生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 趣味の園芸

残された道


 責め咎められることが少なくなかった俺は、他者を責め咎める資格は自から捨てたようなものだ。

 でも 理解し助け救うことなら……。それを、責め咎める資格は誰にもないはずだ。

 理解し助け救うことだけは、俺にも残され許されているのだ。

 まずは自分を理解し救わないと……。
 
 
ふき

 今頃が蕗の成長期なのに、今年は雨が少ないせいか、なかなか良い葉が撮れません。
 梅雨時に、きれいな葉が出たら、また掲載する予定です。
 
ふき

 丁度今頃(6月上旬)、当地では、タケノコが旬です。標高700メートルほどの山のブナ林の林床に育つネマガリ竹のタケノコです。
 大分前、そのタケノコを採りに行った帰り、林道脇に育っていた斑入りの蕗を発見。よく見ると、かつて自分が描いていた油絵よりも見事でした。その葉を全部切除して、根だけを持ち帰って植えたのが最初の斑入りの蕗でした。
 翌年、地下茎を切って増殖を試みたところ、小さいが増殖は成功。
 更に翌年、不思議なことに、緑色の部分が一切無い白い葉ばかりが出た。が、葉緑素が無いために光合成が行われなかったからでしょう、絶滅。
 その後も発見しては、庭植えにした。その後、分かったことは、この白い斑が入るタイプの蕗は、普通の葉だけの株も出てきて、その普通の葉の株の方が勢いが良い。それを取り除かないと、斑入りの方は葉緑素も少なく光合成も少ない所為か減少しがちだということです。
 たしかに、この白い斑入りの蕗は、山で繁殖をしているのは、見たことが無い。発見時も、1株か多いときでも3株でした。
 ちなみに、黄色い斑入りの蕗なら、路肩に1畳以上に繁殖している自生地を知っているし、良く育っている庭も3箇所は知っています。
 
 

テーマ : 詩・想
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

Re: saraさん こんばんは

ご来訪並びにコメント、いつもありがとうございます。

今年は雨が少ないので……
斑入りの蕗の葉は、白い部分ほど痛みやすいです。
梅雨に入って、元気になることに期待しています。

蕗とは無関係なんですが……
更新をサボり始めたら、むしろブログでは的外れなことをしていたような気がして、
目下、すっかり更新不能状態に陥っています。
スタイルを変更しようと思っているからなのかもしれませんが……。

私も、知らないことばかりです。
肝心な自分自身のことなのに、具体的にはほとんど知らないんですから。

ちなみに、昨年暮れのお葬式以来、3度目のお葬式に本日は参列してきました。
その間に、一周忌の法事もありました。
誰もが、肝心な自分自身のことを、知らず、どうすることもできないっていうことですよね。

どうぞ、ご自愛ください。それが、なによりです。

こんにちは

kisukeさん訪問して下さってありがとうございます。

斑入りの蕗ってみた事がないから何度見ても驚きです。
そうですよね・・葉緑素がないと育たないですものね。

ブナの木は林や森を浄化させるとか聞いた事があります。
植物のお話がわかりやすくまだ知らないことばかりです。

kisukeさん ありがとうございます。
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
36位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR