生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 草稿「おまえ、結婚する気は?」

おまえ、結婚する気は? (2/3)


満男「おまえが言うこと、俺も分からないわけではない」
 「……」

満男「でも、映画もテレビドラマも、大金を投じて、大掛かりなセットまで作って、NGを繰り返し、都合の良い部分だけで編集して、いかにも本当らしく作って、それを見せているわけだろ」
 「真に受けて、俺も見た目や上辺だけに捕らわれて、失敗した。だから、俺はほとんど見ない」
満男「CGを駆使して、実際にはありえないことでも、本当であるかのように見せている」
 「詐欺も、いかにも尤もらしく本当らしく見える工作をして、真に受けさせて、利己利益を得るわけだろ」

満男「俺も、映画もテレビドラマも、歌もそうだけど、他の番組もかな、尤もらしく見せかけているだけのような気がしたりする」
 「……批判的な見方なのか?」
満男「見た目や上辺だけでいいんだって思い込もうとしていた。どうせ思うようにはならないんだから、どうでもいいような気さえしていた。でも、おまえと話したら、考えが変わった」
 「……変わったというより、あれだけ分かっているんだから……」
満男「テレビを見て、真に受けて大笑いしたり泣いたりしていたが、そう仕向けられていたような気もしたりする」
 「俺も。視聴者の気持ちを操るように作ったのだと思ったから、見なくなった。かなり前だけど」
満男「視聴率を上げるためにも、時間的制約上でも、情報操作的なことはするはずだ。醒めた目で見ると、胡散臭いことが多い」
 「ニュースだって、取材記者の考えに左右される。多くの頭の中を通過するほど、偏るわけだろ」
満男「当然に、誰かの意図が絡む」
 「つまり、俺以外の、誰かの意図に基づいて作ったものが、一方的に放送される。それが、家庭内の私物のテレビに映るんだよ」
満男「画面の向こう側の連中が利己利益を貪るために尤もらしいことをしているだけのよな気がしたりもする」
 「でも、強制ではない。映画もテレビも無くても、俺の生存上は困らないし」
満男「俺も、見る時間は限られる。見逃しても、困らない。見ないのも、疑問視も、自由だよな」
 「おまえが言ったように、好みや価値観は千差万別だから、非難や抗議をするとなると容易ではないが、むしろ個人的に好きなことや意義があると思うことをやるのはもともと自由だから」
満男「そんなことは考えず、俺は、一昨年、地デジ化して大き目の画面にした」
 「俺も、居間のテレビは、そうしたよ。映像は鮮明になったので、当初は見た。でも、知らずに真に受けて、失敗しているし、後悔した。だから、今はほとんど見ない……、というより見ないようにしている」

満男「おまえが言う肝心なこと……、テレビにも無いよな」
 「無い。いま言ったけど、知らずに真に受けて、失敗し、後悔した。おまえが言ったように、必ずしも必要ではないことを、尤もらしく、むしろ豪華に見せているに過ぎないんだというふうに、かつての俺は解釈できなかったから」
満男「いかにも尤もらしく、むしろ豪華に見えるように、工作しているんだから」
 「でも、真に受けた俺が馬鹿だった」

満男「おまえが言う肝心なことは、いわば、好結果にする知識だよな」
 「子供の頃から、識別や判断をして、それなりの行動をしているだろ。そこより広い溝を飛び越えたことがあるから、ここは飛び越えられるとか、あそこより低い所から飛び降りても衝撃に負けたから、この高さから飛び降れば怪我するだろうとか」
満男「さっき、おまえが言った通り、俺も、もともとは自動車を動かすことは出来なかった。少し憶えても、脱輪したし、無茶をすれば事故になることは明らかだから今もしない」
 「つまり、記憶にあることを基に現時点での自分の知識や実力を判断し、これで好結果を出せるか否かを判断し、それに基づいた行動をしているわけだろ。好結果にするだけの知識も実力も無いのに、強行すれば、怪我をしたり事故を起こしたり損をしたりすることだって、分かっている」
満男「肝心な必要なことを、知らないと、出来ない。だから、安易にご機嫌取りをしたり上辺だけで騙したりもするわけか」
 「騙す気は無くても、おまえが言ったように、誰かを好きになったり、誰かに好かれたくなると、良く見られたいとも思う。だから、つい見た目や上辺だけを尤もらしく見せようとする。それって、肝心な好結果にする知識が無い場合は、騙していることと同じだから」
満男「子供たちが、買ってもらおうとばかりするのもそうかな」
 「とりあえず、良く見られたい。差別的な扱いをされることや孤立は避けたい。親の下で生きているんだから。でも、本来は、自分の知識や実力を確認して、このことで好結果を出すためには知識や実力が足りないとか、必要なら相応の知識や実力を得ようとか、説明書を見ようとか練習しようとか、そういう判断まで行って、相応の行動をしたことは、相応の結果になる」
満男「さっきも、言い逃ればかりしていたが、面倒だとなると、口実を考えて逃れたり、諦めたりもする。それでも、必要だとなると、行き先や道順などを教えてもらったり調べたりして、仮の知識でも得ようとするよな」
 「うん。好結果にする知識や実力が無い場合は、むしろ悪い結果になるようなことは避けようとするし、好結果にしたいから仮の知識でも得ようと訊ねたり説明書を読んだりもするわけだろ。それでも、初めて行く場合は、迷ったり時間に遅れたりする。でも、繰り返し行くと、迷いは減るし簡単に行けるようになり、記憶に残っていることを基に教えることも可能になる」
満男「そういう経験をしているんだよな。なのに、必要な知識も実力も無いと、見知られれば困るようなことも考えるし、見た目や上辺だけを尤もらしく繕ったり、本当らしく見せる工作までする。しかも、そんな騙すようなことでも、巧くいったりもするわけだよな」
 「見た目や上辺を、真に受けるようになったということは、それだけ騙されやすくなったようなものだし、だから自分でも上辺だけで騙すようにもなる。それだって、想定ている結果にする工作をしているわけだが、肝心な好結果にすることは忘れているわけだろ」

満男「話を逸らすわけじゃないが……。若い頃は平気で走ったが、無理を感じるようになった。これもそうかな」
 「経験したことが記憶に残っていて、それを基に、悪い結果になることは避けて、良い結果になるような情報処理をして、相応の行動をしているだろ」
満男「走らなくなった。歩いていても、躓いたりするようになったから」
 「そういう情報処理をして生存を守っているんだから」
満男「見た目や上辺だけを尤もらしく本当らしく工作することは邪道だ。さっきは言い逃ればかりしていたが、おまえの言い分には理由があって辻褄が合っていたから、内心では納得していた」
 「俺は、納得できなかった。おまえは、あんなに分かっているのに、支離滅裂だった。しかも、俺は、見た目や上辺だけ良ければいいと思うようになったから、失敗した。つまり、いまは分かっている本来の情報処理が、壊れかけていただけに当時は気づくこともできなかった」

テーマ : 自作小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
304位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
47位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR