生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 把握できていること&用語集

番外

 
 いつもご来訪くださいまして、ありがとうございます。

 唐突ですが、当方の記事の所為と思われる、迷惑コメントがあったようです。
 大変、恐縮しております。

 ということでしたが、私の勘違いだったようで、恐縮するばかりです。
「申し訳ありませんでした。ごめんなさい」


 ですが……
 当方、自分の歪んだ心を修正すべく、戒め的なことも行っております。いわば、個人的な内部告発的な記事も投稿しています。

 その理由は……
 かつて、私は、見えない壁に直面しているような日々を数年間も経験しました。

 結局、死んだ方がましだとまで思い詰め、決行しようとしました。が、決行できなかった。その事実関係から、むしろ、自分が考えていることや行おうとしていることには実行できないような無理も矛盾もあるんだ、ということにやっと気づきました。

 結局、無理も矛盾もあることが明らかになったそんな考えに基づいて行動するわけにはいかなくなり、自室にこもりました。そして、不都合なことを隠し偽り尤もらしく見せかけることを考えることに捕らわれていることに気づき、気が晴れました。
 つまり、落ち込むようなことばかり考えることに捕らわれていた。が、気づいた時点で、それまで捕らわれていた考えから一時的に開放された。そのことからは、否認し強情を張りがちなことが要因だ、というこということも分かりました。

 また、不都合だと思うことを隠し偽り尤もらしく見せかけることは、誰も見抜けないだろうと侮ることでもあり、捏造の類でもあり、私利私欲を貪る目的ではないものの騙し欺く類でもある。つまり、疑われ嫌われ非難されるようなことを考え自ら行うことになるわけだから、抵抗があって出来なくて当然だ。正当防衛までは許されるが、されれば嫌なことを仕返すだけに、それでさえ望ましいことではない。そんなことに気づけなかったのは、無理なことを考えることに捕らわれると、ほかのことを考える余裕がなかったからでもある。
 むしろ、捕らわれていた考えをやめただけで、そんなことに気づいた。しかも、自認したことは、批判視できるようにもなった。つまり、不都合なことを隠し偽り否認するような考えに捕らわれることを、自認したことによって、自覚できるようになり、一時的にでも自制できるようになった。

 そういうことか可能になったことによって、確かめたわけではない想像や妄想に過ぎなかったことも分かった。しかも、先入観や思い込みや、隠し偽らざるをえないことも記憶にあったことも分かった。

 もちろん、知らなかったからであり、悪意に因るものであろうはずがなく、意図的なことですらない。不都合なことを隠し偽り上辺を尤もらしく見せかけたとしても、私利私欲のためや詐欺目的でそうしたのでなければ、許容範囲内だ。そんなことも分かり、更に気が楽になった。

 そして、気づいた。
 考えたり想像したりした内容しだいで、葛藤が生じたり、首が痙攣してパニックに陥りそうになる。
 思えば、日常的にも、考えたり想像しただけでも、焦ったり不安になったり期待したり相応の感情が生じる。
 では、葛藤が生じたときやパニックに陥りそうになったときには、どんなことを考えて行おうとしていたのか、それを省みるようになった。
 その結果も、不都合なことを隠し偽り否認し強情を張りがちで上辺だけ尤もらしく見せかけようとしたときだ、ということが分かった。
 つまり、隠し偽ることを考えることに捕らわれると、改善するどころか事実関係は把握し難くなり、更に隠し偽ることを考えざるをえなくなり悪循環に陥る。だから、葛藤が生じたり、パニックに陥りそうにまでなる。むしろ、隠し偽るようなことを考えるのを止めると、そんなことが分かる。分かると、その隠し偽るようなことを考えていることを自覚できるようになり、よって自制できるようになり、ほかのことを考える余裕もできる。

 また、想像したり考えるだけなら、無理や矛盾があることもし放題だ。が、無理や矛盾があるからこそ、実行できないことだったり、一向に解決や改善ができないことだったりもする。
 つまり、自分の考えや行動を抑制するほどものが存在している。それこそが、理性と言われるものにほかならない。

 そして、もともと経験でき学習でき理解でき熟練できことや、識別力や思考力や理解力は日常的に発揮していたことに気づきます。
 つまり、不都合なことを隠し偽り否認し強情を張りがちだったことによって、日常的に発揮していた識別力や思考力や理解力を台無しにし、もともと経験でき学習でき理解でき熟練できることまでも台無しにしていたことが分かりました。
 この、私が心の矛盾を解消していった当時のことも、詳しい記事にして、投稿する予定です。
 なお、夏場は、編集に時間を要します。あしからず。


 そんなわけで、自分の歪んだ心を修正すべく、恥曝しというよりも戒め的な内容も記事にして投稿しております。
 ここは、マイ・ブログですから。


 当然のことですが、かつての私のように、不都合なことを隠し偽り否認し強情を張り上辺だけを尤もらしく偽装し、それを大事にしている人にとっては、それを批判視し戒めている今の私の記事の内容は受け入れ難いはずです。
 当然に、そういう人は、来なくなるはずですが、もし来ているのでしたら、当ブログには来ないよう、お願いします。
 もちろん、他のブログへの勝手な迷惑行為は、止めてください。



 なお、これを機会に、投稿はしばらく控えます。
 もともと、自慢にならないどころか、恥曝しですから。
 善人になる資格は、とっくに失っています。ご迷惑をおかけした方々の心情を察すると、悪人になるわけにもいきません。
 というより、実は、時期的にも、生きるための野良仕事を優先しなければなりません。


追記
 沢山のコメントならびに応援、ありがとうございます。

 迷惑コメントは、当方の勘違いでもあったようで、恐縮するばかりです。
 ですが、これを機会に、趣向を変えます。
 これからは、生きていること自体の絶妙さを優先します。
 興味のある方のご愛顧に期待しております。

 ただし、趣向は変えても、不都合なことを隠し偽り否認し強情を張り上辺だけを尤もらしく偽装していることは、もちろん明らかになります。
 むしろ、不都合なことを隠し偽り否認し強情を張り上辺だけを尤もらしく偽装することによって、生きていること自体の絶妙さは抑圧され虐げられていることが明らかになります。

 ですが、知らず間違っているだけで、決して悪意に因るものではないのなら、修正も困難ではないです。
 けれども、詐欺や私利私欲を貪ることを目的で、不都合なことを隠し偽り否認し強情を張り上辺だけを尤もらしく偽装している方は、受け入れ難いはずです。
 受け入れ難い方は、当ブログには来ないよう、お願いします。

 
 

コメントの投稿

非公開コメント

Re: saraさんへ

こんにちは

> 何かいろんなことがあったご様子ですが今は大丈夫ですか?
恥ずかしながら、いつもの私の勘違いでした。

でも、良い機会だと考えて、スタイルを変えようと思います。
これまでは、自分としては戒めるようなことを優先してきました。
が、これからは、生きていること自体や本来の絶妙さを優先したいと思います。
こちらは、まだ詳しくはないのですが、文章化することでも詳しくなれる……、はずですから。

これからも応援、よろしくお願いします。

なお、夏場は生存維持のための野良仕事が優先になります。
投稿(更新)はペースダウンしますが、あしからず。

こんにちは

Kisukeさん こんにちは

何かいろんなことがあったご様子ですが今は大丈夫ですか?

私はKisukeさんが言われている事はとても学びになっています。
これからも応援しています。今はゆっくりとされて下さいね。

Re: 孝ちゃんのパパさんへ

私の、勘違いだったようで、申し訳ないです。

> 喜助さんの記事はとっても心に響いてきます。
そう仰っていただけると、励みになります。

> どうかスタイルを変えずにこのまま掲載続けてください。
正直なところ、自分への戒めとはいえ、恥曝しは辛いものです。
このブログを継続するためにも、これを機会に、「産まれる機会に恵まれて生きているって奇跡的なことだろ」というスタイルに変更します。
決して、不都合なことを隠し偽り尤もらしく見せかけるわけではないです。

是非、ご期待ください。
ただし、夏場は、生存維持のための労働に追われるため、投稿はペースダウンします。あしからず。

No title

喜助さん。こんにちは。

このブログを訪れた方に経緯を説明しておきますね。

実は私のブログを茶化すコメントが入っていたのです。
私と亡き妻を愚弄するようなコメントが入っていたので、
挑戦的な記事を掲載したのですが、他のブロガーさんに気にしないほうがいいよ、よくあることだよと教えられ、
また、喜助さんの記事をずっと読んでいたのでその意を理解して、記事を削除したのです。
ですから喜助さんは何も悪いことはありません。

喜助さんの記事はとっても心に響いてきます。

喜助さん。
どうかスタイルを変えずにこのまま掲載続けてください。
僕の心の支えにもなっています。

どうかよろしくお願い致します。

Re: majobaasanさん コメントありがとう

> 共感してもらおうと思うより、自分の思いを自分のブログにぶつけて発散している、というほうが私の場合は正しいです。
私も、自分の心の修正すべきことを批判視し戒めていますが、他人にも惑わされまいとするだけに、そういう意向の記事にさえなります。
もちろん、心の中に生じた事実であり、文章化して吐き出したここはマイブログですから。

> 私も応援していますよ。
ありがとうございます。

なお、趣向は、少し変えようと思っています。
また、夏場は投稿をペースダウンしますが、ご愛顧、よろしくお願いします。

Re: 祐希さん コメントありがとう

いつものご来訪ならびにコメント、ありがとうございます。

> ブログとは自分の日記であったり、個人の想いをつづるものと思ってます。
仰る通だと思います。
私は、不都合なことや不利なことを隠し偽り上辺だけを尤もらしく偽装しがちな、自分の歪んだ心を戒め修正するために、あえて隠し偽りがちなことを公開してきたわけですから。
でも、しょせん恥曝しなので、自制します。

> これからも、kisukeさんの想いのままのブログを見させていただきたいです。
ありがとうございます。
経験し学習し理解したことは限られ無理や矛盾もありますが、生きていること自体は絶妙に出来ています。
これからは、投稿記事の内容も、この生きていること自体の絶妙さを優先するつもりです。

私も、「ゆっくりいこう」と思っています。
ご愛顧、よろしくお願いします。

はじめまして

はじめまして。

どのようなことがあったのかは存じませんが、ブログとは自分の日記であったり、個人の想いをつづるものと思ってます。
私はkisukeさんのつづられたブログが好きというかうんうんと頷くところがあってお伺いさせていただいてます。
これからも、kisukeさんの想いのままのブログを見させていただきたいです。

偉そうな文章で失礼しました。

Re: No title


ご来訪ならびにコメント、ありがとうございます。

まだ、芯になる記事の編集が完了していないので、それを時間をかけて編集し投稿することにします。

自分の気持ちを素直に綴るのは、その先にします。

ご愛顧、よろしくお願いします。

No title

拍手コメント、ありがとうございます。
ここで返事させていただきますね。

私は、ブログとは自分を綴るものだと思っているので
自分の気持ちを素直に綴っていいと思いますよ。
私はこれからも喜助さんを応援しています。
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
36位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR