いない。見た目や上辺なんかを気にしている場合じゃない」
凉香「うん。五感では捉えることはできないけど、気持ちや考えに関することのほうが重要なのよ。解明したいし、解消したい」
理於「凉香が、笑顔じゃなくて、冷静で真剣だから、信頼感がある。しかも、いろんなことが分かってくるのですっかり期待している」
凉香「ときどき冗談を言って笑わせている理於の、冗談が全く無いから、冷静になれるし真剣にもなれる」
 

◆もともと知らないことなんだ


凉香「ね、理於。もともとは、知らない。会うと、顔などを憶える。名前を聞くと、名前も憶えるのよね」
理於「うん。経験相応のことは、記憶に残る、憶えている、知っている。経験が無いことは、記憶に無い、知らない」
凉香「『知らない』とか『知っている』とか『憶えていない』とか『憶えている』などとも言うようになる」
理於「知らない場合は、必要に応じて尋ねもする。『なぜ』とか『どうして』とかも言うようになり、理由を知ろうとする」
凉香「理由や法則的なことなどは、目には見えない」
理於「自分が考えていることも、内面的なことなので、目には見えない」
凉香「自分が考えて行っていることに関しても、もともとは客観的なことは知らない。ということよね」
理於「学校でも教えない。家でも教えない。自分も、どこかで憶えるようなことをしたか、そんなことも無かった」
凉香「もともとは知らないことなのよ」
理於「そういうことになるよな。しかも、余計なことも学習する。もちろん、肝心なことを学習するとは限らない」
凉香「わたしたちは、まだ保護者が必要な子供。これから知るべきことがあるのよ」
理於「そういうことだよな」
 

◆でも知らないと自分が困ることにもなってしまう


凉香「もともと言葉を話せない子供は、言葉を憶えるほど気持ちや考えを伝え合えるようになるから、自発的に盛んに言葉を憶えようともする。聞いてくれる人がいるから、話す。そうだと、信頼関係もますます確かになる。分かってもらうために、整理して説明する。そうすることで、子供の気持ちや考えは、育つようにできているんだと思う」
理於「うん。でも、実際には、口封じする人はいたが、聞いてくれる人がいなかった。信頼回復もできなかったし、話すことも無くなった。だから、自分で考えて行っていたことに関することなのに、知らなかった」
凉香「うん。自分で考えて行っていることに関することは、理於と話すようになって初めて話すようになったことだから」
理於「うん。こういうことは、俺も、凉香と初めて話す。家庭でも話し合うことは無かったことだし、学校でも教えない」
凉香「うん。だから、自分で考えて行っていることに関することなのに、具体的なことは分かっていなかった」
理於「躾や教育は、大人の考えを一方的に子供に強いたり、煽てたり脅したりしてでも子供を言いなりにならせようとしているだけだから。この悪影響も、無視はできないよな」
凉香「大人の所為にはできないことも、もう分かっているけど、子供の気持ちに理解の無い大人の悪影響は無視することはできないよね」
理於「自分で考えて行っていることに関することだが、具体的なことを知らなかったとしても、まだ中学生なら別に不思議でもない。ということでもある」
凉香「けど、知らないと、自分の気持ちや考えに反する方に行ってしまったりするし、そうであることをすら知らなかったりする。ということよね」
理於「自分の考えや行っていることに関することだけに、自分が知らないと、自分が困ることにもなってしまう」
凉香「うん。自分の気持ちに反する方に進んでいたことは事実よ。その理由もあるはずだけど、知らない。知らないから、改善もできなかった。けど、理於と話すようになったことで、けっこう分かってきている」
理於「うん。やっぱり、自分の気持ちに反する方に進んだ理由は、解明したい。解決や改善もしたい」
凉香「うん。それができることに、もうすっかり期待しているもの」
 
 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
夏場は、相互応援アクセスは中断します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
451位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
71位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR