fc2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : ◆アイデアが欲しい……

まだまだ再確認



 たくさんの応援アクセス、ありがとうございます。
 
 雪解けを気にするようになって以来、窓外の10アールほどの畑の雪が4月1日に全面的に無くなることが多かった。よって、それを基準に、当年の雪解けが早いのか遅いのかを判断する個人的な観測地にしてきた。
 3月31日。明日、平年並みに、個人的な観測地前面から雪が無くなる予定でしたが……
 4月1日朝、積雪3センチ。気温が低かったので、全面真っ白。

 かなり前から、訪問先のブログでは桜が咲き始めていた。当時は、当地ではまだ雪解けも始まっていませんでした。
 そんな当地の桜。以前は連休中に満開になることが多かったので、賑わいもしたのですが、近年は連休前に満開になることが多くなった。今年もそうでした。

 4月は、うろうろしたばかりで、結果は出せていません。
 なのに、2月よりも短かった感じがしています。

 昨年、早々に高齢者講習を申し込んだが、「予約で埋まっています」と断られ、他で予約できたが「込み合っています」と言い、3月の認知機能検査では「運転免許更新関係はだいぶ押しています」言う。
 すでに誕生日は過ぎたが、連休直後に、運転免許の更新に伴う高齢者講習です。


 
 
 
 
 産む苦しみ。
 知的なことを産み出せるだけ、知的に成熟していない。こんな俺が言うようなことじゃあない……
 小説とは、何か。何を以て、小説だと区別するのか。どんな条件を満たしていると、小説と言えるのか。これが決まると、その条件を満たした小説を書ける。
 もちろん、自分なりの定義でいい。仮の定義でも、できれば、それに基づいた小説を書ける。
 作り話や嘘の類であることは覚悟できたが、自分なりの仮の定義はまだできていない……

 気にもしないことは、記憶にも残らない。気になったり観察したことは、記憶にも残る。気づき、気づいただけでは曖昧なので確認し、更に考えて無理や矛盾などが無くなるまで整理したことほど具体的に理解でき記憶にも残る。
 記憶に残っていることを参考にして識別したり考えたり自覚したりしているので、「知らない」とか「知っている」とも言うし、具体的に理解できていることほど具体的に説明できるし、理解して記憶に残っているルールに基づいたことなどもできる。
 道順が詳しくないほど、迷いもする。繰り返し行くほど道順は詳しく記憶に残り、その記憶に残っている道順を頼りに迷わず行けるようになる。詳しく憶えるほど、記憶に残っていることだけを基に道順を教えることもできるようになる。
 記憶に残っていることも、再確認の都度、詳しくなったりする。
 だから、不明だったり理解できなかったりする場合は、尋ねもするし調べもするし、確認を繰り返しもする。
 人は言葉で具体的な意思疎通ができる。共通なことほど理解し合え、理解したことに基づいた実践ができるほど信頼も確かになる。これを、小説内で実現しようとしているわけだが……
 俺は、誰とも理解し合ていない。この歳になると、話し合う相手すらいないからでもある……

 ちなみに、話し合う相手すらいないわけだから、共通なことでも誰かと理解し合えるとも限らない。
 個人的な好みなどの非共通なことばかりであるほど、理解し合うことが難しくなる。
 理解し合い信頼し合うことが欠けている騙し合いでは、敵対関係になったりする。
 それでも、理解し合うことや信頼関係に、無関心だったりする……
 
 
 確認や整理を繰り返して具体的なことを理解するほど、そのことを未理解だった当時はどうだったのかなども分かるようになる。

「生きているとはどういうことか」は、誰でも直に経験し続けている。つまり、生命生理は自律して機能していて、人工的には創れない知能も備わっているだけに、そうであることは誰でも直に経験し続ける。
 でも、そうであることを、俺は三十歳以前には未理解だったので、自覚できなかった。

 特に、気持ちや考えに関することは、行動を左右し結果を左右し人生を左右する中枢であり、考えや判断などは随意なことであり自発的なことでもある。
 相応の経験をし、独自に模索し試行錯誤して学習し、記憶を参考にした識別や思考や判断や予想などもできるようになり、不自由な点や不具合や違和感などを独自に修正したり調整したりしただけ上達し、誰でも随意に言葉を話せるようになり、目には見えない気持ちや考えも伝え合えるようになる。
 知らないことや不明な点や無理や矛盾を感じる点などは尋ねたり確認したりし、目に見えない因果関係に基づいたことなども思考上で組み立てて理解したり納得したりするようになり、相応の思考力や理解力を発揮するようになる。
 よって、会話を介して、目に見えない意味や理由やルールなども理解し合えるようになり、理解したことは記憶に残るので、記憶に残っていることを参考にした説明もできるようになり、記憶に残っている理解したことに基づいたことを実践できるようにもなる。
 よって、信頼し合えるようにもなる。
 そうだったことを理解できてから省みると、そうだったことを俺も小学生の頃には出来るようになっていたことも分かるし、なのに未理解だったことも分かる。そうであることを、俺は気にしたことも無かったし確認したことも無かったし考えたことも無かったから、未理解だったんだということも分かる。
 誰かと話し合ったことも無かったので、誰とも理解し合えていなかったし、相応の実践は出来ていなかったし、相応の信頼関係も未経験だった。
 むしろ、友達は限られてゆき、話し相手は限られてゆき、話す内容は限られていった。

「生きていることはどういうことか」は、個人毎に直に経験し続けていることであり、非人工的なことでもあり誰でも共通なことでもある。
 特に自分の気持ちや考えに関することは、行動を左右し結果を左右し人生を左右する中枢であり、考えや判断などは随意なことであり自発的なことである。
 でも、俺は、気にしたことすら無かったし、確認したことも無かったし、考えたことも無かったので未理解だったし、自覚できなかった。誰とも理解し合えていなかったし、誰かと話し合ったことも無かった。

 二十六歳になって、自分のことを自分で勘違いし思い込んでいたことに気づいたことで、肝心な自分のことをほとんど分かっていなかったことが明らかになった。記憶内を探しても、肝心な自分に関する情報が無い。当時は、自分のこととはいえ考えたことも無かったことは記憶に無いんだということも分かっていなかったし、記憶に無いことは自覚できないんだということも分かっていなかった。
 気づいたことは自覚できるようになり、気づいただけでは曖昧なのd確認するようになり、更に考えて整理するようになったので具体的なことを理解できるようになったのは、三十歳を過ぎてからだった。
 よって、そんなことに気づけず考えもしなかった当時は、まさに上辺だけ大人振って見せかけだけで騙し合い、すでに失格するようなことをしていたことも判明した。
 無知とはどういうことかも知らなかったくらい無知で、愚かとはどういうことかを自覚できなかったので愚かなこともしていた。
 結婚は諦めざるをえなかった。

 でも、良かれ悪しかれ実態が分かると、自覚できるようになり、対策も可能になる。
 生命生理は自律して機能していて、人工的には創れない知能も備わっていて、そうであることを直に経験し続けていることも、自覚できるようになった。
 気づいただけでは曖昧なので確認するようになり、更に考えて整理するほど具体的なことを理解でき、解決が可能になることも、自覚できるようになった。
 遅れ馳せだったが、相応の経験上ことは確認し整理して理解を深めていった。
 猫の子育てを目の当たりにする機会を得たことによって、言葉を話せず具体的な意思疎通をしない猫でもできることに、気づかされ考えさせられて、「生きていることはどういうことか」に関しても理解を深めていった。
 祖先や先祖が世代交代を重ねて種族や進化を継続させ、その末裔として産まれるだけに、猫でも行っていて、野生動物でも行っていて、植物でさえ行っている。そんなことも、俺は知らなかったし、俺はできなかった。むしろ、祖先や先祖が世代交代を重ねて種族や進化を継続させ、その末裔として産まれたのに、それを俺は途絶えさせたことになる。
 心の整理や精神的な充実を優先し、他のことは二の次になった。

 そこそこ知り得たが、責任を果たせないことは望むわけにもいかない歳になっていった。
 でも、本来は俺でも可能だったはずなのに、実際には俺は出来なかったことを、誰にでも許されている小説上で実現することにトライすることにした。
 動機が重なったことでトライしたが、ボケ防止を兼ねることはできると考えられたからでもあった。なので、諦めるわけにはいかない。子供の頃に、知らなかったことを憶え詳しくもなり、出来なかったこともできるようになり上達した。そんな精神を維持できればなんとかなる。
 でも、小説に関しては、自分がどれだけ未熟なのかを判断できないほど未熟だっただけに、成熟は容易ではない。
 
 
 小説のテーマは、「生きていることはどういうことか」に決まっている。
 誰にでも人工的には創れな知能も備わっているわけだから、個人毎に直に経験し続けていることである。

 ストーリーは、まさに、俺でも本来は可能だったはずなのに、実際には俺は出来なかったことである。よって、登場人物の二人は話し合って「生きていることはどういうことか」を理解し合い信頼し合い、人工的には創れない知能が備わっていることや非人工的な生きていること自体こそが尊くて優れていることを理解して尊び合うに至る。
 誰にでも人工的には創れな知能も備わっていて、誰でも言葉を話せるようになって思考力や理解力を発揮するようになることで、誰でも理解し合う準備は整うわけだから。
 けれども、登場人物の中学生二人は、強いるばかりの大人には理解してもらえない。友達は限られてゆき、話す相手は限られ、話す内容は限られてゆく。
 そんな環境上で、気が合うような気がし理解し合えるような気がしていた二人は、三年生になり卒業を気にするようになって、ついに話し合う。そして、誰でも直に経験している共通なことを確認し合い整理し合って理解を深め合い信頼関係を確かにしてゆく。

 粗筋は、まず、生後に知り得ることの脆さや頼りなさや、大人の狡さや卑劣さなど、その理由を確認し整理し具体的に理解し合う。
 そして、自分の気持ちや考え通りにはならなかったり、むしろ自分の気持ちや考えに反する方に進んだりしていた経験上、自分の気持ちや考えを把握できていなかったことや理解力を発揮できていなかったことの重大さを理解し、気持ちや考えよりも優先的に機能している知的基本的な能力に関することを理解し合う。
 よって、そもそも人工的には創れない知能が備わっているからだと気づき、相応のことを経験済みで相応の記憶もあることに気づき、相応のことを確認し整理して理解し合う。
 そして、直に経験し続けていることである生命生理が自律して機能していることを理解し、「生きていることはどういうことか」に関して理解を深めてゆき、生後に知り得ることは頼りないが、生きていること自体はいかに優れていて尊いかを理解し合い尊重し合うに至る。この場合は、子孫も大切にされるし、進化し続けることにもなる。よって、知能がここまで進化した理由を理解し、理解したことを裏付けにした進化の未来も予想する。

 ちなみに、誰でも直に経験し続けていることである「生きていることはどういうことか」に関することでも、気持ちや考えに関することでも、確認したりしたことが無いと未理解だったりする。
 経験上の非人工的なことに基づいたことで、それに基づいて日常的に発揮していることでも、未理解だと自覚し難い。
 悪意ではなく意図的なことですらない勘違いや思い込みに関することも未理解なほど自覚し難いので、勘違いや思い込みが生じやすい。理解し合えないと、もめたり口論に発展したりする。
 口先だけでも言い訳や嘘は言えるし、上辺だけ大人振ることもできるが、騙し合っている状態になりもし、誰でも直に経験し続けていることを未理解な同士間に子供が産まれても生存は危うい。
 産まれる機会に恵まれたことや生きていること自体の尊さを未理解で、生命生理が自律していることなどの非人工的な面がいかに優れているかを未理解だと、むしろ人為的なことや人工的なことを競い争いがちになるが、競い争う同士間には、子供は産まれ難い。
 歴史上、戦争で敵対関係になると、その首謀者の親族まで滅亡させようとし、その民族まで滅亡させようとする。
 知り得た内容や気持ちや考えしだいでは、「他界に臨む心の準備」にも逆行した生き方だったりする。
 あ……、理解し合えない信頼し合えないことは、俺の小説内では言及禁止だった。
 俺の小説内は、産まれる機会に恵まれて生きていることが、いかに尊くて優れているか、この表現限定だ。

 小説内では、「生きていることはどういうことか」を理解してゆくだけに、本来の「他界に臨む心の準備」の条件を全て満たすことを目指すことにもなり、結果的にも他界に臨む際の心の準備も整うことになる。よって、俺が知り得た「他界に臨む際の心の準備」のために満たすべき全条件も、間接的には表現されることになる。
 が、小説内の登場人物は中学生でもあり、小説内では「他界に臨む心の準備」云々には一切言及しない。
 でも、俺が個人的に目指していることである「他界に臨む心の準備」と重なることから、その再確認を兼ねてトライした小説でもある。再確認や再整理を繰り返す度に理解が深まるだけに、俺は諦めるわけにはいかない。
 
 
 いずれにしても、知的には未熟な俺が、学習を続け理解を深めないと実現できない。兼ねていることに関しても、続けることによって成立する。
 小説に関しては、公募に応募して認めてもらえるレベルの完成度が目標だが……
 そもそも俺がやっていることは、俺が知的に未熟であるがゆえに必要としていることだ。必要としているのは、そもそも俺だった。
 生きていること自体は、余りにも尊く優れている。人工的には創れない知能も備わっていて直に経験し続けていて、爺になったにもかかわらず、新たなことに気づき知るたびに知的にはいかに未熟であるかが明らかになるからでもある。

 自分は分かっていることを書くだけに粗雑になることに気づき、見知らぬ誰かが読むことを想定するようになり、読む人が勘違いしたり誤解したりしないように丁寧に具体的に書くようになったり、創作作業用目次を活用するようにもなり、相応の学習をしているわけだが……
 そもそも、俺のボケ防止を兼ねて始めたことでもあり、有効であることも分かった。その点では、死ぬ直前まで必要なことなので、焦る必要はないし、小説は完成させなくてもかまわないことにさえなる。

 非人工的な生命生理は自律して機能していて、人工的には創れない知能も備わっていて、経験でき相応の学習をし、言葉を話せるようになって思考力や理解力を発揮するようになり、目には見えないことでも理解できるようになり、理解したことに基づいた実践ができるようになり、相応の結果になる。
 でも、生後に知り得る性質上、知り得た内容は限られ偏りもし、勘違いや思い込みもあり、勘違いや思い込みとはどういうことかも、俺は三十歳になるまで知らなかった。
 そうだったことが発覚しただけでも、その内容しだいでは動揺したりパニックに陥ったりもする。つまり、本人の知識や気持ちや考えの内容に左右されるが、俺は自分の気持ちや考えに関することを知らなかったし自分が勘違いし思い込んでいることも自覚できなかったので独自に収拾できなかった。
 生後に知り得た内容や気持ちや考えしだいでは、本来の自立は出来ていなかったり、健康管理もままないどころか健康を害することをしていたり、自殺したり、犯罪に走って処罰されたり処刑されたり、戦争を始めたりさえする。
 そんなことをするまでもなく、生後に知り得たことを以ては成す術が無いまま、自然災害に翻弄されたり、ウイルスに翻弄だれたり、老化を余儀なくされ、死を余儀なくされるのにである。
 しかも、他界に臨む際には、相応のことを理解できているかとか相応の心の準備ができているか否かに、最期の心理が左右されるであろうことを、経験済みのことが物語っている。つまり、人生最期の審判は自ら下すことになり、絶対的な知的独り歩きを余儀なくされることも間違いない。
 ここまで俺の理解が深まったのは、もともと俺が未熟だったからで、しかも未熟な小説にトライしたからだが、小説に関してはまだまだ学習を必要としている。
 思えば、どれもこれも、俺自身のためだった。

 小説のテーマでもある「生きていることはどういうことか」は、個人毎に直に経験し続けていることだ。
 もちろん、すでに理解し合えている人や相応の条件を満たせている人や準備ができている人には無用なことでもある。
 それを、非現実の作り話や嘘の類でもある小説の中で実現させようとしている。こんな俺ごときの創作だけに、関心がある人は皆無かもしれない。

 知的に未熟な俺が個人的に知り得たこととしては、他界に臨む知的独り歩きの準備の方が現実的だ。生きていることはどういうことかや、備わっている知能の基本能力などを、経験を基に理解するほど、他界に臨む心の準備の必要性もより確かになった。
 歳を考えると、創作は止めて、こっちを優先し専念し瞑想的なことをすべきなのか、と思ったりもする。

 まだ何かを勘違いし思い込んでいるだけで、小説は的外れなことなのではないかと思えたりもする。
 つまり、欲望などの邪念ゆえに、小説に執着しているに過ぎないのかもしれないと思ったりもする。が、逆に、欲望などの邪念ゆえに、小説に集中できないのかと思えたりもする。
 でも、これらに関しては、まだ明らかになってはいない。
 内面的なことだが、いわば、微妙に首を寝違えたような感じががり、首のひねり方しだいで解放されるような感じもする。

 小説には積極的になれないがゆえの心の整理だが、むしろ小説には積極的になれないことばかりが明らかになる。
 が、良かれ悪しかれ、分かったことは、自覚できるようになり、相応の覚悟も可能になり、少なくとも慌てる必要は無くなる。

 でも……、創作に積極的になれないことばかりだった……

 が、兼ねていることには有効だ。諦めたくない、なんとか続けたい、だからこそ模索し、こんなことを考えもする。
 非現実だ仮想だ虚構だと言われる創作にトライしたことで、心の整理が必須だったからだが、現実的な面が一層明らかに確かになったことも事実だ。
 爺になってしまったが、そもそも知的には未熟なんだから。
 創作は諦めない。

 書き直しをしていたが、それにも違和感を感じて、また離れていた。余計に長文になり過ぎるなどの不満や違和感を感じて離れていると、相応の解決策的なことを思いつくことも分かっているからだが……
 ふと思い、小説内という別世界で独り歩きを目指すことを重視して、コンパクトにして作品集のようなスタイルにする。当初の第一章を、まず一つの作品にする。他の各章も、独立させ続編とする。
 更に書き直しを始めた。
 まだまだ未熟なだけに、自信を失くすことだけは避けたい。

 現実には、理解し合う相手もいないし、話し合う相手すらいない。
 勝手に応援アクセスと思い込むようにしている、当ブログへのアクセスだけが唯一の励みだ。
 現実で応援できるのは自分だけなので、缶ビールで自分を応援することにしたのだが、歳の所為か体調が不安定なことが多くなったので止めたりもしている。
 個人的には他界に通じる絶対的な独り歩きが目標だが、まだまだ何かを頼りがちだ……
 
 
 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
夏場は、相互応援アクセスは中断します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
99位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
22位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR