FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

里山の晩秋

 
「そろそろ気持ちも切り替えなきゃ」と思っていたら、昨日、vanilla さんから格好のコメントをいただき、早速、決心しました。
 しかも、今日は、小用があり、朝から雨、というわけで悪戦苦闘し……

 MyHPに【Photo Gallery 里山の晩秋】を公開しました。

 最新記事の上の看板内の次のリンク先にあります。
 My HP 天国への道程/Photo Gallery kisuke(喜助)公開中


 背景画自動切換え(5秒間隔)で表示中です。
 里山の晩秋の画像の大きさは、1440x810です。
 大画面でご覧のかた、ごめんなさい。

 また、多彩なヤマアジサイと同様に、数年前に撮った画像です。
 外側から眺めた風景としてではなく、紅葉した山の懐の中を散策した際に見えた光景です。

 今回もファイルサイズをかなり縮小したのですが、残念ながら切替は目障りです。
 スライドショーにしたいと思っているのですが、難しい。しかも、時間が無い……
 個人的なことばっかりな上に、素人です。あしからず。
 
 

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【里山の晩秋】

 「そろそろ気持ちも切り替えなきゃ」と思っていたら、昨日、vanilla さんから格好のコメントをいただき

コメントの投稿

非公開コメント

Re:ケセラセラ さん おはようございます

ご来訪&コメント、ありがとうございます。

紅葉、気に入っていただけて、光栄です。

農繁期が終わると、11月下旬からはブログの更新も本格的に行う予定です。

これからも、よしなに。
 

No title

こんばんは、喜助さん。

紅葉 きれいですね。 素敵な景色

ありがとうございます。

vanilla さん ありがとう

気に入っていただけて、光栄です。

これからも、よしなに。
 

No title

喜助さ~ん 見ました 紅葉 里山の晩秋 (^o^)

いいですね 紅葉。。。

写真ではなく 実際に生で見たいです。。。

紅葉の画像アップしてくれてありがとうございました。

これから段々と寒くなりますが
風邪を引かないように 身体に気をつけてお仕事頑張って下さい。


応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
老化と眼精疲労により、
相互応援アクセスは断念します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
78位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR