生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 把握できていること&用語集

めまぐるしく考えてしまうあなたへ


 かつて、めまぐるしく考えてしまうようになり、精神的に疲れ、考えてしまうことが煩わしくなった。そして、これをどうにかならないものだろうかと思い始めた。
 考えることを止めることって、できるのだろうか……。
 単純な発想だった。が、疑問も抱かなかった。道具も要らないし、準備すら必要ない。ただちに、考えることを止められるのかを試み始めた。客観的には把握できていなかったが、考えることは、自分の意思に因ることだったからかもしれない。

 自分にとっては未知だったことだけに、初日は、進展しているのか否かも不明だった。
 翌日も、試みた。が、何の手がかりも得られなかった。
 翌々日も、試み模索を始めた。
 すると、出来た。
 感動し、涙が溢れた。
 一切考えなくても、自分は存在している。これこそが、自分自身そのものなのだ。
 めまぐるしく考えることに捕らわれ、むしろ煩わされていたことは、すべて無駄だった。
 想像や考えには無理や矛盾さえあることを十分に分かったからこそ、人生の遅れを取り戻すかのようにめまぐるしく考えてしまうようになっていた。が、そんなことから開放された。
 こんなことも可能で、自分のことなのに、知らず出来なかったことが、できた。こんなことを知らず出来なかったのも、無理や矛盾さえある想像や考えに捕らわれていたからに他ならなかった。

 いつでも出来るようになろう、コツや方法を憶えようと、直ぐにまたやった。
 感動はしなくなった。初めて出来た際に感動したのは、想像していることや考えていることに無理や矛盾があることを思い知らされ、救いを求めるような状況で臨み、初めて出来たからかもしれない。しかも、自分にとっては自分に関することで未知だったことが意外にも早く、偶然に出来たようなものだった。
 しかも、何も考えない状態になれるが、そのコツや方法が分からない。コツや方法が具体的に分からないのに、出来る。これが、不思議だった。
 でも、もともとは出来なかった二足歩行や日常会話も熟練までしたのだが、そうであることも当時は未理解だった。
 現に、相手が話すことを、自分の記憶にあることを基に識別し思考し理解して、相応の応答や行動をしている。なのに、そうであることをさえ分かっていなかった。
 つまり、二足歩行も日常会話も、できるようにさえなれば実用になる。なぜ出来るようになったのかとか、経緯や事実関係や理由を理解する必要は特に無い。
 何も考えないことにしても、同じことだった。

 考えることを止めることは、随時やるようになった。
 繰り返しやるほどに、何も考えない状態になることの効果は分かるようになった。
 その効果は……、これは、興味がある人は実際に体験してほしい。

 というわけで、方法やコツも教えたいところですが……。
 そもそも、何も考えない状態になることです。つまり、決して努力をすることではなく、むしろ考えることをさえも一切止めることです。
 通常は、何かを随意に出来るようになろうとする際には、方法を憶えようとかコツを掴もうとします。が、これは何も考えない状態になることだけに、コツを憶えようとか方法を理解しようとか、そういう考えも一切止めることです。
 そういうことだけに、通常、何かが出来るようになる際に教えるコツや方法は、無いです。そういうことであることを理解できれば、それが言わばコツになります。
 実は、このことを幾度も文章化しようとし、その都度、コツや方法を知ろうとばかりしたために、実際にはコツや方法を知ろうとすることも一切止めることなのだ、ということにはなかなか気づけませんでした。
 もちろん、何も考えない状態になることは、説明することも止めることです。実際に、何も考えない状態になれれば、説明も必要ない。
 そんなわけで、何も考えなくなることなので、説明することも無くなるのだということには、かなり後になってから気づきました。
 そのくらい、ただただ一切何も考えない状態になることです。

 もともと、頭の中だけで行われる想像や考えは、し放題です。そういう性質上、想像や考える内容には無理や矛盾も生じます。無理や矛盾があるから、悪循環にも陥り、そういう想像や考えには捕らわれがちにもなります。
 そんな想像や考えも、一切止めることになります。つまり、つい思考してしまうことからは、一旦開放されます。
 しかも、思考を一切止めると、自分自身そのものを体験する状態になります。この、生理的には自律して機能している自分自身そのものを体験することによる、相応の効果もあるのかもしれません。
 この考えることを一切止めることができると、知識や意思や考えに拠らずに自律して機能している生理面や、記憶にあることを基に想像したり考えたりしていることや、それに基づいて行っていることやその結果などが、分かりやすくなります。
 ただし、記憶に残っている思い込みや先入観などの無理や矛盾は、後で整理しなければなりません。ですが、それも、以前よりは容易にできるようになります。


 参考になることと言えば……
 これらのことも、随時、何も考えない状態になるようになって、かなり年月が経ってから気づき分かったことですが……

 日常的には、識別し考えることに集中しがちです。
 食べたいものを食べ、食べたくないものは食べない。聞きたい音は楽しみもするが、聞きたくない音は避ける。思い出したいことは思い出すが、思い出したくないことは思い出すまいとする。考えたいことは考えるが、考えたくないことは考えない。憶えたいことは調べもし練習もするが、憶えたくないことは避ける。当然に、知り出来るようになることは偏ります。学習して出来るようになったことが、生存上は的外れなことばかりだったとしても不思議ではないことになります。
 つまり、日常的に何を意識したり何を考えたりしているわけであり、それらは意思で制御していることになります。

 また、知られたくないことは、隠す。事実よりも良く見えるように細工したり工作したりもします。事実とは違うことを事実だと思わせようともします。テレビドラマや映画も、大金を投じて、NGを繰り返して、CGを駆使して、編集して、いかにも本当であるかのように作ります。
 それを、真に受けて見ていたり、相応のことが記憶に残ったり、また見たりします。
 これらは、他者が意識したり考えることをまでも、操作しているようなものです。

 そういうことを、現に行っている。ですから、それらを一切止めるだけなので、もともと難しいことではなかったのです。
 むしろ、尤もらしく見せかけることや、いかにも本当らしく工作することや、いわば騙し欺く類のことを知らずにしていた場合でも、それを止めることになります。
 知らずに、嫌われ軽蔑されかねないようなことをしていた場合も、それを止めることにもなります。
 考えることをさえ止めることであり、意図的なことは一切何もしないことなので、実際にできるようになると、単純極まりないほど簡単なことであることが分かります。
 つまり、生存上、的外れな考えをしていた場合も、考えに無理や矛盾があった場合も、それを止めることになるので、生理的には自律して機能していることによって生存している自身そのものを自覚する状態になります。


 もちろん、学歴が無くても出来るし、お金も不要であり、寝転んだ状態でも出来ます。
 むしろ、身体のどこかに力が入るようだと、相応の考えが伴いがちです。それ気になるようなら、身体の力を一切抜く必要があります。その最も簡単な方法が寝転ぶことです。
 もちろん、座っても出来ます。どこかに多少は力が入っていても、気にならなくなれば、むしろ全く個人的なことだけに場所を選ばずできるようになれます。

 呼吸も気になるかも知れません。
 でも、呼吸が気になるようになったということは、相応に進歩していることを物語っています。
 その際には、言うまでもないことですが、気にならなくなるように、ゆっくり呼吸することにトライするとよいです。
 腹式呼吸などに拘るよりは、鼻から吸って口から吐く際に、空気の流れを自覚できないくらいゆっくり呼吸するようにする。そうすると、おのずから呼吸は整い気にならなくなります。

 気になることが無くなったら、あとは考えることを一切止めて、何も考えない。それだけです。

 興味がある方は、是非、トライしてみてください。
 言わば、思考が一瞬でも完全に停止すると、思考がリセットされたような状態になると考えられ、無理や矛盾があるがゆえに拘り捕らわれていた場合は、それらから開放されます。
 よって、発想の切り替えが容易になります。知識の吸収力も、当然に増します。
 それが、何も考えない状態になることができた証拠であり、何も考えない状態になることができた人への、いわば神様からのご褒美だと言えます。
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
304位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
47位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR