FC2ブログ
 生命生理は、自律して機能していて、生存の基礎であり、人生の根拠に相当する。
 生きていること自体が絶妙にできていることを直に経験し続ける知能も備わっていて、相応の学習もでき、上達し、基本動作や日常会話などは熟練する。
 約束やルールや信頼や尊重や愛や幸福などの目には見えないことでも理解し合えるようになり、よって協力し合い信頼し合い尊重し合えるようにもなる。
 しかも、理解は、無料で、誰でも可能だ。むしろ、売買すると崩壊する。
 以上の、普遍的なことや誰にでも共通することが、当ブログのテーマです。
 でも、進化・自身が形成された経緯・自身の生命生理などは、通常は知らない。
 直に経験し続ける知能や学習力や理解力をさえ、具体的に理解するとは限らない。
 知らないことだからこそ、想像もする。自分のことでも、勘違いし思い込みもする。
 自分以外のことに目を奪われると、自分を見失う。心まで奪われると、自分の人生も見失う。つまり、そういう状態に陥っていることに気づけなくさえなる。
 普遍的ではなく、共通でもなく、異なることほど、理解し合うことは困難になる。
 私利私欲を貪り、相殺して蝕み合い、競争で優劣を決め、転嫁し暴力で片づける。
 非理解、非協力、非信頼、非尊重、そういう非知的なことは、むしろ避けたい。
 いずれも、マスメディアが発達した現代では歴然としていることなんですから。
はじめに 更新2013/01/21
目次:無知の悟「俺は、異常ではなかったんだ、病気でもない」
主観的とは 客観的とは  客観的な考え方の特徴は  主観的な考え方の特徴は
「心を開く」とは 「心眼を開く」とは   「悟り」とは 2016/12/27
アルバム「普遍に臨む」  アルバム「趣味の園芸」  アルバム「その他」
Copyright (C) 2012 心を開く 心眼を開く All Rights Reserved.
カテゴリ : 未分類

ついに集中不能……

 
 日はすっかり短くなり、寒くもなり、やがて降る雪を気にしながら、農繁期はピークに。
 ブログの記事には、ついに集中不能。


 ところが、十月二十八日の明け方、好い夢を見た。
 しかも、朝から雨。

 夢は、雪がある季節のことだった。
 まだ若い頃の両親と、意見が合わず、自分は帰宅した。
 そして、居間で南側の窓を背にして座っていた。
 すると、知人や、その知り合いなどが、続々と入ってきて、十畳の居間が二十人以上の人で溢れ、みんな立ったままで軽い動きのダンスをしているようだった。
 自分の右隣に座ったのは知人だった。が、彼は、実際には自分よりも若いのだが近年他界している。
 自分と彼の間に割って入た人は、隣にいる彼を指して「彼の妹の(何とか)です」と自己紹介をした。が、彼には、姉はいるが、妹はいないはずだと思った。
 そんなこともあって、彼らも精神的に問題を抱えている人たちなんだと自分は気づいた。
 そこで、「この中で、一番困っているのは誰なんだ?」と自分が尋ねた。
 すると、口々に言ったのは、自分の右隣に座り、実際には自分よりも若いのに他界した彼の妻だと。
 その彼の妻は、みんなと軽い動きのダンスをしていて、自分の方は見向きもしない。
 そんな中で、自分が、勘違いや思い込みの話をし、生命生理は自律していることや、精神面は平常どおりに機能していることを確認するような話をした。
 が、誰にも効果が無かった。
 というわけで、結局、自分が話す順序に問題があった、こういう順序で話すべきだった、などと反省を余儀なくさることになった。

 夢としては、久しぶりに前向きな内容だった。
 最近、現代文明とも関わろう、などと思うようになったからだったのだろうか。
 現代文明とも関わろうと思うと、まだ解決しなければならない問題があることも事実だ。
 誰もが直に経験し続ける肝心なことを未理解なまま、むしろ的外れな勘違いをし思い込み固定概念までいたき、肝心なことをすっかり見失っているであろうことを、明らかにすることだから……。


 進化や身体の形成や生命生理に自律などは、知る以前から存在していることであり、生存上は絶対的なことだからでもある。
 しかも、基本的なことや基礎的なことほど繰り返し経験する。

 知能も備わっていて経験でき学習でき理解できるようにもなるが、知る以前から存在していることの多くは、生後に習得したことを以ては変えようが無いことだからでもある。
 つまり、普遍的なことだからでもあり、そういう性質上もともと歴然としていることでもある。

 唯一、直に経験し続ける自分自身のことであり、相応の情報が自分の記憶に溜まってゆくことでもあり、日常的に思考力や理解力を発揮するようにもなるわけだから、本来は誰でも精通できる条件が整ってゆくことでもある。

 ところが、理解する対象は、誰もが直に経験し続ける絶対的なことや普遍的なことなどであり、物体のような存在ではなく、因果関係や理由や法則などである。
 つまり、五感では捉えることができない。経験し記憶に溜まった情報を、思考上で整理して、誰もが直に経験し続ける絶対的なことや普遍的なことなどを理解するしかない。
 そういう性質上、精通できる条件は整ったことをすら、理解するとは限らない。

 むしろ、五感で捉えることができることに、目を奪われがちで、心まで奪われがちでもある。
 文明的にも社会的にも、目を奪おう心を奪おうと躍起になる。つまり、誰もが直に経験し続ける絶対的なことや普遍的なことなどではなく、それ以外のことを尤もらしく見せかけ本当らしく工作し優れたことであるかのように祭り上げる。

 生存上、誰もが直に経験し続ける絶対的なことや普遍的なことなどを理解する好機を逸すると、認め難いことや知られたくないことや思い出したくないことなども記憶に溜まる。つまり、理解することが容易ではなくなったり困難になったりさえすることもある。
 勘違いしていたことすら認め難かったり、愚かだったとなると知られたくなかったりする。
 にもかかわらず、プライドや名誉や地位などは成立していたりする。プライドや名誉や地位などの性質上、それらは捨て難かったり覆すことすら困難だったりもする。

 でも、もともと絶対的で普遍的で歴然としていることを、単に理解することだけに、無学な自分でも、日々、詳しくなった。
 そんな自分の経験に、解決策も秘められているのかもしれない。
 そもそも、誰でも、五感では捉えることができないことでも、日常会話で理解し合えている。このことも明らかな事実なんだから。
 むしろ、言葉を話せない猫や犬なども、記憶に残っていることを基に遠くまで出かけもするし、帰っても来る。相手次第で、噛む加減や爪を出す加減もしているし、仲良くする相手を見分けていることにもなる。つまり、気遣いもしているし、相手の心情を察していることにもなるんだから。

 

先日までは好天が続いたのだが……。
趣味の写真は、今年は残念な結果に……。










 
応援アクセス、ありがとうございます。
応援アクセスに、とても励まされております。
好みや価値観は百人百様ですが、
それゆえの好刺激も戴いております。
老化と眼精疲労により、
相互応援アクセスは断念します。
拍手ボタン等は非表示中です。
プロフィール

kisuke(喜助)

Author:kisuke(喜助)
 生きていることを尊重し、思考力や理解力を信頼し、それらを理解し合えればいいのだが……
 むしろ、懐疑や不信感に囚われ、不都合なことは避け、言い訳もし、隠し偽りもし、強情を張り、相殺し開き直り、自分でも認め難いことをする。
 尤もらしく見せかけもし、本当らしく工作し、優れたことであるかのように競い争い、私利私欲を貪り砦に籠り、理解し合うことを困難にしている。
 
 投稿は毎月2回(ノルマ)です。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
アクセスランキング
応援アクセス、ありがとうございます。
クリックは不要です。

[ジャンルランキング]
心と身体
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
メンタルヘルス
78位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
QRコード
QR