生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 把握できていること&用語集

トラウマとは


 心を整理する際に、意味を明確にしてきた言葉です。
 当ブログ内では一貫するように心がけている言葉でもあります。
 あくまでも個人的なことです。その点は、ご了解ください。
 把握できていることの概要もご参照ください。



 トラウマとは、私の経験上では、次のようなことだと解釈しています。
 きっかけになった事象などはさまざまなのでしょうが、精神的ショックを受けた。そういうことほど、しっかりと記憶に残ります。その記憶に残ったことが、心理的に悪影響を及ぼし、よって行動にも支障が生じるようになったこと。


 もちろん、今は、知っているから、そうだったとも言えます。
 つまり、当時は、自分が経験していることがトラウマなのだとさえ知りませんでした。

 例えば、アイコンとはなんのことか、タスクバーとはどれのことか、それらの名称を知らなくても、パソコンをそこそこに使うことは可能です。むしろ、細部の名称になると、いまだに知らないものばかりです。
 でも、アイコンとはどれのことか、タスクバーとはどれのことか、名称と物事とセットで憶えると、名称を言われただけで、どれのことか分かるようになります。
 この、名前を憶えているか否かが、客観的に理解しているか否かの違いに似ています。

 ただし、理解の場合は、感覚的には捉えることができない事実関係や因果関係や理由などが対象で、それらは思考上で把握することになります。

 ブログの記事は、本人が読みたいものだけを一方的に読むわけですが、個々の言葉の意味や、文章としての事実関係や因果関係を捉え、自分の記憶にあることを基に識別したり解析したり理解したり判断したりします。
 日常会話の場合は、相手が話すことを、自分の記憶にあることを基に識別や思考や理解や予想などの情報処理をして、相応の文章化をして応答します。そういう性質上、目の前にいない相手のことでも、過去のことでも、記憶にあることに基づいたことなら何でも話せます。
 むしろ、意識上のことはほとんど、自分の記憶にあることを基に識別や思考や理解や予想などの情報処理をして、相応の動作や言動や行動をしています。
 更に、相応の結果になり、その結果に一喜一憂し、結果が不本意だった場合は問題点を確かめたり、問題点を修正して再度行ったりもします。
 そして更に、そうであることを理解すると、相応のことが記憶に残ります。事実関係や因果関係や理由などを理解していることに関しては、細部の認否や可否や是非なども分かり、相応の予想や行動なども可能になり、相応の結果にすることもできます。

 つまり、こうして客観的に理解する前でも、実際に主観的にはほとんどのことを行っていることが分かります。
 もちろん、客観的に把握する脳力もすでに備わっているからこそ、すでに主観的にそうしていたことも分かります。
 当然に、記憶に残っていることを確かめるだけで、前述したような(主観的には実際に行っている)ことを具体的に理解することもできる、ということも分かります。
 実際に事実関係や因果関係や理由などを具体的に理解した場合は、その理解した知識を基にした識別や説明なども可能になります。
 通常、事実関係などを具体的に分かっている物事ほど、細部の認否や可否や是非まで判断できるからこそ、迅速かつ的確な対応も可能です。
 こちら「自分に関する主観的と客観的の違い」もご参照ください。

 トラウマにしても、トラウマとはどういうことかを知らない場合は、自分がトラウマで困っていても、トラウマの所為で困っているんだという把握はできないことになります。
 私の場合は、そうでした。前述した基本的なことも、当時は分かっていませんでした。自分が経験していることがトラウマなんだということも、もちろん分かりませんでした。

 精神的にショックだった。当然に、記憶にもしっかり残った。
 そうであることによって、本来は繰り返さずに済みます。

 ショックが大きかっただけに、考えたくなかったし、思い出したくなかったり、知られたくなかった。
 となると、事実関係を把握することを、避けているようなものです。未理解なことは、自覚し難いし、改善も困難です。むしろ、そういうことをしているんだということさえ、自覚できませんでした。

 でも、ショックが大きかっただけに、つい思い出します。
 通常でも、言葉を聞いただけで、相応のことを思い出すから、相応の識別や思考などができ、相応の行動なども可能になります。
 ショックが大きかった場合は、記憶にも鮮明に残り、そうであることによって通常は繰り返さずに済みます。
 つまり、思い出すのには、普通以上の明確な理由もあったことになります。理解力もあり、事実関係を具体的に理解すると、納得した上での対応が可能になります。が、そんなことも知らなかった。

 つい思い出すが、考えたくないし、思い出したくないし、知られたくもない。
 結局、具体的なことを理解し難くし改善をし難くしていただけでした。
 せっかく備わっている理解力を、自分で台無しにしていたようなものでした。
 当然に、具体的なことは何も分かっていない。

 記憶にあるだけに、つい思い出す。が、考えたくない。結局、心理的に悪影響が生じ、行動に支障が生じるようになった。

 そうだったことを、後にトラウマだったと考えるようになりました。

 つまり、当時は、自分の知的中枢や情報処理に関することなのに、事実関係をほとんど分かっていなかった。自分が経験していることがトラウマなんだということも分かっていなかった。

 ところが、考えたくないし思い出したくないし知られまいとしていることに気づき、それでは事実関係を理解し難くし改善を困難にしているだけだったんだと分かった。それだけで、目が覚めたような気がしたものでした。

 その後、自分が識別や思考や理解している知的中枢や情報処理に関して詳しく知り、その悪循環(トラウマ)から開放されました。
 いわば、理解されない記憶が、むしろ勘違いされていた記憶が、理解すべきことがあることを主張し、理解力を発揮する必要があることを叫び続けていたようなものだったのです。

 トラウマという言葉を知ったのは、かなり後になってからでした。その意味を確かめたことによって、自分が経験したことだったんだと分かったくらいです。
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
304位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
47位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR