生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 草稿:読み切り

よし。モード切替だ。


 2012/03/02に、このブログを開設している。
 タグいじりをはじめ、その結果を見るために、試しに記事も投稿した。

 でも……、ランキング上位ばかりが優先的に表示される。

 FC2 ブログ > 新着記事 ←これクリックしないと、そもそも見れない。しかも、自分が投稿した記事は無い。

 FC2 ブログ > カテゴリー別 新着記事 10件だけ表示される。

 その後も投稿し、新着記事を確認。やっぱり、俺が投稿した記事は表示されない。
「え?! 投稿しただけでは、誰にも見てもらえないのか?」
 ヘルプ! そうだヘルプを確認しなきゃ。

新規エントリーに載せるための更新ブログの巡回は、180秒単位で行っており、例えば、新着記事数の枠が200とした場合、180秒の間に更新されたブログが210あった場合、余剰分の10のブログは掲載されません。

「じゃぁ、投稿したことを、誰かに知ってもらえるようにするには、どうすればいいんだ? このままじゃ、また閉鎖だ……」
 正確には憶えていないが、すぐ思い出せるのだけでも……、6回は繰り返している。

 そうなのです。kisuke(喜助)は、HNも毎回変えていましたが、ブログを開設しては閉鎖し、それを繰り返してきたのです。
 もちろん、千客万来になるようなブログにすることができませんでした。だからだったんですけどね。

 巡回ロボットしか来てくれないんじゃ……。

 kisuke(喜助)は、そう思ってのことだったようです。
 ですから、今回は、kisuke(喜助)にとっては、出鼻をくじかれたようなものだったのです。


 けれども、kisuke(喜助)は、まだ終わっていないタグいじりをしながら、トラックバックテーマという文字が、気になりはじめたのでした。そして、何気にクリックしたのです。

「ん? これって、トラックバックした記事だらけなのか!?」
 ということは……。これを頼りに、よそのブログを訪ねながら、足跡を残せば……。

 きっとそうだと思ったkisuke(喜助)は、そこに主が住んでいるわけではないよそ様のブログを、無断で覗いては足跡を残して帰るのでした。
 kisuke(喜助)が外で除雪や排雪をしている間にも、kisuke(喜助)が残した足跡を辿って訪ねてくださったのでしょう、kisuke(喜助)のブログにも見知らぬ人の足跡が残っていました。

「やっぱり。トラックバックテーマの記事を投稿すれば、自分のブログも見てもらえる!」

 とりあえず見てもらう、そのための努力も必要だったのだということを、kisuke(喜助)はやっと分かったのでした。

「じゃ、アクセスランキングにも参加しよう」

 この冬、kisuke(喜助)の在所は、豪雪でした。kisuke(喜助)は、散歩代わりに、さまざまなブログを徘徊しては足跡を残して帰ったのでした。
 kisuke(喜助)が早めに寝てしまってからでも、足跡も辿って訪ねて来てくださったのでしょう、その足跡は必ず訪ねることにkisuke(喜助)は決めたのです。

「ブログランキングにも、参加しちゃえ」
 思えば、以前は、こういう努力はしなかった……。

 そうだったのです。ブログはWebに開設しますが、その作業は自室で行うために、Webやブログでもkisuke(喜助)は相変わらず引きこもっていたような状態だったのです。

「勝手に覗き込んで足跡まで残してくるんだから……」
 足跡を辿って訪ねるだけではなく、お礼代わりに拍手をクリックしよう。もちろん、気に入ったブログなら、応援にランキングをクリックする。

 とりあえずでいいから自分のブログを誰かに見てもらう方法を憶えようと思ったkisuke(喜助)は、しだいに、単なるアクセスアップにはまっていったのでした。


 ところがです、訪ね先のブログが動画の貼り付けやプラグインが多いからなのか、kisuke(喜助)のPCの Internet Explorer がフリーズするわ、勝手にクローズしてしまうわで、大変でした。
 PCが不調になるたびに、kisuke(喜助)は思い当たる改善策を実施せざるをえませんでした。

「やっぱり、このPCに問題がある。今年で10年目だからな……」
 今のPCは、性能がアップした上に、かなり安くなっている。分割払いも可能だ。
 でも、意図的にアクセスアップさせて遊んでいるに過ぎないわけだから、このままだと、このブログも閉鎖することになる。

 kisuke(喜助)がそう思ったのは、自分のブログの拍手もランキングも、クリックは今一だったからでもあったのです。来訪はしてはくださるのですが、足跡を残すだけで帰る人が圧倒的だったのです。

「俺の、このブログは、それだけのブログでしかないのも事実だ」
 閉鎖すると、PCを買い替えても無駄になる。

「あ! せっかく来訪してくれた人を、俺が裏切っていたようなものだったのだ」
 思えは、拍手もランキングも、クリック数は少ないが、毎日ほぼ同じだ。ということは、ごく限られた人は毎日クリックしてくれていた……。
 経験し学習し理解することは、その性質上、千差万別になる。俺のブログに、興味を抱いてくれる人が限られていてこそ当然なのだ。

 そもそも、自分の心の整理をするために開設したブログでもある。
 ブログも、大事なのは中身だ。中身を見知りたいから、自分も訪ねるし、訪ねても来てくれる。その肝心な中身を疎かにしていた……。
「よし。中身を充実させる記事をそろそろ書こう」

 kisuke(喜助)は、やっと中身の重要さに気づいたのでした。
 けれども、中身がどんなに重要なものかは、kisuke(喜助)は経験したことはまだ無かったのです。

 欠かさず投稿し続けてきただけに、途切れさせたくない。
 そんなときには、トラックバックテーマを頼ればいい。もちろん、それだけ見てももらえるし、文章を書く練習にもなる。
 が、頼り過ぎると、肝心な中身を充実させる時間は減少する。放っておくと、生ものだと黴が生えたり腐ったりもする……。
 でも、書きたいことは、熟成に期待することだってできる。知的には未熟なんだから。
 むしろ、自己満足してしまうと……。

 満足? あ! 満足と言えば、ハードディスクのDドライブが満杯に近づき空きが少なくなっても、PCがモタモタし始めるのだった。

 気づいたことを、kisuke(喜助)は確認しました。

「やっぱり……。これを改善すれば、不具合も一つ改善される」

 それは、2012/3/24の夜のことでした。kisuke(喜助)は、Amazonを覗きました。
 BUFFALO スリム&ライト ポータブルハードディスク 500GB ルビーレッド HD-PET500U2-RD ¥5,280円。消費税込み、送料無料。
 kisuke(喜助)は、価格.comでも確認しました。

「Amazonが最安値だ。しかも送料無料だ」

 念のために、メーカーサイトも確認しのでした。

 販売終了商品か……、USB2……。でも、500Gで新品なら、このPC用には十分過ぎる。
「すいませ~~ん。これ、くださ~~い」

 そう言いながらkisuke(喜助)は、 1-Click で購入したのでした。

 翌朝。2012/03/26。期待しているkisuke(喜助)は、Amazonの配送状況を確認していました。
 輸送中 お届け予定日: 火曜日 2012/03/27

「夏なら翌日配達だけど、ここ数日、雪が降っているからな……」

 ついでに、買った商品を再確認したのでした。

 この商品は現在お取り扱いできません。

「やった! 完売寸前に買えたのだ。ラッキー!」


 あ、あ、あ……、またこんなことばかり長々と書いて……。
 そろそろ、中身を充実させることに切り替えなきゃ。
 でも、せめて今月一杯は、アクセスアップを……。
 が、もう本格的な雪解けシーズンにはいってる……。雪が無くなれば、こうしていられる時間は激減するし。
「よし。モード切替だ」

「宅急便で~~~す」
「え、あ、は~~~い」
 お届け予定日は明日なのに……。もう来ちゃったのか。


 ああ、kisuke(喜助)は、いつになったら中身がこんなに重要だったのかと納得するのでしょうねぇ。

 

テーマ : ショート・ストーリー
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
36位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR