fc2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ◆アイデアが欲しい……

自分の気持ちや考えこそ重要


 たくさんの応援アクセス、ありがとうございます。
 
 3月6日 久しぶりの降雪、その除雪。
 まだ真っ白だが、雪は水気が多くなり、雪解けは始まっている。
 3月8日。朝方の夢、同じパターンが3連続だった。
 3月10日、晴、最高気温10℃。雪解けは本格化。
 晴も多くなり、太陽の位置は高くなり、陽射しは心地よく、日照時間も長くなった。
 3月18日、運転免許証の更新に伴う認知症検査。
 3月19日朝、積雪20センチ以上だが……


 
 
 
 3月8日。朝方の夢が、同じパターンで3連続だった。
 具体的なことを知ったことによって、具体的なことを知らなかったがゆえに勘違いしていたことが明らかになった。よって、具体的なことを重視するように気持ちや考えを切り替えた。という同じパターンの夢ばかりだった。
 創作作業からは、離れる一方だったが、創作に関する夢だと考えられた。が、いずれの夢も、イメージだけだった。どんなことを具体的に知ったことによって、どんな勘違いが明らかになったのか、その肝心な具体的なことは不明だった。

 でも、人工的には創れない知能も備わっていて、生理面は自律して機能している。目覚めていれば、五感ではいろんな刺激を感じていて、そのうちの気になることを意識し、意識した対象の情報が記憶に残り、その記憶に残った情報を参考にした識別や思考や予想などが可能になり、相応の動作や行動も可能になり、相応の結果になる。
 繰り返し経験したことに関する情報ほど記憶上でも確かになり、それを参考にした識別や思考や予想なども確かになり、動作や行動や結果に反映される。
 観察したり確かめたり試したりしたことに関する記憶は更に確かになり詳しくもなり、具体的なことを知っていることに関しては認否や可否や是非などの判断も的確にできるようになるので、精神的に迷うことも無く、行動にも迷いは無くなるので、好結果になる。
 そういう性質上、具体ではなかったり無理や矛盾があると、理解できないし納得できないし、疑問視せざるをえなくなったり、嘘だと見抜いたりもする。
 これが、備わっている知能の能力の基本的なことだと考えられ、俺がトライした小説の粗筋や展開の中枢もであり、これに関してはブレることは無い。
 
 
 日常的にも、基本的なことは同じだ。
 何かを意識し、それが何なのかを記憶にあることを参考に識別したり、相応のことを考えたりもする。
 記憶を参考にするので、「知らない」とか、「会ったことは無い」などとも言う。具体的なことが欠けていることほど、記憶は曖昧で、的外れな勘違いしていたり思い込んでいたりもするし、そうであることに気づけなかったりもする。
 そうだったことに、具体的なことを知ることによって気づいたり、よって肝心なことを知らなかったことが明らかになったりする。
 気づいたり明らかになった内容しだいでは、喜んだり、逆に動揺したり慌てたりパニックになったりもする。
 でも、怖いことを想像しただけで、事実ではないのに恐怖感が生じたり、相応の行動までしたりする。好結果を想像しただけなのに、期待したりもするし、相応の行動までしてしまったりもする。そんな類似した経験上のことを具体的に知っても、勘違いや思い込みに過ぎなかったことも分かったり、安心したり解決したり改善できたりする。
 つまり、具体的なことを知ることによって、それまでは曖昧だったんだということが明らかになったりするが、必要なら記憶にある経験上の事実などを確認するわけであり、確認するほど当該のことに関する記憶は確かになるので、安心したり解決したり改善できたりする。
 また、具体的なことを知ることによって、勘違いや思い込みだったことも明らかになったりもするが、勘違いや思い込みでは困ったりするからこそ記憶にある経験上の事実などを確認するわけであり、確認するほど具体的なことを知ることになるので修正や改善も可能になるわけであり、当該の記憶に残る内容は具体的になり詳しくなる。
 具体的なことを知っていることほど、認否や可否や是非などの判断も的確に行えるので、納得もできるし精神的に迷うことも無い。しかも、悪しき結果になる行動は避けることもできるし、好結果になることには積極的になり、よって好結果になることが多くなる。具体的なことを知っていることほど、信頼度も高くなる。
 具体的なことを知っていることほど、記憶にあることだけを基に説明することも可能になる。記憶が確かになるほど、その記憶にあること基に行う識別や思考や判断や相応の動作なども条件反射的な速さで出来るようになる。
 こういうことは、人工的には創れない知能も備わっていることによって経験する知能の能力の基本的なことであり、日常でも繰り返し経験することになり、相応のことも記憶にも残っている。だからこそ、必要に応じて尋ねもするし確かめもするし調べたりもするし、具体的なことを知ろうとする。
 性質上、独自に具体的に理解することも可能で、共通な点は理解し合うことも可能だ。
 知りたい内容しだいでは、教習所や学校に通ったりさえするし、研究所を作ったりもする。

 ちなみに、具体的なことは知らないことで、可否や是非などの判断もできないのに、強行してしまう場合もあるので、認め難いことをしてしまっていたりもし、そんなことが発覚したりすることもある。
 そういう場合でも、反省したり改善すべきことが明らかになったことになるわけであり、反省し具体的なことを知って修正や気持ちや考えを切り替えるなどの改善が容易になっているわけであり、そうすれば個人的にも人間関係上でも信頼度が高くなる。

 そうであることをも具体的に知らなかったりすると、知られれば不利だとか不都合だと思ったりもし、安易に知られまいとしたり、むしろ無理に否認し強情を張り憤慨し逆上し相手の口封じ逃げ隠れせざるをえないようなことを重ねてしまう場合もある。
 となると、それだけの思考力を発揮できているのに、具体的なことを理解し合えない。それどころか、会話ができるだけの理解力を発揮できるのに、会話にすらならない。もちろん、気持ちや考えの問題であり、病気でもないし異常でもない。気持ちや考えしだいで、備わっている能力を発揮しなかったり、備わっている能力に反することをしたり、備わっている能力を誤用し悪用さえしたりしていることに該当する。
 本来は、人工的には創れない知能も備わっていて、動作や会話などの基本的なことは学習できて、思考力や理解力も発揮できるようになっているのに、自己理解が不十分で自己管理ができず、共存秩序や社会秩序を維持できない。ということだからなのだろう、法的に処罰されたり処刑されたりもする。
 
 
 重要なことや基本的なことは誰にでも共通する。でも、未理解だったり、大人になるほど認め難いことが多くなっていたりもするし、理解し合うことは困難だったり話し合うことすら難しくなっていたりする。
 それよりは、自分の記憶や気持ちや考えは直に知り得るだけに、独自に理解することの方が容易だとも考えられる。そうなんだということも、具体的に知っているほど相応のことも可能だ。でも、知らないと自覚もできない。
 俺自身、かつては、直に経験し続けていたはずの肝心な自分のことをほとんど知らないんだということをすら知らず、それゆえに「自分のことは自分が一番よく知っている」と勘違いし思い込み、そういう状態に陥っているんだということに気づくこともできなかった。
 生後に経験相応のことを知り、練習相応のことは上達した。ということを具体的に知ったのは二十六歳になってからだった。
 その三年後になって、自分の気持ちや考えを重視するようになり、自分の気持ちや考えを確認するようになった。
 よって、具体的なことを知らないがゆえに、想像していたことを知った。想像に過ぎないことを知らず自覚できなかったがゆえに、想像上のことを事実だと勘違いし、勘違いしていることに気づけなかったから事実だと思い込んでしまった。しかも、そんな自分の考えや判断の弱点を未理解だったからこそ、むしろ過信した。そんなこんなの無理や矛盾で葛藤が生じた。つまり、悪循環に陥りもする。ということを具体的に知ったときは三十歳を過ぎていた。
 そんな経緯上、生後に経験し相応のことを知る性質上でも、生後に知り得たことは限られ偏りもし、直に経験し続けている自分のことを知らなかったり、自分の気持ちや考えに関することすら知らなかったりもし、それゆえの勘違いや思い込みもあることなども具体的に知った。
 具体的なことを知りはじめたからこそ、自分の気持ちや考えを重視するようになった。自分が生後に知り得たことを、過信することも禁じ、むしろ疑問視し、記憶に残っていることだけに独自に確認し整理するようになった。
 もちろん、自分の気持ちや考え以外のことである、見聞きできることは二の次にし、特に目を奪い心まで奪おうとする人為的なことは敬遠するようになった。
 しかも、経験済みで記憶に残っていることを、確認し、解明したり具体的に理解したりすることだけに、何時でも可能なことで何処にいても可能なことで寝転んででも出来ることだっただことも分かった。こんなことをすら知らなかったのかと痛感した。よって、直に経験し続けていて相応のことが記憶に溜まっている自分に関することであり経験上のことを確認し理解することが、日常化した。
 自分の学習経験を確認し整理したことで、人工的には創れない知能が備わっているがゆえの学習に関する基本的なことを知り、日常的にも繰り返されることは熟練して条件反射的な速さで出来るようになることを知った。
 直に経験し続けていることである自身のことを知るにしても、自分だけが直に知り得る自分の気持ちや考えに関することを具体的に知るにしても、自己管理を左右する重要なことなのに、自分の気持ちや考えに左右されることも具体的に分かった。
 もちろん、自分の気持ちや考え以外のことは間接的なことであり、人は言い訳もするし嘘も言い、尤もらしく見せかけもするし、本当らしく工作もするし、優れたことであるかのう用に祭り上げもする。そんな人為的なことに、目を奪われもするし心まで奪われて重視するようになると、肝心な自分の気持ちや考えを見失っている状態になり、そういう状態に陥っていることに気づけなくなる。ということも自分で経験し記憶に残っていることを基に具体的に分かった。

 その間に、もともと直に経験し続けていたことだった「生きていることはどういうことか」に関することなど、経験上のことや自覚可能なことは具体的に知った。
 それらが動機として重なったので、すっかり諦めかけていた小説に、一転してトライすることにした。
 すっかり諦めかけていたことであり、未熟なことへのトライでもあっただけに、自分の気持ちや考えこそが重要で、その整理は必須だった。
 
 
 現実を優先しがちな俺が、非現実の作り話や嘘の類として扱われる小説を書くことでもあり、そのための自分の気持ちや考えの整理上でも、経験に基づいたいろんなことが具体的に分かった。
 マイペースが重要であることも、心の整理上で分かった。むしろ、いかにしてマイペースを確保し維持するかに左右されていることも分かった。
 そこまでは分かったのだが、マイペースを重視できているのか、怠けているに過ぎないのか、どっちなのかの具体的な区別や自覚や判断は、俺にはまだ難しい。

 雪解けが進むこの季節、雪は自然に解けて無くなることは分かっているのに、屋外が気になって仕方がない。
 いよいよ温かくなるというこの時期に、群れになって声を掛け合いながら励まし合っているかのような白鳥が飛ぶ高度は高くなり、下から見上げているのに地上の雪からの反射で白く輝いて見える。
 小説は、作り話や嘘の類として扱われることも覚悟はできたのだが、二の次になりがちだ。が、そうであることが気になる。
 創作からは、日増しに離れてゆくだけに、怠けているに過ぎないのではないかと思うし、気にもなる。

 運転免許証の更新に伴う認知症検査は済んだ。
 翌朝、3月20日、久しぶりの降雪。
 降雪は20センチ以上だったので、冬場なら除雪するのだが、この時期になると自然に解ける。なので、自然に任せることにした。
 なのに、創作作業からすっかり離れていたことが、気になる。
 しかも、ふと、小説の構想の変更を思いついた。

 いままでは、登場人物(中学三年生の男女)が、話し合いはじめたことによって、経験し記憶に残っていることを確認し整理して、目には見えないことを解明して具体的に理解を深めてゆく。
 よって、生後に知り得ることの脆さや愚かさも知り、本来は誰でも赤ん坊で十五年前後も保護養育を要することを経験するのに生後に知り得ることの内容しだいでは卑劣にもなることや、相応の人為的なことを行っていることも知る。
 そして、むしろ誰でも直に経験していることである人工的には創れない知能もそわてっていることに関して理解し、生きていることはどういうことかに関して理解し合い、信頼関係を深めてゆき、生命生理が自律して機能していることによって生きていること自体が尊いことを理解し尊ぶようになる。
 という展開や構想だった。

 けれども、小学生の頃には、生きていることはどういうことかは直に経験し続けていることでもあり既に十分に経験済みで、日常会話で思考力や理解力も発揮するようになり、「なぜ?」とか「どうして?」などと目には見えない理由を問うようになり具体的なことを重視するようになるわけだから、そういう経験している基本的なことや中枢的なことなら具体的に理解することも可能だ。
 が、この時期に、それ以外のことを躾や教育は九年間もやらせる。
 でも、登場人物は中学三年生なので、やらされる間接的なことよりは、個人毎に直に経験する基本的なことであり中枢的なことでもあり共通することに関しては具体的に理解できていても不自然ではない。具体的なことを理解できたことほど可否や是非の判断も的確に行えるようになるからこそ、具体的ではなく無理や矛盾もある勘違いや思い込みや嘘などを見抜けるようにもなるわけだから。
 という、創作に通じる自分の気持ちや考えの変更により、小説の展開や構想も変更し、経験済みのことを理解できている、という前提にして書き直しを始めた。

 退屈さえ感じ、怠けているような気さえしたが、そうでもなかった。
 小説自体に関する知識は、不完全で、迷いもあったので、二の足を踏みがちでもあった。そんなことから離れただけ、やっていたことに関する勘違いや思い込みなどからも離れたことになる。よって、新たな発想も可能になった。ということだったなのだろう。
 思えば、同じパターンの三連続の夢のイメージは、固執や執着していることから離れる、という感じでもあった。

 具体性に欠け、不完全ゆえに、迷ったりもするが、望んでいることでもないし意図的なことではない。人工的には創れない知能も備わっていて、具体的なことを知ったことほど、可否や是非などの判断も的確に出来るので納得もし精神的に迷いも無くなる、という知能の本質や学習能力の基本に基づいたことだ。

 新たに書き下ろすくらいの変更をはじめたが、そういうことも億劫ではなくなっているし、更に変更を要することに気づくことにも期待するようになっている。
 具体性に欠け、自分がイメージ可能な程度のマイペースだっただが、自分にとっては的外れではなかった、ということでもあるのだろう。
 
 
 とはいえ、マイペースなのか、怠けているだけなのか、この具体的な区別や自覚や判断は、まだまだ不明だ。
 特に、怠けているに過ぎないことを、マイペースだと勘違いしかねない、このことが気になる。
 堕落し挫折し諦め絶望したりしたら、記憶内の勘違いや思い込みの確認や把握や改善が出来なくなるいことも分かっているわけだから。

 でも、下書きを書き始めて、すでに二年経過している。これまでの経験上、更に二年を費やしても完成は無理だということも想像できるようになっている。
 焦っても、躓くようなことばかりで、それがトラウマにさえなっていたりすることも分かった。
 争わない、競わない、誰の手も借りず、俺は知的独り歩きができるようになることを目指している。赤ん坊の頃に、独自に二足歩行をするようになり上達し、言葉を模倣しはじめて上達したように。猫が、産まれて一年めの夏に暮らし育た畑に、翌年の春に独自に行ったように。
 小説として書きたいことは、誰でも学習して出来るようになることであり、その基本的なことは誰でも繰り返し経験することであり、粗筋や展開の中枢でもあり、わざわざ書くようなことですらないと思ったりさえする。
 それぞれの自由なのだが、社会秩序の維持のための法律でも許されないこともあり処罰されることもあり処刑されもする。俺が目指していることは、そういうことではなく、誰でも直に経験し続けていることである「生きていることはどういうことか」を理解することであり、もともと誰にでも許されていることでもある。
 祈ったり拝んだすることによって出来ることでもない。
 人工的には創れない知能は備わっていて生理的には自律して機能しているが、練習しただけしか上達できないように、自分が努力し学習した分しか知的成長はできないことへのトライでもある。
 雪は自然に解けるが、俺が書きたい小説は、俺が努力しただけしか進展しない。
 直に経験し続けていることである自分の心の整理も必須なことでもあり、これ以外のことに目を奪われたり心を奪われたりしたら出来なくなってしまうことでもある。
 自分が臨んでいることがどういうことなのかを客観的に把握できた場合も、マイペースを確保できるか維持できるかに左右されることであるが分かるし、マイペースの重要さも分かる。
 マイペースも、自分の気持ちや考えの問題なのだ。
 自分の気持ちや考えは、自分だけが直に知り得る。そうなのだが、マイペースを重視しているのか、怠けているに過ぎないのか、どっちなのかの具体的な区別や自覚や判断は俺にはまだ難しい。
 
 
 体調が、気になる……。否、老化を、気にしている……。否、若さへの未練か。そんなことに執着していたのか……。
 歳相応で行こう。
 ボケ防止を兼ねることが出来ると思ったことも、小説にトライした動機だった。
 生命生理は自律していて人工的には創れない知能も備わっていて数十年も生きただけに、他界に臨む際の心の準備も必要で、可能だと思うようにもなり、それも兼ねているわけだから。

 人工的には創れない知能も備わっていて、生理的には自律して機能している。
 具体的なことを知ったことは、可否や是非などの判断も的確に出来るので、納得もし精神的に迷いも無く、悪しき結果になる行動は避けることが可能になるし好結果になることには積極的になるし、好結果にもなる。という基本的なことも、繰り返し経験している。
 反面、具体的なことを知らないことほど、勘違いしたり思い込んだりもし、そうだったことに気づき肝心なことは知らないし準備もできていなかったことが明らかになるから動揺するし慌てるしパニックにさえなる。ということも少なからず経験しているわけだから。

 そうだったことに、死ぬときになって直面するとなると、絶望的なったり自棄的になったり自殺してしまったりする。死こそが、恐怖の象徴だったりもする。怖いことを想像しただけでも、恐怖感が生じる。基本的には、具体的なことに欠ける勘違いや思い込みなどは解明でき改善できるのに、繰り返し経験する基本的なことを疎かにした場合は対処できない。そういう場合は、ベッドの上で死んで逝くとしも発狂的な精神状態に陥って死んでゆく場合もありえると考えられる。
 本来は、直に経験し続けていることであり、相応のことが記憶に溜まっていることであり、本人は確認したり整理したりするだけで理解できることであり、本人は何時でも可能で何処にいても理解可能なことであり寝転んででも出来る。そうであることを、疎かにしていたことになるわけだから。もともと備わっていて人工的には創れない知能に、背いていたことになるわけだから。

 生きていることはどういうことかを誰とも理解し合えず、子孫も残せなかった、知的には未熟なままの俺の場合、小説上での相応の成就であっても、他界の臨む際の心の準備の足しにはなる。
 むしろ、生きていることはどういうことかを理解し合い信頼し合い尊重し合う小説(虚構)の世界が、俺にとっては他界になるかもしれないわけだから。

 もちろん、それぞれの自由だ。
 俺は、どれを選択するかなのだ……
 
 
 

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
夏場は、相互応援アクセスは中断します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
22位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR