生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 把握できていること&用語集

先入観とは


 心を整理する際に、意味を明確にしてきた言葉です。
 当ブログ内では一貫するように心がけている言葉でもあります。
 あくまでも個人的なことです。その点は、ご了解ください。
 把握できていることの概要もご参照ください。



 そもそも、簡単には確かめようが無いこともある。
 遠目に見たことを基に、自分で想像し、繰り返すうちに「そうだ」と思い込み、それを基に判断するようにまでなっていたりする。
 つまり、具体的な根拠や理由は無いし、納得しているわけでもない。
「もう子供じゃないんだから。もう二十歳を過ぎたんだから。もう大人なんだから」…とか。
「男だろ」「俺は男だから」……など。
「女でしょ」「わたしは女だから」……等々。
「誰でも、そうしている」……etc。
 そうではないかもしれない、という疑問も抱かなくなる。
 確かめた事実ではなく、自分が想像したに過ぎないことなんだから、的外れなことだってある。などとも考えない。
 本当にそうなのかは、確かめもしない。
「決してそうではない。そういうことはありえない」などと言おうものなら、憤慨さえする。
 でも、具体的な事実が明らかになると、想像上のことをそうだと思い込んでしまっていたに過ぎなかったことも明らかになるだけに、自信を失くしたり落ち込んでしまったりもします。
 もちろん、根拠や理由があって辻褄が合っていると、相応の結果にもなるし、納得もする。想像上で思い込み続けるよりは、早めに気づいた方が良いはずなのに……。

 本当かどうかを確かめたわけではないし、具体的な根拠や理由があるわけでもなく、納得もしていない。が、そんなことは忘れてしまい、そうだと思い込んでしまっていて、そのイメージをを基に判断までするようになっていた場合の、そのイメージや観方のことを当ブログでは「先入観」と言います。


「思い込み」と「先入観」は切り離せない関係にあります。

 確かめたわけではない、つまり類推や想像に過ぎないイメージが、繰り返すうちに固定していった(思い込んだ)ことを重視なり強調する際には、当ブログでは「思い込み」と言う言葉を使います。

 その思い込みが固定するほど、判断の基準として用いられるようにまでなりますが、その場合は「先入観」と言います。

 ちなみに「トラウマ」も、記憶が重要な点では共通ですが……
「トラウマ」は、精神的にショックだったことが、記憶にも残った。しかも、大事なことを知らなかったことに気づいたから精神的にショックだったわけであり、繰り返してはいけない重要なことでもあるだけに、つい思い浮かぶ。が、ショックだっただけに、考えまい思い出すまいとする。結局、具体的はこと把握できないので、つい思い浮かぶ。となると、記憶に残っていることが、心理的に悪影響を及ぼしているような状態になり、行動にまで支障が生じる。
 実際には、繰り返してはいけない重要なことであり、具体的に把握するほど繰り返さずに済みます。なのに、それを考えまい思い出すまいとするから、一向に改善されず、むしろ悪化したりする。


 思い込みであれ、先入観であれ、的を得ていれば問題にもなりません。
 的外れだった場合に、「勝手な思い込みに過ぎなかった」とか、「先入観が邪魔をして」云々などと問題になる。もちろん、事実とは違っていたり、好ましくなかったりするからです。
 つまり、日常的に識別したり思考したり理解したり予想したりして、相応の言動や行動を行い、相応の結果になる。そのどこかに無理や矛盾があったことになり、それが検証されることになります。

 通常、経験に相応した印象が記憶に残ります。
 そういう性質上、観察したり確かめたり試したりするほど詳しいことが分かり、その事実に基づいた詳しい印象が記憶に残ります。
 その記憶に残っていることだけを基に、目の前にいない人のことでも思い出したり、昨日のことでも何年も前のことでも話したりするようにもなります。
 基本的には、経験相応のことが記憶に残り、相応の識別や思考や理解や予想が可能になり、相応の動作や言動や行動をし、相応の結果になります。なので、そういう事実関係や因果関係や法則に基づいた考え方をするようになります。

 でも、記憶に情報が多くなるほど、とりあえず記憶にあることを基に類推や推理や想像や予想などもするようになります。

 事実か否かを確かめられないことも多く、そんな場合は、記憶にあることを基に類推し想像し予想することが当たり前になります。

 記憶に情報が多くなるほど、それを基にした類推や想像や予想なども容易になり、的中するようにもなります。

 結局、事実か否かなどを一々観察したり確かめたり試したりはしないで、記憶にあることを基に類推や推理や想像や予想などをし、判断や決断までもするようになります。

 しかも、記憶にあることを基にした類推や推理や想像や予想に過ぎないことを自覚できなくなり、それを基にした判断や決断であることにも疑問を抱かなくなる。

 当然に、的外れだったりする。と、慌てる。

 結局、確かめた事実ではなく、想像に過ぎなかったからこそ的外れだったことが明らかになったりします。

 今は、「先入観」と言う3文字だけで、その意味に関することが思い浮かび、相応の識別や、自分の経験談を基に説明することもできます。
 でも、「先入観があったからだ」と気づいたときには、「先入観」と言う言葉は知っていましたが、具体的な意味は知りませんでした。
 むしろ、自分が経験していることが、その意味に相当することであることに気づき、「これのことを先入観というのだ」と思い、事実関係を整理して確認したことによって具体的に意味を知り始めました。

 また、気づけること自体が、すでに考えただけで分かるような状態であったりするからだと考えられます。
 知能が備わっていて、経験し、学習し、理解できるようになり、相応の行動をするようになり、日常的に識別力や思考力や理解力などは磨かれているからこそ、理解しそびれていたことに気づくこともできる。
 客観視も可能な高度な能力が、もともと備わっているからであることは、言うまでもありません。
 先入観とはどういうことかを具体的に理解するほど、自分が先入観を抱いていないかとか、先入観に振り回されていないか、などといったことを検証することも容易になります。

 むしろ、確かめないだけで、備わっている脳力の高度な面が発揮されない。記憶にあることを基にした類推や想像を安易に頼ると、事実とは違うことを事実だと勘違いしやすく、確かめることを怠るほど思い込みやすい。つまり、知能を誤用しているようなものであり、知能の弱点に陥る。
 想像上の勘違いや思い込みも固定化してゆくだけに、気づくのが遅れると絶望や後悔が大変なショックだったりします。事後に、知能の高度な面が発揮されることになるからに他なりません。

 本来、失敗した際に事実関係や理由などを理解していれば、同じ失敗は繰り返さずに済むし、知能も発揮されます。良かれ悪しかれ、多くの事実や理由を基に確信は増してゆくし、それは成功に通じます。
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
304位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
47位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR