生理面は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていることが絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もするわけだから、生きる理由を学習するようなものだ。
 記憶を参考に識別し思考し、学習し上達し熟練し、見えない約束やルールや法則なども理解でき、理解し合い協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 生存や経験や学習や思考や理解、信頼や尊重や愛や幸福、それらは理解上成立する。しかも、誰でも理解可能で、無料だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 もちろん、進化や自身が形成された経緯や生命生理などは、通常は知らない。
 誰でも共通な知能や経験や学習や理解に関することも、理解するとは限らない。
 知らないことは想像もするし、自分のことでも勘違いし思い込みもする。目を奪われ心まで奪われ、自分を見失い人生も見失い、そうであることに気づけなくさえなる。
 よって、好みや価値観は百人百様になる。
 が、普遍的ではなく、共通でもなく、異なるほど、理解し合うことは難しくなる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 そうであることは、マスメディアが発達した現代では歴然としているわけですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、病気ではない、異常でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは
「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

そろそろ始めるか

 
 農繁期中にも、今度の冬場も心の整理を予定し、その計画などの準備もした。
 が、心の整理は、もう必要が無いような気もした……

 思えば想像による勘違いや思い込みやトラウマや依存症や葛藤やパニックなども、経験を基に事実関係が分かったので、解決している。更に、その基である、学習や理解に関することも分かった。その中枢的な情報処理に関することも分かっている。いかれていたからこそ分かったことであり、まったく個人的なことに過ぎないので、自慢にはならないが、事実に基づいたことであり精神面が一変したことでもあり、今では自信さえある。
 根拠は、各感覚器官や意識や記憶力で構成されている知能は、自分が知る以前から備わっていたことだ。その知能上で経験し学習したことを以っては、変えようも無いどころか、かつては未理解だった。それらの個々の性質や条件も、それらが基になる法則や基本的なことも、かつては未理解だったくらいで、変えようが無い。その法則や基本的なことが理由で、情報処理が可能になるとともに学習も実現する。
 思考が中枢で、行動や結果を左右するだけに、事実関係を整理すれば理解も可能だ。
 それらは、誰にでも共通することでもあるだけに、相手が自身のことをまだ知らないんだということや的外れなことを思い込んでいることや具体的な根拠も理由も無い先入観を基に差別的なことに捕らわれていることなども、自分のほうで分かったりする。
 でも、単に勝気でプラド優先の人ほど、覆されることを嫌う。
 うっかり言及しても、逆上されがちで、逆に相手が心を閉ざしてしまいがちだ。
 そうならないような上手い説明など、できるはずがない。
 そもそも、本人の考えに無理や矛盾があるわけであり、そればっかりは、本人が理解して本人が考えを変えない限り改善されない。
 が、そういうことを、彼らは必要としていない。それどころか、プライドだけは高い。
 結局、上手く説明できない自分が困り、見知らぬ振りをする。
 望まれれば、拒みはしない。
 でも、本人が考えている内容の問題だけに、本人だけが直に知りえるし、本人だけは何時でも具体的に理解できることでもあり、改善するとなると本人にしかできない。
 むしろ、本人が理解し自覚し改善できてこそ、自分で精神面の管理が可能になる。よって、「これでこそ精神的な自立なのだ」と納得することもできる。

 やっぱり、心の整理は、もう必要が無いのか……
 むしろ、創作的なことやろうとも思った。知り得たことの成果を出したいような気がしたりもする。
 だから、準備した心の整理の計画を、開こうとも思わないのだろうか。
 これだけ雪が降れば、今年の野良仕事は、もうできないのに……
 
 
 でも、お迎えが来る前に、相応のことは済ませておきたい……
 死が、いかに受け入れ難いことか、それはすでに思い知らされている。
 死を受け入れ難いのは、相応の知能がすでに備わっているからだということも分かっている。
 すでに備わっていて感覚器官や意識や記憶力などで構成されている知能自体は、生後に学習し理解したことを以っては通常は変えられない。
 それぞれ独特の性質や条件をがあるもので構成されていることによって、情報処理も学習も可能になるが、その基になる法則的なことや基本的なことも変えようがない。
 経験や学習上、感性や知性や自尊心や理性も形成され、生存を保護する(生存を危うくするような行動はできない)ように機能する。これも、考えよりも優先的に機能する。
 つまり、根拠も理由も無い想像はし放題だが、損しそうなことは躊躇したり、危険なことや他を侵害しかねない行動はできなかったりする。
 会話でさえ、部分的に知らないだけで滞る。根拠や理由が曖昧だったり、辻褄が合わないと、納得できない。
 強行は、不可能ではない。が、知識も技術も未習得なことは、好結果にできない。それどころか、大変な展開になりがちだ。そんなことだけでも知っていれば強行はできないし、そんなことをすらしらないと強行してしまうわけだから。
 ただ、知らなかったことを憶えることができ、相応のことは随意にできるようになれる。会話でさえ、根拠も理由もあって辻褄が合っていると納得する。確かなことを憶えたことや詳しく憶えたことに関しては、自覚することもでき、相応の認否や可否や是非の判断もできるようになるからこそ、誤りやミスは減少し、着実に好結果にすることが可能になる。

 やがて死ぬことも、早くから分かっていた。その死を避ける術も知識も、まだ無いことも分かっていた。
 が、そんな歴然としていることをすら、かつては具体的に理解していなかったし、自覚し難かった。むしろ、的外れなことばかりしていたが、そうであることにも気づけなかった。だからこそ、死んだほうがましだと思ったことになり、そんなことをしていたのでは生きているに値しないことを思い知らされたことになり、そういうことでは死が辛くなるんだということを思い知らされたようなものだったのだ。
 結局、死ねなかった。そこで、やっと、考えには間違いがあることに気づき、生存上は無理や矛盾があることさえも考えてしまうことに気づいた。そして、具体的なことを知らないから想像したに過ぎず、根拠も理由も無い想像に過ぎなかったことが分かったことによって葛藤が解消した。
 要は、自分が考えていることをすら未理解で把握できなかったからだと分かり、しかも現に把握でき、把握できたことによって解決できた。そういう経緯上、精神面の軌道修正が実現していた。
 そもそも、肝心な自分に関することを知らなかったからこそ、不安だった(自信が無かった)。なのに、上辺だけ尤もらしく見せかけ偽装していたに過ぎないのに、独り善がってさえいた。ところが、勘違いや思い込みや先入観などは根拠も理由も無いことが明らかになり、そんな勘違いをしていた自分の情報処理に関することを理解することになり、更に自分に関する根拠も理由もあることを理解することになり自信も得て、根拠も理由も無い上辺だけの見せ掛けや本来は必要ないことに惑わされることは激減した。
 根拠や理由や納得などに導かれるように、本来必要なことに的が絞られていったことになるが、人生の終わりに通じる用意は、まだできていない。

 かつては、いつのまにか、そうすべきだとか、こうあるべきだとか、理想論なイメージを抱いていて、それに基づいたことまでしていた。
 自分では気づかないうちに、感性・知性・自尊心・理性などが形成され、少なくとも想像よりは優先的に機能するが、経験や学習上おのずから理想論的なことも形成されるのかもしれない。
 根拠も理由も無い勘違いや思い込みや先入観に過ぎなかっただけに、それらを破壊するように、根拠や理由のあることを理解してきたが、まだ、その理想論的なことは見出せていない。
 もちろん、死に通じる一貫したものでなければ……
 日常的に、的外れなことをしているのではないかという思いが付き纏うが、人生の最後に通じる用意がまだだったからかもしれない。

 ということは、必要なのだ。
 人には、それぞれに専用の知能が備わっている。俺の知能は、俺の人生専用なのだ。
 この身体は、俺が造ったものではないが、どんな名医でも造れないのだ。この知能も、俺が造ったものではないが、どんな天才でも造れないのだ。
 ところが、年々、情報処理が困難になってゆくことも明らかだ。
 でも、これまでそうだったように、心の整理をするだけでも、根拠も理由も無い勘違いや思い込みがあれば修正されるし、必要なこともおのずから明らかになるはずだ。
 たぶん、心の整理は今度が最後になる……
 やるとなると、大整理になる。
 あっ、そんなことが予想されるので、実は大義だった。
 でも、その大儀を、済ませることにもなる。
 やっぱり、やろう。
 
 
 人と言う動物は、家畜と称して動物をわざわざ育てて殺して食べ、弱肉強食の頂点に立つ。他人の臓器を移植をしてまで生きるようになった。無差別殺人もある。国の首脳たちは政界平和を考えているかと思えば、核兵器の開発や領空侵犯や領海侵犯や戦争までやる。つまり、不都合なことは隠し偽り、尤もらしく見映え良く偽装するが、挙句の果てには逆上し力に物を言わせようとする。
 そうしてまでも、自分だけは生きていたい死にたくない、という思いがある。言い換えると、そんなに死は受け入れ難いことを物語っている。
 が、それらは、死を、わざわざ辛くすることでしかない。そうであることを知らないのなら、それさえも死を辛くする。

 受け入れ難く辛さを感じるのは、相応の知能が備わっているからだ。にもかかわらず、相応の解決や理解や用意などができていないからでもある。
 思えば、幼い頃に、「死ぬってどういうことだろう」とか「死ねばどうなるんだろう」などと考えたことがあった。あんなに早くから、やがて死ぬことは知っていた。
 なのに、その答えを得ないまま、かつては的外れな生き方をしていた。死が辛くなるようなことをしているとも知らずに。

 日常でも、備わっている知能を、事前に発揮すれば失敗や損も少なくすることができる。が、衝動買いをして事後に知能を発揮するようだと、後悔することに知能を使うことになる。
 そんなことに懲りて、事実関係を理解して繰り返さなくなれば、失敗は成功の基になるのだが……
 人には高度な情報処理能力が備わっているだけに、惜しみもし、後悔もし、絶望もし、生きているに値するのかを考えもし、想像上パニックに陥りもするし、死んだほうがましだと思い込みもするし、強引に自分を殺してしまったりもする。

 通常でさえ、生後に経験し学習することだけに、詳しくなれることは稀だ。しかも、生存上は的外れなことだったりする。むしろ、知っていることは限られ、健康管理もままならない。
 物事を確かめるよりも、安易な想像をしがちで、的外れな勘違いもし、根拠も理由も無い思い込みもする。その性質上、そうだということをすら、かつては未理解だったどころか、自己満足をし、独り善がってさえいた。

 いずれにしても、誰も老化を止められず、当然に死を余儀なくされる。
 どんなことをして必死で生きようと、死を免れることはできない。
 最後の審判も、誰も避けることはできない。

 死刑台で、己がしたことを、思い知らされるか。生涯を費やして蓄えたものを、全てを失うしかないことを思い知らされ、惜しみ悔やみ絶望して息絶えるか。それとも、死を、抵抗なく受け入れられるか。それらは、備わっている知能を、人生の中で、どういうことに使っていたかに因る。
 かつては、的外れなことに知能を使い、肝心な用意を疎かにしていた。そうなんだということを自覚することもできなかった。つまり、死が辛くなるようなことにばかり知能を使っていたからこそ、死を受け入れ難かった。
 精神状態は、精神面に関することを自分でどれだけ理解しているかにも左右される。
 十分な知能が備わっていて数十年も生きていながら、的外れなことに気を奪われ、肝心な一生を台無しにした状態で死ぬとなると、当然に惜しく悔しい。
 最後の審判は、自ら下すことを余儀なくされる。

 早めに葬るべきなのは、死を辛くするような考えや思い込みや先入観などだったのだ。そういう面では、恵まれていた。
 そもそも、数百の排卵中、受精に恵まれた卵子だけが兄弟姉妹として産まれる。その産まれる機会に恵まれた者だけが、生き物と言われるものを直に体験し、物事の存在なども知ることができる。
 知能も備わっているので、経験でき学習でき熟練もし具体的なことを理解できるようにもなる。
 つまり、自分の意思以前に、産まれる機会に恵まれ、生理面が自律して機能していることによって生きていられ、高度な知能まで備わっている。生涯費やしても設計できないし、こういうものが欲しいと発案することすら難しいほど高度な知能が備わっている。
 生きていること自体が、失うにはあまりにも惜しいことばかりで構成されているのだ。
 だからこそ、一般動物でも、必死に守ろうとするし生きようともするのだろう。

 数十年も直に経験し使い続けたのに、かつては、この知能のことをほとんど未理解だった。
 生後に経験し学習し、意思や考えや好みや価値観などが形成されるが、単に強情だったり我儘だったりもするわけだから、それらを駆使したところで、産まれてくることは不可能だ。

 と言うことは、死ぬときに悔やまなくてもいい、そんな生き方を見出すことができたら、それこそが至福なのかも知れない。
 それを、お迎えが来る前に、確かめなきゃ。
 
 
 そろそろ始めるか。
 雪で行動が制限される冬場にこそ、こんなことに集中できる。
 もたもたしているうちに、また春になってしまうぞ。
 降り積もる雪のように積み重ねようか。
 むしろ、降り積もる雪に埋もれながら、春に芽が出ることに期待するのもいい。

 いずれにしても、自分のペースで行こう。
 俺専用の人生なのだから。大事にするか、粗末にするか。それは、俺しだいだし、俺に任されている。
 人生とはいかなるものかを堪能することも、もともと誰にでも許されているんだから。
 
 

コメントの投稿

非公開コメント

応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
相互応援アクセスだけでも歓迎します。
こちらからのお礼の応援アクセスは、
夏期間は随時&随意に致します。
よろしくお願いします。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
36位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR